« 20世紀少年 [映画] | トップページ | おくりびと / パコと魔法の絵本 [映画] »

2008年9月13日 (土)

わが教え子、ヒトラー [映画]

Mein1_2

★★★★★★★★☆☆

http://www.cinemacafe.net/official/waga-oshiego/#

(わが教え子、ヒトラー 公式サイト)



「わが教え子、ヒトラー」

Bunkamura ル・シネマにて観てまいりました。







Cocolog_oekaki_2008_09_13_11_27




Cocolog_oekaki_2008_09_13_11_30




Cocolog_oekaki_2008_09_13_11_33






遠いんですよね。


渋谷まで。




なんか、知らん間にココログ新機能がついていたので、

その遠さをで表現してみたんですけども。



いや、この1時間半の映画を観に行くのに、

往復2時間以上かかる不条理をどうにかしたい。



常日頃からそう思っております。



当ブログのマネジャー・Surで御座います、

どうも、こんにちは_(._.)_




全ての映画をユナとしで上映してもらいたい。



日本映画教会に対して、

そういう運動を今後も継続して行っていきたい。


そう切に願う所存でございます_(._.)_




脱・映画の都市集中化




さぁ。


観てきましたけどね、「わが教え子、ヒトラー」



もう、今回は画像も↑の一枚しかないので、

手短でいいかなと思うんですけど。





第2次世界大戦末期のドイツを舞台に、

闘志を失ったヒトラーと、彼にスピーチを教えることになった

ユダヤ人元演劇教授の複雑な関係を描くヒューマンドラマ


監督は『ショコラーデ』のダニー・レヴィ


『善き人のためのソナタ』のウルリッヒ・ミューエが、

同胞のためにヒトラーを殺すのか、

愛する家族を収容所から救い出すのかという選択に葛藤するユダヤ人教授を演じる。


歴史的事実からイマジネーションを膨らませて描かれた作品世界に注目だ。”





いや、面白かったですね。


これは。



基本的に僕は、

この”ヒトラー”という人物に焦点をあてた作品というのが昔からどうにも好きで、

で、今回もそのタイトルからして興味をそそられて観に行ったわけなんですけど。



なんででしょうね。



いや、まぁ、決して、

”ヒトラー”が好きだとか尊敬している…とかいうわけではないんですけどね。


なんかやっぱり、何なんやろう、こいつは…みたいな事なんですかね?



その、怖いもの見たさ…じゃないですけど、

それに近い感覚で興味を持ってしまうのかもしれません。



一般的にも良くも悪くも何かと注目を集める人物でしょうからねぇ。


それは。




で、この映画の内容というのが、

敗戦間近のナチス・ドイツがですね、起死回生を計る為に一発演説をしたろ、と。



あの数年前のように、

総統の鬼気迫る演説を国民に聞かせて、一念発起を促そうと。


そう当時の宣伝相ゲッベルスが画策するわけですよね。



でも、肝心のヒトラー自身は、

既に以前の威厳も自身も失くし、勝利を疑い官邸に閉じこもる毎日。



そこでゲッベルスは、ヒトラーに以前、

発声法や演技の指導を行ったユダヤ人の元俳優・グリュンバウムに、

5日後に迫る演説当日までに、かつてのヒトラーへと再生させる役目を負わせる、と。



そういう事なんですよ。



で、これ、監督さん的にはどうやらコメディらしいんですけど。


ま、実際観てみると分かるんですけど、そうなんですよね。



とはいえ、随所で凄く笑える…とかそういうものでもなくて、

どこかこの、ヒトラー、ゲッベルス…ナチス・ドイツの面々を面白おかしく


どうにも滑稽な奴らだ…という風に描いている。



そこが凄く、この映画の特徴的な部分だと筆者は捉えたわけなんですけども。



だから、全然重たい空気…ではないですよね。



決して軽くもないんですけど、

この時代、このテーマの映画にしては…という事ですけど。



なので、この映画だけを観てる分には、

このナチスの面々、ヒトラー、ゲッベルス…に関してもですね、

さほど悪い印象というのは受けないかもしれません。



もう、なんやったら、あまりヒトラーに詳しく知らない人が観れば、

ちょっとおもろいオッサンやな…ぐらいの。



ヘタしたら、ちょっと可哀想なオッサンやん…みたいな事にもなり兼ねない。



それくらいに、人間臭く


描かれてましたね。



だから、そこでしょうねぇ。


この映画の面白いところって。



監督さんもユダヤ人の方らしいので、

ま、少なくともヒトラー等に好意的な印象は持ってないでしょうから。



だから、この映画のように滑稽に、

言っちゃえば小バカに描く事で多少の憂さ晴らし…みたいな事もあるんでしょう。


やっぱり。



ちょっと裏を返せば、こんなアホみたいな奴らやで…みたいなね。



でも、それを最前面に出してないところが、この映画の良い所なんでしょう。



そら、映画的には喜劇なんだけど、

実際に起こった事は喜劇ではないですからね。



そこのバランスが、このラストまで締まった感じで。


観せるという。



そういう事なんではないかと、筆者は思いました。


はい。



で、ちょっと気になったんですけど、

この映画の冒頭で、「これは真実なんだ…」みたいな、

そういったグリュンバウムのナレーションから始まるんですけど。



これってそうなんですかね、やっぱり?


どうなんだろ。



こんな事が実際に起こっていたとしたら、

それはそれでホントに喜劇的で面白いんですけどね。


うーん、気になります。



うん、ま、とりあえず面白かったです。



お近くで上映されてる地域にお住まいの方は、

是非一度、観に行ってみても良いんではないでしょうか。


はい。




よっしゃ、「わが教え子、ヒトラー」

8個で!





んー、ちょっとまた、

お次に観る映画のチョイスが済んでない所なんですけども。



ま、また観てきますよ、何か。


往復何時間かかろうとも。



…でも、遠いなぁ。


引越したいなぁ(´д`)



じゃ、そういうわけでして。


バハハーイ(´・ω・`)ノシ




|

« 20世紀少年 [映画] | トップページ | おくりびと / パコと魔法の絵本 [映画] »

コメント

絵のマウスもしくはトラックパッドで必死に書いた感じがとてもいいですね!!

投稿: よこ | 2008年9月14日 (日) 04時56分

よこさん、ありがとうございますー_(._.)_

やっぱり、絵というのは”上手さ”云々じゃなくて”伝えたい”という気持ちでしょうから(´д`)

それが少しでも伝わりましたなら、それだけでも幸せです(´д`)

…まぁ、敢えて言うまでもなく、
適当に5分くらいで書いただけなんですけどね(爆)

投稿: Sur | 2008年9月14日 (日) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/23714176

この記事へのトラックバック一覧です: わが教え子、ヒトラー [映画]:

» わが教え子、ヒトラー [音次郎の夏炉冬扇]
重村センセイの本によると、金正日はとっくの昔に亡くなっていて、北朝鮮は事実上の集団指導体制に移行しているのだそうです。実際、息子の金正男も「“今の将軍様”が死ぬまでは後継者を決めないことになっている」と近しい人には漏らしているといい、現在騒がれているのは、メイン影武者が尽きそうな話なんだとか・・・。影武者(ダブル)というのは、あくまで本人の暗殺リスクをヘッジするための存在だと思っていましたが、00年の金大中、02年の小泉純一郎ほか、プーチンなどと会談しているのも、糖尿病の悪化した本物でなくダブルの方... [続きを読む]

受信: 2008年9月14日 (日) 14時53分

» 「わが教え子、ヒトラー(Mein Führer)」感想 [Wilderlandwandar]
善き人のためのソナタの名演で記憶に残り、先ごろ亡くなってしまったウルリッヒ・ミューエさん主演のヒトラーを題材にしたコメデ [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 21時38分

« 20世紀少年 [映画] | トップページ | おくりびと / パコと魔法の絵本 [映画] »