« デトロイト・メタル・シティ [映画] | トップページ | わが教え子、ヒトラー [映画] »

2008年9月 4日 (木)

20世紀少年 [映画]

20cb1

僕以外は…? ★★★★★★★☆☆

http://www.20thboys.com/index.html (20世紀少年 公式サイト)



「20世紀少年」

観てまいりました。




↑らしいんですよ…?



これ、↑らしいんですよね…。




普段、僕、

映画は基本的には一人で観に行くんです。


一人で寂しく



…誰が寂しくやねん(´д`)



いや、まぁまぁ、そうなんですよ。



でも、今回これ、この「20世紀少年」

なんやかんやと5人で観に行く事になってですね。


で、まぁ、観に行ったわけですよね。



映画の日に。



まぁ、他の4人的には、ちょっと話題やし?


この映画も。



でまぁ、映画の日で1000円で観れるし?


みたいな事ですよね。


観に行こうという事になったのは。



いや、ほんなら、まぁ、

エライ混んでましたよね。



ユナとし



ああ、劇場は例によって、

マイホームシアターユナとしなんですけども?


うん。



まぁ~これ、ユナとしがこんなに混んでんの見た事ない。


…ってくらいに。


凄い混んでましたよね。



で、なんや聞いたら、仕事帰りに6時半の回を観ようと思って行ったら、

その回はもう既に売り切れました、という事で。



ええ、マジですか!?ゆうて。


そら、かなんなぁ~~(´д`)ゆうて。


5人で。



ああ、まぁ、関西弁なのは僕くらいですけどね。


うん。



で、次回の10時15分からの回なら…という事で、

んん、いやまぁ、しゃーないなぁ…ゆうて。



じゃぁ、それまで時間潰して、その回にしますか…ゆうて。



とりあえず、その回に観る事にしましたよ。


「20世紀少年」



まぁ、ゆうても、僕なんかは、

このブログにも前々から書いてましたけど、凄い楽しみにしてたわけですから。



そら、待たなしゃーない。


ねぇ。



で、そんなこんなで、ファミレスで時間潰したりなんかして、

やっとその10時15分が来ました。


どーにか。



いや、まぁ、これはこれで結構楽しかったですよ。


なんやかんやとお喋りしながらダラダラ過ごすのも。


うんうん。



ちょっとお酒も飲んだりしつつ。


ちょっと恋バナなんかでも花を咲かしつつ。



ねぇ、それでちょっとテンションも上がったりなんかしつつ。



おい、これ、こんな酔ってしもて、映画ちゃんと観れるかぁ~(笑)(´д`)


ゆうて。



とにかく、そんな感じでその時間が来ましたよ。



よし、と。


やっと、この時が来たか、と。


やっと、10時15分の回が来たな、と。



そして、いざ、おもむろに、

その「20世紀少年」が上映される4番シアターに入って行きましたよね。




20cb2




























”コンビニを経営するさえない主人公が、

仲間とともに地球滅亡計画を阻止しようと立ち上がるSFサスペンス巨編。


人気漫画家・浦沢直樹の同名原作を堤幸彦監督が、

総製作費60億円をかけて全3部作として実写映画化


主人公のケンヂ唐沢寿明が演じるほか、

オッチョを豊川悦司が、ユキジを常盤貴子が務め、豪華キャストが多数出演する。


邦画史上最大級のスケールで放つ、本格科学冒険映画に期待と注目が集まる。”




いや、ほいで、実際観てました


本編



予告編とかあって。


で、その次ですよね、本編。



おお、T-REX


トゥエンティー・センチュリー・ボーイ



来たなぁ~~~ゆうて。



いや、実際にはゆうてないですけどね。


クチに出しては。



もう、上映開始してたんで。


それは、ハートの方でつぶやいてましたけどね。



いや、で、とにかく観てたんですよ。


この「20世紀少年」という映画を。






………





………





………





………






(´ д    `)




…↑こんな顔なってましたね。




2時間経ったら。





えぇ~~~~………これ………(´ д  `)



あらぁ~~~~………そう…?………(´  д    `)



ちっ、これそう~~~かぁ~~~………(´   д       `)



そうしやがったかぁ~~~こいつら………(´      д         `)



ゆうて。



いや、もう正直、こう思いました。



そうなんや~~~~……アイタタタタタ……(⊃д⊂)思て。


これ、他の4人に、申し訳ないなぁ~~~……(⊃д⊂)思て。



いや、まず、そこなんですよ。


最初に脳裏に浮かんだのは。



その、普段映画をあまり観ないという、他の4人になんですよ。


申し訳ないと思ったのは。



いや、そら僕が映画作ったんじゃないですけどね?


もちろん。



もちろん、僕がキャスト集めて、キャメラ回して…

ってやったわけじゃないですけどね。



いや、でも、これなぁ、

今日、僕が観に行くって言ったから、この話になったからなぁ…。



今日、映画の日やから、ちょっとユナとし行ってくる(´д`)

…みたいな、ちょっと映画通ぶった感じで喋ったからこそやもんなぁ…。



そ・れ・で、これかぁ~~~~(´ д  `)思て。



いや、でももう、しゃーない…。


観てもうたもんはしゃーない…。



もう、エンドロール流れてるんやし、ゴチャゴチャゆうてもしゃーない。


それは。




「…じゃぁ、とりあえず出よか…(苦笑)(´ ゝ `)」



言いました、僕


僕が。



いや、もうこれは、気を利かせんといかんな、と。



これはもう、一刻も早く劇場を出て、

愚痴大会にせんとあかんな、と。



してあげないとあかんな、と。


思いまして。



いやぁ、でも、その劇場を出る際も、

やっぱり足取りはちょっと重かったですよね…。


うん…。



やっぱり、ツマラナイ映画を観てしまった時…というのは、

こうなりますよね…。


どうしても…。



ふ~~~~~~~。



よし、じゃぁ、僕から切り出すか。


愚痴を。



この映画通の僕から切り出すしかないか。


うん、もう、そうしよう、と。



で、ユナとしを出ました。


5人で。



そして、その出口を出るやいなや開口一番、

僕から切り出しましたよね。



お得意の辛口コメント。


Surお得意の、辛口コメント。





「いや…これ…(笑)(´д`)」



「これちょっと…(笑)しんどかったわ…正直(笑)(´д`)」



「これまた…(笑)

これまた、ポニョの二の舞やん、もう~…(笑)(´д`)」




ゆうて。



あ、これはちょっと核心を突いてしまったかな、と。


いきなり。



いきなり過ぎたかな、と。



あ、これはちょっと、映画をあまり観ない人にとっては難しすぎたかな、と。


批評の仕方が。



あ、まぁまぁ、でも、

今回はこれくらいゆうても丁度いいんちゃうかな?


うん。



今回のこれは、まぁ、これくらいの方がにいいやろって。


うん。




さぁ


じゃ、もう、後はご自由に。



後はご自由にもう、愚痴をどうぞ、と。



テーブルは用意しましたんで、後はご自由にどうぞ、と。


存分に。




と思った…ですね。






「え?いや、結構面白かったんだけど、俺。凄い楽しかった(笑)」



え、あ、あぁ…(´ д  `;)



「うん、原作も見てたけど、なるほどって感じで面白かったです。」



そ、そっすね…(´ д  `;)







…あれ、何この感じ…?(´ д  `;)




…何この、KYな感じ…(´ д  `;)




…何この、

Surだけ超KYな感じ、何これ…?(´ д  `;)




凄い、空気読めるはずやのに…(´ д  `;)


普段、凄い空気読めてるはずやのに、何、今日のこの感じ…(´ д  `;)



あれ…?(´ д  `;)




あ、ああ…(笑)



あ、まぁまぁ、二人はね…(笑)(´д`)


あ、二人はそうやったんや…(笑)(´д`)



へぇ~~~~(´д`)


へぇ~~~、二人はそうやったんやぁ(´д`)



あ、やっぱり、映画の感想なんて人によって違うしねぇ~~(笑)(´д`)


なるほどねぇ~~(笑)(´д`)






「あ、うん(笑)

まぁ、でも、は……はもう、いいかな…(笑)(´д`)」



「ぶっちゃけ(笑)(´д`)」



「なぁ…?(笑)

はまぁ…別に観んでもええんちゃうかな…(笑)(´д`)」





ゆうて(笑)(´ д  `)





「え?いや、2も観に来れたら観に来るかもしれん。」



え、あ、あぁ…(´ д  `;)



「うん、あの終わり方だと続き気になるから、2も観たいねぇ。」



ちょ、ちょっちゅね…(´ д  `;)







…何、この感じ…?(´ д  `;)




…何この、Surだけこの映画を解ってない…

みたいな、この感じ…(´ д  `;)




…何この、Surだけ映画の内容理解せずに

なんかKYな発言しとるで…

みたいな、この感じ…(´ д  `;)




一番のムービー・ウォッチャーなのに…(´ д  `;)


この中で一番のムービー・ウォッチャーなのに…(´ д  `;)



この中で一番、足しげく劇場にも足を運んで、

数々の映画に辛口コメントを残して来たムービー・ウォッチャーなのに…(´ д  `;)



あれ…?(´ д    `;)




20cb3





























そうなんですよね。



ええ…?あれ、そうなの、これ…?


面白いの…?(汗)



いや、まぁまぁ、ねぇ…。



原作…自体も、まぁ、今回のところくらいまでは、

”血のおおみそか”までは面白かったのは全然認めてますから。


僕自身も。



だからまぁ、原作を読んでいない人にとっては、

その原作の良さの部分…では面白く観れたのかな。


…とは、なんとなく解るんですよ、僕も。



うん、まぁ、なるほどなって。


え、でも…そうなのかなぁ…?



これ、原作を読んでなかったら読んでなかったで、

話自体分かるのかな…?


うーん…。



ああ、いや、話自体は分かるんでしょうけど、

この、原作の話の面白さがこれで伝わるのかな…っていう。



そこがどうしても…個人的に…。


不思議で仕方ないんですよね…。



いや、でも、実際に面白かったと言っている人がいるんですから。


伝わってるんでしょうねぇ。


それは。



そうかぁ。



でも、なんか、

削る部分を間違えてるような気がしないでもないんですけどねぇ…。


そこ削る?みたいな。



もう、まさにその、冒頭で気になったのが、

ケンヂの現状の不甲斐なさ?みたいな部分のクダリですよね。



あそこを削っちゃ、ちょっとこの物語の良さ



何もない中年の。


今まで何も起こせなかった、ただのしがない中年になろうかという。



そういう男が主人公なんだ…っていう。



そこですよね、この物語の冒頭部分での面白さって。


恐らく。



いや、少なくとも僕は、

原作を読んだ時にまず面白いなと感じたのはこの部分でしたよ。



だから、そこをサーッと流してしまっては…。


この物語の最も肝心な部分をそんなに簡単に描いてしまっては…。



その先もそうなってしまいますよね、どうしても…。


観る方も。



で、これ、なんか、完コピとかいう事らしいんですけど。


どうも。



原作の。



で、確かにそうなんですよ。


完全に原作をなぞっただけなんですよ。


この映画。



え、でも、それってどうなん…?


え、それってどうなん…?



いいの、それ…?


それって……何がいいの…?



それってどこに映画化する必要があるの…?


うーん。



あの、別に比べるつもりはないんですけど、

同じ漫画からの映画化…といっても、こちらはアニメになるんですけども、

「AKIRA」



僕、これは大好きなんですね。



で、この映画の何が素晴らしいかと言うと、

その潔さ?っていうんですか。



この、原作からのストーリーの切り方が超良いじゃんって。


思うんですよ。



でも、これは僕の場合、

まず映画を観てから原作を読んだのでこう思うだけかもしれないんですけどね。



最初に原作を読んでいた人にとっては、あるいは、

映画の方に関して物足りなさを感じる人も多いんではないかと予想されるんですが。



というのは、これ原作の漫画は6巻あるんですけど、

実際、映画で描かれてる部分て1~2巻くらいまでなんですよ。



もう、漫画と映画では別のストーリーと言ってもいいくらいの。


それくらい別物の作品になっとるわけですよね。



でも、それだからこその映画化だろうし。



で、それをしたからこその、この世界的な「AKIRA」人気、

大友克洋人気だと思うわけなんですよ。


僕、個人的には。



だから、何が言いたいのかと言いますと、

この「20世紀少年」に関してもですね。



もう、ぶっちゃけ、

この作品で面白いのって”血のおおみそか”までなんですよね。


今回の映画のクライマックスの。



それに関しては、これまた勝手な思い込みかもしれないんですが、

恐らく大部分の人がそう感じてるんではないかと。


思うんです。



少なくとも、

この原作のラストに満足している人なんて、いたとしても極々少数でしょうよ。



いや、ほんとに、おるのかと。


そんな人は。



ひょっとしたら、いないんじゃないかと。


思われるくらい。



グダグダですよね。



それはもう、絶対原作者の浦沢氏自身からして解ってるはずなんですよね。


そして、今回、この映画を撮った堤監督に関してもそうでしょう。



だったら



3部作にしたいなら3部作にしてもいいんですけど、

そんな、アホみたいな完コピとかゆってんとですね。



”血のおおみそか”までを再構築して、

で、そこまでで3部作にするとか。



そういう事をしてこその、映画化ではないんではないのかと。



いや、これはもう、冗談でも大袈裟でもなくて、

本当にそう思うんですよ。



グダグダになった原作を完コピしてどうなんねんと。


また、新たにグダグダな映画を生み出すだけじゃないのかと。



で、実際、もうそうなりかけてますからね。



…うん、まぁ、これに関しては僕個人的な意見でしかないんですけど。



だから、何やねん、これ…(´д`)


どうしたいねん、これで…(´д`)



で、他にも音楽とか。


これはもう、個人的に…とか言わんでも明らかに悪いでしょう…。



なんか、ハシにもボウにもかからんような…。


そんな感じですよね。



あと、あれ。



ケンヂがマルオの家でギターを掻き鳴らすシーン。


あの場面でもさぁ、ギターの音ちっちゃいやん(´д`)



あそことかはもう、

劇場にいる私たちが「うお、うるせー」ってくらいの音でしょう。


どう考えても。



それくらいの音にせんと、何の意味もないシーンですよ。


あんなもん。



いや、でも、

こんな細かい事言い出したらキリないんですけどね、ホントに。



完コピとは言いつつ、肝心なところは全然コピーできてないですから。


で、コピー出来ててもそれがどうやねんっていう話ですからね。



うーん。



3部作で総製作費60億


て事は、1本20億



でも、20億っつってもなぁ、

あんな無駄に豪華なキャスティングして無駄遣いしてるだけじゃなぁ。



ぶっちゃけ、作品の内容には何も反映してないですしねぇ。




いや、これは残念だ。


うん。



正直、残念な結果に終わってましたね、僕的には。



恐らく、一人でならは観に行く事はないでしょう。



だって、この物語のピークの”血のおおみそか”でこれですからねぇ。


ぶっちゃけ、もう、この「20世紀少年」は終わってしまいましたからねぇ。



よっぽど、今回のこの映画のクオリティが高いか、

はたまたオリジナリティがあるか…とかなら2にも期待できたんですけど。


これじゃぁねぇ~。



…といっても、ホントにこう思ってるのはだけなのかもしれないですけどね(爆)



僕だけじゃないにしろ、こういう意見の方が少数派なのかもしれないですけど。


そこはもう、ワカンないですね。



是非、気になる方がいれば御自身の目で。


確かめてきていただきたく候。


はい。




ちなみに、今日髪を切りに行ったんですが、

そこで、この「20世紀少年」の話をしていたら、そのお姉さんがですね、


「あのCMの一つ目のマスクしたやつ、気持ち悪い少年ですよねぇ。」


って。



なんかもう、色々ごっちゃになってるんでしょうね。



とりあえず、「あれは少年じゃないですよ…(笑)」とだけ突っ込んどきました。


はい。




じゃ、そういう風な事になったんですけど、「20世紀少年」

1個 僕以外は…? 8個で!





さてと。


とりあえず、以前から「20世紀少年」にだけ焦点を合わせていたので、

この後、何が上映されるのか全く分からないんですが。



また、観てきます。


何か。



では、その時まで。


御機嫌よう(´・ω・`)ノシ




|

« デトロイト・メタル・シティ [映画] | トップページ | わが教え子、ヒトラー [映画] »

コメント

Surさん たっいへんご無沙汰しております・・・なぎさですぅ。
いいぃやぁ~今作のレビュー、食い入るように読ませていただきましたよ!
なんだかSurさんと友達との鑑賞後の会話を側で見せてもらったみたいな感覚で!

私は原作未読なんで、これってこんなもんなんかなぁ~という気持ちで劇場を後にしたわけです。
帰ってから調べたら、伊集院光がえらいこの原作をコケ下ろしてました。
会社の若い男の子にも聞いたら、途中からグダグダになったと言ってたので、そうなんかと。

>ケンヂの現状の不甲斐なさ
あぁ~なるほどねぇ。
原作未読の私なんかが言えないですが、そこは充分には描かれて無かった気がしましたね。

だから、なんかしらんけど小学校の時の友達とで、また鬼退治しよかみたいな感じに見えてしまったんですよね。

えぇ、私も今回は面白いとは言えなかったです。
Surさんに1票!

投稿: なぎさ | 2008年9月 6日 (土) 09時53分

なぎささん、
こちらこそ誠にご無沙汰しております、
ありがとうございます&ようこそお越しやすーー!!_(._.)_

>食い入るように
本当ですか…ありがとうございます(⊃д⊂)
うーん、いや、ぶっちゃけ映画の内容にほとんど関係ない事なんですけど、やっぱりこの映画を観に行って一番印象に残った事だったんですよねぇ、それが…(笑)
ま、一人だけ理解できてない状況…っていうのは、多少映画の内容ともリンクしてるかな、とも思ったり思わなかったり。
…ま、こじづけ…ですね(´д`)

>原作
これはねぇ…。
伊集院氏、そして会社の若い男の子氏の気持ちはよく分かりますねぇ。
もう、ほとんど謎丸投げで終わりやがりましたからねぇ。
その点では決して”秀作”だとか”天才・浦沢直樹”だとかいう風には認められないんですけども、でも、だからこそ、今回の映画化にはちょっと期待してたんですけどねぇ。
まぁ、まだ途中といえば途中なので評価を下すのが早すぎるのかもしれませんけど…。でも、もう期待という意味では観る価値があるとはとても思えないかなって…。
僕は思いました。はい。

>ケンヂ
うん、ここだけじゃないんですけど、
そこ抜いてこのお話の良さ出る?っていうところが凄い気になって気になって仕方なかったんですよね、観てて。
で、もうその他には新しい要素なんて0といってもいい位のものだったんで。
だから、絶対に原作より見劣りする事はあっても良くはならない造りなんですよね、最初から。

だから、これは何かなぁ…という。
誰が得する造りなのかなぁ…という事ですよねぇ。

いや、とりあえずは、面白くなかったのが僕だけじゃなくてちょっと安心しました…(´д`)

ほっ…(´д`)

投稿: Sur | 2008年9月 8日 (月) 02時30分

こんにちわ。
評価をつけるのを放棄した人間が来ました。
よろしくお願いします。

第1章の一番素晴らしいところは、完結編である「21世紀少年」の一番核となる部分を、この時点で伏線として拾ったことだと私は思ってるんです。
アレをみて「こいつらはあれをやる気なんだ」と気付いちゃったんです。

ぬぅ・・・
そうすると、原作読者は途中で観賞放棄できない。一度観た以上、全部観るしかない。

という訳で、きっと第2章も評価放棄しますが、観賞には行くと思います。
なるべくお金をかけずに済む方法でw

まあ、でもアレです。
自分だけが面白かったという空気よりいいですよ^^
こっちの空気はもっとアレな感じです・・・

投稿: あるきりおん | 2008年9月10日 (水) 00時38分

あるきりおんさん、
大変遅くなりましたがありがとうございますー_(._.)_

>放棄
いや、逆に今の時点で観るのを放棄した自分よりかは、
よっぽど大人な対応だと思います…(笑)

そうですねよねぇ…、なんつってもまだ1作目なんでなんとも言えないはずなんですけど、仮にも原作を見てしまってるもので…(´д`)

やっぱり、そうなると期待できないのかなぁ…なんて、
正直ホントにがっかりしてるんですよね…(´д`)

>伏線
…というのは、やはりアレの事なんですかね。
確か、ドンキーの初登場のクダリの辺りでそんな画があったような気がしたんですけど。
違ったらすみません(汗)

仮に僕の思ってる事だとしたら…、
それを伏線にするという事は…、

(´ д    `)

↑こういう事になりそうな…。
そんな気がするんですけど、果たして…。

>空気
そうですね、そっちのがきついかな…(笑)
まぁ、みんな楽しく観れたんだから良かったと思うべきですね(´・ω・`)


投稿: Sur | 2008年9月13日 (土) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/23476381

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年 [映画]:

» 20世紀少年 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作を全く知らないし、邦画にイマイチ盛り上がれない性質だけど(汗)、3部作の第1部を見逃して後から地団駄を踏みたくないので(←よくやる・涙)観てきました〜  監督 : 堤 幸彦  『明日の記憶』 『自虐の詩』 『包帯クラブ』 原作 : 浦沢直樹 『20世紀少年』 主題歌 : T.REX 『20th Century Boy』【comment】    スッゴク面白かったで〜す        早く続編が観たいよぉ〜  1969年、小学生のケンヂは仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そして遊びの一つ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 17時53分

» 20世紀少年〜第一章 [悩み事解決コラム]
{amazon}  9月1日の映画の日に1000円で『20世紀少年〜第一章』を鑑賞。 20世紀少年は漫画をよく読む人からはたまに耳にすることは あったが、自分は全く内容を知らなかった。 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 20時17分

» 「20世紀少年」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「20世紀少年」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、宇梶剛士、宮迫博之、生瀬勝久、小日向文世、佐々木蔵之介、他 *監督:堤幸彦 *原作:浦沢直樹 感想・評価・批評 等、レビューを含む..... [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 06時53分

» 20世紀少年(映画館) [ひるめし。]
「終わり」が始まる。 [続きを読む]

受信: 2008年9月 5日 (金) 15時14分

» 20世紀少年 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年8月30日 公開 「ケンヂ君遊びましょ」 「今、ウ○コしてるからちょっと待ったってなぁ〜」 6000マイル貯めて1ヶ月フリーパスポートをゲット! この作品が1本目となりました。 マンガのキャラクターとそれぞれの俳優がうまくマッチしていた所と、70年代を懐かしく思えた・・・という以外には特に面白いと言う感じではなかったです。 ま、3部作ということなんで、全てを観てみないとわかりませんが。... [続きを読む]

受信: 2008年9月 6日 (土) 09時54分

» 【映画】20世紀少年 第1章 [新!やさぐれ日記]
■動機 ラストがみたいだけ。 ■感想 ラストがみたいだけ。 ■満足度 ------- おいとき ■あらすじ 翌年に大阪万博開催を控え、人類が初めて月に降り立った1969年の夏、小学生のケンヂは、同級生の仲間たちと空き地の原っぱに秘密基地を作った。そんな彼らの秘密の遊びの一つである“よげんの書”には、悪の組織、世界征服、人類滅亡計画、それを阻止する正義の味方など空想の数々が描かれ、彼らをワクワクさせるのだった。 ■コメント 感想と言ってもどこから手をつけて言いか全く分からないのが... [続きを読む]

受信: 2008年9月 7日 (日) 23時39分

» 20世紀少年 [Akira's VOICE]
同級生の縁を大切にしよう!   [続きを読む]

受信: 2008年9月 8日 (月) 10時16分

» ★「20世紀少年」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みも、平日は駐車場無料の「ららぽーと横浜」のTOHOシネマズさんへ。 6000マイレージの一ヶ月無料パス狙いで、本日も2本鑑賞。 その2本目。 [続きを読む]

受信: 2008年9月11日 (木) 03時09分

» 【2008-203】本格科学冒険映画 20世紀少年 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 待望の実写映画化! 全3部作の第1章、降臨。 世界が 終わろうとしています。 ぼくらの “ともだち”によって──。 [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 23時26分

» 「20世紀少年」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
「目が腐ってしまう様な、と言うより不愉快を通り越して、失ってしまった時間を取り戻す為に、裁判にでも掛けたい気持ち。」映画評論家でも在るおすぎ氏が、映画「20世紀少年」に付いて記した文章だ。時には的を射た指摘も在るが、彼が「泣きました!」とか「感動しました!」と絶賛する作品は概して良いと思った事が無い。レギュラー出演している「森田一義アワー 笑っていいとも!」ではタモリ氏のワンパターンな芸風に対し、「もータモちゃん、面白いんだから〜。」と阿る姿を散々見ているので、映画でも「何等かの思惑が在っての評論で... [続きを読む]

受信: 2008年9月23日 (火) 19時04分

» 『20世紀少年』@日劇 [映画な日々。読書な日々。]
ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その... [続きを読む]

受信: 2008年9月27日 (土) 00時58分

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年9月29日 (月) 07時56分

« デトロイト・メタル・シティ [映画] | トップページ | わが教え子、ヒトラー [映画] »