« 崖の上のポニョ / 百万円と苦虫女 [映画] | トップページ | デトロイト・メタル・シティ [映画] »

2008年8月20日 (水)

ダークナイト [映画]

Dk1

★★★★★★★★☆

http://wwws.warnerbros.co.jp/thedarkknight/ (ダークナイト 公式サイト)



「ダークナイト」

観てまいりました。

映画自体、久々に観てまいりました。




結論から言うと、面白かったですね。


これは。



筆者にとっては、実は、

バットマンシリーズをまともに観たのは、これがだったりするんですけど。



だったりするわけで。


でも、それなのに面白かったわけで。



まぁ、ぶっちゃけ分かり易いですからね。


こういうヒーロー物自体が。



善がいて、悪がいて…っていう。



だから、初見だった筆者にも面白かったわけで。


だろうねぇ。



正直、あんまりこの、

いわゆるアメコミヒーロー自体は好きくないんですけど。



でも、最近のアメコミ物もちょっとシリアスな展開のものが多くて、

ファンならずとも普通の映画として観れてしまう。


そんな気がどことなくしてるんですけど。



そこは単純に嬉しい、筆者は。



しかも、シリーズ物にも関わらず、

前作を観ていなくてもチンプンカンプンという事もなく。



善と悪の区別さえつけば誰にでも観られる、楽しめるという。


ね。




”ダークナイト”



観る前までは完全に”暗黒の夜”とか、そっちの意味で捉えてましたけども。


なるほど。



だから、わざわざカタカナにしたんですかね、これは。


日本のスタッフは。



ちょっと、そこは最後にプチサプライズでした。



ま、完全に個人的にだけですけど(´д`)


たぶん、他の人は普通に気づいてたのかもしれないですけど(´д`)




Dk2

















バットマンの最凶最悪の宿敵であるジョーカーの登場で

混乱に陥ったゴッサムシティを守るべく、再びバットマンが死闘を繰り広げる。


監督は前作から続投のクリストファー・ノーラン。


またクリスチャン・ベイルも主人公、バットマンを再び演じる。


そして敵役のジョーカーを演じるのは2008年1月に亡くなったヒース・レジャー


シリーズで初めてタイトルからバットマンを外し、

新たな世界観を広げたダークな展開に目が離せない。”




by シネマトゥデイ。



今回は、公式サイトの方でカッコイイ壁紙が多数DLできるので、

そちらをバンバン使わせてもらおうかなと思っております。



でも、僕は、

トップにはあの壁紙を持ってきたかった。



確かに、主人公的に言えばバットマンなんでしょうけど、

僕は敢えて、あのジョーカーの壁紙を使いたかったですね。



それくらい、やっぱり印象に残ってるのはジョーカーの方ですし、

だからこそ、タイトルからもバットマンの名が消えてるんだと思いますし。



それはもう、そうだと思いますね。



ジョーカー=DarkNight=バットマン=DarkKnight



…こういう感じなんでしょうね。


こういうヒッカケなんでしょうね。



うん、たぶん、少なくとも、

これを公開する日本のスタッフ的にはこういう感じにしたかったんだと思いますね。


あんな、タイトルをわざわざカタカナにしたのは。



まぁ、全然知りませんけど(爆)


まぁ、なんの根拠もなく、今こうしてタイピングしてるわけですけども(爆)



でも、そうだと思うな。


僕は。


そうであって欲しいな。




いや、もう、とりあえず、

ジョーカー、ヒース・レジャー


ですよねぇ。



あの緊迫感


狂気感



…って言うのかな、よう分からないですけど。


そういうのが凄い出てましたよ。



で、今年の1月にお亡くなりになったという…。



やっぱり、その事実があるだけに、もう余計にね。


そういうのを感じてしまいますよね。



それこそまさに、鬼気迫るものがヒシヒシと。


スクリーンから伝わってくるというか。



もう、”素晴らしい演技”とかそういう事ではないですよね。


これは。


うん。



そういう言葉を並べれば良いというものでもないと思いますね。


決して。




死因はなんだったんでしょうか。



まぁ、調べればすぐ分かるんでしょうけど、

でも、しなくてもいいかな、それはね。



スクリーンからそれが伝わっただけで、

もう、そこについてとやかく言う事はないんじゃないかな、って。



そう思う次第でございます。




Dk3_2

















今回これ、全体的なストーリーというか、流れ…というか。


そこにもう、いちゃもんをつける気は全くないんですけど。



善と悪…その戦いですよね。


ん、もうちょっと複雑かな?今回の話は。



でもまぁ、概ねそんな感じですよね。


そこは別に良かった。



ただ、ちょこっと2,3



2,3…4……5。



うん、2,3,4,5…ちょっと腑に落ちない点がありましたね。



ん~まぁ、些細と言えば些細な事なのかもしれないですけどね。


いや、些細でもないか。



些細でもないと言えば些細でもないか。



っていうのはですねぇ。


あ、既に公開から結構経ってるんですけど、一応ネタばれになりますが。







あれ、ジョーカーは殺さないとダメだろう、と。


バットマン



もう、もろラスト付近の話になるんですけど。



なんやかんやでジョーカーを追い詰め、倒しますよね。


バットマンが。



でも、なんでか知らんけど、あの後に及んで尚、

ジョーカーを殺さないんですよね、バットマンは。



それはイヤン。


それはちょっとイヤン



もう、明らかに諸悪の根源なのに。


もう、明らかにジョーカーのせいで大勢が死んでるのに。



もう、最愛の人?も殺されてるわけですよね。


あの時点では。



いや、だから、

あそこで凄いその、原作が漫画なんですよ感を。



感じてしまったんですよね。


僕は。



なんか劇中でもそんな台詞はありましたけど。



「やっぱり、どうしても俺を殺せないらしいな、高潔(?)なバットマンさんはよぉ」


…みたいな、なんかこんな台詞。



たぶん、実際には全然違うと思いますけど(爆)



そう、たぶん、バットマンというのはそういうキャラ設定なんでしょう。



悪を退治する時には手段を選ばず、時には”無法者”とさえ呼ばれているけど、

しかし、を殺したりすることは決してない…っていう。



それはまぁ、仮にも”ヒーロー”ですからそれはそれで良いんでしょうけど。



でも、あの流れで行ってジョーカーを生かすっていうのは…。


ちょっといくらなんでも甘ちゃん過ぎるぜ…(´д`)…っていう。



いや、この映画がね、漫画ノリならね、

それでもそんなに違和感はなかったんでしょうけど。



でも、今回、かなりシリアスな内容にしてしまってるんで、

そこでその漫画のキャラ設定だけを活かされても…っていうねぇ。



そこはちょっと、アレ?って思いましたね、ぶっちゃけ。



別に、生かす=正義、殺す=悪…っていう事でもないですしね。


時には殺す、倒さなければいけない相手というのもいるでしょうから。



ジョーカー的には、明らかにそっちですからね。



で、もう一人の、ある意味”悲劇の正義漢”の検事


名前忘れた。



そっちの方はしっかり殺してしまうんですよね。


まぁ、不可抗力みたいな感じにはなってましたけど。



でも、それは…それでいいのかな…ってねぇ。



バットマンシリーズのファンでもなんでもない自分的には、

そう思えちゃいましたねぇ。



まぁ、キャラ設定云々とかより単純に、


「ジョーカー殺してもうたら、この後の話続かへんやん(´д`)」


…っていう、そっちの方が大きかったのかもしれませんけどねぇ。



でも、そこは別に、この映画のほんとの最後とかにでも、

倒した(殺した)はずのジョーカーが…みたいな、

そういうワンカットでも入れておけば大丈夫だと思いますからねぇ。



個人的にはそっちの方が良かったなぁ。



あんなけ街中めちゃめちゃにしたジョーカーを助ける…っていうよりはねぇ(´д`)



うーん、そういう事なんですよ。



ああ、あと、もう1個、

あの検事が狂気に走るようになったクダリでのね。



あれがちょっと、いかにも過ぎて。


それもちょっと嫌でしたね。



あそこはもうちょっと抑えた感じの方が、よりリアルな怖さがあったかなって。


感じました。



はい。







でも、全然


全然面白かったですから。



も、それ以上の事は言う必要もない映画だと思いますから。


ね。



そんなに言う事もない。


そんなにゴチャゴチャ言うてもしゃーない。


うん。



あ、でも、バットマンて、

あの人自体が強いのか、あのスーツみたいのが強いのか…ぶつぶつ…ぶつぶつ…




はい、じゃ、そんな事で面白かったです、「ダークナイト」

8,5で!





…すっかりサボり癖がついてしまってます_(._.)_


ありがとうございます_(._.)_



残暑お見舞い申し上げます_(._.)_



ま、そこそこ忙しかったというのもあるんですけどね、実際。


実家帰ったりなんなりと。



映画を観に行く暇もなかった…と言えばそうだったかもしれないですし。



でも、今日からはを入れ替えて_(._.)_


ちょこちょこ映画も観に行きたいなとおもぅておるんです_(._.)_



次回!


「デトロイト・メタル・シティ」



そして次々回!


「20世紀少年」



この2本はもう、確実に観て来たいと思っております。


それ以降も何か観たい映画があれば当然観に行きたいと思ってます。



そして、映画を観てくればここへ感想を書きに来るとお約束します。


はい。



では。


そういうわけですので。



また是非、このブログへのリンクをクリックして頂きたく。


ダブルクリックして頂きたく。



切にお願い申し上げ候にて_(._.)_



バハハーイ(´・ω・`)ノシ




|

« 崖の上のポニョ / 百万円と苦虫女 [映画] | トップページ | デトロイト・メタル・シティ [映画] »

コメント

おじゃまします。
色々と考える映画でしたね~。
ハリウッドのクセに。
こういうのを哲学っていうんですかね。
ハリウッドのクセに。

そんなこんなで、バットマンがジョーカーを殺せないのは、
それがジョーカーの望みだったからなんじゃないかと、
勝手に思っております。

「20世紀少年」のレビューをクワクワしてまちます♪

投稿: あるきりおん | 2008年8月24日 (日) 09時49分

あるきりおんさん、
ありがとうございます、ようこそお越しやす~!_(._.)_

そうですねぇ、哲学的とも言えるくらいにシリアスな内容でしたねぇ。
本文中にも書いてますけど、バットマンシリーズを今まで観た事がない自分にも、これが以前のシリーズのものとはかなり違うものなんだろうなというのは分かりました。

>ジョーカーを殺せない
なるほど。
あるきりおんさんの記事を読んで、なるほどなるほどと。
自分にも納得できたような気がします。

「正義」の反意語が「自由」…。
これまた眼から鱗が落ちる想いです(´д`)

なるほど…哲学ですね…(´д`)

>「20世紀少年」
これは自分も結構クワクワしてますので(笑)
楽しみですね♪

あるきりおんさんのレビューも、是非クワクワして待たせ頂きます_(._.)_

投稿: Sur | 2008年8月27日 (水) 16時45分

はじめまして。

『ダークナイト』絶対狙いだと思います!
「白の騎士」が出てきても、全く気づきませんでした(笑)
ラストのゴードン警部補のセリフでやっと分かりました。
そしてかなり切なかったです。

日本語タイトルはトホホなもの多いですけど、
これは良かったんではないかと思いました。

投稿: maru♪ | 2008年9月22日 (月) 01時25分

maru♪さん、
はじめまして、ありがとうございますー!_(._.)_

お返事、大変遅くなりまして誠に申し訳ありません( iдi )

>「ダークナイト」
ですよね!
これはもう、間違いなく日本スタッフの”粋なはからい”だと思わずにはいられない。
そんな、ナイスタイトリングですよねぇ。

>トホホ
いや、これも言い得て妙です、ほんとに。
明らかに悪意をもって付けられてる様なものもありますからねぇ(´д`)
タイトルで誤解させて観させたろう…みたいなのとか。
なんや、お前の観た感じで付けたタイトルか…みたいなものとか。

その点、こういうタイトルの変更なら大歓迎ですね!('∇')

投稿: Sur | 2008年9月27日 (土) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/23116249

この記事へのトラックバック一覧です: ダークナイト [映画]:

» ダークナイト [★YUKAの気ままな有閑日記★]
昔のバットマン映画は暗くてあまり好きじゃーなかったけれど、前作の『バットマン ビギンズ』で大好きなクリスチャン・ベールがバットマンになってから、豪華キャストも手伝ってかスッカリ魅せられてしまった。今作は、今年1月に急逝したヒース・レジャーのジョーカーも物凄く気になって・・・楽しみにしていた―【story】悪の蔓延るゴッサムシティを舞台に、ジム・ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)やハービー・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベール)は街で起こる犯罪撲滅... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 09時32分

» 「ダークナイト」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ダークナイト」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ヒース・レジャー、ゲイリー・オールドマン、アーロン・エッカート、マギー・ギレンホール、モーガン・フリーマン、 他 *監督:クリストファー・..... [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 12時18分

» 【映画】ダークナイト [新!やさぐれ日記]
■動機 バットマン ビギンズを見ていたから。 ■感想 いやもうビックリ! ■満足度 ★★★★★★★ びっくり ■あらすじ 悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術... [続きを読む]

受信: 2008年8月22日 (金) 21時42分

» ダークナイト(映画館) [ひるめし。]
お前がわたしを殺すか。わたしがお前を殺すか。 [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 11時47分

» 【映画】ダークナイト [新!やさぐれ日記]
■動機 バットマン ビギンズを見ていたから。 ■感想 いやもうビックリ! ■満足度 ★★★★★★★ びっくり ■あらすじ 悪のはびこるゴッサムシティを舞台に、ジム警部補(ゲイリー・オールドマン)やハーベイ・デント地方検事(アーロン・エッカート)の協力のもと、バットマン(クリスチャン・ベイル)は街で起こる犯罪撲滅の成果を上げつつあった。だが、ジョーカー(ヒース・レジャー)と名乗る謎の犯罪者の台頭により、街は再び混乱と狂気に包まれていく。最強の敵を前に、バットマンはあらゆるハイテク技術... [続きを読む]

受信: 2008年8月26日 (火) 19時51分

» ダークナイト/THE DARK KNIGHT [我想一個人映画美的女人blog]
          好きなアメコミは?憧れのヒーローは?と聞かれたら 「バットマン{/atten/}」と即答するほど、実は(っていうほどのコトじゃないけど)『バットマン』好き{/heart/} 『バットマンビギンズ』からもう3年、新生バットマン第二弾は、前作同様 クリストファー・ノーラン監督がメガホン。 ヒース・レジャーの遺作としても注目度が高まってる。 18日から全米で公開、初登場No1大ヒット中{/ee_3/} 映画版『バットマン』の1&2作目の監督はティムバートンで バー... [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 09時02分

» 【2008-185】ダークナイト [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 最凶の敵が、来る [続きを読む]

受信: 2008年8月29日 (金) 22時42分

» 「ダークナイト」コレは、凄いわ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
 クリストファー・ノーラン監督による、“バットマン・シリーズ第2弾”「ダークナイト」(ワーナー・ブラザース)。『アメリカでの興行成績が、トンでもないことになっている』とか、『ヒース・レジャーの遺作になっちゃった』とか、日本公開前から随分ニュースが飛び交っておりましたが、果たして映画そのものの出来は?期待と不安を抱え、先行に行ってまいりました。    バットマンの活躍で、少しずつではあるが悪の勢力が弱ってきていたゴッサム・シティに、狂気の犯罪者・ジョーカー(ヒース・レジャー)が現れた。ジョ... [続きを読む]

受信: 2008年9月 4日 (木) 19時45分

» ダークナイト 観てきました。 [よしなしごと]
 映画を観るペースが週に1度に激減。さらに観たいと思う映画が上映されてからすぐに観ることもできずにいつも終わりに近づいて駆け込みで。。。映画ブログを名乗る資格がないんじゃないかと思うような今日この頃、今回も駆け込みでダークナイトを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2008年9月15日 (月) 14時46分

« 崖の上のポニョ / 百万円と苦虫女 [映画] | トップページ | デトロイト・メタル・シティ [映画] »