« Sweet Rain 死神の精度 [映画] | トップページ | クローバーフィールド HAKAISHA [映画] »

2008年4月 5日 (土)

MONGOL [映画]

Mongol1

★★★★★★★★☆☆

http://www.mongol-movie.jp/ (MOGOL 公式サイト)



「MONGOL」

観てまいりました。




いやぁ、しばらく観たい映画がなくてですね。


ちょっと、間が空いてしまいましたけども。



ということで、

久しぶりに観てきた映画が、これまた骨太な。


映画でしたね。




でも、面白かったどー!!


…というね。



これはぁ、結構期待して観に行ったんですが、

んん~、まぁまぁその期待に応えてくれたと言ってもいいんではないかと。


思いますけどねぇ。



ただ、惜しむらくは、

2時間じゃないですよねぇ、これは。



うん、2時間に詰め込む映画じゃないな、というのは思いましたねぇ。



できれば3時間


もしくは、2部作3部作…くらいでも…。



まぁまぁ良かったかなっていう。


それはありましたねぇ。



ま、そこの部分では多少の物足りなさはあったものの、

しかし、十分に面白かったと言える映画ではないでしょうか。




Mongol2













”陰謀が渦巻く時代、

モンゴル部族の頭領の息子として生まれたテムジン(浅野忠信)


彼を待ち受けるのは、父の毒殺、裏切り、復讐、異国での投獄という壮絶な運命。


彼こそが、後にチンギス・ハーンと呼ばれた男。


いま、彼の熱き野望がモンゴルの大平原に放たれる! 


全編モンゴル語、壮麗な大自然を舞台に、

モンゴル帝国を築き上げたチンギス・ハーンの壮絶な人生を描いた叙事詩。


第80回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。”




という事で、

ストーリーというか、内容はもう皆さんご存知の、

チンギス・ハーン…ですよね。



そのモンゴルの英雄、

チンギス・ハーンの人生…半生を描いたムービーなワケですけども。



しっかりしてます。


造り的には非常にしっかりした映画になっていますね。



そこの部分では、非常に観やすく惹きこまれやすい造りにはなっていますね。


そこがまず、嬉しい部分ではないでしょうか。



ただ、これが先ほども言いましたけど、

かなり駆け足でストーリーが展開されていきます。



もう、幼少の頃から、

テムジンが大平原に立つまでをガッツリ描いてくれているのは良いんですけどね。



でも、どうしてもその分駆け足に成らざるを得ないというか。


そこがほんとに残念なんですよねぇ。



とは言えですよ。



そんな、多少駆け足気味になっているとはいえ、

それでもかなり上手くまとめてあるんじゃないかなとは思いましたけどね。



一つ一つのエピソードにもちゃんと意味があるように感じられましたし、

駆け足ながらもそのテムジンの成長ぶりや感情みたいなものもですね。


しっかりと伝わってきていたとは思いますのでね。



ただ、もうちょっと時間をかけられたらな…っていう所は、

ほんとに残念に感じる部分ではあるんですが。



そうねぇ。


でも、見応えは十分あると思うねぇ。



うーん。



特に、自分も含めてなんですが、

こういった歴史モノが好きな人にはねぇ。



なかなかソソられるタイトルなんじゃないかなって思いますねぇ。




Mongol3













浅野忠信さん。


良かったですよぉ。



その存在感


迫力


パッション


ね。



そこはなんら、この映画のスケールに見劣りする所はなかったですよ。



やっぱり、一番の壁は言葉の問題になるかと思うんですが、

まぁ、日本人の自分が言ってもある意味仕方ないと言えば仕方ないですけど、

個人的には、今回の作品を観てて違和感みたいなものは無かったですよね。



凄くスムーズに入ってきましたからねぇ、台詞も。



もう、そこも恐らくは浅野さんの凄まじい努力の賜物なんでしょうけども。


そこもホントに凄いなぁって思いました。



でも、どうなんでしょうね、こういうのって。


こういう、違う国の人が違う国の言葉を喋る映画って。



モンゴルの人にしてみると、やっぱり不満なんでしょうか。



まぁねぇ、いくらディカプリオやらジョニー・デップやらゆったって、

全編日本語で喋ってる映画なんて観れたもんじゃないでしょうからねぇ(爆)


それは(爆)



やっぱり、そういう感じはあるんでしょうねぇ、この映画でも。



まぁ、でも、自分は日本人なのでそこは別に良いです。


そこは別に、全然気にならないです。


はい。




テムジン


チンギス・ハーン



もう、ボロッ負けですよね。



人生の大半?になるのかな。


途中までは。



もう、子供の頃からなんやかんやと。



それでも、最後にはチンギス・ハーンになるんですからね。


凄いなぁと思いますよ。



まさにもう、負けて負けて負け続けても諦めずに、

負け続けてもその信念だけは捨てずに、命ある限りは…ですよね。



命ある限りは生きるぞ…っていうね。


そこが単純に素晴らしいなぁと思いました。



この単純な事が中々できないですからねぇ、普通の人には。



それを実際にやってのけるというのが如何に難しいか…というのは、

もう、実際に生きている私たち自身が一番よく知っているわけですけども。



それを実際にやり抜いたからこそ…こそのチンギス・ハーンなんでしょうねぇ。



ねぇ、こう思いました、私。


はい。




とかあっても良さそうですけどね。


どうなんでしょうか。



一応、今回ので完結していると言えばそうなんでしょうけど、

ま、あったらあったで観てみたいなとは思いますよね。


うん。



ちょっと、そんな期待もしつつ。



是非……ああ、音楽も良かったですね、これ。


今、思い出しました。



音楽も凄い良かったですよ。


はい。



じゃ、そんな事……ああ、奥さん役の人、あんまり綺麗じゃなかったですね。


今、ふっと思い出したんですけど。


はい。



ま、でも、モンゴル人好みのお顔なんですかね。


ああいうのがね。



では、ほんとに劇場に足……ああ、戦闘シーンごにょごにょ…ごにょごにょ…




ええ、そんな事でございまして、「MONGOL」

8個で!!





さぁ、次回は。


そうですね、「クローバーフィールド」を。


観てきますよね。



これもなんや、予告編では期待させられる内容でしたからねぇ。


それはもう、期待して行きますよ。


ねぇ。



で、またこれ、

早い内に観てきて、早い内に感想を書きたいなと思ってるんです。



…うん、ま、別にそんなんは言わんでもいいですけどね(´д`)


…うん、ただの個人的な事情は(´д`)



映画には何の関係もないですからね(´д`)


はい。



では、そんな事でまた近いうちに。


バイバイキーン(´・ω・`)ノシ




|

« Sweet Rain 死神の精度 [映画] | トップページ | クローバーフィールド HAKAISHA [映画] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/12322393

この記事へのトラックバック一覧です: MONGOL [映画]:

» 「MONGOL モンゴル」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「MONGOL モンゴル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:浅野忠信、スン・ホンレイ、アマデュ・ママダコフ、クーラン・チュラン、他 *監督:セルゲイ・ボドロフ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックを..... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 05時48分

» モンゴル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
闘って、生きた。守るべきは、この愛しきもの。強くあれ、敗れれば“死”あるのみ! 部族間の陰謀や復讐が渦巻く12世紀、モンゴルの一部族の頭領・イェスゲイの息子として生まれたテムジン。テムジンは、運命的な出会いをした少女ボルテを許婚として選んでしまったことに...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 11時53分

» 「MONGOLモンゴル」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「MONGOLモンゴル」公式サイトチンギス・ハーンの人生を 浅野忠信が全編モンゴル語で挑んだ、アカデミー賞ノミネート作品。色で言うと 黄土色とか灰色とか?岩場やら砂漠の荒涼とした場面が多い上に、戦の様子や装いもなんだか泥臭く、テ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 13時31分

» 「MONGOL」 [浅野忠信の秘密]
... そして、映画パンフレットに監督と浅野忠信が並んだ写真があった。こんな写真... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 11時13分

» モンゴル 2008-16 [観たよ〜ん〜]
「モンゴル」を観てきました〜♪ モンゴルの遊牧民の長の子として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテ(クーラン・チュラン)と出会い、盟友であるジャムカ(スン・ホンレイ)の助けもあり長として成長していく。やがてテムジンは、モンゴルの部族を統一する目的のために動き出す・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、草原の覇王になれるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 07時28分

» モンゴル [Akira's VOICE]
いい国作ろうモンゴル帝国。 [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 16時18分

» モンゴル [★YUKAの気ままな有閑日記★]
歴史が好きになり始めた子どもの頃、高木彬光さんの『成吉思汗の秘密』を読んで、「源義経はチンギス・ハーンと同一人物に間違いないっ」と本気で信じた覚えがある(笑)肝心のチンギス・ハーンへの知識については教科書に載っている事くらいしかないが、浅野忠信さん主演で、第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた本作を観賞してみた―(ちなみに『蒼き狼〜』は未見です^^・)【story】モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハと... [続きを読む]

受信: 2008年4月 9日 (水) 19時04分

» 『モンゴル』2008・4・6に観ました [映画と秋葉原と日記]
『モンゴル』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれた幼名テムジン(後のチンギス・ハーン)は、後の妻に成るボルテとの出会いや、父が毒殺される憂き目や、ライバルであり戦友ともなるジャムカとの友情も経験... [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 17時27分

» 【2008-84】モンゴル(MONGOL) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 大地の民の誇りを胸に 闘って、生きた。 守るべきは、この愛しきもの [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 23時46分

» 「フィクサー」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「フィクサー」公式サイトティルダ・スウィントンアカデミー賞受賞作。フィクサー=もみ消し屋のジョージ・クルーニーが問題をあざやかにもみ消していくのを想像してましたが・・ちょっと様子が違ってました。地味め デス。巨大製薬会社の薬害訴...... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 00時59分

» モンゴル(映画館) [ひるめし。]
闘って、生きた。守るべきは、この愛しきもの [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 10時50分

» 温情と約束を忘れない男。『モンゴル』 [水曜日のシネマ日記]
モンゴルを統一した人物、チンギス・ハーンの人生を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 20時11分

» 映画「モンゴル」(2007、カザフスタン) [富久亭日乗]
    ★★★★☆  12世紀のモンゴルを舞台にGenghis Khanが 国家統一を果たすまでを描いた歴史スペクタクル。 原題は「MONGOL 」。  一部族の族長の息子Temujin=後のGenghis Khan= (浅野忠信)は9歳の時に別の部族の娘Börte(Khulan Chuluun)と 運命的な出会いをする。 その直後父を敵に毒殺されたり、 捕虜にされ、奴隷として売られたり、 波乱万丈な運命の中を潜り抜け、 王者としての風格を身につけたTemujinは、 国家統一に向けて戦いに身を投じ... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 16時34分

» モンゴル [映画鑑賞★日記・・・]
【MONGOL】2008/04/05公開(04/20鑑賞)製作国:ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル監督・脚本:セルゲイ・ボドロフ出演:浅野忠信、スン・ホンレイ、アマデュ・ママダコフ、クーラン・チュラン モンゴル人は雷が苦手、日本人の私なんか怖くて熱出したもんね!... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 12時34分

» 【映画】MONGOL [新!やさぐれ日記]
■動機 話題性? ■感想 これはこれで面白かった ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハとの友情を通し、王と呼ばれるにふさわしい一人前の男に成長する。父の死後部族の長となったテムジンは、モンゴルを統一すべく、部族間の激しい戦いに身を投じていく。 ■コメント いくつか見たい映画があったのだが、 どれもほぼ同じ時間からスタートするという、 なんとも... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 21時56分

« Sweet Rain 死神の精度 [映画] | トップページ | クローバーフィールド HAKAISHA [映画] »