« 魔法にかけられて [映画] | トップページ | ダージリン急行 [映画] »

2008年3月12日 (水)

バンテージ・ポイント [映画]

Van1

★★★★★★★★☆☆

http://www.sonypictures.jp/movies/vantagepoint/ 

(バンテージ・ポイント 公式サイト)



「バンテージ・ポイント」

観てまいりました。




…観てまいりましたんですが、

ちょっと、その前にですね。


ご報告させて頂きたい事があるんです。



え~、というのは、

3/2付けの当ブログ「ジャンパー」の記事内、10行目でですね、



”もはや、”自己解決”してしまいましたよ(´д`)”



…このような発言があったんですが、これは、

”自己完結”の誤りでございました。



誠に申し訳ありませんでした。



そこで、本日未明、

その部分を訂正いたしました事を、ここにご報告致します。



関係各位の皆様、

ご迷惑とご心配をおかけしました事を深くお詫び申し上げます_(._.)_




…うん、やっぱり、

”自己解決”じゃ、ここの管理人は何を悩んでいるんだ、

何をそんなに悩んでいたんだ…って事になりますからね。



映画の感想を書いてる時に。


大丈夫なのか、と。



そういう、いらぬ心配を与えてしまいますからね。


せっかく当ブログを見て下さっている方に。



それは、本意ではありませんから。


自分的にも。



そんな”想い”のまま、記事を読んでもらいたくない。


それはありますからね。



だから、それをこの場を借りて、

まずお詫びさせていただいたわけなんですけども。


はい。




…さっ、というわけで、気を取り直して。


元気一杯に\(^-^)/



今回もお送りしていかないかんなぁ思ぉてるんですけども\(^-^)/




そうですねぇ、面白かったですね



うん、これは素直に面白かったですよ。


もう、王道ですよね。



サスペンスアクション


カーアクション


のね。



だから、”王道”


と書いて”王道”



”キングロード”




「ザ・キングロード」

観てまいりました。



…違いました。




そうですねぇ、


いや面白かったですよ、これは。




Van2
















大統領暗殺の真相を、

8人の目撃者8つの異なる視点で追ったサスペンス・アクション。


主演のシークレットサービスをデニス・クエイドが務めるほか、

デニスの同僚役にはテレビドラマ「LOST」主演のマシュー・フォックスが演じる。


ほかにも『ラストキング・オブ・スコットランド』で

アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したフォレスト・ウィッテカーや、

『エイリアン2』のシガーニー・ウィーヴァーら一流のスターが名を連ねる。


斬新なストーリー展開と8つの視点から導き出される驚がくの結末に息をのむ。”




なるほどぉ、そう来ましたかぁ。



いやっ、だねぇ(´д`)


イナセだねぇ(´д`)



うーん、これは結構、斬新と言えば斬新なんですかねぇ。



ま、でも、なんか、

観てる間中ずっと、「24」に見えて仕方なかったんですけどね…(笑)


実は…(笑)



ま、だって、そのシチュエーションというか、

キーワードが結構かぶるものが多いですもんねえ。



”大統領”だとか、”暗殺”だとか、”テロリスト”だとか、”時間”だとか。



だから、

キーファー・サザーランドがいつ出て来てもおかしくないなような。


そんな雰囲気がありました。



でも、結構いるでしょう。


こう思った人はね。


うん。



で、これは、ホントにもう↑の説明にある通りなんですが、

その大統領が演説中に狙撃される事件が起こって、

で、それを目撃した8人…なのかな?


ちゃんと数えてなかったですけど。



ま、8人なんでしょう、

その人たちがその事件に絡んできますよっていう。


そういうお話ですよね。



で、その斬新とされる部分なんですが、

こう、それぞれの登場人物のその日の、その時の行動が、

1回1回巻き戻って描かれるわけですよ。



だから、デニス・クエイドが犯人を追う。


そして、事件の手がかりとなる何かを発見!



「なんじゃ、こりゃぁぁぁ!」



キュルキュルキュルキュル…



PM11:59:02… (大統領暗殺の20何分か前)



同じ時、フォレスト・ウィッテカーは何してましたよ…


みたいな感じで。



そういうのが何回か繰り返されて、

そして、それと共に事件の全貌が判明してくると。



そこがこう、面白いっちゃ面白い所なんですよ。



んー、でもそう、

その観せ方としては斬新なのかもしれないですけど、

そういうを残して、中々見せないで引っ張って興味を持たせて…。


そして、それを徐々に明かしていって…みたいな、

そういう手法的には、結構サスペンスとしては王道なのかなとも思いますよね。



ね。



ですので、もうホントに、

別に深く考えないで普通に観てるだけで楽しめますし、

凄くシンプルで分かりやすいストーリーだとも思いますし。



そこが凄くいいなって思いましたけど。


うん。




Van3
















そして、あとカーね。


カーアクション



これもまた、普通にすげぇなって思いましたよねぇ。



でも、絶対無理ですけどね(爆)


実際にはあんな事(爆)



すぐ、事故るでしょうけどね(爆)



そこはまぁ、映画ならではという事で。



いや、でも、もうホントに凄いなと思いましたよ。


これはもう、いくら凄い凄いっつっても、

文章では伝わりませんのでね。



実際に観るしかありませんから。


そこは。


ねぇ。



だからどうなんだろ、シンプルに楽しんじゃえばいいじゃん、

っていう感じなんですかねぇ。



もう、今回はこれでいっか。



…別にそんな、

深く語るような内容もこれはこれで無いんですよね(爆)


意外と(爆)



なんやろ、もうちょっとあると思ってんけどなぁ。


書く前は。



…なんか、意外無かった…ですよね。



いやっ、もう、確実に面白いんですけどね。


それは。


確実に面白いんですけど…。



でも、そんなに書く事はなかったなぁ…(´д`)


うーん(´д`)



いや、だねぇ(´д`)


イナセだねぇ(´д`)



ああ~、というか、そっか。


書けないんですよね。


どうしても。



ネタばれになるから。


ね。



どうしても、この映画について何かを言おうとすると、

ネタばれにならざるを得ない感じもありますからね。


うーん。



ん~、じゃぁ、まぁ、これはこれでいっか。


そんなに気張る必要もないか。


な。



はい、面白かったですよ。


この映画は。



まだ観てない方がいらっしゃれば、

まだ、この映画を観てない方がこのブログを見てくださっていれば。


是非一度、観に行かれてみては如何でしょうか。



なんか、面白いとかゆってるブログあったなぁ…みたいな感じで。


あ、そういえば、これ面白いらしいで…みたいな感じでね。



いや、そこは別に関西弁じゃなくても良いんですけどね。



そこは全く、津軽弁とかでも問題ないですけど。



うん。


はい。




じゃ、そういう事になりましたけども、「バンテージ・ポイント」

8個で!





さぁ~、次回なんですけども、実はもう観て来ましたね。


次回の記事でお届けする映画は。



「ダージリン急行」


これを観て来ました。



でも、これはちょっと…。


難しいですよ…。



うん、凄く難しい…。


………。



…うん、凄く難しいレブーになりそうですね。


そうですね…。



ああ、どうしよっかなぁ。


書かんとこっかなぁ。(おい)



じゃ、それまでにちょっと。


書く内容を考えておきますね。


はい。



…いや、凄く難しい…難しくなりそう。



じゃ、そんなわけでして。


バイバイ(´・ω・`)ノシ




|

« 魔法にかけられて [映画] | トップページ | ダージリン急行 [映画] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/11238051

この記事へのトラックバック一覧です: バンテージ・ポイント [映画]:

» バンテージ・ポイント(映画館) [ひるめし。]
目を凝らせ―――。 [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 15時11分

» バンテージ・ポイント [★YUKAの気ままな有閑日記★]
諸事情でちょっと多忙な今日この頃記事の更新やTBコメントのお返事が遅れがちなのを、ここでお詫び申し上げます―【story】シークレットサービスのトーマス・バーンズ(デニス・クエイド)は、同僚のケント・テイラー(マシュー・フォックス)とともに、スペインのサラマンカで開催される首脳会談に出席するアシュトン米大統領(ウィリアム・ハート)の警護にあたっていた。サラマンカ到着直後、大群衆を前に広場でテロ撲滅のスピーチを行うアシュトン大統領が突然何者かに狙撃される。パニック状態に陥った広場の中で、狙撃... [続きを読む]

受信: 2008年3月13日 (木) 23時24分

» バンテージ・ポイント (Vantage Point) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ピート・トラヴィス 主演 デニス・クエイド 2008年 アメリカ映画 90分 サスペンス 採点★★★★ “真実はひとつ”とは言いますが、あくまでそれを受け取る人ひとりにつき一個なわけで、10人いれば10通りの真実があると言えるんでしょうねぇ。まぁ、もちろんそれぞ..... [続きを読む]

受信: 2008年3月14日 (金) 01時11分

» 映画「バンテージ・ポイント」(2008年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★★  米大統領暗殺をめぐるテロリストとシークレットサービスの攻防を描いた サスペンス・アクションの傑作だ。  原題は「VANTAGE POINT」は「見晴らしの良い場所」の意。  首脳会議出席のためスペインを訪れた米大統領Ashton(William Hurt) は 広場での演説の最中狙撃され、その後広場で爆発が起きる。 米側は暗殺計画を事前に察知しており、 狙撃された大統領は替え玉だった。 しかし、本物の大統領もテロ組織に誘拐され、 テロリストとシークレットサービスThomas ... [続きを読む]

受信: 2008年3月16日 (日) 10時07分

» バンテージ・ポイント [eclipse的な独り言 ]
 土曜日は仕事なので、一日二本はきついものがあります。そこで昨日は「魔法にかけら [続きを読む]

受信: 2008年3月16日 (日) 20時40分

» [映画『バンテージ・ポイント』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆予告編を何度も見ていたが、予告編では、この作品の傾向がいまいち分からなかった。 思ったのが、何人かの主人公の「視点・主観」で、大統領暗殺事件の真相が二転三転するストーリーのようだった。 「ああ『羅生門』かあ」とは思ったのだが、画面は派手なアクションが展開されていた。 公開されて、各種のネット映評を覗くと、かなり評価が高い。 私は楽しみにしていた。      #     #     #     # 黒澤の『羅生門』(原作は芥川龍之介の『藪の中』)は、物語や思想、主張、議論といったものを突... [続きを読む]

受信: 2008年3月20日 (木) 20時49分

» 【2008-60】バンテージ・ポイント(VANTAGE POINT) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 8人の目撃者 8ヵ所の視点(バンテージ・ポイント) たった1発の銃弾 8つの疑惑 1つの真実 誰も信じるな 何も見逃すな 目を凝らせ――。 ... [続きを読む]

受信: 2008年3月20日 (木) 23時06分

» ★「バンテージ・ポイント」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、デニス・クエイド主演のサスペンス。 昨日、「ザ・シューター/極大射程」をDVDで観たので、暗殺もののレンチャン。 このまま、暗殺特集に突入しちゃったりして・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 02時55分

« 魔法にかけられて [映画] | トップページ | ダージリン急行 [映画] »