« ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] | トップページ | 母べえ [映画] »

2008年1月26日 (土)

陰日向に咲く [映画]

Kage_2

★★★★★★★★★★

http://www.kage-hinata.jp/index.html (陰日向に咲く 公式サイト)



「陰日向に咲く」

観てまいりました。




ですね。



もう、いいんじゃないでしょうかね。



これも何も書かなくて。


うん。



ありますからね。


何も書かなくていい映画というのは。


間違いなく。



レヴューなんていらない映画というのは、

もう間違いなくありますから。



だって、観ればいいじゃない?…って。


うん。



なんやねん、観て来ればいいじゃない?…っていう。


何を迷って…何を悩んでるねん?…って。



そんなもん、観るしかないじゃない…っていう。


観ないで面白いわけがないじゃない…って。



そんなもん、お前っ、

観ずに面白さが伝えられるわけがないじゃない…っていう。



ええ。


そういう映画はありますから。



だから、これは間違いなくそういう映画ですからね。


うん。



だからもう、何も書かなくていいと思いますね。


レヴューとか全然いらない。


もう、ほんとに。



この記事とかも全然いらないですね。



だから、この記事も3日たったら削除しますよ。(え)



いや、ほんとにそう思います。




原作、劇団ひとり



原作も大そう売れたそうですけど、凄いですね。


これはよく出来てます、ほんとに。



ああ、そっからこう持ってくるか…みたいなね。


おお、そっからこっちに繋げてくるか…みたいな。



そういう驚きもしっかりありつつ、感動もさせつつ…みたいな。



いや、本当に凄いと思います。




ただ


一つだけ残念な点がありました。



エンディングに流れる主題歌ですね。


あれだけが、この映画を観てて大そう残念に感じましたね。



だから、↑このように採点してますけど、

厳密に言うと0.5点マイナスにしておきたいところなんです。



そういうところはちょっと厳しいんです。


自分。



でも、やっぱり重要ですからね、ラストに流れる曲と言うのは。



だから、今回、映画本編は凄く良かったんですけど、

映画本編が凄く良かっただけに、エンドロールが始まってすぐ、

席を立ちましたよね。



あ、これは余韻を逆にかき消されるな、と思って。



…まぁ、誰の歌かは知らないんですけどね。


でも、それは大そう残念でした。



個人的な希望で言えば、BUMP OF CHICKEN


が良かったですね。



是非彼らに、「オールウェイズ~」に引き続き主題歌を担当して欲しかった。



というか、なんならもう、

今回も「花の名」を流してもらっても良かったんですけどね(爆)



いや、冗談抜きで全然しっくり来ると思いますけど。


あの歌よりも。



というのも、何を隠そうワタクシ、

「花の名」を聞いて以来、大のBUMPファンになってますから。



BUMP大好き



朝起きたらBUMP、夜寝る前もBUMP、カラオケ行ったらBUMP



これが事実ですから。


困ったものです。



いや、ほんとにね、

そこだけがこの映画に関しては残念でならないなって思いますね。



これはもう、なんか大人の事情に監督さんが負けたのかな…

っていう気がしてしまうんですけども。



「オールウェイズ~」の場合はあれ、

監督さんがちゃんとBUMPの人に会いに行って、直接依頼をして、

そして、あの「花の名」が生まれた、と。


インタビューで言ってましたからね。



今回のあの歌には、

どうもそんな経緯があって誕生したとは…どうしても思えないのでねぇ。



そこはもうちょっと監督さんに頑張って欲しかったなって思いましたけど。



だからあれですよ、

そのまさに、映画の一部とも言えるエンディング曲をですね、

自社のアーティストを使いたいという理由だけで変えてしまうという。



そんなもんはもう、言語道断なんですよ。


…まぁ、言わずともavexの事ですけどね。



あれは何なんだ。


何なんだ、お前らは、と。



梨花って何なんだ、と。



やめろ、あれ。


あれ、やめろ、ホントに。


お前らは。



くっそぉ、この野郎。



…いや、別に酔ってるわけじゃないですよ。




いや、そんな事で、まぁね、

映画本編だけに関して言えば、間違いなく10点満点で問題ないでしょうから。


これは。



そこはもう、間違いないでしょうから。


ええ。



でも、もう、

もしBUMPが歌ってたら17点くらい行ってましたけどね(´д`)




というわけでございまして、「陰日向に咲く」

9.5個で!!





はい、次回はもう、「母べえ」ですね。


山田洋次監督となるとそれはもう、

期待せざるを得ないでしょう。


多少でも映画好きなら。


ねぇ。



というわけで、また近いうちに観てきたいと思います。



…いや、でもまた、この「母べえ」が凄く良くてですね、

で、また何も書かなくていいという事になるかもしれないですけど。



でも、それは決して手を抜いてるわけじゃないですから(´д`)


そこは誤解の無きよう御願いしますね(´д`)



ありますから、そういう映画は(´д`)


ええ(´д`)


仕方ないんです(´д`)



それでは、「母べえ」が凄く良い映画である事を祈りつつ…

バイビー(´・ω・`)ノシ




|

« ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] | トップページ | 母べえ [映画] »

コメント

ケツ○イシ嫌いなんですか?
原作を読んで、書き下ろされた曲とのことで
映画にとてもあっていましたよ

投稿: | 2008年1月26日 (土) 20時27分

早速のコメントありがとうございます!_(._.)_(upして5分)

ああ~、これケ○メイシでしたか。
なんかまた、どこぞの売出し中の…みたいな感じかと思いました(爆)
いや、全然嫌いってわけではないですし、
…ま、特に好きってわけでもないんですけど、
そうですか、良かったんですか~。
そうなると、ちょっと途中で出てきたの損した気分(´・ω・`)

せめて、サビまで聴くべきだったか(´・ω・`)
これはなんとも早合点(´・ω・`)

投稿: Sur | 2008年1月26日 (土) 21時13分

Surさん ご機嫌麗しゅうございますぅ♪

ひぃ~えぇ~、Surさん主題歌ダメでしたかぁ。
私、予告観てる時からケ○メイシのこの曲が好きで
携帯配信されてすぐにゲットしたんですよ。
♪めぐり合いの中で生きてく~♪というあの歌詞もいいかなぁと。
でもまぁ好みですもんね。
私もエンド曲が微妙に合ってないなと思う作品もありますもん。

で、本編のほうは良かったですよね!!!
思わずジュピターさんの手紙に泣かされました。(ノ~`;)

にしても、これはレビューが書きづらいですよねぇ。
完璧にネタバレになっちゃいますからね。
予備知識なく観たほうが感動できますね!

投稿: なぎさ | 2008年1月27日 (日) 17時02分

なぎささん、
麗しゅうございます~♪_(._.)_

う~む~、そうですねぇ、
残念ながらマイ・ハート、マイ・ソウルには余り響いて来なかったですねぇ…(汗)
で、このコメントを読んで、早速You○ubeで聴いてきましたが、
なるほど、良い歌なのは分かったんですが…、
でも、ちょっとこの映画には合ってなかったかな…?
っていう想いは変わりませんでしたね…(汗)
いや、これはもう、しょうがない。
ほんとに好みの問題ですからねぇ、こればっかりは(´・ω・`)

>本編
は、良かったですね!!
これはもう、しょうがない。
いや、ほんといいんだもん、こればっかりは。
自分はもうあれですね、
モーゼのクダリからジュピターさんの手紙まで、
凄い波が来てましたよね。
ザッッッパーーーーンて。感動の波が。

>レビュー
これはもう、しょうがない。
いや、書けないですよ、こればっかりは。
うん、やっぱり書けない、これは。

ねぇ、もう、
全部の映画がこんなんなら凄く楽でいいんですけどね。(おい)

投稿: Sur | 2008年1月27日 (日) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/10087348

この記事へのトラックバック一覧です: 陰日向に咲く [映画]:

» 陰日向に咲く [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開             「ふりむキッス」歌:武田みやこ(平山あや)        「来てくれて、うれしいドロ〜」 はぁ〜っ、なんかねぇ、良かったですよぉ。 うぅ〜ん、なんかねぇ、泣け!っていう作りじゃないのに・・・ 私は、ジュピターさん(緒川たまき)の手紙に泣きましたねぇ。 それにしてもTOPの画像探すのに苦労したよ! 岡田クンがジャニーズなもんだから画像がないのよ!!! (... [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 16時53分

» 伊藤淳史クンの似顔絵。「陰日向に咲く」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
昨夏「西遊記」を観に行けなくて、その時描いてた、 伊藤淳史クンの似顔絵流用で、申し訳ない。 ・・と思ってたんですが、「陰日向に咲く」を観てて、この似顔絵が 「不思議な意味」を持った事に驚きました。 映画を鑑賞された方はわかると思うんですが、 気付けば、新旧の「西遊記」ですよね(笑) お話は大きく分けると、こんな感じでしょうか。 ◆ギャンブルから抜けだせない、借金まみれの観光バス運転手・ シンヤ(岡田准一)が、借金返済の為に、オレオレ詐欺に手を出す。 しかし偶然電話に出た老婆と、不思議な交流をし... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 20時08分

» 陰日向に咲く 2008年日 [Movie heart beat]
2008年01月28日 19時00分  平川雄一朗監督。岡田准一、宮崎あおい出演。観光バスの運転手をしているシンヤは借金がかさんでしまい、首が回らない。そんな時ある女性と知り合いになる。  人の「縁」をテーマにあらゆる人生に賛辞を送るヒューマンドラマ。  人生の良...... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 18時29分

» 陰日向に咲く [花ごよみ]
劇団ひとりの原作を映画化。 キャストは岡田准一(シンヤ) 宮崎あおい(鳴子・寿子) 伊藤淳史(雷太) 平山あや(みゃーこ) 緒川たまき(ジュピター) 塚本高史(ゆうすけ) 西田敏行 (モーゼ) 本の内容、記憶が薄れていましたが、 映画を観ているうちに 徐々に思い出してきました。 原作は連作になっていますが、 映画では岡田准一(シンヤ)を中心軸として 宮崎あおい(寿子)、西田敏行(モーゼ)、 三浦友和(リュウタロウ)達が 複雑に交差して物語が進行していきます。 東京... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 10時52分

» 母べえ(映画館) [ひるめし。]
何もしなくても、母の手があった。悲しくても、母の胸があった。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土) 18時07分

» 【2008-19】陰日向に咲く [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ホームレス 借金地獄 売れない芸人 田舎娘 崖っぷちアイドル アキバ系オタク ストリッパー 人生に”陽の当たらない人たち” 彼らに陽は当たるのか!? ひとりじゃない。 ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 13時27分

» 【映画】陰日向に咲く [新!やさぐれ日記]
■動機 小説買うより安いから ■感想 宮崎あおいはもう少し仕事を選んだほうがいい ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかりやっぱり ■あらすじ 大型の台風が沖縄に迫り、勢力を強めながら本州に上陸しようとしていた。物語の舞台となるのはの東京。もうすぐ訪れるであろう台風の気配を感じるとある夏の日から、物語は始まる。※ネタバレしそうだったので本編前のあらすじを書いてます。 ■コメント 最近はテレビ局の境界線が薄くなってきたのか、どこかのテレビ局で製作された映画も、ザムービーでもない限り宣伝... [続きを読む]

受信: 2008年2月 3日 (日) 21時41分

» 「陰日向に咲く」偶然のつながりがありえない [soramove]
「陰日向に咲く」★★★ 岡田准一、宮崎あおい主演 平川雄一朗監督、2008年、129分 真面目に向き合うとツライが、 出演者の演技に視点を置くなら楽しめる、 ファンタジーと思って見ることを勧めたい。 パチンコで作った借金を 会社の人全員に善意で立て替...... [続きを読む]

受信: 2008年2月13日 (水) 20時35分

» 【映画】陰日向に咲く [新!やさぐれ日記]
■動機 小説買うより安いから ■感想 宮崎あおいはもう少し仕事を選んだほうがいい ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり やっぱり ■あらすじ 大型の台風が沖縄に迫り、勢力を強めながら本州に上陸しようとしていた。物語の舞台となるのはの東京。もうすぐ訪れるであろう台風の気配を感じるとある夏の日から、物語は始まる。※ネタバレしそうだったので本編前のあらすじを書いてます。 ■コメント 最近はテレビ局の境界線が薄くなってきたのか、どこかのテレビ局で製作された映画も、ザムービーでもない限り宣... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 20時12分

» 「陰日向に咲く」 観てきました。 [よしなしごと]
 忙しかった先週とは打って変わって今週はなんとか余裕が出てきました。レイトショーに間に合うように会社を出ることができる今週。ふぅ~って感じです。今週3本目は陰日向に咲くを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2008年2月16日 (土) 21時56分

« ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] | トップページ | 母べえ [映画] »