« earth [映画] | トップページ | ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] »

2008年1月21日 (月)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [映画]

St_2

★★★★★ のち ★★★☆☆

http://wwws.warnerbros.co.jp/sweeneytodd/

(スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 公式サイト)



「スウィーニー・トッド フリート街のあk………」

観てまいりました。




これミュージカルでしたか。


なるほどなるほど。



いや、なんか予告編とかでも歌ってたのは見た記憶がありましたけどねぇ。


でも、ここまで全編歌歌歌だとは思いませんで。



なので、その辺りがちょっと予想していた内容とは違ったので、

多少の面くらい感もありつつ…まぁ、なんやかんやと観てましたけど。



でも、まぁ…

なんやかんやで面白かったですねぇ~。



19世紀の英国・ロンドン…。


ま、なんやかんやありまして、スウィーニー・トッド



”悪魔の理髪師”の物語なわけなんですけども。



でも、まぁこの”面白かった!”という所に行き着くまでにも…

なんやかんや結構時間かかりましたねぇ~。




St2













”舞台は19世紀の英国・ロンドン


無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、

名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。


15年ぶりに再開した理髪店、

そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド


胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミソリを――。



『チャーリーとチョコレート工場』のコンビ、

ジョニー・デップ×ティム・バートン監督が贈る最新作。


デップの本格的な歌声も披露される。”




…という感じのストーリーなんですけど、

これ、かなり最初の方はハショッてますよね…(笑)



ほんとに、こんなあらすじのような説明だけで、

この復讐に生きる男スウィーニー・トッドは誕生しましたよ…っていう。


これもまた、結構面食らった箇所でもあるんですけど。



イメージの話ばかりで申し訳ないんですが、

観る前には当然のように、そのスウィーニー…ベンジャミン・バーカーがですね、

悪徳判事によって陥れられる所から掘り下げて描くものだとばかり思っていたので、

(…なんや、もういきなり復讐始まるんかい(´д`))…みたいな。



15年間無実の罪で服役もしていたという事ですけども、

その投獄されている間の描写も一切ないのでね。


その辛さもイマイチ分かりづらいという。



ちょっと、”復讐”というテーマがメインな物語だけに、

そこの部分をハショッてしまって大丈夫なのかなって。


そういう不安がのっけからあった、この「スウィーニー…」なんですが。



ああ~、でもあれですね。


結局、最後までこの映画を観た後の今でさえ、

その”復讐に燃える”という部分ではあまり感情移入できなかったかもですねぇ。



ま、分かるのは分かるんですけど。


こんな事をされたら”復讐”したくなるだろうと、普通。



うん。


誰でも。



いや、それは別に理髪師だけがこうなる訳ではないでしょうから。


そこは例えば、工場長とかでも全然こうなりますよね。



「松村重雄 津市の悪魔の工場長」とか。



でも全然問題ないと思いますね。


…というか、こっちの方が妙に生々しくて嫌ですね、なんか(爆)




それで、やっぱりねぇ、一番可哀想なのはねぇ…、

あの奥さんですよねぇ。



あの奥さんにはちょっと移入というか、同情というかね。


してしまいましたね。



その、この映画では描かれていない部分を想像すると…ですよね。


非常にこう、なんとも胸が痛くなる人物なんではないかと思われます。




それで、ミュージカルという事で。


ジョニー・デップの歌声初披露なんですか。



なんかあんまりそんな感じもしなかったんですけど、そうなんですね。


ま、凄く歌も上手かったせいもあるんでしょうが。



でも、これは自分だけではないと思うんですが、

こういう”ミュージカル映画”って基本的に好きくない人、

やっぱり多いんじゃないでしょうかね(´д`)



だって単純に、なっかなか話進まねぇんだもん(´д`)



歌が終わって、お、やっと話が進むかなって思うと…

………ま~た歌かい…(´д`)


みたいなねぇ。



そう、だからもう映画の3分の2くらいまでは、

映像とかは凝ってるけど内容的には薄いかなぁ…なんて感じでしたしねぇ。



なんか、こまかーい所にも突っ込みドコロもありましたし。


それを上手く歌で誤魔化されてるような…(笑)



それでも、

終盤に差し掛かってくる辺りから妙に引き込まれて観入ちゃってたというか。



徐々にリアルな怖さが出てきたというのもありますし、

あと、ラストに起こる悲劇もね。


しっかりこう、物語を締めくくる上で決まってたんじゃないかと。



うん、それはありましたね。




St3













そして、忘れてはいけないのがヘレナ・ボナム=カーター


…実はあんまりよく知らなかったりするんですけど(爆)



でも、最近なんかちょくちょく見かけますね、この人。


「ハリーポッター…」とかにも出てましたよね。


その時からなんか変なキャラばっかりでしか見てないですけど(爆)



で、この人の演じるミセス・ラベットというキャラクターもですね、

これまた謎が多いというか、説明をハショッてるというか…ねぇ。



最初の方では特にですね、

このスウィーニーと知り合いでもなかったような感じだったんですけど、

何故か妙にスウィーニー、ベンジャミン夫妻の事には詳しかったようですし。



それにまた、スウィーニーの事を昔から好きだった…みたいな、

そんな感じの歌も歌ってましたよね。



そこがどうなんだろうな、この人は(´・ω・`)


ていうか、なんでそこの説明をハショルんだと(´・ω・`)



ちょっと言いたい、私は(´・ω・`)



やっぱり、単純にが長くなるのがイヤだっただけなのかなぁ。



あとは~~…なんだぁ、

まぁ、よくよく考えるとあるなぁ、突っ込みドコロ…(笑)



は結局どうなったのかとかねぇ。



スウィーニーが無差別に人を殺すようになる動機も、

イマイチピンとこなかったですしねぇ。



でも、そこは別にいいのかなぁ…。



ねぇ、別にそんな、

ストーリーに突っ込みを入れるような映画でもないような気がしますしねぇ。



ジョニー・デップが好きな人はそれだけで楽しめるんでしょうし、

このティム・バートン監督作品が好きな人ならそれだけでも楽しいんでしょうし、

あと、こういうミュージカル映画が好きな人なら……ねぇ。



そういう感じで観れればいい映画なのかもしれませんねぇ。



自分的にはやっぱり、

オチが結構綺麗にというか、インパクトのあるオチだったんで、

その点が良い印象として残ったのでこういう評価にはしてみましたけども。



とりあえず、”ミュージカル映画”という事だけは頭に入れて、

歌歌歌…になる覚悟もして観に行けばそれなりには楽しめるんじゃないでしょうか(笑)



はい、そう思います。




というわけでございまして、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

5個のち8個で!





寒いです(爆)


外が寒くて中々映画を観に行くが湧きません(爆)



いや、これは参りましたねぇ(´д`)


さ~むいんだもん(´д`)



いや、観たい映画はチラホラあるんですけどねぇ。


でも、なんせこの寒さだと映画館が夏のは遠く感じますからねぇ。



いやぁ、なんともかんとも(´д`)


でも、次回の記事はもう決まっております(´д`)



次回は、久々に今回の「スウィーニー…」とハシゴして観てまいりました、

「ジェシー・ジェームズの暗殺」について、なんやかんや書いてみようかなと。


思っておる所存であります。



いや、これも中々骨太な。


ええ。


作品でございましたね。



そんなわけで、またその次回お会いしましょう。


たぶん、水曜日にはアップできるかなって思いますので。



それでは、グッド・ウェンズデー(´・ω・`)ノシ




|

« earth [映画] | トップページ | ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] »

コメント

歌、歌で、なかなか進みませんでしたね〜。
ブロガーさんたちには評判いいみたいですね。

私も、寒いと映画館が遠く感じるタチで、家で本でも読んでいたい...であります。

投稿: あん | 2008年1月22日 (火) 20時25分

あんさん、
こんばんは&ありがとうございます!_(._.)_

ですね。
この手の映画の一番のネックは”話が進まない事”なんですよね(爆)
もう~ちょっとだけ歌減らしても問題ないんじゃないのかといつも思うんですけどね(´д`)

>寒い
いや、これもほんとにね(´д`)
だからもう、逆に映画館の方から来て欲しいくらいですよね。(無理)

投稿: Sur | 2008年1月23日 (水) 00時08分

Surさん お寒ぅございます。
あぁ~Surさんミュージカルとは思わずに・・・でしたか。
思いっきり歌ってましたねぇ。
歌いながら人の大動脈を切ってましたからねぇ。
ミュージカルじゃなければ"スプラッターもの"でした。

私、実はジョニデファンでもなく・・・これもね、やや斜に構えて冷静に観てやろうと思って行ったんです。
ところが結構楽しめました。
少なくとも『パイレーツ~』よりかは。

それとSurさん早速ブラピの最新作も鑑賞されてますね!
これは多分DVD待ちになると思いますので、Surさんのレビュー拝見させてもらいますね!

投稿: なぎさ | 2008年1月26日 (土) 17時12分

なぎささん、
ようこそ、お越しやす~!_(._.)_

いやぁ、ほんとに寒くてまいっちゃいますねぇ(泣)
以前になぎささんは映画館のそばに住んでらっしゃるとお聞きしましたが、
本当に羨ましく思います(;´д⊂)

>ミュージカル
そうなんですよ、本当に全く知らなくて。
はっきり言って苦手なジャンルだけに、ちょっとどうかなと思いましたが、
でも、これに関しては全然楽しめて良かったです!
こう、単なるミュージカルで終わらずにしっかり観せてくれましたのでね。

>ブラピ
もう、自分のしょーもない記事で良ければ、いくらでも読んでくださいませませ(⊃д⊂)

ありがとうございます!_(._.)_

投稿: Sur | 2008年1月26日 (土) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/10004104

この記事へのトラックバック一覧です: スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [映画]:

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿らせながら、かつて自分を陥れた者への復讐に燃えていた―  監督 : ティム・バートン 『チャーリーとチョコレート工場』『スリーピー・ホロウ』        〜スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化〜        【comm... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 22時30分

» 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 22時49分

» 映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」(2007年、米) [富久亭日乗]
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(Alan Rickman)の計略にはまり、 妻を奪われ、自らは無実の罪で投獄される。 15年後ようやく自由の身になった男は、 妻が自殺し、一人娘は判事に監禁されているこ... [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 08時05分

» スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 [Akira's VOICE]
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。 [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 18時06分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー....... [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 20時23分

» 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE #63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪店..... [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 14時07分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年1月19日 日本公開 肉まんに段ボールってのは聞きましたけど ミートパイに・・・・ほにゃららが使用されてるとはねぇ (|||_|||)オエーッ はさみから今度はカミソリに持ち替えて さすが切れ者俳優ジョニー・デップ様!!! 良かったです!!! もぉねぇ、中盤からはどぉ〜んどん引き込まれちゃいましたね。 雨の中(昨日)、観に行って... [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 17時05分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [小部屋日記]
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 ブロードウェイミュージカルの伝説的な作詞作曲家、スティーブン・ソンドハイムによる舞台ミュージカルの映画化。 ジョニー・デップ最新作にしてティム・バートン監督との6度目のコラボ。... [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 13時28分

» 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 [映画大好き!おすすめ映画・DVD + USA子育て日記]
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)とヒュー・ウィーラーが手掛けたミュージカル 『スウィーニー・トッド』(ト... [続きを読む]

受信: 2008年1月29日 (火) 11時04分

» 【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 01時08分

» SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET [銅版画制作の日々]
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。 1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほとんど映像はモノクロの世界。大量の血しぶきは赤色で映し出されています。 150年以上人々に語られ続けたスウィーニー・トッド伝説 伝説の始まり  通説によれば、スウィーニー・ト... [続きを読む]

受信: 2008年2月 2日 (土) 01時29分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 [ダイターンクラッシュ!!]
2月3日(日) 16:10~ 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町の金券屋で前売りを購入) パンフ:後日購入予定 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』公式サイト 女性陣が大好きなジョニー・デップのダークなミュージカル映画。監督は例によって盟友ティム・バートン。 2階の床屋のジョニーが首を掻き切って、客を殺し、1階のヘレナ・ボナム・カーターのパイ屋が、その死体から人肉ミートパイを作って売る。という食人映画だが、ティム・バートンの演出だから、グロはほとんど感じられない。... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 21時22分

» スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 観てきました [よしなしごと]
 今週4本目、そして今年10本目はスウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師でした。今年は映画館に行くペースが例年になくスローペースです。挽回できるのか?! [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 14時18分

« earth [映画] | トップページ | ジェシー・ジェームズの暗殺 [映画] »