« HERO [映画] | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [映画] »

2007年9月12日 (水)

ワルボロ [映画]

Waru

★★★☆☆☆☆☆☆☆

http://www.waruboro.jp/ (ワルボロ 公式サイト)



「ワルボロ」

観てまいりました。




「城東のボンタン狩りだーーー!!」


「うわぁぁ、ごめんなさ~~い!」



往年の不良学生映画の名作、

「ビーバップハイスクール 高校与太郎○○」シリーズを彷彿とさせる。


この「ワルボロ」ですけども。



しかし、平日のレイトショーという事もあったのかもしれませんが、

観客わずか4人



まさにそんな映画でしたね。



まぁ、とはいえ、「ビーパップ~」に関しては、

あれはあの当時の言わばリアルタイムのお話ですから、

それとこれとを比べてどうこう言うのもちょっと酷かな、という気もするんですが。



でも、それでも比べてしまうのが人情というもので、

やっぱり、そこは物足りなさ感がしてしまいましたよねぇ。




Waru2













”1980年代の立川


これまで勉強一筋だった中学3年のコーちゃん(松田翔太)は、

幼なじみで不良のヤッコ(福士誠士)が授業中に絡んできたことにブチぎれて大暴れ。


その日を境に不良に転向、他校の生徒との喧嘩の日々に明け暮れる。


だが、そんなコーちゃんの変化に、

隣の席の憧れの山田(新垣結衣)は完全無視、母は怒りまくり。


それでもコーちゃんはオールバックに短ランボンタン、

鉄板入りの鞄を携えてヤッコら仲間とともに不良街道をまっしぐらなのだった。”




…なんともこう、取り留めもなく、メリハリのない内容でした。



松田翔太さん演じる優等生コーちゃんが、

ある日突然不良に目覚め、他の5人の仲間と共に錦組を結成(元からあった?)



近隣の中学と次々に揉め事を起こし次第に不良らしさを身につけると同時に、

その変化によって”失う物”と自分にとっての”大切な物”とは何かに気づく。


…というような内容の物語なんですが。



うーん、まず、出てくる中学が多過ぎる…(笑)



十中朝鮮中二中六中、あと錦組のいる三中ですね。


2時間の間に、これだけの中学が次々と出てきます。



これはたぶん、この時代の混沌とした感じを再現したかったんでしょうけど、

でも、やっぱりこれだけ出てくる学校の数が多いと、

それだけ、どの中学とのエピソードも中途半端で雑な印象ですよね。



十中、朝鮮中、二中…という順で抗争を繰り広げるわけですが、

どれも不完全燃焼で単純な抗争物としての盛り上がりにも欠けていて、

それこそ「ビーバップ~」のそれと比べてしまうとどうしてもねぇ。



燃えるものがなかったですよねぇ。


なんか、ダイジェストを観てるような感覚で。



もっと言ってしまえば、

近日公開予定の「クローズ」の予告編の方が良かったくらいの…(爆)



あと、音楽のチョイスもなんか妙に変で、

この場面でこの音楽はないだろう、みたいな…そんな感じもありました(爆)




で、それに加えて錦組のメンツに魅力がない…。



主人公コーちゃんを含め6人いるんですが、

基本的に本当の不良と呼べるのはリーダーのヤッコ一人で、

…まぁ、コーちゃんに関しては主人公補正がかかってるので別としても、

あとの4人に関してはそのキャラすら立ってないという感じで。



それに、他校との争いにもこの6人だけで立ち向かうわけですが、

そんなもん、相手は何十何百という人数がいるので、

はなから勝ち目がないのはわかりきってますし、緊張感もない、と。



それこそですよ、

こちらも不良少年漫画のバイブル「湘南爆走族」よろしく、

一騎当千の6人が100人以上の敵を相手に…みたいなものならまだしもですね。



で、それなのにも関わらず…もう、ぶっちゃけちゃいますけど、

ラストバトルはなんじゃそれっていうくらいにあっさり勝っちゃいます…(´д`)



あの二中との圧倒的な数の差はどこいってんみたいな…(笑)


ま、どっちらけですよねぇ。




あと、そうそう、敵との抗争中に突然入る、

なんか仲間の一人のお父さん(温水さん)が家を出て行く云々のクダリも、

なんかようわからん…ホントにこの物語に必要だったの?っていう…(爆)



だから、そういう意味でも、ほんとストーリーにメリハリがないなぁというのが、

この映画を観ていて感じた全体的な印象でした。




Waru3 Waru4

Waru5













新垣結衣さんは今回結構可愛かったですねぇ。


年齢が近い(?)だけに中学生役も違和感なく。



あとは、なんといっても仲村トオルさん!



もう、まさに言わずと知れた「ビーバップ~」の主人公の一人、

仲間トオル役を演じていたその人なんですが。



でも、やっぱりこれってそれにちなんだ出演なんですかねぇ。


言ってしまえば、こんなチョイ役で仲村さんが出てるのって

それ以外では考えられないような気もするんですが。



しかし、久しぶりに観た仲村さんの不良(ヤクザ)演技、良かったです(笑)


最近ではシリアスで大人な役ばかり観てましたが、

元々はこういう役から入った人ですもんねぇ。



もう、なんならこの映画で一番印象に残ってます…(笑)





ええ~、元々のこの映画を観るキッカケになった理由というのは、

ある時、本屋で映画雑誌みたいなのを立ち読みしていてですね。



で、その中に、この映画、このコーちゃんという役について語る、

松田翔太さんのインタビューが掲載されていて、で、それを読んで、

(ほう、じゃ、とりあえず観てみるか)…という事で実際観に行ったわけなんですが。



その中で松田さんが、自分的にはこの映画はターニングポイント的な、

錦組の役者さんたちとも熱く語り合って、非常に良い現場だったと。


そんな感じの事を話していたんですね。



でも、その現場の雰囲気の良さと、

映画の出来の良さ…っていうのは必ずしも一致しないもんなんだな、と…(´д`)


そう感じてしまった秋の夜長です…(´д`)



ああ、でも松田さん自身の演技は悪くなかったと思いますよ、ええ。(フォロー)



ま、不良映画が久しぶりに観たいなって方はですね、

この秋公開の「クローズ」まで待つのが賢明かと思われます、ハイ。




というわけで、「ワルボロ」

3つで…!





次回はですね~、

今日、ほんとは「サッド・ヴァケイション」を観に行こうかと思ったんですが、

朝からの大雨で行く気をすっかり失くしてしまい観に行けませんでした…(´・ω・`)



ん~、だからもう、

次回は15日公開分の中から何か観てこようかなぁ、なんて思ってますが。


「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」あたりですかね。


「包帯クラブ」はまたこれ、なんか凄く地雷臭がしてしまいますよね…(´д`)



ま、とりあえず、そんな感じで。


では、また(´・ω・`)ノシ シーユー




|

« HERO [映画] | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [映画] »

コメント

Surさん これご覧になったんですね(ノ*´◇`)ノ

私ね、最初、劇場でこれと『クローズ』の予告がゴッチャになって、同じ作品かと思ってたんです。。。

松田翔太クンが、なんとなくいいなぁと思ってたんですが、上映時間が昼からだったし・・・もうSurさんのレビューでお腹いっぱいになりました!!!

『スキヤキウエスタンジャンゴ』これねぇ、私も観たいです♪
あと『ミス・ポター』も押さえておきたいなぁ~。

>「包帯クラブ」はまたこれ、なんか凄く地雷臭がしてしまいますよね…(´д`)
するするコレ ヾ(´▽)ゞ
CM観ただけで微妙でした。
『スキヤキ~』Surさんのレビュー楽しみにしてますね☆

投稿: なぎさ | 2007年9月13日 (木) 09時04分

なぎささん、ありがとうございます~!_(._.)_

そうそう、最近まで自分もこれと「クローズ」の区別がつきませんでした(笑)
また、ややこしい時期に同じような作品を、ねぇ…(笑)

ん~正直、この作品に関してはわざわざ今、
1000いくら払って劇場に観に行くほどの価値はないように思えたんですがねぇ、
はい(´・ω・`)

あ、「ミス・ポター」いいですねぇ~!
観に行くとしたら、こっちだなぁ、やっぱ…(笑)
もうねぇ、つまらない邦画を観せられるのはほんとシンドイですから…。
たまには”スルー”するというのも、また”映画道”ですよね…。


なぎささんの「スキヤキ~」の感想も楽しみにしてますよ~(*´Д`*)

投稿: Sur | 2007年9月14日 (金) 06時43分

 TBありがとうございますm(_ _)m

 ホント、盛り上がりに欠ける映画でしたね。キャストの
人気にあぐらをかいてしまったのかな?と思ってしまいま
した。二中のパーポンにしても、鑑別所帰りとゆー設定が
イマイチ活かされてないし。

投稿: たましょく | 2007年9月14日 (金) 10時58分

たましょくさん、
こちらこそコメントありがとうございます~_(._.)_

そうですねぇ、
どうもこの監督さんはこれが初めての監督作品だったようで。

だから、記事の中でも書いてましたけど、
抗争中にいきなりお父さんが出て行くとか、
なんでここの次がこんなシーンなの…?(´・ω・`)
…みたいな箇所がいくつかあって気になりました…(笑)

ところで、あのボス”バーボン”って言うんですね、
今初めて知ったかも…(爆)

投稿: Sur | 2007年9月15日 (土) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7918577

この記事へのトラックバック一覧です: ワルボロ [映画]:

» ワルボロ [何書☆ねくすと]
 評価:○  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ :観ちゃいけない)  『あらすじ』  昭和50年代、東京都立川市。ガリ勉街道まっしぐらだったコーち... [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 10時59分

» ワルボロ(映画館) [ひるめし。]
疾走!暴走!キズだらけ。逃げない、メゲない、ハンパしない! [続きを読む]

受信: 2007年9月14日 (金) 14時46分

» ヤンキーなりの美学。『ワルボロ』 [水曜日のシネマ日記]
ゲッツ板谷の小説を映画化した作品。1980年代の立川市を舞台に繰り広げられる不良中学生たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 09時34分

» ワルボロ-不良の質!? [映画「ワルボロ(わるぼろ)」情報-画像・動画・壁紙]
「ワルボロ」の時代背景は1980年代。コーちゃんは中学3年生。15歳とすると今は35歳くらいになるのでしょうか。今回仲村トオル氏が松田翔太クンの叔父さん(ヤクザ)役で登場しますが、仲村トオル氏といえばやはり「BE-BOP HIGH SCHOOL」でしょうか。「BE-BOP HIGH SCHOOL」はヤングマガシン連載で。・・それって丁度1980年代ですね(笑)。仲村トオル氏も自身が演じた仲間トオルを思い出して懐かしく思ったんじゃないでしょうか?'80年代の不良マンガ(不良って...... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 00時07分

» 【2007-129】ワルボロ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ピストルの形をした立川の街。 中でも一番シミッタレていたのは我が町・「錦町」。 これはそこで生まれ、共に育った俺たち6人・「錦組」の物語だ。 <喧嘩暴走、ときどき恋>の<ワルくてボロい>青春グラフィティー、誕生! ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 18時27分

« HERO [映画] | トップページ | スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [映画] »