« めがね [映画] | トップページ | エディット・ピアフ 愛の讃歌 [映画] »

2007年9月29日 (土)

クローズド・ノート [映画]

Cn

★★★★★★★★★

http://closed-note.com/index.html (クローズド・ノート 公式サイト)



「クローズド・ノート」

観てまいりました。




アカン、ごめんなさい、

これ、メチャメチャいいわ……。



ちょっと、メチャメチャいいじゃないですか、これ…。



何これ…。


やだ、何これ……。




監督 行定 勲



も、うそ~~ん……(´д`)


ちゃんとできるやん、うそ~~~ん……(´д`)




監督 行定 勲



なんという、ふり幅の広い監督なんでしょうか…。


同監督の前作「遠くの空に消えた」のようなモノも作っておきながら、

今作のような感動作も作ってしまう…。



ある意味、この監督の掌の上で弄ばれているかのような…。



http://playground-blog.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_0006.html

(mololog 「遠くの空に消えた」 レブー)



以前にここまでこき下ろしてしまった自分はどう取り繕えばいいのでしょうか…。


そう意味でも、凄いレビュアー泣かせですよね…。



いや、感動しました。


いや、本当にオミソレしやした、今回は…_(._.)_



…まぁ、できれば毎回このレベルで撮っていただければ

自分もこんな事で謝らずに済むんですけども…(笑)




Cn2













”女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、

前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。


ある日、香恵はそのノートを開くが、

挟まれていた写真にノートの持ち主の伊吹(竹内結子)がいた。”




バッチーん来ましたね。


配役が。



沢尻エリカさん、竹内結子さん、伊勢谷友介さん、永作博美さん…etc



まさに、配役の勝利、

これは、もうベストに近い配役と言ってもいいんじゃないでしょうか。



え、サエコさん?……う、うん、そうですね、良かったですよ、ええ…(;´д`)



その中でも、竹内結子さん!

光ってたなぁ~~(  >д<)



もう、綺麗だし、良い先生だしでねぇ~。



正直、今までそんなに好きな女優さんでもなかったんですけど、

今回の作品では、もう竹内さんありきですよねぇ。


そのくらい良かった。



もちろん、沢尻エリカさんもその存在感、演技共に、

もう、女優としての貫禄すら感じられるほどに安心して観てられますよね。




─引っ越した先の隠れた戸棚の中に前の住人の日記を見つけ、

悪いと思いつつも好奇心で読んでしまった香恵。


しかも、その日記を書いた持ち主が自分も将来なりたいと願う教師。



親近感からか、日記を書いた伊吹という女性への単純な興味からか、

暇を見つけてはその日記を読みふけり空想する日々。



そんなある日、バイト先の万年筆屋で奇妙な男石飛(伊勢谷友介)出会う



万年筆を真剣に選ぶ石飛とのその店でのやりとりや、

画家を目指し、香恵をモデルにした絵を書こうとする石飛の姿に

次第に惹かれて行く香恵。



そして、そんな想いを抱く自分と伊吹の書いた日記とをだぶらせ、

時にはそこに書かれた言葉に励まされながら、香恵は石飛に近づいていく……




…おおっと、ノンノンノン(´д`)チッチッチ


ここまでここまで(´д`)



この先は是非、劇場でご自分の目で観てきてくださいましね(´д`)チッチッチ




Cn3 Cn4

Cn5_2













あれは一体なんだったんでしょうか?


「遠くの空に消えた」は



実は、あんな映画は実際には存在してなかったんじゃないのか。


今となってはそんな風にすら思ってしまいます。



そのくらい良かったし、好きですねぇ、この映画。


うん、今年観た邦画の中でもベスト3に入るくらいに好きですね。





Cn6















なんかこう、

ピチュンピチュン、ハートを矢で射抜かれる?みたいな。



そんな、ハートスナイパーな言葉の数々もあり。



いや、ホント良かったなぁ~~。(しみじみ)



もちろんそれは、

原作からして良い作品なんだろうなっていうのは分かるんですけど、

やっぱりそれだけじゃ良い映画にはなりませんからねぇ。



キャスト、スタッフ、そして監督さんの腕による所は”大”なはずですから。



そう考えると元々は腕のある、

”やればできる子”だったんでしょうねぇ、この監督も。(しまいに怒られるぞ)



あと、音楽も良かったですしね。うん。


いや、ほんと今回は褒めるところしかないかなぁ。



映画の時間的には2時間30分くらいあったんでしょうか。



でも、この作品に関してはこれくらいの時間は必要だと思うし、

逆にこれを2時間にまとめよう…なんて考えるとダメになってしまう気がします。



沢尻さんパートと竹内さんパートのバランスも凄く良かったですし。


どちらの物語にも興味を惹かれるし、続きが気になる。



だから、それをそう思わせるのには、この時間が必要なんですよね。



特に竹内さんの先生っぷりには…もうね(;´д⊂)


を禁じえませんよね…。



いや、ほんと良い先生だったなぁ~。(しみじみ)




そんなわけで、

凄く感動できましたし、面白かったです、この「クローズド・ノート」



「遠くの~」で騙された方もですね、

もう、それこそ騙されたと思って一度観に行かれてはいかがでしょうか…(笑)




「何かを信じられなくなった時、信じ続けるパワーをくれる映画を撮りたかった。」



この言葉は、この作品でこそ聞きたかったな…(´д`)





というわけで、「クローズド・ノート」。

9個で!!





さて、次回は…

もう、「エディット・ピアフ」ですね。


実は、今回この「クローズド・ノート」を観るか、これを観るか、

チケットを買う直前まで悩んだんですけども。



まぁ、結果的にはこっちも良かったのでなによりですが、

やっぱり、あの「愛の賛歌(っていう曲名でしたっけ)が流れるたびにねぇ。


心惹かれるんですよねぇ。



というわけで、次回は「エディット・ピアフ」を観てきます(´д`)




|

« めがね [映画] | トップページ | エディット・ピアフ 愛の讃歌 [映画] »

コメント

SURさん、こんにちわ。
以前「クローズド・ノート」見てください!となぜか
薦めてしまっていたくーにゃんです・・・。
公開早々みてくださったみたいで、ほんと恐縮でした。
ありがとうございました!

わたしは・・・実はやっと昨日見ました。
SURさん・・・絶賛でしたねえええ。。
わたしは面白くもなく、「遠くの空」ほどひどくはなく、
でもなんかふつーすぎて、見て1時間後にはすっかり映画が
忘却のかなたに行ってしまった・・といったところでした。。
ミートボールを食べてもらえなかったくらいで、メソメソしてるカエに自分がきょとん??となったことを覚えているくらいです。
中学生同士が主人公とかなら、しっくりしたかもです。。

でもSURさんが、気にいってくれてほんとうに良かった!!

勝手なことばかり言ってすみませんでした。
またうかがいます!

投稿: くーにゃん | 2007年10月14日 (日) 21時48分

 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 ほんとこれ、私も期待以上によかったです。
 竹内さん、ものすごくよかったですね。

 「遠くの空に消えた」、そんなにひどかったんですか?^^;;
 予告編しか見てませんが、予告編ではよさげな風だったんですが。
 主題歌がよかったせいかな(笑)

投稿: miyukichi | 2007年10月20日 (土) 14時56分

くーにゃんさん、
ありがとうございます&お越しやす~_(._.)_

いやいやいや、
逆にお礼を言わなくてはいけないのは自分の方で(笑)
色々騒動にもなってましたけど、
なにはともあれ自分的には満足いく内容だったのでね。

ほんとに薦めてくださってありがとうございます_(._.)_

そうですかぁ、くーにゃんさん的にはイマイチでしたかぁ。
そうですね、観た直後には(良かったなぁ)っていうのが先にきてましたけど、
よくよく考えると(それほど…)っていう意見が多いのも分かる気がします…(笑)

やっぱり、竹内さんかなぁ。
あと、自分の観た時の気分にも合ってたのかもしれませんが。

あ、それと、観る前と観てる最中も
「遠くの~」の件があったので、マイナス方向の目でしか観てなくてですね、
先の展開が読める…っていう意見も多く見ましたけど、
自分的には正直”どうでもいい作品”だったので先を読もうとすらしてなかったんですよね。
そこの影響も大きいと思うんですが。

実際、全く期待してなかった分、
その反動で”良かった感”が強くなったのかもしれませんし(´・ω・`)

投稿: Sur | 2007年10月20日 (土) 23時39分

miyukichiさん、
ありがとでやんす~&お越しやす~_(._.)_

こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!

ここで言うのもなんですが、
miyukichiさんの記事の内容、イチイチ同感です(´д`)
ほんと、竹内先生良かったですよねぇ~!
今まで持っていた竹内さんのイメージがガラリと変わってしまいましたねぇ。

あ、「遠くの~」は未見でらっしゃいますか、
そうですか…。

まぁ…内容の方はというと…
自分の記憶からも「遠くの空へ消した」ので…
余り覚えてないです、もう…覚えてない…、
思い出せない……思い出したくn…ぶつぶつ…ぶつぶつ…

投稿: Sur | 2007年10月20日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/8163205

この記事へのトラックバック一覧です: クローズド・ノート [映画]:

» たまらん! [たまらん!]
あたしの好きな芸能人の話 [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 18時44分

» クローズド・ノート [Akira's VOICE]
人も万年筆も出会いを求めている。 [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 18時57分

» あんぱんち最新出演作&エリカ様ご乱心!『クローズド・ノート』舞台挨拶@日劇2 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今回はあんぱんち最新出演作『クローズド・ノート』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、沢尻エリカ、竹内結子、黄川田将也、山口愛、行定勲監督と主題歌「LOVETRUTH」を歌うYUI。以前お伝えした通り、この作品の時修館教育大学マンドリンクラブ 第38定期演奏会のシーン....... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 01時53分

» 「クローズド・ノート」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「クローズド・ノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、板谷由夏、田中哲司、サエコ、黄川田将也、永作博美、石橋蓮司、篠井英介、中村嘉葎雄、他 *監督:行定勲 *原作:雫井脩介 感想・評価・批評 等、レ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 15時33分

» タカトシが『ラジかるっ!』での沢尻エリカの態度の悪さにキレた!【動画】 [タカトシが沢尻エリカの態度の悪さにキレた!【動画】]
関東をメインに一部地区のみで生放送されている情報番組『ラジかるっ!』(日本テレビ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 15時06分

» 若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート [Prism Viewpoints]
ラストの唐突感は、『天国の本屋 〜恋火〜』よりもマシだが、 三段跳びの、「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 17時09分

» 「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 22時23分

» 【2007-137】クローズド・ノート Closed Note [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 22時47分

» クローズド・ノート [空想俳人日記]
ぬらぬらと 心の力 わいてくる   この映画のレビューを書く前に、多くの方が取り沙汰されている初日公開(2007.09.29.)舞台挨拶騒動について。何処の映画館か知らぬが、公開初日を記念して出演者や監督が登場。生で見られる大特典。そしてインタビュー。これ、彼らにと... [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 06時18分

» クローズド・ノート(映画館) [ひるめし。]
私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 16時39分

» 【映画】クローズド・ノート [新!やさぐれ日記]
■状況 109シネマズ佐野にて無料観賞券で観賞 ■動機 雫井脩介映像化企画第二弾 ■感想 沢尻エリカは正しい事を言っている ■あらすじ 香恵(沢尻エリカ)は引っ越した先で、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。そのノートは日記になっており、香恵はついつい他人の日記を読んでしまう。 ■コメント 2006年の初め、病院の待ち時間を潰す為に購入した本が雫井脩介の「犯人に告ぐ」で、この映画はその時に買おうかどうか悩んで買わなかった方の本。 奇しくも、購入を悩んだ2冊が同時期に... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 10時37分

» 「クローズドノート」日記は大切に [soramove]
「クローズドノート」★★★☆ 竹内結子、沢尻エリカ、伊勢谷友介主演 行定勲 監督、2007年 坂の途中にある 洋館のようなアパートに越してきた主人公は 前の住人が残した日記を見つける。 そこに書いてあるのは 初めて小学校の担任になり 教師として悩む姿...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 9日 (火) 07時50分

» クローズド・ノート [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画 「クローズド・ノート」(行定 勲:監督/雫井脩介:原作)  を観てきました♪    映画そのものと別なところで  話題になってしまってますが^^;;、  観客の入りはわりとよいみたいでした^^  原作を読んでいないので、  「ノートを介して時空を超える」みたいな  SFチックなミステリー仕立てなストーリーを  勝手に想像していたんですが、  そういうのとは全然違ってました。  万年筆が登場したり、主人公の服装とかから、  時代背景も一昔前だと思っていたら、  なんと現代でした^^;;... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 19時22分

» 沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画でした。 小学校の教師を目指す香恵(沢尻エリカ)が、アパートの前の住人 小学校教師・真野伊吹(竹内結子)の置き忘れた日記を、 読んでしまうところから、物語は動き出します。 僕の行ってるシネコンでは、パンフレットが閲覧できるんですが この映画に関... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 21時48分

» クローズド・ノート  称号:佳作+ [映画細胞~CinemaCell]
教師を目指す大学生の香恵は、引っ越し先で前の住人のノートを見つける。持ち主の伊 [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 00時03分

» 『クローズド・ノート』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート」 □監督 行定 勲□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲 □原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」刊) □キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村嘉葎雄 ■鑑賞日 10月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想>  沢尻エリカのあの舞台挨拶事件がなければもっと感動が得られたのに・・・。 行定 勲監督の描く作品は、彼の中... [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 12時56分

» クローズド・ノート [Thanksgiving Day]
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観に....... [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 01時23分

« めがね [映画] | トップページ | エディット・ピアフ 愛の讃歌 [映画] »