« ワルボロ [映画] | トップページ | めがね [映画] »

2007年9月15日 (土)

スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [映画]

Sw

★★★★★★☆☆☆☆

http://www.sonypictures.jp/movies/sukiyakiwesterndjango/

(スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ 公式サイト)



「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」

観てまいりました。




んー、ちょっとぉ、これは…

期待はずれ…というほど期待もしてなかったですが…、

でも、ちょっとなぁ…やっぱり、期待はずれという事になりますかねぇ。



アイデアはねぇ、凄く面白いなぁとは思うんですけど…、

ん~、企画倒れではないんですけど、そのアイデア止まりと言いますか…(笑)



2時間、持て余しちゃったかな…という感じがしましたねぇ。




Sw2













”砂塵が舞う山奥の寂れた寒村。


そこでは平清盛(佐藤浩市)率いる赤いいでたちの平家ギャングと、

源義経(伊勢谷友介)が指揮する白いいでたちの源氏ギャングが、

村に眠ると言い伝えられるお宝を巡って激しく対立していた。


そこに1人現れたのは、

テンガロンハットで葉巻をふかす流れ者の凄腕・ガンマン(伊藤英明)


果たしてお宝を巡る源平血みどろの闘いに決着は付くのだろうか?”




「スキヤキ・ウェスタン in グラインドハウス」



この映画、あのシリーズでこんな名前で公開しちゃっても良かったんじゃないかと、

もう、映画が始まった当初から思いました…(笑)



ちょうど、タランティーノも出演してることですしねぇ。


っていうくらい、映像的にも演出的にも良い意味でのB級感が漂ってました。



ま、もちろんそこは、それを狙っての事でしょうけどもね。



で、その冒頭から結構意外な人が出てきます。


ということもあってか、その後の展開にも否が応にも期待してしまうわけです。



が、んーー



なんかねぇ、ちょっとストーリーの展開のテンポが遅く感じたんですよ。



こう、状況説明の時間がかなり長くて、なかなか源氏と平家の戦いに発展しない。


で、ようやくその時間が過ぎたかなっと思ったら、それでも源氏と平家は戦わない…(汗)



…で、もうぶっちゃけて言うと、

この映画では源氏と平家は直接的には戦いません(爆)



ここがまたまた、ある意味で意外でしたよね…(笑)



てっきり、源氏と平家の全面戦争中…みたいな所に、

伊藤英明さん演じるガンマンが流れ着いて…みたいな内容かと思ってたんですが、

…まぁ、おおすじではそれで間違ってないんですけど、

でも、その全面戦争がなくてですね、ようは最初から勝敗は決まってしまってると。



で、その源氏と平家のせいで荒廃してしまった村と人々を救うために、

伊藤ガンマンが戦う…という感じで。




Sw3 Sw6

Sw5_2













だから、お三人ほど帰っちゃいましたよねぇ…(爆)


途中で…(爆)



うん、別にだからどうだってわけでもないんですけど、

ちょうど、自分も上記の様に思い始めたその時だったんで、

(ああ、やっぱねぇ…(´д`))っていうですね。



ただ、観客自体もあまりいなくて凄く目立ってたもんで、その光景が…(笑)




いや、もっと、ストレートに源氏VS平家でも良かったのになぁ。


う~ん。



全編英語での台詞と映像的にも凝っていてパッと見は面白いんですけど、

でもストーリー的には正直言うと結構退屈でしたよねぇ。


ちょっと、キャラの設定とかが分かりづらい部分もあったように思いましたし。



あと、これ、キャスティングも凄く豪華じゃないですか。



たぶん、そこもこの映画の売りの一つで、

(ああ、なんかこれだけの人が出てるなら観てみようかな)

…なんて人も中にはいると思うんですよ。


普段、映画をそんなに頻繁に観る人じゃなくても。



でもね、恐らくそういう人もターゲットにしてるにしては、

ちょ~~っとグロテスクな場面が多過ぎる様な気がしないでもないんですね…(笑)



グロテスク~…というより、これ、やりすぎじゃない?みたいな。


ま、タランティーノが出てる時点でその意図は分かりますけども。



でも、単純な娯楽作品というか、

笑えるアクション映画みたいなのを期待して観に来た人にとっても、

ちょっとキツイものがあったのかもしれませんねぇ。



ん~だから、そうですね。



出演陣も豪華でアイデアも面白くて視覚的にも楽しめるんですけど、

でも、それに内容が伴ってなかったかな、という。


そんな感想でしたね、はい。



でも、面白い人には面白いのかもなぁ?(´・ω・`)



どうなんだろうなぁ、

三池監督も好きで、あのタランティーノテイストも好きだー!!…っていう、



ビイケカンドクト、タダンテーノガスギダカダーー!!!



…こんな方にはおススメできるかもしれません…(笑)





というわけでございました、「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」

6個で!





次回!


次回は「ミス・ポター」ですかね。



しかし、前にもちょこっと言いましたけど、

なんかこう、心震わされるようなタイトルがないなぁ、というねぇ(´д`)


まぁ、こういう時期も耐えてこその映画道なのかな、とも思いますけども(´д`)



んま、そんな愚痴もごぼしつつ…、

また次回お会いしましょ(´д`)ノシ




|

« ワルボロ [映画] | トップページ | めがね [映画] »

コメント

Surさ~ん アタシもねぇ今朝一番で観て来ましたよ~♪

感想Surさんと同じ!!!
私もなんかコレ物足りなかったです。。。

豪華な出演陣に頼りすぎっていうか・・・冒頭の所まではワクワク感で一杯だったのに段々ストーリーが進むに連れて萎えてしまいましたねぇ。

本来なら香川さんのキャラも使いようではもっと面白くなるはずだったんでしょうが、さほど感じなかったです。

とは言え、ガンさばきと刀さばきが皆さん素敵でしたね!

私も次は『ミス・ポター』かなぁ。
あ!そうそう、Surさん、『包帯クラブ』って意外と評判良かったりしてますね(笑)
地雷踏む気で観れば案外、良いのかもしれないですねぇ。

投稿: なぎさ | 2007年9月16日 (日) 16時56分

なぎささん、お越しやす~_(._.)_

観てこられましたかー!

ほんとですね~、冒頭ではワクワクしたんですけどね~。
なんか妙にストーリー面でも味を出そうとし過ぎたんですかねぇ。

うんうん、ガンさばき刀さばきは確かにお見事でした!
特に伊勢谷友介さんはカッコよかったですよねぇ。

>香川さん
そう、実はこの香川さんの役どころが一番不思議というか、
え、何…??(´・ω・`)って感じでしたよね…(笑)
なんか最初、二重人格に見えなくてこの人何してんだろ…みたいな(笑)

>「包帯クラブ」
何ですと!?Σ(゜д゜|||)
あれ面白いんですか…(笑)
そう聞いてしまうと、ちょっと気になりだしてきましたねぇ。

うーん、地雷踏みに行くかな…?(´д`)

なぎささん……骨はよろしくお願いします…(´д`)

投稿: Sur | 2007年9月16日 (日) 21時13分

Surさん、こんにちわ。遠空でコメントしたくーにゃんです。あの映画はひどかったですが、Surさんのレブーは傑作で、いまでも読んでニヤニヤしてます。
そしてわたしもジャンゴ見てきました。うーん、確かに脚本はいまいちでしたが、アクションや絵づくりは良かった。。日本人もここまで来たか、と感慨深かったのと、桃井かおりがおばちゃんなのに、すげーかっこ良かった。。。切なるものを背負っていた、というか。その分木村佳乃は、情念がこもっておらず、だめ、でしたけどね。伊勢谷もすんごくかっこよかったし、ワタシ的には評価高い映画でした。。。
そんなわたしの来週末の予定はクローズド・ノートです。。。
Surさんもクローズド・ノートで地雷踏みに行きませんか!!
そんでまた遠空のような、すばらしーレブー読みたいです!!!

投稿: くーにゃん | 2007年9月24日 (月) 12時10分

くーにゃんさん、
お久しぶりです&ありがとでやんす~!_(._.)_

うんうん、
確かに画的には凄くカッコよくなってましたよねぇ。
俳優さんたちの演技も、英語台詞には賛否両論あるでしょうが、個人的にはほぼ満足でしたし。

なだけに…!!っていう…(笑)
記事中にも書いてますけど、
だからこそ、もっと単純に両家の戦いを見たかったかなって思ってしまったんですよねぇ(´・ω・`)
でも、くーにゃんさんの様に思う人も多い作品だろうというのは、凄く分かります!

>クローズド・ノート
そうですか、踏みに行かれますか…。
なにが、くーにゃんさんをそうさせるのか…。
…いや、何も聞きますまい…(´д`)

…分かりました、
そこまで言われては仮にも映画レビューを書く者として
行かざるを得ないでしょう(´д`)

でも、
>”すばらしーレブー”
…そう言っていただけるのはとても嬉しいんですが、
それが書けるかどうかはお約束できませんけどもね…(笑)

投稿: Sur | 2007年9月24日 (月) 20時58分

Surさん、押し付けてしまったようで、なんかわがままなワタシでごめんなさい!
ちょっと反省。。。
もし!ほんとうに時間をもてあましてしまったら、、、
クローズド・ノートってことで!!
今日はわたくし「人が人を愛するというどうしようもなさ」と「サッド・バケイション」を観ましたです。。
なんか邦画ばっかですね。。
ブラックスネークモーンとかミリキタニの猫とか
洋画で観たいのもいっぱいあるんですけどね。。。
ああでも今週末はたぶん「クローズド・ノート」と「追悼のざわめき」を観にいきまーす!邦画ばかり・・・だ。。

投稿: くーにゃん | 2007年9月25日 (火) 02時02分

いえいえ、押し付けだなんて、そんな…(笑)
正直今あまり、これ観たい!と思える映画もないので、
丁度いいといえば丁度いいですし(笑)

なるほど、くーにゃんさんは邦画お好きなんですね~。
ああ、「サッド・バケイション」観たかったんだ(´・ω・`)

自分も”面白い”邦画は大好きなんですけどねぇ。
でも、中々そんな邦画ばかりが観れるわけでもなく、
「遠くの~」みたいなのにあたる事も多々あるわけで(汗)
そこのチョイスが難しいとこですね(笑)

「クローズド・ノート」。
ええ、観に行きます。

ね、最初からつまらないと決め付けていては、
どんな映画もつまらなくなってしまいますから。

心に余裕を持って、おおらかな気持ちで観に行きますよ(´д`)
(これが前フリにならないように願いたいですが)

投稿: Sur | 2007年9月25日 (火) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7956196

この記事へのトラックバック一覧です: スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [映画]:

» 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、堺雅人、田中要次、石橋蓮司、塩見三省、石橋貴明、小栗旬、クエンティン・タランティーノ、松重豊、木村佳乃、香川照之、桃井か..... [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 14時52分

» スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ [UkiUkiれいんぼーデイ]
「日本なら<寿司>なんだけど、それじゃぁちょっと「ぬるい」んだよねぇ」 「それより、下からグツグツ煮込まれる感じの<スキヤキ>が良いかなって思って」 先日、監督の三池崇史さんが本作のタイトルについてこう話してたんですよね。 全編英語 西部劇と時代劇の融合 看板には「根畑」(←ネバダと読む) 艶消しの画像が鮮やかに広がって 西部劇なのに雪が舞い落ち エンドロールで演歌の大御所・北島三郎が歌う「ジャンゴ〜さすらい」が鳴り響く!!! これはもぉ〜楽しみ... [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 16時49分

» スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ [Akira's VOICE]
楽しんだもん勝ち! [続きを読む]

受信: 2007年9月17日 (月) 13時06分

» スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
邦画はあまり観ないのだが、派手な予告に惹かれたし、とあるTV番組で出演者の佐藤浩市さんが、「これが面白くないんだったら映画ファンなんかヤメタ方がいい。文句があるなら佐藤浩市の所へ直接言いに来い」なぁ〜んて仰っていたので・・・俄然興味が湧いてきちゃった〜【story】壇ノ浦の戦いから数百年後、山間の寒村に言伝えられる埋蔵金を探し求め、義経(伊勢谷友介)率いる源氏ギャング『白軍』と、清盛(佐藤浩市)が指揮する平家ギャング『赤軍』が激しく対峙していた。そこへ名も無き凄腕ガンマン(伊東英明)が流れ着く―  ... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 18時32分

» 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]           2007/09/15公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】三池崇史 【脚本】三池崇史/NAKA雅MURA 【主題歌】北島三郎 『ジャンゴ〜さすらい〜』 【映倫】PG-12 【時間】121分 【出演】 伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/桃井かおり/香川照之/石橋貴明/安藤政信/木村佳乃/松重豊/塩見三省/石橋蓮司/堺雅人/田中要次/小栗旬/内田流果/クエンティン・... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 19時13分

» スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ 2007-49 [観たよ〜ん〜]
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」を観てきました〜♪ 壇ノ浦の戦いから数百年後、田舎のある村にガンマン(伊藤英明)が流れてくる。その村では伝説のお宝を巡って、源氏と平家の末裔達が争っていた・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、華麗なガンプレイができるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 20時42分

» 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」□監督 三池崇史 □脚本 NAKA雅MURA □キャスト 伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之、石橋貴明、安藤政信、木村佳乃、堺 雅人、クエンティン・タランティーノ ■鑑賞日 9月16日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は0.5)<感想> “世界”を想定したのか、全編英語セリフで撮った三池監督。 源平の合戦をマカロニ・ウエスタン風に描いた作品だが、ま、面白いことは面白いんだけど、... [続きを読む]

受信: 2007年9月20日 (木) 17時43分

» 「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」斬新だけど実験は失敗のようです [soramove]
「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」★★ 伊藤英明、伊勢谷友介、桃井かおり主演 三池崇史監督、2007年 タランティーノの暑苦しい顔が登場し、 寸劇で始まる映画。 設定も時代も言葉すらも目茶苦茶な映画、 何で英語を話すんだ? しかも無理があるから素人...... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 01時02分

» 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」試写会レビュー 人間ってこんなカッコええのか [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
巨大な怪獣が入り乱れて戦う映画を好んで観る僕だが、この映画も今後映画館にビデオに(いや、できるだけ大きい画面で観たいが)好んで観まくるだろう。 [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 01時09分

» 映画:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ前夜祭 [駒吉の日記]
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ前夜祭(新宿ミラノ1) 「祇園精舎の鐘の声」 22:30 三池崇史&三池組ウエスタン・トークバトル 23:30~ 「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」上映 休憩 01:50「続・荒野の用心棒」上映 休憩      主演:フランコ・ネロ 監督:セル... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 11時21分

» スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『生き残れるのは、一人だけ。』  コチラの「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」は、実は密かに、って別に隠してたワケではありませんが、めちゃめちゃ楽しみにしていたPG-12指定の和製ウェスタンです。9/15に公開されていたのですが、先週はお休みさせていただいており....... [続きを読む]

受信: 2007年9月22日 (土) 23時36分

» 【2007-131】スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(SUKIYAKI WESTERN DJANGO)  [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 源氏×平家×用心棒 ─ ”埋蔵金”を巡る壮絶な戦いがいま始まる! 生き残れるのは、一人だけ。 [続きを読む]

受信: 2007年9月24日 (月) 13時04分

» スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(映画館) [ひるめし。]
生き残れるのは、一人だけ。 [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 11時57分

» 映画「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(2007、日) [富久亭日乗]
★★☆☆☆    マカロニウエスタンの全盛時代の傑作 「続・荒野の用心棒」(1966年、伊)で フランコ・ネロが演じた主人公 さすらいのジャンゴに、 少年時代のおっさんはしびれたもんだ。  だが、このスキヤキ・ウエスタン、 残念ながら伊藤英明に フランコ・ネロのような格好良さは望めず、 ストリーも黒澤明の「用心棒」(1961年、日)のような娯楽性も なかった。  全編英語の台詞、日本語字幕など 凝った作りではあったのだが・・・  マカロニウエスタンのパロディでは ラーメンウエスタンと銘打った 伊丹... [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 08時20分

» スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ [シネクリシェ]
 期待作が目白押しの9月公開作の中にあって、グラインドハウス2部作とならぶ3大期待作の1つでした。  いずれもタランティーノが関係している作品ばかりですが、ところがいざふたを開けてみるといささか拍子抜... [続きを読む]

受信: 2007年9月29日 (土) 07時46分

» スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ [ダイターンクラッシュ!!]
9月30日(日) 21:05~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフ:700円 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』公式サイト 全編英語。マカロニ・ウェスタンならぬ和製スキヤキ・ウエスタン。スシでもテンプラでもなく。一応スキヤキである必然性はあった。 三池が監督!遊び心満載のバカ娯楽作品の筈なんだが・・・ 中途半端で、乗り切れない映画だったぜ。 脚本に、NAKA雅MURAとあり、最初のオープニングテロップでいきなりガッカリしたんだが、今回は、彼に責任を全て背負わせるのは酷... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 19時23分

» ★「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週は3連休なので日曜深夜もナイトショウ開催中・・・ って事で、今週末公開の期待の本作を鑑賞。 なんてったって、予告編何度も見せられて、興味津々だったからね。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 2日 (火) 04時08分

» SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ! [銅版画制作の日々]
 2007年 これがスキヤキ・ウェスタン 9月21日、MOVX京都にて鑑賞。あのタランティーノが崇拝している監督三池崇史が、ちょっと異色な作品を作った。それが「SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ」。何と、ハリウッド映画のルーツであるウェスタンと日本映画の源流である時代劇をミックスそしてオール全編英語というのも面白い。そしてタランティーノも俳優として、登場してるわぉ〜〜!凄い・・・。 もちろんキャスト陣も凄い伊藤英明、佐藤浩市、安藤正信、伊勢谷友介、小栗旬、堺雅人に、木村佳... [続きを読む]

受信: 2007年10月12日 (金) 18時15分

« ワルボロ [映画] | トップページ | めがね [映画] »