« オーシャンズ13 [映画] | トップページ | ベクシル-2077日本鎖国- [映画] »

2007年8月18日 (土)

天然コケッコー [映画]

Tennen

★★★★★★★★★★

http://www.tenkoke.com/ (天然コケッコー 公式サイト)



「天然コケッコー」

渋谷・シネアミューズで観てまいりました。




ハートウォーミングだなぁぁ~~(  >д<)



いやぁもう、すっごい、ハートウォーミングでしたねぇ、この映画。



だって、観る前は、

こんなにハートウォーミングだと思ってないじゃないですか、こっちは。



映画館に足を運んで、チケットを買って、

実際に映画を鑑賞して、ハートウォーミングを感じて。



いや、だからもう、評価の方も、

こんなハートウォーミングな評価になってしまいますよね、どうしても。


(っていうか、ハートウォーミングって言いたいだけちゃうんかと)



…あ、ちょっとハートウォーミングが切れたので買いに行ってきますね。(いやいや)




いや、もうね、ほんとね、心温まるね、

とてもハートウォーミングな映画でしたね、これ。




Tennen2_2













”主人公・右田そよ(夏帆)が通う全校生徒たった6人の分校に、

ある日、東京からかっこいい転校生・大沢広海(岡田将生)がやってくる。


初めての同級生、初めての同年代の異性に緊張するそよ…。



同名人気コミックの映画化。


2人の初恋が生まれるまでの甘酸っぱいドキドキを、

家族、友達、村の人、そして山や海や四季の自然が優しく見守るラブストーリー。”




あのねぇ、最初に言っておきますよ。


大好きです、こういうの



初恋…甘酸っぱいドキドキ…家族…友達…自然……そして



村の人…。


あ、強調するとこ間違えた…



そして、ラブストーリー…。



個人的に映画を観る上で大好きなキーワードのたくさん詰まった、

もう、これだけでも観ざるを得ない。


いや、ほんとそんな凄く良い映画ですよね、この映画は。




小学2年生と3年生の女の子が二人

そよの弟の小学6年生の男の子が一人

そよの一つ下、中学1年生の女の子が二人

そして、本作の主人公中学2年生のそよ



この、全校生徒合わせて6人だけの学校にある日、

東京からイケメンさん大沢くんがやってくるわけなんですね。


この大沢くんのイケメン振りに関しては、

もう誰が見てもそう思うに違いないほどのイケメンさんなんですが。



となると、もう、そよにしてみたら、

初めての同い年の男の子で、初めてのイケメンさんなわけですから、

そら、仲良くなりたくないわけがないという所ですよね。



しかし、この大沢くんがですね、

これはもう、こういうイケメンキャラの定番とも言える性格で、

結構ズケズケとモノを言うタイプで。


なので、そよにとっては、印象としては最初はあまり良い印象を持てなくて。



でも、この作品で面白いなぁと初めに思ったのがここで、

この大沢くんが意外と学校の小さな子たちとも馴染むのが早くてですね…(笑)



なんか、普通にみんなと一緒に下校したり、普通にみんなと海へ遊びに行ったり。



特に何があってとかいうんでなくて、自然とそんな風に溶け込んでいて、

(ああ、ちょっと斜に構えてるところがあるけど、別に悪い奴じゃないんだな)

…というのが時間と共に自然と観てる側にも伝わってきて。



その辺が凄く良い見せ方というか、

そよ達と同じ目線で、同じように感じながら観れるので話に入り込みやすいですよね。



そして、そうやってみんなと時間を共に過ごしている内に、

お互いがお互いの事を気になりだしてきて…。



まぁ、でも、最初から気になってたのは気になってたのかな…(笑)




Tennen3













で、なんか、凄くベタな感想を言うようで申し訳ないんですが、

田舎っていいなぁ~~…

って思っちゃいますよね、こういうの見ると…(笑)


ほんと、みんなが家族のように接していて、ねぇ。



なんかちょっと羨ましいなぁなんて事も、観ながら思ってましたけども。


…といっても、自分もじゅ~ぶん田舎者なんですけどね(爆)



いや、でもほんとね、ほのぼのとしてて良いんですよ、この子らが(笑)



で、この作中では、そよを始めみんな方言を喋ってるんですが、

地名的なものが全然出てこないので、(これ、どこだろ?)なんて思ってたんですが、

どうも設定的には架空の村でのお話みたいですね。



その名も、S県香取郡木村稲垣…という、

どこかで見たような名前の地名なんですが…(笑)


ちなみに近隣の町には、中居町草ナギ町

そして、今や懐かし(?)の森町まであるそうです(笑)



なんとも、原作者の方の好みと時代の伺える設定で。



で、そんな環境の中で純粋にのびのびと育っている、

そよを始めとした全員がなんとも可愛らしくてですね。


単純にラブストーリーというだけじゃない、そういった部分でも思わず見入ってしまう。



そんな、ほんと冗談抜きでハートウォーミングな作品なんですねぇ。



あと、個人的に凄く懐かしかったのが”給食放送”(笑)


あれ、自分もやったなぁ~…って(笑)


給食委員の時…(笑)



その懐かしさと、放送している女の子の可愛らしさとで、

個人的に凄く好きなシーンでした、はい。


”仲良しご飯”がまた良い(笑)




Tennen4













そして、肝心の二人の恋の行方なんですが、

ま、とりあえず、ここではあまり詳しくは書きませんけども。



ラブストーリーと呼ぶには余りにもお粗末で色気のない、

そんな中学2年生二人の”初恋”を爽やかに、時に面白く、

そして、観てる方が恥ずかしくなる程”甘酸っぱく”描けていたんじゃないかと。


思いました。



この二人、一見こう、全くの正反対の性格の二人に見えますが、

実は意外と似てる部分というのも多いんじゃないかなって思うんですね。



普段は嫌味のある憎まれ口を叩いてぶっきらぼうだけど、

別に本人には悪気はなく、実は思いやりのある大沢くんと…


普段は思いやりもあって面倒見もいいんだけど、

たまに悪気はないのに人にとっては嫌味にとれる事を口ばしってしまう、そよ。



でも、そんな二人の恋模様だからこそ、

見てて応援したくもなるし、そして嬉しくもなれるんではないでしょうか。


ね。



しかし、まぁ、あれですよね。



この作品のほんとの良さって日本人にしか分からないんだろうし、

この作品を海外に持っていったところでどういう評価になるのか分かりませんけど、

でも、なんかとれなくても、この映画の良さが分かる日本人で良かったなぁと。



素直にそう思いますよね。




いや、ほんとにね、凄く良い映画だと思いました、ハイ。



ハートウォーミn……(もういい?)





というわけでございました、「天然コケッコー」!

10個で!!





さて、本日は、前にも言ってましたが、

「ベクシル」「遠くの空に消えた」を観に行けたら行こうかなと思います。



…それにしても、毎回こういう面白い日本映画を観ると思うんですけど、

なんでこういうのを、もっと大大的に上映しないのかなって、ねぇ。



いわゆるシネコンでやってるような日本映画って、

ほとんど面白いものなんかないのに、こういう良い映画は単館でしかやらないという。



まぁ、色々な事情があっての事だと思うんですが、

ほんともったいないなぁって思いますよねぇ。



最近観た中でも、「キサラギ」とか「アヒルと鴨~」とかこれとか。


この辺を普通に全国で誰でも観れるようにしてれば、

邦画のイメージもずいぶん変わると思うんですけど。



それに、こういうのってレンタルで出ても知らない人は意外と、

(地味な映画だろうな)なんて思って観なかったりするじゃないですか…(笑)



以前の、映画にたいして興味のなかった頃の自分がそうでしたから(´д`)



いやぁ、ほんとねぇ、もったいないなぁって。

なんとかならんのかなぁ。



「西○記」とかやる金あったら、こっちに回そうぜっていう。

ねぇ。



そんな愚痴をこぼしつつ、それではまた…(´・ω・`)ノシ




|

« オーシャンズ13 [映画] | トップページ | ベクシル-2077日本鎖国- [映画] »

コメント

こんにちは♪
TBありがとうございました!
ハートウォーミングな作品でしたよね(笑)
こちらの記事を読んでかなり笑わせてもらいましたw

僕もこの作品大好きでした。
いいですよね~、こういう邦画。
ほんと西○記なんかよりこういうのをガンガン公開して欲しいです。
「アヒル」や「キサラギ」も良かったのに上映館少なすぎですよね。
ってなわけでいくつかTBさせてもらいます。
また遊びにきますね☆

投稿: こーいち | 2007年8月18日 (土) 22時19分

こーいちさん、初めまして!
こちらこそ、コメント&TBありがとうございます~_(._.)_

ほんと、ハートウォーミングでしたよねぇ。
ウォーミングハートとも言いましょうか。(どっちでも良いし)

あそこまで田舎の出身ではないんですが、
でも、あの山と田んぼと教室…っていう風景を見ると、
自分の子供の頃を思い出さずにはいられないですよねぇ…(笑)

ほんと、この映画ばかりはもっと多くの人に見てもらってもいい
映画じゃないかなと思ってしまいます(´・ω・`)

是非是非またお越しくださいね!
こちらからも、またお邪魔させていただきます!_(._.)_

投稿: Sur | 2007年8月19日 (日) 07時41分

Every one remembers that humen's life seems to be not very cheap, but different people require cash for different issues and not every person gets big sums cash. So to receive good personal loans or just small business loan should be a proper way out.

投稿: Britney29Mayo | 2011年8月31日 (水) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7580450

この記事へのトラックバック一覧です: 天然コケッコー [映画]:

» 天然コケッコー 88点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
島根は出雲を中心とした神の国 公式サイト レディコミ作家、くらもちふさこの同名漫画から、中学生編の1〜6巻までを実写映画化。 監督は『松ヶ根乱射事件』に続き田舎を舞台とした作品を手がける事となる山下敦弘だが、田舎のネガティブな面をディフォルメした『松ヶ....... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 12時40分

» 天然コケッコー(映画館) [ひるめし。]
もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やぁ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 12時41分

» 映画:天然コケッコー [駒吉の日記]
天然コケッコー(シネスイッチ銀座) 「いってかえりまーす(いってきます)」 小中学6人、兄弟姉妹のように面倒みたり、遊んだり。なんだかアルバムをめくるような懐かしさと気恥ずかしさ、自然にほっこりしてしまう感覚でした。なんか丁度夏休みだし、田舎に帰りたくなり... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 12時52分

» 「天然コケッコー」映画館レビュー この映画のこの時間 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
文面で何度も言っているような気がするが、山下敦弘監督は関西で映画つくってる若者にとってはやはり特別な存在だ。 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 17時11分

» 『天然コケッコー』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]      2007/07/28公開  (公式サイト) 感動度[:ハート:] 癒し度[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】山下敦弘 【脚本】渡辺あや 【原作】くらもちふさこ 『天然コケッコー』(集英社『コーラス』連載) 【主題歌】くるり 【時間】121分 【出演】 夏帆/岡田将生/... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時07分

» 天然コケッコー [八ちゃんの日常空間]
今年の夏の邦画では、ひそかに一番期待して待っていたのがコレなのです [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時09分

» 「天然コケッコー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「天然コケッコー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:夏帆、岡田将生、夏川結衣、佐藤浩市、他 *監督:山下敦弘 *原作:くらもちふさこ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽に..... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 14時07分

» 天然コケッコー(07・日) [no movie no life]
「もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう」。 この夏に、昔にふっと戻りたくなるような懐かしさ。 田舎の空気感がたまらなく良い。山、海、田んぼ、学校、お祭り、方言・・・ だけど、田舎の息苦しさもある。町のみんなが自分の... [続きを読む]

受信: 2007年8月20日 (月) 14時53分

» 【2007-116】天然コケッコー [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 全校生徒たった6人の分校 ど田舎の学校に 東京から転校生がやってきた もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう ゆったりと時が流れる ... [続きを読む]

受信: 2007年8月20日 (月) 23時15分

» 『天然コケッコー』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
夏帆と『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演中の岡田将生が繰り広げる甘酸っぱい初恋の物語『天然コケッコー』の舞台挨拶レポート。汗が噴き出るくらいの暑さの中、日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにあるシネスイッチ銀座 (写真 港町キ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 01時13分

» 「天然コケッコー」田舎ののんびりとしたリズムが映画になった [soramove]
「天然コケッコー」★★★☆ 夏帆 、 岡田将生主演 山下敦弘 監督、2007年、121分 全校生徒が6人の山の分校、 中学生3人と、小学生3人。 ここに東京からの転校生が加わると、 今までの生活に新しい風が吹く。 のんびりとした田舎の空気や風が 映画館...... [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 16時04分

» 天然コケッコー ~夏帆かわいい!!~ [ドラマ!テレビ!言いたい放題]
くらもちふさこ原作の「天然コケッコー」を見た。 主演は「天然コケッコー」で単独発主演となる夏帆。 夏帆の演技は「ケータイ刑事 銭形零」 で愕然としたことがあり かわいいものの、演技という点では全く期待していなかった。 夏帆は、1991年6月30日生まれの16歳。 『三井..... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 12時39分

» 映画 【天然コケッコー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「天然コケッコー」 くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画を『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督が映画化。脚本は『メゾン・ド・ヒミコ』の渡辺あや。 おはなし:島根県浜田の山あい。小中学校合わせてもたった6人しかいない分校に、東京から転校生・大沢君(岡田将生)がやってきた。中2の右田そよ(夏帆)にとってははじめての同級生。そよは都会的な大沢君に心ときめかせながらも、彼の冷たくて乱暴な言動に戸惑いを覚える。   いや〜、期待していた以上に私のツボをグイグイ刺激してくれる作品でした。 現... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 20時56分

» 天然コケッコー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『もうすぐ消えてなくなるかもしれんと思やあ、 ささいなことが急に輝いて見えてきてしまう』  コチラの「天然コケッコー」は、7/28公開のくらもちふさこさんの同名コミックの映画化で、とてもキラキラとした瑞々しい青春の1ページをゆったりとした風景と一緒に切り取...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 00時14分

» 天然コケッコー [シネクリシェ]
 今年公開された映画と比較するとすれば、片田舎を舞台にした作品ということでは『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を、中学生の淡い恋を描いた作品ということでは『幸福な食卓』を挙げることができるでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 05時04分

» 天然コケッコー 2007-47 [観たよ〜ん〜]
「天然コケッコー」を観てきました〜♪ 島根県の田舎町、小中学生合わせて6人の学校の最年長そよ(夏帆)の前に、東京から生まれて初めての同級生広海(岡田将生)が転校してくる。広海に、淡い恋心を描くそよ・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、気になる人が転校してくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 07時07分

» 天然コケッコー 観てきました [よしなしごと]
 今回もいつもお世話になっているKさんのオススメ作品。しかし、そんなことすっかり忘れていました。Kさん、ごめんなさい。ひょんなことで思い出し、やばいやばい、急いで観に行かなくちゃ。と言うわけで、天然コケッコーを観てきました。... [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 23時45分

» 天然コケッコー [ダイターンクラッシュ!!]
9月17日(月) 21:10~ CINEAMUSE EAST 料金:1300円(シネカノン会員料金) パンフ:600円 『天然コケッコー』公式サイト Powered by FlipClip 漫画が原作。 他愛のない話が、たんたんと積み上げれているだけの、ゆるい映画。だから心地いい。 田舎暮らしに憧れる。1ヶ月くらいでいいけど。島根県が舞台だよ。>吉田くんっ! 主演の娘(夏帆)可愛い。演技力もある。璃子ちゃんほどでないけど。 夏川結衣の劣化っぷりに萎え。 佐藤浩市は、相変わらず出来... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 19時51分

« オーシャンズ13 [映画] | トップページ | ベクシル-2077日本鎖国- [映画] »