« 河童のクゥと夏休み [映画] | トップページ | TOKKO -特攻- [映画] »

2007年8月 3日 (金)

夕凪の街 桜の国 [映画]

Yunagi_3

★★★★★☆☆☆☆☆

http://www.yunagi-sakura.jp/ (夕凪の街 桜の国 公式サイト)



「夕凪の街 桜の国」

観てまいりました。




うーーん。


これはぁ~~。



個人的には”もったいない作品”になりますかねぇ。



予告編などを観てた段階から結構観たかった作品だったんですよ。



とはいえ、過度の期待はせずに、

(それとなく感動させてくれればいいなぁ)…なんて思ってたんですが。



でも、ちょっと最終的には”感動”という所までは行きませんでしたかねぇ。



映画が終わって劇場を後にしようとする際に、

まだ座って泣いている方なんかも見ましたけど。



うん、まぁ、

全然そういう方の気持ちも分からなくもないんだけど…っていうですね。




Yunagi2
















前半は凄く良かったと思うんですよ。

この映画。



というのも、この作品、

”夕凪の街””桜の国”2部構成になってるんですね。



前半部分にあたる”夕凪の街”が、

原爆の投下から13年経った昭和33年の”広島の街”でのエピソード。


そして、後半の”桜の国”が、2007年の現代でのお話。



この二つの物語がそれぞれリンクして、この作品が構成されているんですが。




で、もう、ぶっちゃけて言うと、この2部構成に意義あり!なワケです(爆)



先ほども言いましたけど、

前半の”夕凪の街”は凄く良いお話で感動もできたんですが、

後半の”桜の国”に至っては、その存在意義すら分からないという…。



なぜ、こういう形…2部構成にしなければいけなかったのか、とですね。



原作の段階では読んでいないのでどういう風に見えたのかはわかりませんが、

この映画だけを観た感想ではこう思ってしまいましたね。



ほんと、必要ない………んじゃないかな…?と(´・ω・`)



なので、これによって田中麗奈さんが主演のような扱いになってるのを見ると、

ちょっと麻生久美子さんが可愛そうかなっていう…。



個人的にだけなのかもしれませんけど、

どっちの役が印象に残ってるかって言われたら、絶対麻生さんの方ですから…。




Yunagi3 Yunagi4

Yunagi5
















平野皆実(麻生久美子)


1945年8月6日に広島市で、原子爆弾の被害に遭うが生き残る。


が原爆の犠牲になった。


その後、母と2人で”夕凪の街”のあばら家で暮らし、小さな会社で事務員をしている。



弟の(伊崎充則)がいるが、戦時中に水戸の伯母の家に疎開させた後、

そのまま広島に帰らず伯母の養子となる。



左腕に大きなやけどの跡が残り、誰にも見せたくなく、夏でも長袖を着ている。


弟に会いに行くのと、叔母から借りた学費を返済するため倹約生活を送っており、

草履作りのため竹の皮を集めている。



同じ会社に勤める打越(吉田悠)に想いを寄せるも、

何か幸せを感じる度に被爆時の記憶が蘇り、その苦悩を抱え暮らしている為、

自分だけが”幸せになってはいけない”のではないかと思っている…。”



(夕凪の街 桜の国wikipediaよりフィーチャリング)




…というような”夕凪の街”のストーリーなんですが、

もう、ようは”皆実と打越さんのラブストーリー”ですね。



当然、原爆に被災した皆実の苦悩という部分も含めて描かれています。



でも、別に今更取り立てて書く事もないようなベタベタな恋愛模様なんですが、

これがまた、この二人が凄く初々しい雰囲気を出していて、良いんですねぇ。



お互いが惹かれあっているのを分かっていながら、

しかし、なかなか素直になれず……でも、やっぱり好きなの…っていう。



あたし、こういうの好き。


ええ、とっても好きよ。



もう、ヤキモキしちゃう!!(*´Д`*)




…ゴホンっ。



そうなんですよ、凄く良いんですよねぇ。



これはもう、この麻生久美子さんが元来持つ魅力による部分も大きいんでしょうけど、

清楚で真面目な感じのいいお嬢さんでねぇ。



いいのよ、凄く!(*´Д`*)



…ゴホンッ。




じゃぁ、そこで相手役の打越さん役の吉田さんはどうなのって事になりますけど、

この方も、真面目に真摯に皆実の事を愛している、という想いが素直に伝わってくる。


そんな好青年を見事に演じられていたんじゃないかなと思うんですね。




じゃ、もう、

この二人結ばれちゃえばいいじゃん!!(*´Д`*)




…っていう♪(*´Д`*)



ね♪(*´Д`*)




……(*´Д`*)




………




………




………




………(´Д`+ )




Yunagi8 Yunagi7

Yunagi6
















石川七波(田中麗奈)


皆実の実の弟、の娘。皆実の姪にあたる。


28歳の会社員。父と弟との3人暮らし。


小学生の頃、苗字のせいで”ゴエモン”とあだ名されていた。



近頃、既に定年退職をした(堺正章)の携帯電話の料金が倍近くに増え、

さらには、突然何も言わずに数日間家を空けるようになった。


そんな父の行動を不審に思い、

ある夜、また密かに家を出た父の後を追う。



その追跡の最中、以前住んでいた街で仲の良かった東子(中越典子)

17年ぶりの再会を偶然に果たす。


その東子と共に、七波は父の乗った広島行きの夜行バスに乗り込んだのだが…。”



(夕凪の街 桜の国wikipediaより 所々サンプリング)




さて、問題はこの”桜の国”の方なんですよね。


これが、最初にも言いましたけど、本当に必要なのかなと…。



いや、もちろん言いたい事というか、

その伝えたい事という部分は分からなくもないんですが、

でも、どうしてもねぇ…”夕凪の街”と比べると全てが軽いというかなんというか…。



七波、父親の旭、東子と弟の凪生…


それぞれの色々な問題や悩みを抱えてるんですけど、そういう部分でね…。



”夕凪の街”がどちらかというとリアルに近い原爆の被害を描いてたのに対し、

その後の”桜の国”になって、”原爆の影響”という意味ではより遠ざかった

60数年後の問題を見せられても、やっぱり蛇足感しか得られないんですよね。



まぁ、テーマとしては、まさにその”今尚続く…”という部分なのかもしれませんけど。



でも、やっぱり伝わりにくいし、分かりづらいし…

何よりストーリーとして単純に面白くないですし…ね(爆)




そして、さらにもう一つ言わせてもらうとですね、

あの打越さんのその後は見たくなかったかな…っていう…(爆)




う…打越さん……?(;´д⊂)


ほ、本当に、う…打越さんなの…?(;´д⊂)



…っていうですね…。


…そういうのもありましたね、ハイ…。




だから、もう、どうせならほんとに、

「ほたるの墓」「地下鉄に乗って」とモロ被りになりますけど…、


田中麗奈さんが過去にタイムスリップして(意識だけでも)

で、そこで皆実と打越、そして父親の旭と母親の人生を垣間見る…みたいな。



そういう感じの方が分かりやすいし、

もっと単純に面白かったんじゃないかなと思ったんですけどねぇ。



ちょっとそんな風な描写もありましたけどね、実際。


でも、あそこもいきなりすぎて、イマイチ何かようわからん描写になってましたし…(爆)




なので、ほんと繰り返しになりますが、

”夕凪の街”が良かっただけにちょっと個人的には残念な…

もったいないなっていう作品になってしまいましたね…(´・ω・`)




”原爆”という人類が生み出してしまった、

決して生み出してはいけない兵器に対する強い憤り感という物は感じましたし、

その悲劇を風化させてはいけないんだというメッセージも伝わってきました。



それだけに、もう少しそれを分かりやすい形で観せて欲しかったな、というですね。


想いも同時に持ちました。




ですけど、決して観て損はない作品だとは思いますので、

機会があれば是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。




…というところで、「夕凪の街 桜の国」

5個で!





…もう、言い訳すらしない。


ええ、忘れてませんよ、「TOKKO-特攻-」ですね、ええ。



もう、また「トランスフォーマー」を観に行くまでには書いてしまいたいなと、

重々思ってますのでね、ええ。



というか、あれですよね。



なんならもう、御自分で観てきます?(おい)




|

« 河童のクゥと夏休み [映画] | トップページ | TOKKO -特攻- [映画] »

コメント

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。

 「夕凪の街」のほうが断然よかったですよね。
 麻生さんもとてもよかったです。
 クレジットで田中さんのほうが先だったのを見て、
 「ええーーー!」って思いました^^;;

 「桜の国」は、コミカルすぎて妙でしたね、なんだか。
 ラブホとか、なんじゃい!?でした^^;;

投稿: miyukichi | 2007年8月16日 (木) 22時13分

miyukichiさん、こちらこそありがとうございます!
お越しやす~_(._.)_

>「夕凪の街」
ですよねぇ~、もう。
こっちの方の話で展開してくれた方が、より伝わる物も多かったんではないかと思ってしまったんですが。

>「桜の国」
そうそうそう!
まず、??と思ったのが、あの中途半端なコミカル…ですね(笑)
単純にコミカルとしても面白くないし、映画のテーマには全く不必要な演出だし…(;´д⊂)

あれを持ってして、観てる方に何かを伝えようという方が無理があるんじゃないかなと思いますよね。

あくまで、個人的にですけども(´・ω・`)

投稿: Sur | 2007年8月17日 (金) 07時41分

>打越さんのその後は、見たくなかった...
全くです(爆)
打越さんと旭君の今は、なんつ〜か...時の無惨さを感じました...。

投稿: あん | 2007年8月22日 (水) 13時02分

あんさん、ようこそ、ありがとうございます~_(._.)_

打越さんはねぇ、イメージがねぇ…(笑)
まぁ、演じている役者さんには何の罪もないんですけど、
でも、もうちょっと他にもいたんじゃないかな、と…
思ってしまいますよね(;´・ω・`)

いや、しかし、あんさんのブログにある絵はお上手ですね!
いっつも、どっかから写真を引っ張ってくるだけなんで、
ああいうのはオリジナリティーも出せて、ほんと羨ましい限りです。


また、これからもよろしくお願いします!

投稿: Sur | 2007年8月22日 (水) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7390012

この記事へのトラックバック一覧です: 夕凪の街 桜の国 [映画]:

» 夕凪の街 桜の国 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
長く生きて。そして、忘れないで。とあるTV放送局の街頭インタビューで、8月6日が何の日か若い人に聞くと、答えられない人が多いのだそうだ。8月6日とは広島に原子爆弾が投下された日である。本作品は広島に落とされた原爆を題材に、過去と現在というふたつの時代を描き出す。原爆被害という重いテーマを取扱っているが、身構えて観賞する必要もなく、さらりと見ることができる。ただし、そこに息づくテーマはかなり重い。本作品は、こうの史代原作の漫画「夕凪の街 桜の国」を映画化したもの。漫画は韓国...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 23時02分

» 「 夕凪の街 桜の国  (2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【夕凪の街 桜の国 】  7月28日(土) 公開 監督・脚本 : 佐々部清 出演 [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時12分

» 夕凪の街 桜の国・・・・・評価額1350円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
今年ももうすぐ、8月6日がやってくる。 人類の記憶に、「ヒロシマ」という日本の地方都市の名前が、永遠に刻まれる事になった日。 「夕凪の街 桜の国」は、あの日あの街に居たために、原爆症というあまりにも悲しい重荷... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時28分

» 夕凪の街 桜の国(映画館) [ひるめし。]
生きとってくれて ありがとう [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 12時23分

» 映画「夕凪の街 桜の国」 [わかりやすさとストーリー ]
●「夕凪の街 桜の国」を観た人は、親しい人や大事な人にこの作品のことを伝えずにはいられないだろう● [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 16時11分

» 「夕凪の街 桜の国」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「夕凪の街 桜の国」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、伊崎充則、金井勇太、藤村志保、堺正章、他 *監督:佐々部清 *原作:こうの史代 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 16時17分

» 映画版『夕凪の街 桜の国』 2 [タカマサのきまぐれ時評]
■前回のつづきで、映画版ネタ。■きのうの『中日新聞』社説の記事を拝借。希望の種子を風に乗せ 原爆忌に考える2007年8月6日 六十二回目の八月六日。ヒロシマはまた、深い祈りに包まれます。でも、夕凪(ゆうなぎ)のあとの風に乗り、広島で生まれた希望の種子が、ほら...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 12時55分

» 「夕凪の街 桜の国」試写会 [Thanksgiving Day]
ヤクルトホールで行われた「夕凪の街 桜の国」の試写会に行ってきました。 こんな内容の映画です。 『原爆投下から13年後の広島。そこに暮らす平野皆実(麻生久美子)は、打越に愛を告白される。だが彼女は、原爆で父と妹を失い、自分が生き残っているという事が深い心の傷...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 21時52分

» 夕凪の街 桜の国 [Akira's VOICE]
希望は咲き誇る。 [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 12時25分

» 夕凪の街 桜の国 [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画 「夕凪の街 桜の国」(佐々部 清:監督)  を観てきました。    W主演の麻生久美子さんが好きなので、  観たいとは思っていたのですが、  終戦記念日の今日、ようやく観てきました。  やっぱりせめて1年にこの時期くらい、  戦争とか平和とかについて  ちゃんと意識して考えたいと思っていまして。  昭和33年、被爆から13年経過してなお、  死んでいった妹に対する負い目から、  苦しみ続けている皆実(麻生久美子)。  「自分だけ幸せになっていいんかね」  「私は生きていてもいいんかね... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 01時59分

» 『夕凪の街 桜の国』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]        2007/07/28公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】佐々部清 【脚本】国井桂/佐々部清 【原作】こうの史代 『夕凪の街 桜の国』(双葉社刊) 【時間】118分 【出演】 田中麗奈/麻生久美子/吉沢悠/中越典子/伊崎充則/金井勇太/田山涼成/粟田麗/藤村志保/堺正章 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時21分

» 映画「夕凪の街 桜の国」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ピカあるいはピカドン、その新型爆弾の毒にやられて苦しむ人が、いかに多かったことか、その威力は遠く岡山にあってさえ窓ガラスを震わせたという・・・ 昭和33年広島、平野皆実(麻生久美子)は父と妹を原爆で亡くし、弟の旭は叔母の養子となって遠く水戸に疎開し、母フ... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 23時03分

» 夕凪の街 桜の国 [描きたいアレコレ・やや甘口]
夕凪ってロマンチックに聞こえるけど、夕方に風がやみ蒸し暑い状態をいうんだ...と、あらためて思い知った。今までにも、私には知らないことはたくさんあったけど...。 『夕凪の街』はノスタルジックな風景と、出てい... [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 13時03分

» 映画:夕凪の街 桜の国 試写会 [駒吉の日記]
夕凪の街 桜の国 試写会(イマジカ試写室) 「原爆は落ちたんじゃなく落とされたんよ」 一瞬で人も街も吹き飛ばされた。誰かに死んでしまえと思われていた。 とてもとても恐いことです。そこにいたというだけの人が全てを失い、かろうじて生き残った人も「どうして自分は... [続きを読む]

受信: 2007年8月24日 (金) 17時44分

« 河童のクゥと夏休み [映画] | トップページ | TOKKO -特攻- [映画] »