« シッコ [映画] | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド [映画] »

2007年8月27日 (月)

恋するマドリ [映画]

Koisuru

★★★★★☆☆☆☆☆

http://www.koisurumadori.com/ (恋するマドリ 公式サイト)



「恋するマドリ」

観てまいりました。




ちょっちゅね~~。



面白くない以上

面白い未満…みたいな。



そんな感じでしたかね、この映画は。




…さて、次回はですね。(ってはや…!!)



ウっソっぼ~~~んっ、カリアゲっ(´д`)




いやでもね、今回はね、

画像も探したけど、↑のこれ一枚しかない事ですし。



もう、さくさくっと行っちゃいたいなって思ってます、ハイ。



では、さっそくこの作品の内容に触れていきたいと思いますが。




”姉との些細なケンカが原因で、

初めて一人暮らしをすることになった美大生・ユイ(新垣結衣)


人相の悪い引越し業者に無愛想な隣人と、

受難だらけのスタートを切ったユイだったが、そんな彼女に運命的な出逢いが訪れる。



ユイが越してきた部屋にかつて住んでいたアツコ(菊地凛子)に、

バイト先で知り合った、すぐ上の階に住む物静かな青年・タカシ(松田龍平)


やがて、ユイはアツコに同性としての憧れ、そしてタカシには恋心を抱き始めるが、

その2人がかつて恋人同士であったことを知ってしまう。



お互いに未練の残る2人の姿を見て、

応援したい気持ちと自分の気持ちとの間で揺れ動くユリ。


果たして彼女がとった行動とは…?”




ぶっちゃけもう、↑これが全てのあらすじと言ってもいいくらいなんです。



なんでしょう、この、


三人が共通の知人以上

三角関係未満?…みたいな。



そういう感じのストーリーですよね。



でもですね、正直言うと、

序盤から中盤までは↑のの数程度の面白さもないかもしれません。



というのは、な~~んかこう、話のテンポが悪いっていうのかな?…。



まぁ、そこは新垣結衣さんの演技力にも関係している部分かもしれませんが、



ドキュメンタリー以上

テレビドラマ未満?…みたいな。



なんか、そんな雰囲気で淡々と進んでいくんですね。



で、演技力云々もそうなんですけど、

なんかやたらと新垣さんの顔のアップが多いんですよ…(爆)



というか、多すぎるんですよ…(爆)


事務所との契約的になんかあるのかと勘ぐってしまうくらいに…(爆)



いわゆる、無言でキョトンとした感じの”可愛いガオ”ですね。



もう、このアップが多すぎるせいで、

ストーリーのテンポが悪くなってると言っても過言ではないくらいで…(笑)



うん、もう、可愛いのは分かったから、ね…(;´д⊂)


って、ちょっとそんなウンザリ感すら感じてしまいましたよね…。





新垣さんが松田龍平さんに恋をしてしまい、好きなんだけども、

でも、その松田さんの昔の(?)恋人リンコ・キクチさんの事も好きで、

で、やっぱりこの二人のよりを戻そうとしてしまう新垣さん、という。


そんな感じなんですね、ようは。



でも、そこでね、

先ほども言いましたけど、今作の新垣さんの演技を見る限りでは、

松田さんのどこに恋をして、どの程度の好き具合なのか。


その辺がイマイチ伝わってきませんでしたし、リンコ・キクチさんにしても同じですね。


どうも、松田さんとの結びつきというか、関係性が見えにくくて、

作中の登場人物に感情移入というものができにくい内容だと感じました。



で、松田さんの役どころもですね、個人的にこう、この人の魅力というのは、

普通の人の役をこの人が演じる事によって、普通じゃなくなる所、というか。


その松田さんの持つで他の人では出せないキャラクターになる所に、

魅力というかカッコよさみたいなものがあるような気がするんですが。



でも、今作の役柄みたいに、

”変な性格の男”という、最初から味付けのされている役どころだと、

キャラクターキャラクターしすぎてどうも現実味がなくなってしまうような、

そんな気がしてしまうんですよね。



ようは、このタカシという青年のどこに魅力があるのかが分からない…っていう。



まぁね、なんか凄く松田龍平に関して偉そうに語ってますけど、

メチャメチャ今の思いつきで書いただけですのでね(´д`)


これが、的を得ているか否かに関しては触れないでいただきたく…(´д`)




まぁ、でも、ほんとそんな感じで、

只々、スクリーンに流れてるストーリーをボケーッと追うだけの映画なんですけど、

でも、なんか観終わった後の後味はそれほど悪くはなかったかな?

…っていう雰囲気だったので、こういう評価にさせていただきましたけども。



ん~、でも、わざわざ劇場で観なくても、DVDでも十分のような気はしますけどね。



まぁ、DVDで観るにしたって、


見なくてもいい以上

見た方がいい未満?…っといったところでしょうか。


ね、ハイ。




…ああ、”新垣結衣が三度の飯より好きだーーー!!”…っていう



”アダガキユイガ、ズキダカダーー!!!”



…こんな方には、おススメできるかもしれません(笑)




というわけで、「恋するマドリ」。

5個で!





さて、次回は…と言いたい所なんですが、

実は前回の「シッコ」をもって、今年公開の映画の中で

”心から観たい!”って思える映画がなくなっちゃったんですよねぇ…(爆)



とはいえ、まぁ何かしら映画は観に行くとは思うんですが、

その”何かしら”の中に”心から面白かった!”と思える映画があれば良いのですが。



そういえば、DVDも最近観てないから観ないとなぁ。


観たいと思ってて、未だ観てない映画も山ほどありますからね(´・ω・`)




|

« シッコ [映画] | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド [映画] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7702984

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するマドリ [映画]:

» 【2007-125】恋するマドリ(KOISURU MADORI) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 新しい町、 新しい部屋、 新しい私。 初めての一人暮らし。 偶然が運命の出逢いを運んでくれた。 せつないけれど、心が”にっこり”してしまう 都会の中のラブストーリー ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 00時25分

» 恋するマドリ 舞台挨拶付き試写会 [よしなしごと]
 いつもお世話になっているKさんに誘われて恋するマドリの試写会に行ってきました。しかもこの試写会、な・な・なんと!舞台挨拶付きです!さらにKさんが前から3列目というとんでもなく良い席を確保しておいてくれて、新垣結衣ちゃんが、菊地凛子が、大九明子監督が目の前です!ただ残念なのが、僕らの席は右側。パーソナリティは向かって下手(左側)、監督や出演者は上手(右側)という配置なので、監督や出演者はステージに向かって左を向いて話すんです。すると僕らは後頭部から左顔しか見られないので、ちょっと残念でした...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 09時05分

« シッコ [映画] | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド [映画] »