« ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [映画] | トップページ | ブリッジ [映画] »

2007年7月18日 (水)

西遊記 [映画]

Sai2

★★★☆☆☆☆☆☆☆

http://www.saiyuki.jp/index.html (西遊記 公式サイト)



「西遊記」

結局観てまいりました。




んん、まぁ。


まぁまぁ、こんなもんでしょう。



ええ、いやいや、別にもう怒りはしませんとも、ええ。


ねぇ、そんな、毎回毎回感情にまかせてレビューを書いていたら…



「こいつは、映画にかこつけてただイチャモンを付けたいだけじゃないのか!?」


「なんなんだ、この偉そうなブログ野郎は!」


「ちっくしょう…!覚えてやがれ、このロクデナシ!」



…いずれ、こんなお叱りの声を賜る日も遠からず来てしまうでしょう。



いくら、感じたままの率直な感想こそと心がける当ブログにとっても、

そのような状況は本意とは言えませんからね。



なので、今回は少し冷静な目で…

”大人のレブー”というものを念頭においてこの映画を評してみたい。


そう思う所存であります。




Sai3

















人は皆その昔、であった



現在、60億人もの人間を抱える地球という星において、

これほどセンセーショナルな出来事がかつてあったであろうか。



その遥かなる時を遡り猿から人へと進化した生き物はやがて、

その欲望の趣くままに母なる大地を荒らし、互いに忌み嫌い、

そして、その欲望の矛先をまだ見ぬ次なる大地へと求めはじめた。



そう、まるで全ての答えを求め”天竺”を目指すこの物語の主人公たちのように…。


ならば、なぜ彼らは”天竺”を目指すのであろう。



かつての独裁者ヒトラーは言う。



「天竺ってなに?



こう答えるのも至極当然な自然の摂理であろう。



かく語りき筆者も、その”天竺”という超宇宙的概念において、

その全容を計り知る手立てを得る手段を探そうとしたこともない。爆。



なぜならば、まさに”天竺”とはその求めるそのものだからである。



かつて世界中の人々が深い悲しみに覆われた過去の歴史において、

そのプロパガンダにおけるサティスファクションなバイブレーションが、

お口の中にフワーッと広がる感覚をえてして、さも人々は……ゴニョゴニョ…ゴニョゴニョ…




Sai4

















…ふぅ、中々疲れますね、”大人のレブー”というのも(´・ω・`)


まあ、今ので8割がた言いたい事は伝わったと思いますけども。(いやいや)



っと、そんな冗談はさておきですね。


また今回もこれ、イチャモンのようになってしまう気がヒシヒシとしてるんですが…(爆)



その前に、この↑の画像は一体なんなんだ、という。

事になると思うんですが。



画像が無いんですね、まともな。


まともなというか、主人公の孫悟空こと香取君の出てるやつが。



これはもう、ジャニーズ事務所絡みでネットでの写真は一切ダメっていう、

鉄の掟のお陰でこういう事になってしまってるんですけども。



でも、ねぇ…。


自分らで勝手に出といて、でも写真は一枚もダメですよって、そんなアホな…(´д`)



宣伝する気ですか…!



ならば、そういう事でしたらこちらも敢えて、

この意味不明な画像で対抗してみようじゃないか、という。


アンチテーゼの意味合いも込めて、ですね。



…ていうか、

いっつも無断で写真を使用してる身分で偉そうな事は言えないんですが(/ω\)テッヘッヘ




Sai5

















で、やっとここで作品について触れるわけですが、

これも前回の「ハリポタ」同様、それほど語る内容もないんですよね。




もうちょっとちゃんとやればいいのに。



この一言こそが、この作品を語るのに最も適した言葉ではないか。


筆者はそう考えます。



もうちょっとちゃんとやれば、そこそこ、

ほんとそこそこですけど面白かったなっていうくらいの感想は持てるんではないかと、

それくらいのエンターテインメント性は本来ある題材だと思うんですね。



しかし、如何せんこれ、まず、あの衣装からして造り込む気な…(笑)


テレビドラマ…いえ、新春かくし芸大会ですね。



”天竺を目指して長い長い旅をしている”という大前提において、

何故あんなに洋服がマッサラなのかと。


この辺の事なんて衣装を考える段階で真っ先に出てきそうなもんですけど、

それをあえてしないのは、もう”別にこれでいいや”的な事なんでしょうね。



あと、”金角大王銀角大王”にしたってねぇ、

あんな悪役レスラーみたいなんじゃなくて特殊メイクとかでやればいいのに…(´д`)




でも、頑張ってるところは結構頑張ってるんですよね。


演出とか映像的なとことか。



銀角と悟空の”空のカーチェイス”シーンなんかは中々面白かったですし、

ラストの金角とのバトルからその後の龍退治なんかは結構見応えあったと思いますし。



しかし、そこでやっぱりネックになってくるのが、細かい部分の造り込みの甘さ



いくらそこで頑張ってても、そのディテールの甘さで、

どうしてもテレビドラマの域を抜けられないというですね。



ん~まぁ…、この映画に関しては別にもったいなくもないかな…(笑)


元々そんなに期待してもなかったので…(´д`)



でも、もうちょっとちゃんと映画を造ろうという想いが製作者の人たちにあれば、

こんなところでこんな事を書かなくても良かったのになっていう事ですね。



ああ、あとは演技についてというか香取君についてちょっと。



これは、「舞妓ハーン(略)」の時にちょっと書いてたかと思うんですが、

無駄に中途半端に高いテンションだとお寒い事になるんじゃないかと…。



まさに、今回の香取君がその良い見本のような…(爆)



もう、ほんと終始無駄中途半端にテンションが高いんですね。



まぁ、後半はバトルなんかも絡んできてその辺はいいとしても、

特に辛かったのが序盤から中盤…。



普通に喋れば良いのに…(´・ω・`)


っていう。



やっぱり、あの辺はもうちょっと”メリハリ”をつけないと、

本人はあれで満足なのかもしれないけど、観てる方はすんごいシンドイんですよ。



それかもう、阿部サダヲさんくらいに一つ突き抜けてしまうか…(笑)



ですね、はい。




ん~まぁ、お子様連れの家族で観にいく方とか、

U-15くらいまでの純粋な心を持った方ならまだ楽しめるのかな?


でも、それ以外の人にはちょ~っと、時間とお金に見合うだけの面白さは…、

正直微妙なところかもしれないなっていう感想でございました。




というわけで、「西遊記。★3つで!



あ、そうそう忘れてた。


ストーリーは、”天竺に向う三蔵法師一行が途中立ち寄った国が、

恐るべき絶対妖怪、金角大王・銀角大王に襲われてましたよ”です。(おそっ)





今日はまたちょっと雨が降ってるんですけども、

少し遠出をして恵比寿ガーデンシネマで「ブリッジ」という映画を観たいなと。


思うとるんです。



この映画は前からちょっと気になってたんですけど、

今週の金曜日までで終了という事なんでギリギリセーフで。



いや、危なかった危なかった(´・ω・`)(まだ観てないけど)




|

« ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [映画] | トップページ | ブリッジ [映画] »

コメント

Surさん こんにちは~(*^▽^)ノ゛
いやぁ~、そうでしたかぁ、やはり・・・。

私はTVでも観てなかったのですが、チラシに「なまか」とあったのを見て子供が「なまかって何?」と聞くもんですから、適当に「なまいきいうんじゃない!みたいな感じちゃ~う。」と言ってたんですが・・・。
普通に「仲間」の意味だったんですねぇ。

慎吾君がテンション高そうなのは予告でも感じました~。
よく声が持ちこたえたなぁと。

半年後くらいにTVで放映しそうな勢いですよね!

私はSurさんの「大人のレブー」で大満足でした♪

投稿: なぎさ | 2007年7月18日 (水) 16時07分

なぎささん、どうもですー!(*´Д`*)

そうですねぇ、このシリーズを一度でもテレビで見たことのある人は誰しもが思うことなんでしょうけど、「やっぱりか…」っていうですね。期待もしてないし、またその想いを裏切ってくれる事もないし…(笑)じゃぁ、なんで自分は観に行ったんだろっていう…。

なぎささんの「ポケモン」レビューも拝見しましたけど、お子さんと行かれるならそっちの方が全然正解だと思います(笑)

あれ、なんなんでしょうね、”なまか”って。
なんであんなにプッシュするのかが分からない(´・ω・`)
というか、そもそもなんで”仲間”って言わないんだろ?(´・ω・`)

>半年後にTV
これはちょっと”予言”的なものになってしまうんですが…

恐らく、その半年後にTVでやってても、
なぎささんはチャンネルを変えるであろう。

投稿: Sur | 2007年7月18日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7186140

この記事へのトラックバック一覧です: 西遊記 [映画]:

» 西遊記 [Akira's VOICE]
見やすくわかりやすく楽しい!!!! [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 10時53分

» 『西遊記』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]           2007/07/14公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:]   【監督】澤田鎌作 【製作】亀山千広 【脚本】 坂元裕二 【主題歌】MONKEY MAJIK 『Around The World+GO!空』 【出演】 香取慎吾/深津絵里/内村光良/伊藤淳史/水川あさみ/大倉孝二/多部未華子/谷原章介/三谷幸喜/小林稔侍/鹿賀丈史/岸谷五朗 <ストーリー> 三蔵法師一行... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 20時13分

» 西遊記 50点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
がんばーれ つーよいぞ ぼーくらの 公式サイト 月9ドラマ版『西遊記』の劇場版。時系列的にはテレビシリーズの途中に挿入されるエピソードとして、原作にも登場する妖怪、金角・銀角兄弟との戦いが描かれる。 テレビシリーズは褒めるところが特に見つからない散々な...... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 21時27分

» 『西遊記』 [唐揚げ大好き!]
? 『西遊記』   みんな、なまか。   2006年1月の月9ドラマで西遊記? ちょっと興味があったので観てはみたものの、2話位で観なくなっちゃった。 で、なんで映画化されたのかは知らんけども、折角映画になったので観に行きました。   ハリーポッターの先... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 05時31分

» 「西遊記」 [みんなシネマいいのに!]
 ここ最近のフジテレビが関係している映画は、何か無理しているというか、どうかん [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 07時10分

» 西遊記 [映画鑑賞★日記・・・]
【2007/07/14公開】07/14鑑賞製作国:日本監督:澤田鎌作製作:亀山千広出演:香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、水川あさみ、大倉孝二、多部未華子天竺を目指し、果てしなく続く砂漠を進む三蔵法師一行。やがて、彼らは砂漠の国“虎誠(フーチェン)”でその国の王女...... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 21時47分

» 【2007-103】西遊記 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 《愛》と 《涙》と 《冒険》が いま、始まる。 『約束は守らなきゃいけねぇ。いっぺん決めたら、最後まで守るのが約束だ!』 みんな、なまか。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 00時04分

» ウッキー!!【西遊記】 [犬も歩けばBohにあたる!]
2006年1〜3月まで、フジテレビで放送されていた「西遊記」が 映画版「西遊記」 [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 01時02分

» 西遊記 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
TVドラマは滅多に観ないけど、慎吾ちゃんの『西遊記』は、子どもが好きだったので欠かさずに観ていましたぁ〜「テンション高〜い!!ウルサ〜イ!!」とか思ったけど、SMAPの中で1番目を付けている慎吾ちゃんを密かに堪能。で・・・映画化が決まった時から我が家では楽しみにしてたんです^^・【story】三蔵法師一行(三蔵:深津絵里、孫悟空:香取慎吾、沙悟浄:内村光良、猪八戒:伊藤淳史)が立ち寄ったのは、草木の枯れた砂漠の町。王宮に招かれた一行は、魔法で亀にされた王様と王妃様を目の当たりに・・・かつて緑豊かだっ... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 09時46分

» 西遊記 [minaの官能世界]
☆「西遊記」に求めたもの  映画を観よう。私のこの一週間の最優先事項である。  体調を崩し精神的にもダメージを負っていた私は、お医者様の薦めもあって一週間の休暇を取った。健康を取り戻すには、映画でも観て気分転換するのが一番だと考えたのだ。  話題作は目白押しである。私の関心を一番惹いたのは「西遊記」だった。  どうして今更「西遊記」なんだろう。  突然の映画化だと思い込んでいた私には不思議だった。不覚にも香取慎吾君主演のテレビドラマ「西遊記」を知らなかったのだ。  テレビ版は随分と好評だったらしい... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 22時49分

» 西遊記 [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
ガンダーラをいっしょに口ずさんでしまいました(懐) 「愛の国 ガンダーラ」の部分の"タメ"以外はw [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 09時40分

» 西遊記 上 (1) [良書]
西遊記 上 (1) この商品をレビューしたブログ一覧 [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 14時41分

» 「西遊記(さいゆうき)」 [映画・テレビドラマ化 漫画リスト]
西遊記(上)著者:呉承恩(1504年頃 - 1582年頃、江蘇省生まれの官吏・詩人)【ドラマ】西遊記シリーズ(西遊記・西遊記II) (堺正章主演、夏目雅子等)(en:Monkey)日本テレビ開局25周年記念番組(1978年10月~1979年4月、西遊記II:1979年11月~1980年5月) ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 01時17分

» 西遊記(映画館) [ひるめし。]
みんな、なまか。 [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 09時55分

» 「西遊記」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
**************************** 旅の途中で草木の枯れた砂漠の町に立ち寄った三蔵法師(深津絵里さん)、孫悟空(香取慎吾氏)、沙悟浄(内村光良氏)、猪八戒(伊藤淳史氏)の一行は王宮に招かれ、魔法で亀にされてしまったこの国の王と王妃を目の当たりにする。金角大王(鹿賀丈史氏)及び銀角大王(岸谷五朗)は強大な力を持つ兄弟妖怪で、この国の緑と全て財宝を奪っただけでは無く、更に恐ろしい野望を持っていた。王女・玲美(多部未華子さん)からの懇願受け、三蔵法師一行は金角&銀角を倒す旅に出る。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 02時29分

» 『西遊記』 [京の昼寝〜♪]
□オフィシャルサイト 『西遊記』□監督 澤田鎌作 □脚本 坂元裕二 □キャスト 香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、多部未華子、岸谷五朗、鹿賀丈史、谷原章介、小林稔侍、水川あさみ ■鑑賞日 7月29日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> ご存知、TVで高視聴率を稼ぎ出した「西遊記の」映画版。 夏休みのファミリー映画としてはちょうどいいサイズの映画でしたね〜 まあしかし、製作に亀山千広、エグゼクティブプロデューサーに清水賢治、企画に大多亮、脚本に... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 17時30分

» ★「西遊記」 [ひらりん的映画ブログ]
公開二週目のナイトショウ(0:20〜)で見てきました。 邦画としては最大級の上映館数・・・って聞いてて、ヒットするんでしょうけど、 二週目で広めのスクリーンだけど、さすがに空いてます・・マナカ・・いや夜中だし・・・。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 03時22分

» 西遊記 07160 [猫姫じゃ]
西遊記 2007年   澤田鎌作 監督  武部聡志 音楽  亀山千広 制作  フジテレビ香取慎吾 深津絵里 内村光良 伊藤淳史 岸谷五朗 鹿賀丈史 小林稔侍 多部未華子 谷原章介 大倉孝二 水川あさみ 三谷幸喜 この映画のVFX、世界一じゃないの? 黒い雲と...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 15時48分

« ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [映画] | トップページ | ブリッジ [映画] »