« 舞妓Haaaan!!! [映画] | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド [映画] »

2007年7月 2日 (月)

ボルベール<帰郷> [映画]

Vol

★★★☆☆☆☆☆☆☆

http://volver.gyao.jp/ (ボルベール<帰郷> 公式サイト)



「ボルベール<帰郷>」

渋谷シネ・フロントまで観にいってまいりました。

遠かったです。




なんつうんだろう、これは。



「親子3代に渡る”サスペンス”を、家族愛風味で仕上げてみました。」


「本日のおススメ、アルモドバル(監督)シェフの気まぐれムービー。」



みたいな、こんな映画でした。



うん、そうですね、こんな感じでしたね。



まぁ、詳しい内容の方はご想像にお任せしますけども。(おい)




※そこそこネタばれしてますのでご注意ください※




Vol2















ペネロペ・クルス

綺麗でしたねぇ。


綺麗さの中にも、この写真のようにチャーミングさも兼ね備えてるという。


いいです。



そんなペネロペ・クルス主演の「ボルベール」なんですけども、

これはなんとも説明の難しい映画…と言いますか。



ちょっと捕らえどころのないストーリーで、

事前知識0で観た自分にとっては先の展開が全く読めない、


「…んっ、あっ…も、ちょ…どっち方向で進めたいねん!?(;´д`)」


みたいな。


そんな印象の映画でした。




最初は、なんかこう家族の日常を描いたヒューマン・ドラマ的な、

そんな内容なのかなと思いきや、いきなり娘が父親を殺害…!


おお、なるほど!こっからサスペンスへと発展していくわけね!

っと前のめりになった途端、いきなり死んだ母親が出てくるというファンタジー展開…!



おおぅ、なんじゃいな…!(;´д⊂)とこちらも方向転換しようとした矢先、

またまたヒューマン・サスペンス・ドラマへと原点回帰!


さらに話が進むと今度は、

ファンタジー・ヒューマン・ドラマ・ファンタジーになるじゃありませんか!(意味不明)




…まぁ、正直ここまでひどくはないんですけど、

それでも、ほんと情報0で観るとちょっと混乱してしまいましたね…(汗)



そのくらい、「こうなって行くのかな、行ってほしいな」って方向に

思うように行ってくれないので…(笑)




Vol3













個人的に、このヨーロッパ方面の映画でよく見られる、

”極々淡々と進む”ストーリー展開っていうのが苦手なんですよねぇ…。


展開に波のないと言いますか、敢えてなんでしょうけど波を作らない、

作ってもさほど大きくしないというような印象の映画が多いように思うんですが。



やっぱり、単純に退屈してしまいますし…(;´д⊂)



ラストに衝撃の事実を持ってくる展開に映画のをかけてるんでしょうけども、

そこにたどり着くまでに物語自体に飽きてしまってる場合が多々あるので…。


その辺の、せっかくのオチも前フリが長すぎるせいで楽しめないという、

そんな映画をいくつか観たような記憶があるのですが。




結論から言ってしまうと、この映画もそんな映画でした



ペネロペとその(写真左)、(真ん中)、

そして死んだはずの母と近所に住む幼馴染?の女性



この5人の女性がそれぞれの”隠された秘密”を胸に秘め、

そして、それぞれがお互いの人生と密接に絡み合いながら生きていく…というような。



観終わった後の今となってはこんな映画だったなと言えるんですが、

リアルタイムで観てる時はその辺がわかんないじゃないですか。




Vol4













やっぱり、最初はサスペンスだと思ったんですよ。



序盤…ですかね、

このペネロペの娘が父親に襲われて衝動的に殺害してしまう。



それを知ったペネロペは、

「殺したのは私よ、あなたはやってない、私に全部任せなさい。」

みたいな感じで娘をかばおうとするわけです。



さぁ、きたきた、これねぇ。


迫う刑事、逃げるペネロペ



どう考えてもこの後の展開はこうなると思いますよ。


誰がこの後、死んだ母親が車のトランクから「出して!」って呼んでくると思いますか。



で、この死体を隠さないといけないわけで、

その隠し場所として、ご近所の知り合いのレストランのオーナーが、

店を売りに出すんだけど、ちょっと遠出するから鍵を預かって…と来ました。



そこでペネロペは、これは好都合とばかりに、

このレストランの業務用冷凍庫のようなものに死体を隠すわけですね。



そして、その死体を隠している最中、ふと背後にの気配が…!




「何してるのよ!入らないで!」問い詰めるペネロペ。


「あ、いや、近くで映画の撮影をしてるんだけど、明日のランチを頼めないかな…?」



どうやらただの客のようだ。


(ふぅ、見られてないようね…)安心するペネロペ。



そして、しばらくしておもむろにペネロペは…、



「………いいわよ、30人分ね?明日の4時ごろでいいかしら。」




…………



…………




レストラン……死体……処分……ランチ……30人分……





か…かはぁ…ま、まさかペネロペペ…(;;;´д`)ヒィィィ…





いや、このタイミングでこの展開は、こうなりますよ、絶対…(笑)





─ 市場で何か考えを巡らしながら野菜を買うペネロペ。




「…そのトマト4kgちょうだい。」




そ…そのトマトトっと…アレをアエて…(;;;´д`)ヒィィイイ…





─ 買い物の帰り、すれ違った友人に…




を買ったの!?その売ってくれない!?どうしても必要なのよ!?」




そ…その肉にアレレを混ぜて……

何対何の割合で………(;;;;´д`)ヒヒィィィィィン…




もう、イチイチガクブルですよ。



まさか、そんなサイコサスペンスな展開になるとは思ってないじゃないですか、

こっちも…。



”映画の日”って…、1000円でこんなに客入れてしまっていいんかい…と。





そして、30分後……





………。(  ´_ゝ`)




すっかり素に戻ってましたね、自分。




ええ、普通にレストランで30人にランチ振舞ってました、ペネロペさん




Vol5













断ればいいじゃない



そんなあなた、死体を隠してこれからどうしようって時に、

別に自分のレストランでもない、

ましてや30人分ものご飯作ってる場合じゃないでしょ…と(爆)



で、もっと驚きなのが、

このあと死体とか殺害した事とか、かな~りの間ほったらかしなんですよ(爆)



いや~、いくらなんでも無理がありすぎると思うんですけど…

この状況で”淡々とした何もない日常”にするには…(笑)




…まぁ、こんな感じでですね、

ヒューマン・ドラマにしたいのかサスペンスにしたいのか…、

この辺が凄く曖昧な作りだった為に、混乱中途半端さがちょっと気になりましたね。



恐らくヒューマンの方が前にくるんでしょうけど、

もう、それならあの父親殺害はいらなかったんじゃないかと思うんですけどねぇ。



絶対気になりますもん、そんなもん入れられてほっとかれても…(笑)




で、まぁラストについてもちょっと言いたい事があったんですけど、

また長くなりそうなんで割愛させていただきますが、

でも、この↑の死んだはずのお母さんの描き方についてだけ。



ラストの展開というか、”衝撃の真実”まではまぁいいんですよ、

それなりに衝撃的な内容でしたし。


でも、どうもなんかこのお母さんを、

凄く”良いお母さん像”的な感じで最後描いてたのがしっくり来なかったんですね。



ぶっちゃけ二人殺してますからね。



しかも結局自首もせずに、

自分の妹の看病というのを言い訳にしてなんだかんだと。



この二人というのが、ダンナとその浮気相手(ペネロペの幼馴染?の母親)なんですが

このダンナを殺したいと思う気持ちはわからなくもないんですよ。


これはこの映画のオチとも言うべき”衝撃の事実”に関わってくるんですけども、

母親として、そしてとしてこう思うのも言わば仕方のない事でしょう。



でも、浮気相手はただの浮気相手でしかないのでねぇ、

いくら憎いといっても殺していいって事にはならないでしょうから。



で、その殺した浮気相手の娘にも平然と会って、またその病気の看病を…みたいな。



それでなんか、「苦労したわね、お母さん…(泣)」的な終わり方されても…ねぇ(´д`)

ちょっとこの部分が納得いきませんでした、個人的には。




あと、そうそう、結局ペネロペのダンナの件も、

冷凍庫ごと川のほとりに穴を掘ってそこに埋めて隠すんですが、

そこにラスト周辺になって娘と共にやってくるんですよ、ペネロペが。



で、そこで、



「あの人(殺されたダンナ)、いつもこの川に来たいって言ってたから…。」(ペネロペ)



「お父さん、ここに埋められて幸せだと思う…(泣)」(娘)




いやいやいやいやいや、お前ら…(笑)





…ま、とりあえず、そんな感じでございました「ボルベール」。

3個で…!





…実は、シネ・フロントという所へは初めて行って…ちょっと遠かったんですけど、

まぁ、色んな劇場に行ってみるのも面白いなということで、

また違う劇場へも足を運んでみたいなと思う今日この頃でございます_(._.)_




…でも、池袋くらいがちょうどいいわ、ネリマーには(´д`)




|

« 舞妓Haaaan!!! [映画] | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド [映画] »

コメント

はじめまして。
ツッコミどころが結構似ていて、TBさせていただきました。
ちょっと「どうなのよそれ?」なトコロが多めでしたよね(笑)
これからもよろしくお願いします。

投稿: Kitty | 2007年7月 8日 (日) 17時40分

kittyさん、はじめまして、ありがとうございます!

先ほどKittyさんのブログ拝見させていただきました。
ほんとだ…(笑)ほとんど同じ感想のようですね(笑)

いやぁ、肉のクダリ…自分だけがこんな事考えてたんじゃないことがわかって、ちょっと安心しました(爆)というか絶対そう思いますよね、あのシーンは(´・ω・`)

こちらこそよろしくお願いします、またお邪魔させていただきますー_(._.)_

投稿: Sur | 2007年7月 8日 (日) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7008601

この記事へのトラックバック一覧です: ボルベール<帰郷> [映画]:

» ボルベール -帰郷- / Volver [我想一個人映画美的女人blog]
ずーっと楽しみにしてた、 ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/} 『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演2度目となる{/shootingstar/} この二人の相性ばっちりなんだよね。 アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど 前作、ガエルくん主演の『バッド・エデュケーション』がいちばん{/fuki_suki/} 毎度毎度、女性の心情をうまく捉えてるのには驚かされる。 それと、スペインの情熱を思わせる鮮やかな色彩美{/hikari_pi... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 00時54分

» ★★ 『ボルベール〈帰郷〉』 [映画の感想文日記]
2006年。El Deseo S.A/etc. VOLVER. ペドロ・アルモドバル監督・脚本。 ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、その他出演。  今年の劇場公開作品はこの作品だけでもう十分満ち足りた、と思った。... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 01時03分

» 『ボルベール<帰郷>』を試写会で。 [TATSUYAのシネマコンプレックス]
娘は母に、母は娘に帰郷する。  嫌いな梅雨入りに体調不良。あまり乗り気ではなかった試写会でしたが、観て良かったと思える映画。特に女性の方には、必見のお薦め映画であります。  監督は『トーク・トゥ・ハー』... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 07時40分

» いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』 [水曜日のシネマ日記]
スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 12時43分

» 映画「ボルベール <帰郷>」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ボルベール <帰郷>」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 21時58分

» 映画「ボルベール <帰郷>」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年47本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督作品。郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 22時28分

» 「ボルベール<帰郷>」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ボルベール<帰郷>」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアヴェ、他 *監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 感想・評価・批..... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 04時56分

» ボルベール <帰郷> [八ちゃんの日常空間]
Volver 156[[TOHOシネマズ市川コルトンプラザ/SC4/SRD] 公式サイト 『女たち、流した血から、花咲かす。』 こんなに面白いと思ったヨーロッパ映画は久々! いよいよ始まります、ボルベール。GAGAだから早くから予告編流していたし、TOHOシネマズだから否応なくと....... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 00時46分

» 映画 ボルベール<帰郷> [映画DVD情報ナビ]
映画 ボルベール<帰郷>は、カンヌ映画祭で 最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、 各映画賞を総なめの珠玉のヒューマンドラマ。 母として、娘としてのままならない人生を たくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 02時33分

» ボルベール<帰郷> 78点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
八仙飯店之人肉饅頭 公式サイト 『バチ当たり修道院の最期』『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『オール・アバウト・マイ・マザー』など、コメディから感動ドラマまで、同性愛者の視点で"女性"を描き続ける、ペドロ・アルモドバルの最新作。 主人公(ペネロペ・クルス)の....... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 08時04分

» ボルベール〈帰郷〉 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ぺネロぺって綺麗よねぇ〜ちょっと魔性の香りがして魅力的【story】失業中の夫の分まで働くライムンダ(ぺネロぺ・クルス)。彼女の留守中に、夫が15才の娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は父親を刺し殺してしまう。娘を守る為に、ライムンダは必死に事件の隠匿を図るが、その最中に「故郷の伯母が死んだ」と知らせが入る。一方、伯母の葬儀のために帰郷したライムンダの姉ソーラは、数年前に火事で死んだはずの母の亡霊を見た・・・という噂を聞く―        監督・脚本 : ペドロ・アルモドバル         第79回... [続きを読む]

受信: 2007年7月 5日 (木) 10時55分

» ボルベール帰郷 @試写会 [シュフのきまぐれシネマ]
? ボルベール帰郷  6/21(木)@東商ホール 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ 他 配給:GAGA 情熱的な赤をメインにした毒々しいまでのカラフルな色遣い... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 15時11分

» ボルベール<帰郷> [観劇★感激★カンゲ記]
公式サイト→コチラ 今までこのアルモバドル監督の作品って、ミニシアターだったよね。オール・アバウト・マイ・マザーとかさ。 今回はカンヌで主演女優賞を受賞したからかなのか、珍しくシネコンなんぞで上映。 でもやっぱりミニシアター向きな感じです。 すごーく重いストーリーだけど、時々笑っちゃうシーンがはさまるのが面白いかも。 ペネロネ・クルスがいわゆる「名前が知れてるスター」だけど、一人だけ目立つことなくこのスペインの女優さんたちにしっかりなじんでてgood! ストーリーは、... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 17時36分

» ボルベール <帰郷> [八ちゃんの日常空間]
Volver 156[TOHOシネマズ市川コルトンプラザ/SC4/SRD] 公式サイト 『女たち、流した血から、花咲かす。』 こんなに面白いと思ったヨーロッパ映画は久々! いよいよ始まります、ボルベール。GAGAだから早くから予告編流していたし、TOHOシネマズだから否応なくとも...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 21時57分

» 「ボルベール」の「ペネロペ・クルズ」の女力に脱帽!! [げまてれ]
『ボルベール帰郷』~公開記念トークショー~ 7/7(土)13:40の回の上演後と [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 17時54分

» ボルベール<帰郷>−(映画:2007年75本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアベ 評価:93点 公式サイト (ネタバレあります) いつの時代も男は馬鹿で弱くてもろく、女は逞しく....... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 23時29分

» アルモドバル まだまだアート系 [映画コンサルタント日記]
「ボルベール 帰郷」オープニング土日興収1884万円。同映画会社/同規模/同ター [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 00時36分

» ボルベール(帰郷)を観ました。 [My Favorite Things]
妖艶な雰囲気がありながら、どこか少女っぽいライムンダを演じ、ペネロペはカンヌで最優秀女優賞を受賞。 [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 14時59分

» ★「ボルベール <帰郷>」 [ひらりん的映画ブログ]
今週公開作・・・普通なら、「ダイハード4.0」か「シュレック3」を見るところなんだけど・・・ 「ダイハード〜」は先週の先行で見ちゃったし・・・ なんたって、今作はペネちゃん(ペネロペ・クルス)主演だし・・・ という事で、いつも夜は空いてる「TOHOシネマズ川崎」で鑑賞。... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 03時33分

» ボルベール<帰郷> [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『ママ、話したいことが ヤマほどあるの。』  コチラの「ボルベール<帰郷>」は、6/30に公開になる"巨匠アルモドバル監督の、原点にして最高傑作"であり、"故郷ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲「VOLVER」にのせて贈る、哀しくも可笑しい女たちの人生賛歌――。"....... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 10時15分

« 舞妓Haaaan!!! [映画] | トップページ | ラストキング・オブ・スコットランド [映画] »