« レミーのおいしいレストラン [映画] | トップページ | 河童のクゥと夏休み [映画] »

2007年7月29日 (日)

インランド・エンパイア [映画]

In4☆☆☆☆☆☆☆☆☆

http://www.inlandempire.jp/index_yin.html (インランド・エンパイア 公式サイト)



「インランド・エンパイア」

恵比寿・ガーデンシネマにて観てまいりました。




恐るべし、デヴィッド・リンチ…。




何これ…。



やだ、何これ……。




もう、全然意味がわからないんですよ…。


この映画…。




いや、これはもうわからないというより、そもそも意味がないんじゃないかと…。




え、いやでも、待てよ…。


ああ、そうか…あそこはこうだから……

なるほどなるほど…あ……ああ!?




もう、全然意味がわからないんですよ…。




といっても、この映画をご覧になってない方には、

それこそ自分の言っている事の方が意味がわからないと思うんですが…。



…でも、ひょっとしてこれって、自分の思い違いだったのかな……?


…そんな、意味がわからないなんて、そんな事あるはずがないですよね…(笑)



…ちょっと、もう一回観てきますね。




…………



…………



…………




もう、全然意味がわからないんですよ…。




In_1















”主演の2人が撮影中にされたので未完になったという、

いわく付きのポーランド映画『47』のリメイク『暗い明日の空の上で』の製作が決まり、

キングスリー・スチュワート監督は助監督にフレディー・ハワードを雇い、

ニッキー・グレ…って、も、こんなのどうでもいいんですよ!



馬鹿馬鹿しい…。



こんなの説明したって意味が無いんですよ…!



この通りにストーリーが進むのならまだ説明し甲斐もありますが、

こんなあらすじなんて10分もすれば意味をなさなくなってるんですよ…!



だから、意味ないんですよ、こんなの…。



じゃ、一体自分は今回何を書けばいいんですか…。



さっきから意味がわからないとしか書いてないじゃないですか…。



どうすればいいんですか、これ…。





ええ~…、デヴィッド・リンチ作品は今回初めて観ました…。



映画紹介サイトとか見てたらなんか、

”鬼才デヴィッド・リンチ監督の最新作ついに公開!”

みたいに書かれていたんで、ちょっと観てみたくなったんですね…。



それで観に行ったんですけど…。



ちょっと、時間より早く着いてしまったんで、

お昼と時間潰しも兼ねてマクドナルドに入ったんですよ…。




メガマック……メガマックバリューセットで…はい…。



………



コーラで…はい。



………




そして、ふと横に目をやると、前にもこの店には来たんですけど、

この前座ってた席のあるフロアがなんか改装工事中みたいになってたんですよ…。



あれ、座るとこあるかな、と一瞬思ったんですが、奥の席が空いてました…。


凄く込んでいたのでちょっとホッとしましたね…。



でも、どこを改装するんだろ…?



まぁ、こちらとしては、より広く、より食べやすくなってくれれば嬉しいんですけど…。



そういう意味では、凄く感情移入できる改装工事でしたね…。




ってこれ、マクドのレビューじゃないですか…。



マクドをレビューしてどうするんですか…。



しかも、なんで自分がマクドの改装工事に感情移入しないとだめなんですか…。



もう、ほんと、意味がわからない…。




なんかすみませんね、意味もわかってないのにレビューなんか書いちゃって…。




In6_1















いやもう、これは凄いですね。


もう、ほんと意味がわからないとしか書き様がないんですよ…(笑)



↑にあらすじなんかもちょこっと書きましたけど、

そういうものがほとんど意味をなさないほどストーリーに一貫性が無い。



というか、そもそもストーリーと呼べるものがハナから無い。



シーンとシーンの間に繋がりがないばかりか、

台詞一つ一つとっても前後の話となんら関係性が無い。



映画が始まって終わりまでずっとこんな調子なんですよ…。



しかも、これを3時間ですよ、3時間…!(爆)



冗談抜きで発狂寸前でしたね…(爆)




で、もう、ほんと拷問に近いほどきつかったので、もう、いいから劇場を出ようと…。


家に帰ろうと…。


もう、すいません…家に帰らせて下さいと…。


浮付いた気持ちで観に来てすみませんでしたと…。



そう何度も思ったんです。



でも、列のど真ん中の席に座ってしまった為にですね…。


その願いもかなわず…。



いや、これはもう、生半可な気持ちで観に行くと痛い目に遭いますよ…(笑)


いやほんと、痛い目に遭いますよ…(笑)




で、余りにも意味が分からなかったのでですね、

家に帰ってから、何かしらの解釈を得たいという、半ばすがるような想いで

公式サイトをはじめとするサイト郡に救いを求めたわけですが…。



そこで自分が見たものはというと、

そう、まさに鬼才デヴィッド・リンチ恐るべし…という…。




全体の脚本を書かないまま、

ロサンゼルスで、ポーランドで、その都度、好きなシーンの脚本を書き、

それを撮っては、撮影中に浮かんだアイディアを次々に撮る──


その繰り返しで、3時間の大作になった”





いや、そんなん公開するのやめてくれよ…。


家で友達と観ててくれよ…。




こういう結論に至りました…。



そんなもん、赤の他人が観たってワケが分かるわけないじゃない…(;´д⊂)



いや、もう、ほんとやりたい放題ですよねぇ…。



でも、まぁ、これが許されるというところに、

このデヴィッド・リンチという人の凄さがあるのかも知れませんが…。



というか、本当に許されてるんでしょうか、これ…(笑)




…しかし、まぁ、これだけ自分が”意味がわからない”と声高に叫んでみても、

これを読んで下さっている方にはイマイチ伝わってないんでしょうね…(;´д⊂)



自分が物語を理解してないだけなんじゃないの?…みたいな…。



そこがちょっと悔しいというか、もどかしいというか…(;´д⊂)


いや、もう、完全に負けですね、今回ばかりは…(;´д⊂)




あ、裕木奈江さん、出てましたね。



なんかの映画に出るっていう情報だけは得ていたんですが、

この映画だとは思ってなかったので、急に出てきた時はちょっと驚いたんですが…(笑)



んん~まぁでも、正直チョイ役だったのは否めませんし、

英語の方も素人目にも上手だとは思えなかったんですが、

それでも10分くらいの出番中、ほとんどアップでの出演でもあったんで、

これが何かに繋がればいいなぁ、なんて思ったんですけどね。



あとで年齢を知って驚いたんですが、36歳!にはとても見えませんでしたし、

これからも、まだまだチャンスはたくさんあると思いますのでね。



同じ日本人として是非頑張ってほしいですし、応援もしていきたいと思いますです_(._.)_





…そんなわけで、今回は自分でも何を書いているのかよくわからない…。


そんなレブーとなってしまいましたが。



でも、そういう映画なんでねぇ、こればっかりは仕方がないですよね…(笑)



ご意見がお有りの方は、是非デヴィッド・リンチさんの方へ直接お願いします(´д`)




というわけで、「インランド・エンパイア」

1個で…!





…次回はですね、これと同じ日に観た、

ドキュメンタリー映画「TOKKO-特攻-」について書きたいなと思う所存であります。


こちらも、ん~、中々興味深い内容でしたねぇ。


でも、早く書かないと内容を忘れてしまいそうなので、急がねば…(汗)



それでは、またその時まで(´・ω・`)ノ


アテブレーデ、オブリガード(´・ω・`)ノシ




|

« レミーのおいしいレストラン [映画] | トップページ | 河童のクゥと夏休み [映画] »

コメント

こんばんは。TBどうもです。
リンチワールドは初めてでしたか・・・今回は自分の世界に完全に入っちゃってるような気がしますよ。でも、賞とか取ってるんですよね~。審査員がホントに分かってるのかしら?と疑いたくなります。

投稿: カオリ | 2007年7月30日 (月) 00時49分

カオリさん、どうもです~!
こちらこそ、ありがとうございます!

初めてでした、リンチワールド(汗)あれは、もう完全に自己満足でおわっちゃってますよね(汗)
しかも、これで賞とってるんですか…。
いやもう、審査員も意味も分からず、デヴィッド・リンチだから的な事だと思いますよね…。
だいたい、意味がわかったところで、そんなに面白いストーリーだとも思えないし…(爆)

だから、ああやってごまかしてるのかな…(´д`)

投稿: Sur | 2007年7月30日 (月) 06時57分

Surさん おはようございま~す♪
あらぁ、Surさん 地雷踏んじゃった?
拷問に近いものを感じましたよ~。
これは辛いわぁ~。
でもSurさんのレブーが、もっすごい私にはツボでした!!!
朝から大笑いしちゃいました。
そっか、裕木奈江さん出てたんですねぇ。
それとSurさん、マクドの改装工事のほうが感情移入できたのですねぇ。
分かります!

投稿: なぎさ | 2007年7月30日 (月) 09時15分

なぎささん~~どうも~~です~~!

>マクドの改装工事
分かってくれましたか!(いやいや)

地雷…踏んじゃいましたねぇ(爆)
でも、デヴィッド・リンチマニアの方に言わせると、自ら”地雷原”に遊びに来ておいて、それで”地雷”を踏んで文句を言う方がおかしい、と。
どうやら、こういう事みたいです…(笑)
そういう覚悟のいる映画だったようで…。

ほんと、自らの映画に対する考えの甘さを思い知らされた…そんな作品でしたね。

>大笑い
ほんと、こういう言葉を頂けると、わざわざ地雷を踏みにいった甲斐もあったかな、と。救われる想いです…(笑)

本当にありがとうございます(泣)

投稿: Sur | 2007年7月30日 (月) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/7321085

この記事へのトラックバック一覧です: インランド・エンパイア [映画]:

» インランド・エンパイア / INLAND EMPIRE [我想一個人映画美的女人blog]
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} デヴィッド・リンチの映画の魅力のひとつは不可解さ。不思議さ。と昨日書いたばかりですが。。。 早速観てきました♪ 2002年に『マルホランド・ドライブ』が日本で上映されてから5年ぶりのリンチの新作ということで、 もうコレ、わたしの中で今年一番... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 00時23分

» インランド・エンパイア(06・米) [no movie no life]
デヴィッド・リンチ監督の「内なる帝国」、降臨。 女優ニッキー(ローラ・ダーン)は、ポーランド映画「47」のリメイク「暗い明日の空の上で」の主演スーザン役で再起を目指そうとしていた。しかし、共演するビリー役のデヴォン(ジャスティン・セロー)と実生活においても不倫... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 00時48分

» インランド・エンパイア\Inland Empire\ [映画と読書の感想ブログ]
悪夢を見ると、おそらく余りの恐怖に心からの叫び声を上げ、そのことで目が覚めることが多いと思います。 何者かに追われ、襲われ、得体の知れない恐怖に動揺して目が覚める。悪夢は目が覚めることで救われるのですが、その悪夢が覚めなかったら・・・それを敢えて映像にしたのがこの作品「インランド・エンパイア」です。 終わりの無い悪夢を作り出すために、おそらくリンチの内面で湧き上がってきたであろういくつもの独立した悪夢、恐怖、イメージを敢えて不条理、不合理につなぎ合せ、劇中劇と妄想、幻覚とを交錯させ、同一人物... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 16時51分

» 映画「インランド・エンパイア」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「インランド・エンパイア」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007年8月 3日 (金) 10時10分

« レミーのおいしいレストラン [映画] | トップページ | 河童のクゥと夏休み [映画] »