« 憑神 [映画] | トップページ | 舞妓Haaaan!!! [映画] »

2007年6月28日 (木)

キサラギ [映画]

Ks

★★★★★★★★★

http://www.kisaragi-movie.com/ (キサラギ 公式サイト)



「キサラギ」

シネ・リーブル池袋で観てまいりました。




いやぁ、面白いなぁ~~、これは



”脚本の妙”とでも言いますか。

久々に面白い日本映画を観たなぁと、ちょっと感激してしまいましたね。



小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄、香川照之



この5人が織り成す”笑い””サスペンス”、そして”感動”に魅せられて、

2時間あっという間に過ぎてしまいました!




Ks3













”自殺したアイドル“如月(キサラギ)ミキ”の一周忌に、

とあるビルの一室に集まった5人の男たち。


思い出話が次第にヒートアップしていき、そして誰かが呟いた――

「彼女は殺されたんだ」


この発言が引き金になり、怒涛の議論、二転三転する推理。


果たして彼らは真相にたどり着けるのか!?”




最初はただの”アイドルオタク5人の集い”のはずだったんです。


しかし、それが”オダ・ユージ”(ユースケ・サンタマリ)の一言で状況は一変…、

あれよあれよという間に出てくる出てくる、この5人の本当の正体



で、その”事件”の真相に迫る為にそれぞれがそれぞれを疑っていく過程が、

サスペンスでもありコメディでもあるんですね。


そこの配分が実に絶妙で、そして実に面白い!



ほんと、これは脚本の勝利だなと。

つくづく思い知らされる作品ですね。




Ks2_1













この映画の関連のサイトで見た言葉ですが、

ワンシチュエーション・サスペンス・ムービーって言うんですか、こういうのは。



元々、舞台用に書いた脚本だということですが、

それもうなずけるシチュエーションで、終始この一部屋での展開となります。



で、これも公式サイトで読んだんですが、

そのシチュエーションでも飽きさせない、そしてその雰囲気を壊さないために、

時折入る回想シーンではコマギレの画(CG)での演出となったんだそうで。



うーん、これも良かったですねぇ。



まさにその監督の思惑通りの効果を得られたんじゃないかと思うんですが、

単純に画的にも面白いし、物語の肝となる”密室感”も損なわれなずに

その前後の展開にも違和感を感じることなく最後まで観れるという。



単に脚本だけが良いというのではなくて、

その”監督のこだわり”というものも随所に垣間見れて、

映画としての完成度という点でも非常に高いものがあるんじゃないかと思いました。




Ks5_1













で、個人的に非常に良かったなあと思った点はラスト



(注:思いっきりネタばれ含みます)



小栗旬さん演じる”家元”



この家元が、

本来、この会で一番”如月ミキ”について詳しく”主役”となるはずだった自分が、

実は他の4人にはそれぞれ”如月ミキ”との密接な関係があり、

自分だけがただの一ファンで”遠い存在”だったと思い知ることになる。



しかし、その”如月ミキ”が事件当日にとった行動…。



自分の部屋が全焼するほどの燃え盛る炎に包まれる中、

外へ逃げ出すには不自然な場所、物置部屋で”如月ミキ”の遺体は発見される。



何故、”何もないはず”の物置部屋へ”如月ミキ”は向ったのか?



実はそこには、家元が熱心に”如月ミキ”へしたためた、

200通にものぼるファンレターが置かれていた。



”如月ミキ”から家元へのファンレターの返事にも書かれていた、

「わたしにとってはよりも大事な宝物です。」という言葉は偽りではなく、

まさに命をかけて、このファンレターを炎から守るため持ち出そうとした。



そして、”一番遠い存在”だったずの家元が、

実は誰よりも、D級アイドルである”如月ミキ”を励まし元気づけていた…、

彼こそが、”如月ミキ”にとって”最も大切な存在”だったことが判明する……と。




この一発!



それまでの”笑い・サスペンス”な展開から、

このたった一発感動へと持っていくこの素晴らしさ!



ここですねぇ~~~。



いや、ここはもう、ほんと素直に感動してしまって、

ミキちゃん……!!(´;_ゝ;`)

ってなってしまいましたもの…。(ううん、別に気持ち悪くなんかないですよ)



ねぇ、これもう。

やられてしまいましたねぇ。




まぁ、そんなことで、個人的にはかなり完璧に近い作品だったんですけども、

でも、最後のエンドロール前後のクダリ。


あそこだけがねぇ、ちょっと違う展開の方がよかったなぁと。



エンドロールで”如月ミキ”の歌が流れて…というところまではよかったんですが、

そこで出てきた”如月ミキ”がなんかイメージと違うというか…(笑)



作中では”遅れてきた清純派”とかいうキャッチコピーだったと思うんですが、

実際出てきた”如月ミキ”はただの”天然娘”みたいな。


そんな感じだったんですね。



なので、ラストの家元とのエピソードでのイメージも考慮して、

本当の”清純派”というか真面目そう~な、

それこそグラビアアイドルなんか向いてないという感じの娘で、

でも、歌はものっすごい音痴で。



で、それが本当のエンドロールになって、そのまま閉幕と。



そういう感じの方が最後まで”笑い”と”感動”に繋がって良かったんじゃないかなと、

あくまで個人的になんですが思いました。



ん~ま、それは抜きにしてもかなり満足度は高い作品だと思いますので、

まだ観てない方は、是非是非ご覧になってはいかがでしょうか!




というところで、「キサラギ」9個で!!




で、ちなみにこちらも公式サイトでさっき知ったんですが、

この映画、練馬区大泉東映撮影所で撮ってたんですねぇ~。


なにげに自分、大泉在住な者でちょっとビックリしたというか(´・ω・`)



あそこに、この5人が来てたのか…(´・ω・`)ナルホド




|

« 憑神 [映画] | トップページ | 舞妓Haaaan!!! [映画] »

コメント

TBどうもです!大泉在住なんですかー。私も練馬区なんで結構近いんですよ。
この作品、ホント面白かったですね。舞台で見るとさらに違う面白さがあるんだろうな・・・

投稿: カオリ | 2007年6月30日 (土) 16時26分

カオリさん、はじめまして、こちらこそありがとうございます~。

おお、同じ練馬区民の方とは!ご近所さん(勝手に限定)のよしみで何卒これからもよろしくお願いします_(._.)_

ほんと良作でしたね、この映画は。舞台だと本当のワンシチュエーションになるだろうから、その辺も興味ありますねぇ。できれば、この5人で見てみたいところですけど、スケジュール的には厳しいんだろうな…(´・ω・`)

投稿: Sur | 2007年6月30日 (土) 23時22分

Surさん こちらへも失礼します!
Surさんが帰ってこられたらTB&コメにお邪魔しようと思ってた作品だったんですが、TBは未送信になってしまいました・・・残念。

"小栗熱"にうかされてDVDを買ってしまいましたが、これは買って正解だったなぁと思いました!

基本的にこういうタイプのストーリーが好きです。
くっだらないことをチマチマと突付き合うというか・・・昔、観た三谷幸喜さんの『12人の優しい日本人』にも似た面白さがありました。

製作費も少なく押さえられたであろう本作。
なのにこんなに面白い作品ってできるんですねぇ♪

Surさん、この撮影所からお近くにお住まいなんですねぇ。
近くまで小栗クンが来てたんですね!!!
うううぅわぁ羨ましい~(人´▽`)

投稿: なぎさ | 2008年1月16日 (水) 15時41分

なぎささん、こちらにもありがとうございますー!_(._.)_
ありゃりゃ、TBがおかしな事になってましたか(汗)
なんだろ、誠にすいませんです…(汗)

うん、これはもう、素直に面白いですよねぇ。
「12人の優しい日本人」は観た事ないんですが、
三谷さんの作品に近いものがあるというのは、なんとなく分かります(笑)
まさに、”舞台”って感じの展開というか、ですよねぇ。

>撮影所
そうなんですよ、東映の撮影所があって、
で、その横に映画館があるんですが、
三分の一くらいはそこに観に行ってるんですね。
だから、そんなとこでこれを撮ったのかぁと自分もちょっとびっくりしまして…(笑)

いやぁ、自分も会いたかったなぁ、小栗さん(´д`)
なんかちょっと仲良くなって、
一緒にご飯でも食べにいけてたりしたかも♪(´д`)(ないない)

投稿: Sur | 2008年1月16日 (水) 23時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/6952880

この記事へのトラックバック一覧です: キサラギ [映画]:

» キサラギ 84点(100点満点中)07-160 [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
「お前らどいつもこいつも、B級俳優、C級コピーライター!」 公式サイト 自殺したアイドルの1周忌イベントで起こった、1室内での1日の出来事を描いた、『ALWAYS 三丁目の夕日』の古沢良太:脚本、『シムソンズ』の佐藤祐市:監督による、ワンシチュエーション・ミステリ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 00時19分

» キサラギ [そーれりぽーと]
予告編を観た印象「なんて面白いキャスティングw」 何故か単館での上映がメインなのに、ホームスターとコラボって限定機種発売? 何なのこの映画、狙いがさっぱりわからないけど、でもなんだか面白そう。 久しぶりに前売り券を買ってまで楽しみにしていた『キサラギ』を観てきました。 ★★★★★ 昨日は勢いでおバカ映画『舞妓 Haaaan!!!』に★4個半付けたけど、『キサラギ』は同じ★4個半でもレベルが違う感じ。 断然上を行くので『舞妓…』の★を減らそうか検討中w とあるビルの一室を舞台に繰り広げられる、笑い... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 00時47分

» 『キサラギ』 [唐揚げ大好き!]
  『キサラギ』   自殺したアイドル、     如月ミキの一周忌   男、5人 この部屋で事件は起こる――   結構前評判が高かったんで楽しみにしていました。 いやぁ~♪、高いなんてもんじゃない・・・。 この映画、凄いわ!! 面白すぎだ。   良く出... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 04時46分

» キサラギ [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2007年 製作国 日本 上映時間 108分 監督 佐藤祐市 原作・脚本 古沢良太 音楽 佐藤直紀 出演 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之、宍戸錠 解説: 自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、彼女の死の真相につい....... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 05時31分

» ★ 『キサラギ』 [映画の感想文日記]
2007年。キサラギ・フィルム・パートナーズ。   佐藤祐市監督。古沢良太原作・脚本。  『隣人13号』や『オトシモノ』などでの好演でひそかに応援していた小栗旬がついに主役となった作品。『あずみ』では出てきてすぐ殺... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 05時32分

» 如月ミキ キサラギ [如月ミキ]
映画「キサラギ」は、焼身自殺という謎の死を遂げた清純派アイドル如月ミキの一周忌追悼を掲げワンフを自称する5人がオフ会を催すというストーリーです。キサラギで5人のオタクを演じたのは小栗旬、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、塚地武雅、そして香川照之。それぞれが家元、スネーク、オダ・ユージ、安男、いちご娘という役柄をキサラギで演じました。彼ら全員に共通するのが謎の焼身自殺を遂げたア�... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 09時54分

» 映画 【キサラギ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「キサラギ」 『ALWAYS 三丁目の夕日』の古沢良太の脚本を、『シムソンズ』の佐藤祐市監督が演出した密室会話劇。 おはなし:売れないグラビアアイドル如月ミキが自・殺して一年。彼女のファンサイトの常連5人の男が追悼会に集まる。思い出話で盛り上がるはずだったが、「彼女は殺された」という言葉を引き金に事態は思わぬ展開になっていく。 ファンサイトに集まる常連がたった5人とは、どんだけ売れないアイドルだったのか・・・ということはさておき、アイドル誕生時から見守り育てていくのがファンの醍醐味... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 19時23分

» 『キサラギ』 [となりのケイコさん]
楽しみにしてました!キサラギ アイドル如月ミキが自殺をして1年。 彼女の一周忌追悼会に5人のヲタクが集まった。 それぞれファンサイトで知り合い、今日が初めての対面。 彼女の思い出話で盛り上がったのもつかの間、ある男が言った。 「彼女は自殺ではなく、殺されたんだ。」 これをきっかけに5人は彼女の死の謎を推理し始める。 自殺か他殺か。5人は答えにたどりつくのか。 日本映画では今年一番の面白さでした! 家元、安男、オダ・ユージ、スネーク、イチゴ娘。 一人一人のキャラがとにかく濃くて、言葉のかけあ... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 19時58分

» 「キサラギ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「キサラギ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之、他 *監督:佐藤祐市 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご..... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 02時32分

» キサラギ [ネタバレ映画館]
あんたのHNはなんでオダ・ユージなんだ?共演してたから?でも、嫌いなのか・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 23時18分

» キサラギ [シュフのきまぐれシネマ]
キサラギ  6/16(土)@ユナイテッドシネマ豊洲 監督:佐藤 祐市 脚本、原作:古沢良太 出演:小栗 旬/ユースケ サンタマリア/小出 恵介/塚地 武雅/香川 照之 他 配給:ショウゲート いやー なかなかどうして面白かったですわっ 私的には小栗くんの... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 23時52分

» キサラギ(07・日) [no movie no life]
観るものを、裏切り続ける面白さ。 「遅れてやってきた清純派アイドル」如月ミキの自殺から1年後の2月4日、ネット掲示板に集う5人のメンバーの家元、スネーク、安男、オダ・ユージ、イチゴ娘が追悼会を開いた。初めて顔を合わせた5人は如月ミキの自殺理由に疑問を持ち、死の真... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 16時31分

» 「キサラギ」:木場四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}なんともファンタジックな光景ね。 {/kaeru_en4/}こういう景色の中でほほえんでいる少女のイメージなんだよなあ、ミキッペって。 {/hiyo_en2/}ミキッペって、まさか映画「キサラギ」の如月ミキ? {/kaeru_en4/}そう、そう、愛しのミキッペ。 {/hiyo_en2/}あれって、架空のアイドルだし、彼女を演じていた女優もどこがいいんだか全然わからなかったわ。D級アイドルを演じてる以前に、文字通りのD級アイドル。 {/kaeru_en4/}D級アイドルかど... [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 17時28分

» キサラギ = 日本 [a day on the planet]
     自殺したアイドル、如月ミキの一周忌 男、5人、この部屋で事件は起こる── 巧み!! [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 19時52分

» 【2007-87】キサラギ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 自殺したアイドル・如月ミキの一周忌 ファンサイトで知り合った、男、5人 この部屋で事件は起こる・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月30日 (土) 23時57分

» 「キサラギ」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
おもしろい!100点!! 2007年度、ぢもってぃランキングの1位です、今日現在! サイコー!もう1回、いや、2回は観たい! シチュエーションコメディは、脚本命になるわけですけど、 だから、言葉で攻めて攻めて攻めなくてはいけません。 しかし言葉数だけが多いと、普段、テレビで観るユースケ・サンタマリア状態になるわけですが、 バランス良いセリフのやりとりで、 身構えることなく、謎解きと笑いになじめます。 今作では、ユースケはシリアス演技で抑えている分、 若手の小栗旬と小出恵介がイっちゃってます。 彼... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 02時26分

» キサラギ [八ちゃんの日常空間]
肝心の如月ハニー、違った如月ミキは、回想シーンだけ出てくるのかと思ったら、予告編のように最後まで出てきません。はぐらかされるような感じで、はっきりとは出てこないんですよ。そしたらラスト(エンディング)でドカ〜ンと!... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 06時11分

» 『キサラギ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『キサラギ』□監督 佐藤祐市 □原作・脚本 古沢良太□キャスト 小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之■鑑賞日 6月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) <感想> 限られたスペースの中で、胡散臭い5人の男たちが繰り広げる殺しのないサスペンス。 言葉の面白さと個性の面白さと展開の早さと狭スペースとは違う奥行きのあるストーリー展開。 いやぁ〜久しぶりに面白い、ワクワクドキドキする邦画を観た。 この映画の良さに... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 00時18分

» 5人の優しい日本人。『キサラギ』 [水曜日のシネマ日記]
自殺したアイドルの一周忌に集まった5人の男たちが、彼女の死の真相について壮絶な推理バトルを展開する密室会話劇です。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 19時42分

» キサラギ [シネ・ガラリーナ]
2007年/日本 監督/佐藤祐市 <梅田シネ・リーブルにて鑑賞> 「奴らの正体は何だ!?」 最初は少々仰々しい舞台劇風台詞回しが気になったんだけど、物語が動き始めると二転三転するストーリーにぐいぐい引き込まれた。ただ今満足感No.1の売り込みもナットクの面白さ! さて、この作品は何を言ってもネタバレになってしまい、これから見る人が読んだら面白さ半減なので、詳しく書けないのがツライところ。とにかく、5人の役者の個性が十分引き出されていたし、お互いがかぶるように、矢継ぎ早に繰り出され... [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 00時04分

» キサラギ [映画、言いたい放題!]
脚本ゼミの仲良しで作る「映画を観る会?5月場所」を決行する。 7月なのに5月場所。 なかなか皆のスケジュールが合わなかったので。 まー、決行できて良かった。(^^) 売れないアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、 ファンサイトで知り合った 家元、オダユージ、スネ... [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 03時48分

» キサラギ ★★★ [地図]
キサラギ オリジナル・サウンド・トラック 壮絶!後出しジャンケン祭 [続きを読む]

受信: 2007年7月12日 (木) 13時22分

» 【劇場映画】 キサラギ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち―家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。(goo映画より) 面白かったです♪ 舞台劇を見ているような感じで、5人の個性がそ... [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 13時12分

» キサラギ−(映画:2007年77本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:佐藤祐市 出演:小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雄、香川照之 評価:92点 公式サイト ネットでの評価が高いので、それなりに期待して観たが、十分に期待に応えてくれる面白さだった。 非常に濃いキャラ5人を一室に閉じ込めて、少々オー...... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 14時19分

» キサラギ☆★☆★5人の男と売れないアイドル??? [銅版画制作の日々]
  2月4日、売れないアイドル・如月ミキの一周忌ーーー。 ファンサイトで知り合った、5人の男。この部屋で事件は起こる???? 6月29日、京都シネマにて鑑賞。とにかく超人気の映画らしく、連日満員だ立ち見もでるくらい・・・・。小栗旬、小出恵介という若手俳優のファンも多いそうで、「わぁ〜!」「キャ〜!」と凄かったようだ。ともあれ、そういうことは別として、なかなか面白いと聞いたので・・・・・。観ることにした。 評判どおり、なかなか面白い若手俳優さんの演技も、ほんまにもんだ。どうもアイドル的な感じで... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 16時39分

» ★「キサラギ」 [ひらりん的映画ブログ]
あんまり観る気がなかったけど、 今週のナイトショウ枠で観れるものがあまりなかったので、ついつい塚地に手を出してしまった。 内容は予告編見てて、大体把握してたので、期待しないで見てきました。... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 03時25分

» 「キサラギ」 [Tokyo Sea Side]
自殺したB級アイドル如月ミキの一周忌追悼オフ会に集まったファン5人。会場となるその部屋のみで展開されるストーリー。5人(…いや4人か?笑)それぞれの正体、ミキとの関係性がどんどん暴かれていくと共にめまぐるしく展開していくストーリー。なんて事ない会話に多くの伏線が張られていて、最後にすべてが繋がってかなり気持ち良い。中盤の勢いがすごいだけに後半ちょっとだらけた印象もありましたが、それでもかなり面白かったです。びっくりするくらいよく出来た話でした☆... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 14時23分

» キサラギ 2007-38 [観たよ〜ん〜]
「キサラギ」を観てきました〜♪ あるマンションの1室、家元(小栗旬)、安男(塚地武雄)、スネーク(小出恵介)オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、いちご娘(香川照之)たちが集まってくる。男たちは、1年前に謎の自殺をしたB級アイドル如月ミキのファンサイトの常連達だった・・・如月ミキの秘蔵写真なんかを見せあい、和気藹々としたオフ会になるはずだったが、オダ・ユージが、如月ミキは他殺だったという話をし始める・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、アイドルの死の謎に迫れるかも!?... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 20時12分

» キサラギ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
いや~~~。面白かったです。最初から最後まで楽しめました。 知る人ぞ知るアイドル、如月ミキの突然の自殺から、一年になり、如月ミキを応援するサイトを運営する家元が、そこに熱心に書き込みをするコアなファン4人(オダ・ユージ、スネーク&q... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 21時05分

« 憑神 [映画] | トップページ | 舞妓Haaaan!!! [映画] »