« ゾディアック [映画] | トップページ | ラストラブ [映画] »

2007年6月20日 (水)

アポカリプト [映画]

Apo

★★★★★★★★★

http://www.apocalypto.jp/ (アポカリプト 公式サイト)



「アポカリプト」。

観て来ました!




うーん、これは、なかなかどうして、面白かったぞ!?



もう、とにっかく、グロテスク、グロテスター、グロテスタントの連続でしたけど、

”だからこそ”の面白さがあったんではないかと。



そんな風に思われます。




※結構ネタばれしてるかもしれませんので、ご注意願います_(._.)_※




Apo2_1



















”舞台はマヤ文明後期の中央アメリカのジャングル。


ジャガー・ポー(ルディ・ヤングブラッド)は、誇り高き狩猟民族の血統を受け継ぐ青年。


恐怖も争いも存在しない村で、妻や仲間たちと平和に暮らしていた彼は、

ある日”マヤ帝国”の襲撃を受け、連れ去られてしまう…”




…ところでこれ、映画の中で”マヤ文明”の話って説明あったかな…?(´・ω・`)


観てる間ずーっと、(これ、いつどこの国の話なんだろう?)って思ってたんですが、

今これを書くためにちょっと調べて、初めてマヤの話だと知りました(爆)



自分が見逃してただけなのかしら…?(´・ω・`)




まぁ、それはさておき、

このジャガー・ポーと呼ばれるロナウジーニョがですね。



ほんと、ロナウジーニョにしか見えないんですね。



でも、さっき関連のサイト見てたら、

出演者全員どっかの原住民の方かと思うほど汚かったになりきってたんですが、

この↑の人はちゃんとした役者さんで、これがまたえらい男前でビックリしました。



全編マヤ語でのストーリーという、恐らく難しい役どころなんでしょうけど、

本当、あれが演技だと思うと凄い演技力というかなんというか。



ちょっと感心してしまいますね。




Apo3_1  Apo4

Apo5_1



















で、そんなジャガーの住む村が、

突如として現れた圧倒的武力を誇る”マヤ”に攻め滅ぼされてしまいます。



ジャガーも妻と息子を井戸のような縦穴に隠し懸命に抵抗しますが、

あえなく捕らえられ捕虜に。


さらには、その妻と息子のいる穴に吊るしたロープも敵に見つかり切られてしまい、

穴の中に置き去りにされた二人。



平和だった村の全てが、一瞬にして絶望へと変わっていきます。



そして、ジャガーと生き残った者は捕虜としてマヤ本国(?)へ連れ去られ、

そこでは女は”奴隷”として売られ、男はマヤの神への”生贄”として殺される…。



で、この”生贄”と称しての村人殺害シーンがモノッ凄いグロさでまた…(;´д`)



あんまり詳しくは書きませんけども(書きたくもないので)、ちょっと凄かったですね…。

というか、このシーンだけじゃなくて映画通してそうなんですけどね…(笑)



しかし、一応R-15指定という事になってますけど、

上の年代の指定も40歳くらいまでに制限しないとお年寄りには体に悪そうな…、

と、そんな心配までしてしまうほどのなかなかの衝撃映像テンコ盛りでした。



まぁ、でも”人間の狂気”を描くという意味では、

あれくらいの映像は必要というか仕方ないのかなとも思いますけどね。




ああ、そうそう、ここに至るまでのシーンで一つ忘れてはいけないのは、

本国に連れ去られる道中での”病気の少女の予言”のシーン。



助けを乞う少女が、「病気だから近づくな」とマヤ兵士に邪険に扱われ、

映画を観てるこちらとしてもなんとも居た堪れない気持ちになった途端、

突如として”マヤ崩壊の予言”を語りだす少女。



あのシーンは個人的にかなり良いなと思ったシーンでしたねぇ。

いい意味で意表をつかれたというか。




Apo6
























そして、その”少女の予言”通り、なんとか”生贄”の危機からは脱したジャガー


しかし、そんなジャガーの前に立ちはだかるのがこの男(名前失念)



ジャガーやその他の村を滅ぼしたマヤ軍団の指揮官的立場にある男で、

”生贄”として不必要になったジャガーたち捕虜を、

”人間狩り”というお遊びともとれる方法で始末しようとする。



…って、なんなんやこの写真は(笑)

なんかえらい後光がさしてますね。



ま、狂気じみたマヤの人間の中では、

比較的知性と品格を兼ね備えた、そんな人物のようではありましたけどね。




そして、その”人間狩り”のゲームの最中、

ジャガーは”兄弟”の命を懸けた助けもあってこの男の息子を倒すことに成功!



一路、妻と息子の待つ村へと走る・走る・走る!!



果たして、ジャガーは妻と息子の元へたどり着けるのか!?





…というようにですね。

浜村じゅんさん並みのネタばれしといて、結末だけ伏せてもどうかと思いますが(爆)



とにかく、個人的には凄く見応えもあって楽しめました!



ちょっとこんな風に自分が書いてしまうと、どうしても軽い話みたいに見えますけど、

実際は凄く暗くて重ーい感じの映画なんですね。


で、何回も言いますが、グロテスク映像も満載…!



なので、少し観る人を選びそうな感じがしないでもないですが、

そういうのが好きな…というか大丈夫な人には、なかなかどうしてこれ、

”見逃せない映画”にはなるんじゃないかな、と思うところであります。


Apo7











メル・ギブソン監督。いいじゃないですか。

ちょっとファンになってしまいそうな予感…(*´Д`*)ハート




というわけで、「アポカリプト」9個で!




お次は前にちょっと言いましたが、

「ラストラブ」なんかを観れたら観てこようかなと思ってます。



ポイントが貯まってるのでタダで観れるというのが嬉しい(´・ω・`)




|

« ゾディアック [映画] | トップページ | ラストラブ [映画] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/6854248

この記事へのトラックバック一覧です: アポカリプト [映画]:

» アポカリプト 93点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
適者生存 公式サイト キリストの受難を執拗に描いたドM映画『パッション』で世界を騒然とさせたメル・ギブソン監督による最新作。今回はそのドMな受難劇だけでなく、テンションの高いアクションまでもがしっかり用意されているので安心だ。 今回の題材とされているの....... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 21時07分

» アポカリプト(Apocalypto) [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
Will Durant "A great civilization is not conquered from without, until it has destroyed itself from within," 「文明は外部から征服される前に内部崩壊する」――出鼻でこれが引用紹介されたのは、マヤ文明の崩壊と環境破壊などに直面した現代文明の崩壊をダブらせて欲...... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 21時40分

» アポカリプト・・・・・評価額1450円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
一見歴史冒険物に見えるが、本質は真性Mによる変態さん映画である。 オスカーを受賞した「ブレイブハート」でもその気は見えたし、前作の「パッション」も痛さ全開だったが、これだけ続くともはや断言しても良いだろう。 メ... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 21時53分

» ★★ 『アポカリプト』 [映画の感想文日記]
2006年。IconEntertainment/TouchStone. APOCALYPTO. メル・ギブソン監督・製作・脚本。 前回監督した 『パッション』やプロデュースをした『パパラッチ』... [続きを読む]

受信: 2007年6月20日 (水) 23時00分

» アポカリプト [ネタバレ映画館]
逃げる、追いかける、逃げる・・・ [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 08時58分

» アポカリプト [Akira's VOICE]
第一回自然界筋肉番付,勝者はジャガーさん! [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 11時02分

» 「アポカリプト」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「アポカリプト」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ルディ・ヤングブラッド、ダリア・エルナンデス、ジョナサン・ブリューワー、ラオール・トゥルヒロ、他 *監督:メル・ギブソン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラッ..... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 15時02分

» アポカリプト [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
息子よ、恐れるでない。恐れは病だ、胸から追い払え。魂の目を覚ますんだ!、自分の強さを信じろ! ジャガー・パウ(ルディ・ヤングブラッド)は、中央アメリカのジャングルで生きるハンターの子孫。部族長の父、フリント・スカイ(モリス・バード)の指導の下、仲間たち...... [続きを読む]

受信: 2007年6月21日 (木) 22時10分

» アポカリプト(06・米) [no movie no life]
アポカリプト・・・「新たなる始まり」。ある始まりは、何かの終わりでもある。 繁栄を極めたマヤ文明。一方で、華やかな文化とは無縁な狩猟生活を営む部族もあった。突如としてマヤ帝国の兵士たちに部族を襲われ、連行された文明にあったものとは・・・メル・ギブソン監督作品... [続きを読む]

受信: 2007年6月23日 (土) 23時13分

» 「アポカリプト」走る!走る!走る!ギブソンお見事! [soramove]
「アポカリプト」★★★☆ メル・ギブソン監督 ルディ・ヤングブラッド、ダリア・ヘルナンデス出演 2006年、アメリカ、138分 まだ西洋文明が入り込む前の中南米、 マヤ文明が栄えていたが、 多くは生まれた海や山で自由に暮らしていた。 家族を養い...... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 01時51分

» アポカリプト APOCALYPTO [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
メル・ギブソン監督のドM映画「パッション」の次の作品は、闘争本能を呼び起す超ドS映画マヤ文明、崩壊前夜。中央アメリカのジャングルで狩猟民族として平和に暮らしていたジャガー・パウの村は、マヤ帝国の傭兵の襲撃を受け、干ばつを鎮めるための儀式の生贄として駆り出される。過酷な運命を逃れたと思ったのもつかの間、人間狩りの標的にされてしまう。村に残した妻子を救うため、執拗な追っ手から果敢と戦いながら村を目指す。自分のなかの闘争本能を呼び起す本作は、全米ボックス・オフィスのNo.1を獲...... [続きを読む]

受信: 2007年6月28日 (木) 20時36分

» アポカリプト (Apocalypto) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 メル・ギブソン 主演 ルディ・ヤングブラッド 2006年 アメリカ映画 138分 アクション 採点★★ 映画ってのは結局のところ娯楽の一つであるが故に、たとえ作り手の主義主張に多少相容れることが出来ない部分があったとしても、映画自体が面白ければ基本的には全く問題な..... [続きを読む]

受信: 2007年6月29日 (金) 01時34分

» 【2007-95】アポカリプト(APOCALYPTO) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? マヤ文明、崩壊前夜。 我々は驚異の世界の目撃者となる! 暗黒の昼―ジャガーを連れてくる男に気をつけろ。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 23時12分

« ゾディアック [映画] | トップページ | ラストラブ [映画] »