« 王の男 [映画・DVD] | トップページ | バベル [映画] »

2007年5月23日 (水)

俺は、君のためにこそ死ににいく [映画]

Oreha_2

★★★★☆☆☆☆☆☆

http://www.chiran1945.jp/ 俺は、君のためにこそ死ににいく 公式サイト)



「俺は、君のためにこそ死ににいく」

観てまいりました。


作品ガラなのか、平日という事でなのかはわかりませんが、

どうも周りは年配の方が多かったような気がしましたね。



で、内容の方はというと、ん~…

この作品も例にもれず、良くも悪くも”日本の戦争映画”って感じでした。



”自分たちは健全な若者です!アピール→好きな人がいるであります!→

明日、出撃する事が決まりましたので挨拶に来ました…。→

行って参ります、うぉおぉおおぉおーーー!!!”……みたいな。



この手の映画観るといっつも思うんですけど、

なんかもっと他に撮り方ないのかな、と…(笑)


正直、もういい加減飽きたかなって気がしてしまいますね…。



内容が内容だけに辺に脚色もできないだろうし、

茶化すわけにはいかないのもわかりますけど…う~ん。


まぁ、映画にするっていうならねぇ、もうちょっとねぇと思っちゃったんですけどね。



チョイ役でも結構有名な俳優さんが出てたりその辺は豪華でしたし、

戦闘シーンというか特攻シーン、その迫力も中々良かったように思うんですが、

やっぱり如何せんストーリーがなぁ…マンネリ感が否めませんでしたねぇ…。



というか、あんまりストーリーらしいストーリーもなくて、

なんか「明日、出撃します…」の連続みたいな、そんな感じで少し単調でしたし、

ラストもちょっと、(え、あ…そうなん?(汗))って展開でしたし…(笑)



でも、窪塚君の特攻シーンだけは、ちょっと胸が熱くなりました!


でも、その後にまた(え、ちょ、あ……そうなん?(汗))って感じでしたけど…(笑)



鼻をすするような音もチラホラ聞こえてましたので、

まぁ、観る人によっては全然感動できる作品なのかもしれませんが、

ちょっと自分にとってはイマイチな印象しかなかったかな…。



ということで、4つ(また、何気に採点方法変えてたり)



ブログランキング【くつろぐ】 〜人気ブログ検索〜 映画ブログランキング - JRANK ランキングにご協力をお願いします_(._.)_



|

« 王の男 [映画・DVD] | トップページ | バベル [映画] »

コメント

戦争を考えるために、小林よしのり著『戦争論』を読んでみてほしい。
ここが考えるスタートだと思う。

投稿: 田中 | 2007年6月10日 (日) 05時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53275/6528464

この記事へのトラックバック一覧です: 俺は、君のためにこそ死ににいく [映画]:

» 俺は、君のためにこそ死ににいく [ネタバレ映画館]
河合の惣ちゃん、かわいそう・・・ってギャグですか。 [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 00時17分

» 映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」 [FREE TIME]
昨日、現在上映中の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」を鑑賞してきました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 00時29分

» 俺は、君のためにこそ死ににいく [映画君の毎日]
昨日までこの映画を観たいとは微塵も思ってなかったが、 映画を観に行こうと思いたち予告編を観まくった結果、 どうしてもこの映画が観たくなった。 特... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 07時18分

» 俺は、君のためにこそ死ににいく 88点(100点満点中) [(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)]
君が代の君は二人称の君 公式サイト 特攻隊を見送った側の視点から描いたノンフィクション本『ホタル帰る―特攻隊員と母トメと娘礼子 』を元に、現東京都知事石原慎太郎総指揮により、特攻隊にまつわるドラマを描いた作品。 戦争とは、特攻とは、を、絶対的な真実と...... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 08時10分

» 映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』 [お庭でいっぷく]
この長ったらしいタイトルと製作総指揮・脚本:石原慎太郎というところに、一抹の不安 [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 00時31分

» ブログで職業、性別、配偶者の有無が分かる?キーウォーカーがリサーチサービス [スーパーサイヤ人]
あるキーワードを入力すると、「男女比」「年代構成」「趣味」「職業」「配偶者や子供の有無」「買った物」「欲しい物」など、言及しているブロガーの特性を表示する。キーウォーカーは5月28日、自然文解析技術を応用した企業向けマーケティングリサーチサービスを開始した。 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 10時30分

» 「俺は、君のためにこそ死ににいく」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
**************************** 太平洋戦争末期の1944年秋、連合軍の圧倒的な戦力を前に敗戦に次ぐ敗戦を喫した日本軍は、戦闘機に爆弾を搭載して敵艦に体当たりする特別攻撃隊、所謂「特攻隊」の編成を決める。「国の未来を背負って立つ若者達に対し、国体護持の為に死ね!」と軍部が命令を下したのだ。 特攻隊の基地が置かれた鹿児島県の知覧町で軍の指定食堂「富屋食堂」を営む鳥濱トメ(岸惠子さん)は、家族と遠く離れて出撃を待つ若者達が母親と慕う存在だった。出撃すれば二度と帰らない彼等を引き... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 01時51分

« 王の男 [映画・DVD] | トップページ | バベル [映画] »