« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月27日 (日)

チョコボ誕生と10,000HIT!! [FF11]

2006_08_26_23_47_43

今年2月にこのblogをつけ始めてはや半年余り。



先日ついに、10,000HITを突破いたしました!U>ω<)ノぃぇぃ!



と、最初の頃は嬉しくてちょくちょくアクセス解析を見てたんですが、

最近はほとんど見ておらず、昨日久しぶりに見てみたら

いつの間にか突破してたとゆう…(´д`)


てなわけで、今日現在までのアクセス数が11,060件


この、半年で1万件とゆう数字が多いのか少ないのかはわかりませんが、

とりあえず、1万回誰かがこのページを開いてくれたとゆうことは、

やっぱり大変嬉しいことです…(´;ω;`)




本当に、いつもご覧いただき、ありがとうございます_(._.)_




今後の目標としては、やはりさらなるアクセスアップを…

10万件…いやさ、100万件目指して精進していきたいと思います!o(`ω´*)o


そういえば、まだトラックバックとゆうものを使ったことがないので、

そうゆうのも使っていかねば(´д`)



今後も是非、

molologをよろしくお願いいたします_(._.)_




さて、FFのお話。

8/22に卵を預けてから、まだかまだかと待ち続けて昨日ようやく……

2006_08_26_23_47_41

生まれました、マイチョコボ!

ああ~ん、かわええ♪(*´Д`*)


なんとも愛くるしい姿ですねぇ…。

4日も見守り続けた甲斐があった…(;´д⊂)



よし、まず名前をつけないと!

てことで、数ある候補から約30分ほど悩みすいた末…(とゆうか、ほんと多い(笑))



GalaXy Bonbonと命名しました!



銀河をかけるボンボン…。

まぁ、ぶっちゃけ特に意味はないんですが、なんか語呂がいいかな、と(笑)


とゆうわけで、ボンボン。これからもよろしく頼むよ(*´Д`*)

2006_08_27_00_33_43

さっそく、北グスタへお散歩。


う~ん、やっぱかわいいですね。

もう、なんなら成長しなくて、このままでいい気も…(笑)



もし、ここでボンボンにゴブなんかでも襲いかかろうものなら、

ブラッドウェポン、暗黒、ラストリゾート、ディアボリックアイ、

そしてイカロスも使い、持てる力の全てで叩きのめしてくれましょう。



で、まだ生まれたばかりで散歩と見守るくらいしかできないので、

とりあえず、育成計画の方針だけ決めてきました。


音楽を聞かせる 3日

待ちを散歩させる 3日

基本のお世話 3日

音楽を聞かせる 3日


やはりまずは、脚力やなんかを鍛えるよりも、

教養をつけておかないとねъ(`ー゜)



てことで、立派なチョコボになってくれることを祈りつつ、

チョコボの成長も楽しみたいと思います(゜▽゜)



では、今日はこの辺で。

目指せ100万HIT!o(`ω´*)o

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

アサルト戦術指南 押忍!先輩傭兵殿!の巻 [FF11]

Aa1_7

Aa62_5

Aa13_5

Aa2_6

Aa3_5

Aa4



    ふむ、今回はお前に頼みたいことがあってな。





Aa5



    は、はぁ、なんでしょう…。






Aa4_1


    実は私は今、お前と同じ「サラヒム・センチネル」で、

    伍長の任についている。

    だが、ある件の調査で、しばらくこのアトルガン皇国を

                              離れることになった。

                              そこで、お前に私の代わりを務めてもらいたいと思ってな。


Aa5



    え、私があなたの代わりを…?

    え、えぇ、それは別に構いませんが…

                              しかし、あなたほどの方がどうして傭兵なんかを…? 



Aa4_3


    フッ、それはワケあって今は言えんが…

    そうか、引き受けてくれるか。

    礼を言おう、サレンダー。

                              ところで、ミッションの進行具合の方はどうなっている?


Aa7



    え…ええ…それが…、実はまだ一つも…(笑)

    Surrenderは顔を赤らめて照れた。



Aa4_4


    ……そんな事だろうとは思っていたが…。

    よし、ではさっそく行くぞ。

    私もあまり時間がないのでな。


Aa8



    え?いや…でも、レクチャーの方が……





Aa9



    「洋平君と言ったな、君も来るがいい。

    今日経験することは、将来必ず役に立つはずだ。」


                               えぇ~マジ、バイトあるんだけど?


Aa8_2


          あ、あの…





2006_08_06_14_26_41


Aa4_5


    アサルト傭兵長級ミッション。

    まず最初は、ルジャワン霊窟で行う

    「シャナーハ草保護作戦」だ。


                              このミッションは、

                              近頃、大量に発生している穴ウサギによって

                              絶滅の危機に瀕しているシャナーハ草の

                              保護にあたるとゆうものだ。


                              シャナーハ草減少の原因、

                              穴ウサギの駆逐がお前の任務だ。



Aa10_2


Aa4_6


    いや、シャナーハ草は、

    このルジャワン霊窟でしか育たんのだ。

    なので、とにかくこの穴ウサギをすべて排除するほかない。


Aa5_1



    むうぅん、そうなのですか…。

    では、仕方ない、ちょっと行ってきます。



                              ビシッ、バシッ

                              ドカッ、バキッ


Aa4_7


    一体一体はそれほど強くはないが、

    数が多いのが多少やっかいではあるな。


    この任務にあたる場合は、

                              なるべく多くの人数で行う方がいいかもしれん。

                              だが、逆に人数さえいれば楽なミッションだろう。



Aa8_3



    …じゃぁ、ちょっと手伝ってくださいよ…。ハァハァ…

    ビシッ、ズガッ、バキッ



2006_08_06_13_42_24


Aa4_8


    続いては、イルシシ環礁でのミッション

    「イルシシ掃海作戦」だ。


    どうやら、コルセアが座礁船の残骸を集めて

                              なにやら企んでいるらしい。


                              そこで、ここでの任務は、

                              現地にいる皇国軍工兵隊より作業用オートマトンを借り

                              この残骸の解体を行う、とゆうものだ。


Aa5_3



    へぇ~、こりゃ便利なもんですね。

    じゃ、ここは全て君に任せるよ、オートマトン君(笑)




              ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……


Aa5_4



      …!?





Aa11_1


Aa4_9


    Chivalryはスタンを唱えた。

    ドゥゥーーン

    Impの詠唱は中断された。


Aa4_10


    バカモン!

    真っ先に逃げるナイトがどこにいる!(しかもただのブリザドIIだ) 

    オートマトンを守らんか!


Aa8_4



    え?……は、はぁ、すいません…。





Aa4_11


    この辺には、インプが多数徘徊している。

    オートマトンの解体作業中には、

    インプ、そして残骸の中からカニが現れるので、

                               これらの敵からマトンを守るのが私たちの仕事だ。


                              それと、敵を倒すのも重要だが、

                              マトンには強化、回復魔法もかけられるので

                              こちらも忘れずにな。



Aa8_5



    な、なるほど…。

    SurrenderはオートマトンにケアルIIIを唱えた。



Aa4_12


    そして、もう一つ。

    敵を残骸に近づけ、ガ系魔法などを使うと、

    敵と共に残骸にもダメージを与えることができる。


                              これらの手を使うのも、ミッションクリアへの近道だぞ。


Aa8_6



    は、はぁ、了解です……。

    SurrenderはImpにケアルガを唱えた。



2006_08_06_15_22_42


Aa4_13


    次のミッションは、レベロス風穴「土筆作戦」。


    皇国軍参謀本部の見解では、

    このレベロス風穴は敵に地の利があり、

                              皇国軍が侵入した際、袋の鼠にされる危険があるとの事。

                              よって、我ら傭兵部隊には脱出路の確保が命じられた。


                              尚、このミッションは脱出路確保が第一で、

                              敵と戦闘する必要はない。


Aa7_1



    お、そりゃラッキーですな♪





Aa4_14


    脱出路を確保するためには、

    このレベロス風穴の各地にある、

    Switchを3つ同時に押す必要がある。


                              なので、今回の作戦には私も参加する。

                              そして、洋平君。君にも協力を頼みたい。


Aa9_1



    あい。





Aa4_15


    一つ注意して欲しいのが、

    先ほど、戦闘の必要はないとは言ったが、

    決してここに敵がいないとゆう意味ではない。

                              この地には、Dahakとゆう恐ろしいモンスt……


Aa7_2



    じゃ、私は向こうの方を見てきますね!

    二人も頑張って♪



Aa4_16


    お、おい、サレンダー…!

    ちょっと待て、まだ説明が……!




                               タッタッタッタッ………




Aa12


    こりゃ、楽でいいなぁ。

    こうゆうミッションなら喜んでやるんだけど(笑)

    よーし、これでアサルトポイント貯めて、

                              憧れのアミールコラジンゲットだぜ!!(笑)


                              お、あそこの路地から入ってみるか。


                               タッタッタッ……



2006_08_06_15_26_22


                              グルルルルルルル……



Aa13_1


2006_08_06_15_26_16_1




ぎゃぁぁぁーーー

ーー………!!

Surrenderは

Dahakに倒された…。




Aa4_17


    ………まったく、言わんこっちゃない…。

    ChivalryはSurrenderにレイズIIIを唱えた。


    いいか、このレベロス風穴には、

                              Dahakと呼ばれる、先ほどのモンスターが3匹もおる。

                               しかし、さすがに3匹ともなると私の手にも負えん。

                              おまけにインビジ、スニークも見破られるときている。


                              なので、ここではSwitchを見つけることも重要だが、

                              Dahakに見つからないことも優先するんだ。


                              わかったな、サレン……

                              ん、サレンダーはどこへ行った?


Aa9_2



    あれ、さっきまでここにいたけど。

    便所でもいったんじゃね?




                              ババババババッ

Aa5_5



    フハハハハ!






Aa14



                              ゥンッ

                              Surrenderは天井に頭をぶつけた。

Aa16



    ギャンッ!




Aa15_1



                              ……………ガシャーンッ!

                              ドガッ バキッ 

                              SurrenderはDahakに倒された…。




Aa4_18


    とにかく、Dahakの足音が近づいたら逃げるんだ。

    いいな、洋平君?



Aa9_3



    おk。





2006_08_13_13_43_49


Aa4_20


    さぁ、残るはペリキアと、

    ここマムージャの「慰問物資強奪作戦」だ。


    ここでの任務は、マムージャ蛮族の新兵に届けられた

                              家族からの慰問物資を強奪し、

                              家族愛の強いマムージャたちの士気を低下させる、

                              といったものだ。


                              しかし、ここだけの話、あまり気乗りのする作戦ではないが、

                              命令とあれば仕方がない。


Aa8_7



    は、はぁ……

    それよりシバルリーさん、その姿は一体…。



Aa4_21


    フフ、驚いたか?

    ここでは、慰問物資を見つけ出し、

    入り口付近にいる皇国軍兵士に届けるのが任務だが、

                              当たりを徘徊しているMamool ja Trainerに見つかると

                              物資を奪われ、さらに特殊な魔法で飛ばされてしまう。


                              だからこうして、Viscous Liquidを飲み

                              マムージャの姿に化けながら移動するとゆうわけだ。


Aa8_8



    うへぇ……マムージャになるわけですか…。

    なんかやだなぁ…。(ちゃんと元に戻れるんでしょうね)



Aa4_22


    つべこべ言わずにさっさと変身しろ。

    ほら、行くぞ。




2006_08_13_13_44_03


Aa5_6   

    お、思ったより身軽で動きやすいですね。

    こりゃ、なかなかいいかも(笑)



Aa4_23


    うむ、マムージャの身体能力は

    我々人間とは比べ物にならんほど高いからな。


    さぁ、遊んでいる暇はないぞ。

                              私はこちらを探しに行く。

                              二人はそっちを手分けして探索してくれ。


Aa9_4



    ういっす。





                              …………………



Aa5_7



    ふぅ。

    しかし、まさかマムージャになる羽目になるとは

                              思わなかったな。


                              こんな姿、故郷にいるキャシャリンに見られたら

                              なんて言われるか…。

                              おぉ、恐ろしや恐ろしや(笑)


                              ………!?あの箱は……


                              Surrenderは闘魚鉢を手に入れた。


                              よっしゃ!!!



Aa17_1





Aa4_24


    ……まったく……

    敵の中を生身で突っ込む馬鹿が何処にいる……。


    いいか、洋平君。

                              箱を開けるときはもちろん、

                              変身したときの副作用によるスリップダメージに耐えかね、

                              やむなく変身を解く場合は、

                              まわりに敵がいないか細心の注意が必要だぞ。


Aa9_5



    了解っす。





2006_08_13_13_51_53


Aa5_8



    ふぅ、これでやっと3つめか。

    しかし、金魚鉢やら野兎の尻尾やら

                              こんなガラクタみたいなものばかり、

                              マムージャは一体何に使うんですかね。



2006_08_13_13_41_00


    私たちにとってはガラクタでも、

    マムージャにしてみれば大切な物なのかもしれん。

    それに、このガラクタの数によって

                              支給される戦績もかわってくる。

                              お前たちにとっても有難いものなんじゃないのか?


Aa5_9



    ええ、まぁそうでげすがね。テッヘッへ(笑)


    よ~し、じゃぁこんどは向こうを見てくるか!



                              ………………………



Aa7_3



    お、あったあった♪


    何が出るかな♪何が出るかな♪

                              タララタッタ タララ ラン♪



2006_08_13_13_50_53


Aa5_10



    ん?この箱、鍵がついてないな。

    これなら変身を解かずに開けられそうだぞ。




                              Surrenderは宝箱を開けた。

                              中には、手紙らしきものと一体の古ぼけた人形が入っている。

                              この姿のままなら、マムージャの文字も読めそうだ。



                              ………………………


Aa5_11



    ………。





Aa4_25


    サレンダー!

    もうそろそろ時間がない!

    どうだ、そっちには何かあったか!?


Aa5_12



     …………………。

    いえ、こちらには何もありませんでした…!

                              了解です、すぐに戻ります!



                              Surrenderは手紙と人形を箱の中に戻した。


Aa18



    フッ…。





Aa4_26


    早くしろ!サレンダー!

    脱出するぞ!




Aa5_13



    はーい!


    何が出るかな♪何が出るかな♪

                              ララララーラ ララ…………



                              タッタッタッタッタ………




2006_04_22_10_52_36


Aa4_27


    いよいよ、アサルト傭兵長級ミッションも

    残すところ後一つ。

    ペリキア「黒い男爵撃墜作戦」のみとなった。


                              しかし、油断はするな。

                              今度の敵は生半可なやつではないぞ。


                              ここペリキアに突如現れたインプの男爵

                              「ブラックバロン」が相手だが、

                              なんと、この「ブラックバロン」一人のために

                              アトルガン皇国軍79名もの将兵の命が奪われたそうだ。


Aa8_9



    7、79人………。




Aa4_28


    そうだ。

    なんとしてもこれ以上の犠牲を出すわけにはいかない。


    皇国軍からも最重要任務として、

                              「ブラックバロン」討伐に全力を挙げるよう

                              命令がきている。


                              そこで、今回の作戦も私が手を貸すことにした。


Aa5_15



    いえ、ちょっと待ってください、シバルリーさん。

    いくら手強い相手とはいえ、

                              シバルリーさんの手をわずらわせるほどの

                              相手とは思えません。


                              それに、なんといってもこれは私のミッション。

                              私にやらせてください。



Aa4_29


    いや、しかしだな…。





Aa5_16



    大丈夫です、

    必ずやブラックバロンを仕留めて見せますよ。

                              それに、私の実力も以前とは比べ物にならないほどに

                              上がっているんですから。

                              いつまでも、泣き虫サレンダーではありませんよ(笑)


Aa4_30


    フッ、そうか。

    ならば、見せてもらおうか、

    お前の実力とやらを。


                              ここは、お前に任せるとしよう。


Aa5_19



    ありがとうございます。





Aa18_1



    フン、きやがれ、ブラックバロン。

    その減らず口を二度と叩けなくしてやるぜ。




Aa19_1



    キーーキーーキキーーー

    (まだ何も言ってないプ)



2006_08_13_14_36_30


Aa5_17

  

    ハァーーーーーーーーーッ!!

    アタッ!アタッ!

                              アーーータタタタタタタタタッ!


                              ホワタッッッ!!


Aa4_31


    …!?

    ほう、なるほど…。

    あながち、強がりだけとゆうわけでもなさそうだな。



Aa5_18



    フハハハハ!

    どうした、ブラックバロン!

                              動きが止まって見えるぞ!!

                              どうやら、威勢がいいのは口だけのようだな!


                              ヒョーーーーーッ!!シャオッ!!



Aa19_2


    キッ………キキーーーー!

    (くっ…だから何も言ってないって言ってるプに!)

    キキ……キーキーキキーキー…

                              (しかしこいつ…なかなかやるプ…

                              仕方がない、あれを使うプか…)



Aa5_20



    よーーーし、こいつでトドメといこうか!!

    JA暗黒+ディアボリックアイ!!(お前ナイトじゃなかったのか)

                              さらに、ラストリゾート+ブラッドウェポン!!

                              そして、この全てをウェポンバッシュに乗せて放つ!!


                              そう、これが、この前のVer.upで編み出した新必殺WS!!


                              CLOSE YOUR EYESだ!!!



Aa20



    キッ!





                              Surrenderのクロージョーアイズ→Black Baronにミス。



Aa21



    わぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ




Aa4_32


    !?

    き、消えた…!?

    ハッ…!




                              ぎゃあぁーーーーー!


Aa8_11



    よ、洋平…!?





2006_08_06_13_40_04


Aa9_6



    イテテテ……

    マジむかつくんだけど……。



Aa19_3


    キーッキッキ!キーキキーキーキー!

    (プーップップ!そこまでプ、サレンダーとやら!)

    キーキキーキキキー、キーキーキーキキー!?

                              (少しでも動けば、こいつの命はないプよ!?)


Aa9_7



    ……ちっ、ワリィ…

    足手まといになっちまったっぽくね…?



Aa4_34



    …………




Aa8_12



    ……クッ…ククク………ククッ…。





Aa22



Aa4_35



    ……下がっていろ、サレンダー。





Aa8_13



    え!?……は、はい……。(せっかく叫んだのに)




Aa19_4


    キッキ!キーキキーキーキー?

    (おっと!動くなと言ってるのがわからないプか?)

    キキキキ、キキーキーキキーキ?

                              (それとも、こいつがどうなっても構わんプ?)




Aa23



Aa24



    …………終わりだ…。





Aa19_5


    キーキキーキ!(キッキキキ、キキッキ?)

    (わからん奴等プ!(ひょっとして、言葉が通じてないプか?)

    キーキキー!キキキキ、キキキキーキー

                              (いいだプ!それなら、こいつもろとも)


                              キキキキーキー!

                              (貴様ら全員吹き飛ばしてくれプ!)



                              ゴゴゴゴゴゴゴゴ………



                              Black BaronはブリザガVを唱えた。



Aa25_2

                              シュババババババッ!!!



Aa26

                              キーーーーーーーーーーン



Aa27_1

                              ギュォォォォォォォォォォ…



Aa20_1


    キ………キキ………キ……

    (そ………そんな……プ……)


    プギャーーーーーーーーーーッ…



                              シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ………



Aa4_36


    ふぅ…。





Aa9_8



    あら、なんだ、たった一撃かよ?

    意外と弱かったんじゃね?



Aa28_1


Aa4_37


    バロン男爵。

    結果はどうであれ、

    私に3発もの拳を出させたのは(3発か)

                              あっぱれだった。


                              次に生まれ変わるときは、

                              魔物としてでなく

                              勇敢な戦士として生まれてくるがよい。



                              …………………………



2006_08_13_22_35_20_1


Aa4_38


    これで全てのミッションを終えて、

    サレンダー、お前もはれて伍長となった。

    とりあえずはおめでとうと言っておこう。


Aa5_21



    ありがとうございます。




Aa9_9



    おめ。




Aa4_39


    だが、本当の試練はこれからだぞ。

    日々の鍛錬を怠らず、

    しっかりと私の代わりを…

                              いや、アサルト傭兵伍長としての任を

                              全うしてくれたまえ。


                              お前なら必ずできると信じている。



Aa5_22



    はい、色々とありがとうございました。

    洋平君も危険な目にあわせてすまなかったな。




Aa9_10



    いや、全然おkっす。

    戦績ももらえたしね。(バイト行けなかったけど)




Aa4_40


    さて、それでは私はそろそろ行くとしよう。

    今回の旅は少し長くなりそうだが…。

    また何かあれば、いつでも呼んでくれ。

                              まぁ、君たちが私を必要とする事も

                              もうないかもしれんがな。はっはっは。


Aa8_14



    は、はぁ…

    シバルリーさん、あ、あの……。





Aa29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

畏れよ、我を [FF11]

2006_08_20_14_57_54_1

ついに行ってまいりました!


以前よりお伝えしてきたプロマシアミッションの、

クライマックスともいえる「畏れよ、我を」!

数々の苦難を乗り越え、とうとうここまで辿り着きました!( TДT)


そして、今回もネタばれ全開



さぁ、まるで、

ここだけ1年前にタイムスリップしたかのような、今回のブログ!


盛り上がってまいりました!




         CAUTION ネタばれ危険! CAUTION 


2006_08_20_14_12_28

メンバーは、自分を含め未クリアの方3人と、

お手伝いの方3人の忍狩暗白赤黒の6人。


もちろん、自分は暗黒での参加です(´д`)



この「畏れよ、我を」は、マメット、オメガ、アルテマの3連戦。

制限時間内45分以内に、この3戦をこなさなければいけません。


まず、最初はマメット戦。

Mammet-22 Zetaとゆうマメットが五体。


作戦は、まず最初に忍者さんが突っ込み、

そのままマラソンしてもらい、自分と狩人さんで1個ずつ引き抜きながら倒す。


そして、以前のマメット戦同様、

イエローリキッドを使って、コロコロと変わる武器を固定。

両手棍の時は魔法が怖いので、それ以外の武器の時に。


その重要な武器固定役を仰せつかったのが、私DRK。

ここでは、さも下調べ万全みたいな感じで説明してますけど。

実は、この日までマメットが出てくることすら知らなかったのはときめきメモリアル



そんな中、リキッド2個を託され、いよいよ戦闘開始!


2006_08_20_14_15_10

やはり「失敗できない」とゆう、

普段の戦闘とは違う緊張感の中、自分はとにかく武器を固定することだけ考え、

ひたすらマメットを倒していきます。


まぁ、両手棍以外で止めちゃえば怖い敵ではないし、

両手棍時のガ系魔法も、暗黒と黒の二人いればスタンで対処できるんで、

このマメット戦は、結構楽に勝利できたかな、とゆう印象でした。



しかし、ここで気を抜くわけにはいきません…。。


「ここからが本当の地獄だ…」 by べジータ


2006_08_20_14_23_38

マメット戦後のしばしの休憩を挟み、

いよいよオメガ戦突入!


この時点での残り時間は@34分。


BC突入前にメンバーの方から説明を聞いていたんですが、

とにかくWSの種類が多すぎて覚えきれないので、

このオメガ戦の作戦としては、

石化などの状態異常を素早く治し、忍者さんのサポートをしつつ、

後半にくるWS連打に備えてCCBポリマー剤を投入し、一気に叩く、と。


そして、その作戦通り、敵のHPが半分を切るあたりまでは、

順調すぎるほどに順調にいっていたんです……が…。


2006_08_20_14_25_22_1

ポリマー剤が6個。

オメガ戦では自分と狩人さんの2個を使用。


しかし、後半戦に入り、

狩人さんの一つ目のポリマー剤を投入したところで、

あの声が聞こえてきました。



「お前の刃は黒く輝いているか?」


ハッ…!?(´Д`)


Surrenderの暗黒が発動!

………

………

………

SurrenderはOmegaに倒された…。


ハッ………!?(;´д`)


やってもうた……(;;´д`)

まだ自分のポリマー剤投入前なのに…!○rz



ここから、あれよあれよとゆう間に倒れていくメンバーたち…。

ぬおおおおお(;´д⊂)


それでも、各々リレイズで起き上がり衰弱にも関わらず攻撃に参加。

そして、ギリギリの状態の中なんとかオメガ撃破…!



ふぅ~~あぶねぇ~~(;´ρ`)


2006_08_20_14_38_03

ついに出てきました、アルテマ!

てか、怖いよ!Σ(゜д゜|||)


実は、この時までネットでも見たことなかったんで、

こんな顔してるとは思いませんでした((((゜Д゜;))))


とゆうか、があるとすら思いませんでしたが…(笑)



オメガ戦を終えたところでの残り時間が@26分

全員の衰弱を治して回復しても時間は十分にあります。


やはり、ここまできたらなんとしても1発クリアしたいところ。

慎重に慎重に……。


2006_08_20_14_38_05

慎重にしすぎて、

アルテマ戦に入った時には、のjこり時間15分になってました…(爆)


しかし、これが未だに不思議で仕方ないんですが…、

10分も休んでたかなぁ~~?と…(;´・ω・`)


とはいえ、もう言ってもしゃーないので、あとは突撃あるのみ!


いよいよ「畏れよ、我を」のラストバトル!o(`ω´*)o

のりゃぁぁぁぁぁ(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻


2006_08_20_14_38_48

作戦は基本的にオメガ戦と同じ。

とにかく忍者さんを死なせないように注意しながら削る。


この方法で、オメガ戦同様終盤まですこぶる安定して戦闘は進み、

アルテマのHPが残り3分の1ほどになったところで、

いよいよポリマー剤投入&最後の追い込みを!と思った瞬間、

アルテマのWS、イコライザー忍者さん撃沈…!(;´д⊂)


こうなってはどうしようもなく、

ここは一度全滅し、建て直しを図ろうとゆうことに。



しかし、この時すでにBC突入時間から推測して、

残り6分ほど。


衰弱を治して立て直す時間を差し引くと、残りあとわずか…ε=(~Д~;)



ここはもう、

残りのポリマー&温存しておいたイカロス&2Hアビをフルに使い、

一気に片をつけるしか道はありません!


2006_08_20_14_52_37

狩人さんのスラッグ-イーグル-乱れ-スラッグ!

黒さんのフリーズ!

さらに赤さんの連続魔!

そして、我が黒き刃、JA暗黒+ブラッドウェポン!


持てる力を全て出し切り……ついに!



Ultima撃破!!!ヽ(`Д´)ノワンダホー!



見事初挑戦にしてクリアすることができました!!

やったーー!ヽ(;´Д`)ノ



うーん、なんとも熱い戦いでしたねぇ。

残り時間も予想通り@2分しか残っておらず、まさにギリギリの勝利…(笑)


いやはやしかし、

非常に厳しい戦いでしたが無事勝利をおさめる事ができたし、

なによりも楽しかったので、大満足の結果の「畏れよ、我を」でした_(._.)_



2006_08_20_14_54_15_1 2006_08_20_14_56_12

2006_08_20_14_55_32_1

2006_08_20_14_58_49

2006_08_20_14_58_48_4

2006_08_20_14_59_03

最後に、「畏れよ、我を」勝利記念、怒涛のSS大放出。



いよいよ、アル・タユまで残すところあと1章となりました!


う~ん、しかしここまで来ると、

アル・タユまでといわず是非最後までストーリーを見たくなりますね(笑)


この勢いで行っちゃうかな(*´Д`*)わはは



とゆうわけで、今回はここまで!

さて、チョコボでも育ててこよう('∇')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

続きをあれこれ [FF11]

2006_08_13_22_19_28

一週間のご無沙汰、サレンダーです_(._.)_

お盆の時期に入りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。



自分はとゆうと、京都の実家の方に3日ばかし帰省してまいりました_(._.)_

でも、7月にちょこっと帰ったばっかなんですけどね…(笑)


まぁ、神戸に遊びに行ったり、家でのんびりしたりと

まったりと過ごす事ができたのでなかなかよかったです( ̄ー ̄)




で、今回、東京-京都間を初めて

夜行バスとゆうものに乗って帰ったんですけども、

これがまた、寝れないこと寝れないこと(;´ρ`)


一応、三列シートとゆう、ちょっと広めの座席だったんですけど、

足はだるいわ、隣は知らん人だわ、3時間ごとに止まるわ、7時間位かかるわで、

行きも帰りも着いたころには、寝不足バリバリでもうヘトヘトε=(~Д~;)



でも、あれか…。

これが嫌なら新幹線乗らないとしゃーないか…(笑)


まぁ、新幹線だと片道12、000~13、000円かかっちゃうところを、

5000円程度で行けるんだから、安いのは安いですよね。



お金を取るか快適さを取るか…。

なんとも悩ましい選択です(´д`)




てなわけで、

また1週間更新しなかった言い訳が済んだところで。


今回は、以前にこのブログでも書いた、

暗黒AF、プロM、アトMの続きなんかをお届けしようかなと思います。



では、さっそく。


あ、また一応ネタばれになる可能性もあるので、

お気をつけアソバセ_(._.)_




             ※ 危険!ネタばれ注意! ※


2006_08_06_16_18_05

まずは、Road to Darknes.暗黒AF3から。



前回ソロで挑み、惜しくも(?)敗戦を喫したわけですが、

Lsの方に手伝ってもらい、見事リベンジを果たすことができました!o(`ω´*)o


いやぁ、ありがたやありがたや(-人-)ナムナム…



しかし、今回はLv75の5人くらいで行ったんですけど、

それでもちょっと危ない場面もあったり…。


こんなもんにソロで行くとは……なんとゆう深い業……。



で、無事NMを倒し、再度ポイントを調べたんですが何も起きず。

あれ…?(´д`)


ああ、後ろのワープ使えばイベントが起きるのね。


てことで、ワープを使ってみると、その先にあったのは謎の宝箱。

そしてその中には、防具とお手紙が一枚



え、一体誰がこんな小粋な演出を…!?(はーと)


2006_08_06_16_18_32

Zeid: 暗黒の業を背負うものへ……。

この兜はゲーヴィッツの手によるものだ。

奴の魂がおまえに渡すように、と……。


(中略)…


Zeid: 私も私の道を住く。

おまえはおまえの道を往け。

正義などという安い言葉より価値のある何かを

おまえはつかめるはずだ。


もし自分の進む道に疑問を抱く事があれば、

自らの刃に目を向けて問え。



「おまえの刃は黒く輝いているか?」と……。



あ、兄貴……(*´Д`*)



わざわざ自分のために、

宝箱を用意して、お手紙と兜を入れて置いてくれていたなんて…。



どこまで憎いアンチキショウなんだ、ザイドの兄貴……。


2006_08_06_16_40_15

ザイド氏の深い業に触れ、

決意も新たに、真の暗黒への道を歩みだした、私サレンダー。



                           -----------------------------


Surrender: ありがとう、ザイドの兄貴。

これからも、この業を背負って生きていく決心がついたよ。

そして、もし道に迷うときがあれば、

兄貴にもらったこの言葉を我が刃…そして自分自身に…



「俺の刃は黒く輝いているか?」



P.S

でも兄貴……。

もし自分がデジョンで帰っちゃってたら

どうするつもりだったんだい、兄貴……。


そして、

何も知らない白魔道士さんとかが宝箱を開けてたら、

気持ち悪がられて捨てられちゃうんじゃないかと、兄貴……。



兄貴……。


2006_08_13_15_38_53

続いては、プロマシアミッション「3つの道」の続き…、

とゆうか、対オメガ戦「畏れよ、我を」へ向けての準備ですかね。



第6章「ゐぬる場所」に入り、イベントシーンなどを見て、

ミザレオ海岸にあるDilapidated Gateへ。


そして、その門を調べると、にいるような、

こんなまるっこい機械3体が出てくるので、これを倒す、と。


と、ここでもまた、LSの方に手伝っていただきました(-人-)ナムナムー



ま、この機械自体はそんなに強くなかったので、

75の人ならそれぞれ1対ずつやっても大丈夫でしたね。

(自分はちょっと危なかったですけど)


2006_08_13_15_41_44 2006_08_13_15_46_10_1

2006_08_13_16_00_56 2006_08_13_18_34_12

2006_08_13_18_13_37

エシャンタール嬢         タルタル3兄弟

ソ・ジャのダニ           セルビナの記憶喪失の女性


「ここでやらなきゃ、女がすたるぜ!」 byプリッシュ



機械NMを倒し、ミザレオでイベントを見た後に、

オメガ戦で使うとゆう「CCBポリマー剤」を取るべく、ソ・ジャへ。


カーマインチップ、グレーチップ、シアンチップがそれぞれ、

トカゲ(カーマイン)、ダニ(グレー)、ミミック(シアン)からドロップとの事。



こちらも、シーフさん二人いたせいか結構ポロポロでたので、

4人分取ってもそれほど時間かかりませんでした。



これをジュノに持ち帰り、天昌堂の受付のおねえさんと話し、

大工房のシドの元へとチップを届けると、「ポリマー剤」ゲット


そして、さらにミッションのイベントシーンの方も進め、ついに…



ミッションオファー「畏れよ、我を」まで来ました!o(`ω´*)oブラボー!



いやぁ、感無量…(;´д⊂)


なんせ前からずっと、

「PM 畏れよ我を 行きませんかー?^^」とゆうシャウトを、

自分も行きたいなぁ(´;з;`)と思いつつ聞いてきたもんで…(泣)



オメガ、そしてアルテマ戦。

かなり厳しいBCだと聞いてますが、

万全を尽くして挑みたいと思う所存です!o(`ω´*)o


2006_08_13_15_40_32

で、今回のイベントを進める中でのちょっとしたサプライズ


あのエシャンタール嬢にこんな事実が…!?(;゜д゜)


…って1年前のミッションだし、激しく今更ですけども…(笑)



まま、まだ知らない方で気になる方は、是非ご自分の目で。



プロマシアミッションもいよいよ佳境に入ってきて、

プリッシュの今後なんかも結構気になってきたし、

ストーリーの方もちょっと楽しみになってまいりました!(7割忘れてるけど)


2006_08_13_20_46_53 2006_08_13_21_06_41

2006_08_13_22_12_32 2006_08_13_22_13_25

2006_08_13_22_24_16

さて、ラストはアトルガンミッションの続報。



前回、謎の美少女アフマウの指揮の下、

幽霊船の調査に向かうことになった、とゆうところまで進めたわけですが、

その後ナシュモに行き、そこにいるキキルンPyopyoroonに会いイベント。


すると、ジョディの消化液なるものを持ってこいと言われます。


この消化液は、ワジャームやバフラウにいる

赤いモルボルがドロップするので、これを倒し入手。



そして、これを持ってまたナシュモに行き……

とゆうか、最初に消化液を取ってからナシュモに行ったほうが早いですね(笑)

自分もそうしましたし(´д`)



で、ピョピョルンにこれを渡し、またイベント。

すると、今度はカダーバの浮沼E-10にあるJazaraat's Headstoneに行けと。

ようは、SS中段右にある墓石ですね。



ここに行って調べると、JazaraatとゆうNMが沸くのでこれを倒す。


2006_08_13_22_18_07

てことで、シーフさんと私パラディンの二人で行ってきました。

サポはシ/忍ナ/白



事前にサイトで情報を見て行き、


・夜は骨やお化けが沸くので、昼間に行くのが良い

・フォモル系NMなので、WS舞空鎖によるドラウン対策でサポ白に


これだけ注意して行けばなんとかなるだろうと。



でまぁ、実際にやってみると、

やはりドラウンと、白昼夢でTPが消されるのがうざいくらいで、

タゲさえシーフさんが取ってもらえてれば、それほど強くもない感じがしました。

(ちょっとタゲとっちゃって危ない場面もありましたけど(;´ρ`))



回復も、シバルリーさえ覚えてればナイトでも十分でしたしね。

しかし、シバルリー……いいアビ追加してくれたもんだ(*´Д`*)


2006_08_13_22_23_37

そんな感じで見事撃破!


イベントシーンを見ていくと、このフォモル。

なにやら、アトルガン皇国に相当な恨みをもっているようです…((((゜Д゜;))))


こちらのアトルガンミッションの方も、

そろそろストーリーのに入りつつあるようで、楽しみなところです_(._.)_



次は、いよいよBCか。

オメガ戦同様こちらも頑張らねば!o(`ω´*)o


2006_08_13_22_33_43_1

最後に、ちょっと可愛らしいネコ社長


普段は憎たらしい感じですけど、

たま~~にこうゆう仕草を見せますね、この社長(笑)




てなわけで、今日はここまで。

See you next week!!(いや、今週中にもちゃんと書きたいと思いますε=(~Д~;))

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年8月 6日 (日)

三種ミッション [FF11]

2006_08_05_16_52_20


最近、寝落ち率が5割を超えつつある、そんなアンニュイFFライフ

こんばんは、サレンダーです_(._.)_



いやぁ、ほんとだめですねぇε=(~Д~;)

うちの近所で売ってるビールには、睡眠薬でも入ってるのかと小一時間…


まぁ、一人でなんかしてる時はいいんですが、

やっぱりPT中に寝落ちするのが、なんとも申し訳なくて…○rz


いや、ほんと気をつけたいと思います(;´ρ`)



さて!

昨日は、久しぶりのプロマシアミッションとか、

新しく追加されたアサルト昇進試験アトルガンミッションなどをこなしてきました。


とゆうか、あれか。

昇進試験はミッションじゃなくて、クエ扱いなのかな。


まぁ、どっちゃでもいいか(´д`)ワハハ



しかし、書く前から長くなりそうな予感がヒシヒシとしているのが、

ちょっとゲンナリ気味なんですが…。


でも、なんとか頑張って書きたいと思います…(;´д⊂)



てことで、まずはアサルト傭兵長昇進試験から。



あ、そうだ。

ネタばれ要素もフンダンにありますので、

気になる方は、残念ですがご覧にならないほうがよろしいかと思います(´;ω;`)


気にならない方は是非このまま(笑)


ではでは。





   ※  警告!危険!ネタばれ注意!!  ※




2006_08_05_08_36_57

~サラヒム・センチネルの後輩の頼りないファルズンが、

ナジャ社長から霊晶水の濃度調整を依頼されたらしい。

先輩として、あるべき態度を示そう。~


とゆうことみたいです。



ファルズンとゆうのは、この向かって左側にいる鎧を着た青年。


クエの説明では後輩となっていますが、

どうやら同期らしく、なんでもサラヒムには同じ日に入社したとかなんとか。



しかし、このファルズンの勤務評価は一向にあがらず、

すでにクビ寸前にまで追い込まれており、

そして今回、ネコ社長じきじきの仕事を任されたものの、

それもできるか不安だとオロオロした様子。


そこで、同期のよしみで、このファルズンを手伝ってやってくれないか?

と、この右側にいるAbquhbahからのお願いを聞くことになりました。



ええ、まぁ行きますよ、ええ(´д`)


2006_08_05_08_58_04

このあと、錬金術ギルドにいるNafiwaaのところへも行き、

イベントを見て空のフラスコ5個をもらいます。



で、ようは何をするかとゆうと、

ワジャームに4箇所、バフラウに1箇所ある泉に、

Mythralline Wellspringとゆうポイントがあるので、

そこを調べて泉の水を汲んできて欲しい、とゆう内容。



ほう、なるほどね。

じゃぁ、ファルズン手分けしt……



「では、Surrenderさん、よろしくお願いします!

 僕はその間に合成の勉強をしておきますので!」



て、お前は行かんのかい!?Σ(゜д゜|||)



なんとゆうアンビリーバボーな展開…。

ええ~~5箇所も回るのめんどくせぇなぁ(;´д⊂)


と、ここで登場するのが、↑のチョコボガール!

よっ、グッドタイミングな現れ方!U>ω<)ノ


て、たぶんこのクエ用に実装されたんだろうから当然か…(笑)


2006_08_05_09_17_13 2006_08_05_09_35_26

2006_08_05_09_49_17 2006_08_05_09_58_38

2006_08_05_09_01_57

サポ黒にしてチョコボで現地まで行き、

汲んではデジョン、汲んではデジョン…とゆう風に、

5箇所の水を汲んでまいりました。



しかし、なんとも気味の悪い色の水ばかりで…。

これが温泉なら、バスクリンにしやすそうな色なんですけどね。



2006_08_05_10_11_31_1

アルザビに戻り、早速錬金術ギルドへ水を届けに。

するとなにやら、持って来た水を調合するとか言い出しました。


むむ、なんだこれは??


そこで、ポイントの場所などを調べていたサイトを見てみると…


おお、これか。なになに。



どうやら、フラスコには1つめ~5つめとゆう風に番号がふってあり、

それぞれに入っている水の濃度が違うようです。


で、この5つの水の組み合わせによってできた霊晶水の結果次第で、

このクエ終了時にもらえる報酬の額が、

報酬なし~アトルガン黄金貨2枚まで違ってくるとの事。



ほうほう、そりゃ当然黄金貨がほしいところだわな(*´Д`*)



で、そのサイトにもいくつか組み合わせ例が載っていて、

一番簡単そうな 223344 でやってみる事にしました。


この数字はフラスコの番号で、調合の回数は6回まで。


2006_08_05_10_10_00_1

調合開始。


1回入れるごとに、

霊晶水が白金に輝いている

とか、こんな感じのログが出てました。


なるほどね。

これが最終的に輝金になればいいワケか。



そんな感じで、2、2、3、3…と順調に調合していきます。


と、ここで、


/LSメン 「今日の朝ごはんは、とうもろこしと枝豆ー(笑)」

/自分  「なにそのおつまみ」


とゆう、小粋なイタリアンジョークを交えながらの、

Lsメンの方とのちょっとした朝のひと時。(見てくれてますか~(´・ω・`)ノシ)



すると調合結果のログに、

3つめのフラスコの水がなくなった。

と出てるではありませんか。



あ、しもた…3つ目の水3回いれてしもうたよ('Д')



ん~~22333ときてしまったか…これはどうすればいいんだろ。

と、しばらく悩んだ結果…、

You、4つ目のフラスコの水入れちゃいなよ(´_ゝ`)

てことで当初の予定通り、4番目の水を入れてみることにしました。



まぁ、別にここまで来たらたいして変わらんでしょ?

入れたれ入れたれ!Ψ(`∇´)Ψウケケケ


2006_08_05_10_14_32

ボウッ!

うお……け、煙が……(爆)



「Surrenderさん、大変です!!

 この水をどうしましょう!?」


え…い、いや…どうすると言われても(爆)

じゃ、じゃぁ…(爆)


錬金術ギルドに届ける


2006_08_05_10_14_58

/Nafiwaa(女性) 

「わかりました。お預かりします。

 結果が出ましたらご連絡しますね。

 高品質の霊昌水になっているとよいですね。」


え…い、いや、後ろで煙出てますけど(爆)


/Falzum

「Surrenderさん、

 ありがとうございましたっ。」


あ…い、いえいえ…こちらこそ(爆)


2006_08_05_11_22_47

結局、自分は報酬は貰えず、

さらにファルズンに至っては、ネコ社長に手伝ったことがばれて、

土下座して謝るありさま。



なんとも、ドリフのようなオチとなってしまいましたが、

まぁしかし、晴れて傭兵長に昇進することができました!


いえぃ!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻



そいえば、傭兵長になると、ポイントで貰える装備品もふえるんでしたっけ?

う~ん、何かほしくなるような装備があるといいんだけども(´д`)


てことで、アサルトの方もボチボチやっていきたいなと思う所存です_(._.)_




さて、お次は長らく停滞していた、

プロマシアミッション「3つの道」ウルミア編。


2006_08_05_12_48_49

丁度、昇進クエが終わる頃に先ほどのLsメンの方が、

シャウトでミスラBCを募集してると教えてくれました。


おお、行きたい!!


最近じゃシャウトもなかなかないし、

自分で企画するのもオックウですしね…ε=(~Д~;)



で、このLsメンの方も同じところで止まっており、

シャウト主の方に連絡を取ってくれて、暗黒で参加できることになりました。


ああ、ありがたや、ありがたや…(-人-)


構成は、ナ暗戦白赤黒

50制限用の装備品や、薬品などの準備を済ませ、

ミッション「向かい風」の舞台、アットワ地溝へ。


2006_08_05_13_20_48

ここでは、ミスラBCの名のとおり罪狩りのミスラ3人との対戦です。


Shikaree X (獣使い)

Shikaree Y (暗黒騎士)

Shikaree Z (竜騎士)


作戦は、Y→Z→Zの呼び出す飛竜→Xの順番で、

Yをイカロスなどを使って速攻で倒し、

弱体アイテム サイレドンの黒焼き で敵の連携も抑えつつ、

残りの敵を撃破していく、とゆうリーダーの指示でした。


ふむふむ。

やったことないからよくわからんけど、とにかく頑張ろう!o(`ω´*)o


2006_08_05_13_14_26

しかしこれが、かなりの大苦戦となりました…ε=(~Д~;)



自分も結構必死だったので、詳細はよく覚えてないんですが、

1匹目のYを倒すのに結構手間取り、

2匹目のZをやってる最中にリーダーのナイトさんが撃沈…!


しかし、Zも何とか倒し、残るは飛竜とXとXのペットのウサギ

が、盾を失ったことで敵が暴れる暴れる…(;´ρ`)



飛竜はそれほど強くもなかったですけど、

Xとウサギコンビに次々と倒されていくPTメン…。


自分もアブゾタックでTPを吸って、

ファストブレードで一矢だけ報いましたが、ほどなく死亡…○rz



もはや、全滅か…!?と思われたところで、

LSの黒さんがトドメをさしてくれて、辛くも勝利…!



うひぃぃあぶねぇ~~((((゜Д゜;))))


2006_08_05_13_21_29

まさに、ギリギリで勝利をおさめる事ができて、ほっと一安心…ε=(~Д~;)



で、イベントシーンでこんなプリッシュとか出てきましたけど、

もう間が開きすぎて、なんのこっちゃストーリーがさっぱり(´・ω・`)


とゆうか…

毎回おなじような内容の話に思えるのは自分だけでしょうか?



プロマシアがどうたら、

霊獣がこうたら、

楽園がなんたら、

リッシュがかんたら…。



もうちょっとわかりやすいストーリーキボンヌ(´д`)



で、本来はここまでの予定だったんですが、

リーダーから、

「2時間後に続きのスノールBCに行くので、よければ一緒に」

との申し出があり、迷わずの字をあげときました(笑)



だってねぇ、めったにシャウトもないし行ける時にいっとかないと…(;´д⊂)



6人のうちガル戦士さんがお手伝いさんだったんですが、

次のBCも手伝ってくれることになり、結局同じメンバーで行くことになりました。


いやぁ、ありがたやありがたや…(-人-)


2006_08_05_13_53_06

ここで、昼ごはんもまだだったので、

待ち時間の間に買い物に行ったりして時間を潰してました。


そして、次のBCが60制限なので、

それ用の装備をサンドの倉庫キャラに取りに来たときの一枚がこれ。



そういえば、あますず祭りとかゆうのやってるんでしたねぇ~。

すっかり忘れてましたよ(´_ゝ`)


て、に撮ったほうがもうちょっと綺麗なんでしょうけども…

真昼間ですいません(笑)


2006_08_05_13_53_16

踊るタルタル。

なんとも可愛らしいですね。


しかし、ほとんど人のいない所で延々と踊っているのは、

ちょっと可愛そうになりました…(笑)



2006_08_05_15_21_45

てことで、スノールBCの地ウルガラン山脈へ。


先ほど、戦士でお手伝いしてくれていたガルさんが、

今度はにチェンジしての参戦。


さらに、このガルさんはBCまでの道案内までしてくれて、

本当に頼もしい限りでした(*´Д`*)



こうゆう方が一人いてくれると、ミッションもスムーズに進められて、

ほんと助かりますよねぇ。


しかも、リーダー曰く、

「ウルガラン来たの初めてwwww」

らしいので、なおさら…(笑)


いえいえ、今回参加させてくれて感謝しておりますとも、ええ( ̄ー ̄)


2006_08_05_15_43_55 2006_08_05_15_41_26

2006_08_05_15_46_22

今回の作戦はとゆうと、

このスノールが戦闘開始2分で自爆するらしいので、

精霊魔法、古代、WSと、ありとあらゆる手を使って削り、それまでに倒す、と。



そして、弱体アイテム シュメーヨ海の塩 を使うと、

自爆までの時間が22秒延びるらしいですが、

今回もって来ている塩は、自分とLSメンの方の2個のみ。


まぁ、急遽BC行きが決まったからこんなもんかな。



で、自分が開幕に塩を使うことになり、個人的な作戦としては、

開幕塩→イカロスでWS→アブゾタックでTP吸収→JA暗黒→暗黒WS

こんな感じでいこうかなと考えてました。


もちろん、死ぬ覚悟はできています!o(`ω´*)o


2006_08_05_15_47_19

しかし、ここでもやはり大活躍だったのがガル侍さん!


黙想からのペンタ連発で、

一人で半分は削ったんじゃないかと思うくらいの勢いでした(笑)


まさに、本日のMVPはこのガルさんで間違いないでしょう!


そして、もちろん他のPTメンの方の頑張りもあり、

見事スノール撃破!ヽ(`Д´)ノシャー



自分はとゆうと、塩使用時の硬直が10秒と思ったより長かったのが誤算でしたが、

とりあえずは、さっきの流れで多少は削れたので良しとしました…(笑)


とにかく、勝つことができればオールオッケー!!o(`ω´*)o


2006_08_05_16_06_48

早速バスへ報告しに行き、ついに…!



「3つの道」 糸冬 了!!



やったーー!!ヽ(;´Д`)ノ

長かったぞぉーーー!!ヽ(;´Д`)ノ



ふぅ~~~や~~~っと終わったか……ε=(~Д~;)

ほんと「3つの道」に入ってからどれくらいたつんだろ…。


しかし、これで…一時は諦めかけていた、

アル・タユへの道が少し開けたわけですね…(´;ω;`)ウレシイ



ここに来てようやく、プロMへのモチベーションが少し上がりました(笑)


そして、次のBC戦はついにあのオメガ・アルテマとの戦いなので、

こちらも非常に楽しみにしております!Ψ(`∇´)Ψ




てことで、プロマシアミッション「3つの道」ウルミア編はこれにて終了。


そして、本日最後にお届けするのが……

と、その前に。


2006_08_05_16_03_56

こちらは、あますず祭りinバストゥークの模様。


ええ、丁度バスへ寄ったものですから_(._.)_

とゆうか、またまた昼間の撮影ですみません…(笑)



でまぁ、あますず祭りは置いといてですね。

本日最後にお届けするのが…



2006_08_05_08_30_10

先日、8/2に実装されたアトルガンミッションの続編です。


こちらもなかなか興味深いストーリーですよね。



ま、でもぶっちゃけ今回は、

イベントシーンを追っただけで特に何もしておりませんので、

パパッと、軽くダイジェスト風味でお送りしたいなと思います_(._.)_


とゆうか、もうブログ書くの疲れた…(;´д⊂)



では、さっそく。


まずは、アトルガンではすっかり恒例の(?)ナジャ社長の元へ行き、

皇国から直々の仕事が入り、アルザダール海底遺跡群に向かえとの依頼を受けます。



ふむ、じゃ向かおう…てことなんですが、

ちょっとここで、前々から思ってたことがありまして。



それはなにかとゆうと…


最近の自分の格好、ホーバージョン+ワラーラとゆうスタイルが、

やっぱどうにもダサいなとSSなんか見るたび思ってまして、

ここらでちょっとリニューアルしてみようかと('∇')


とゆうことで、




2006_08_05_21_25_27

ババン!!


某王子とお揃いのスタイルにしてみました。



装備一式、しめて百数十万円也。

ま、いわゆる無駄遣いってやつですか(´_ゝ`)


でも、結構似あってるんじゃないかなと、自分では気に入っております_(._.)_



とゆうわけで、アトルガンミッションなどでは、

しばらくこの格好で進めてみようかと思います(笑)


2006_08_05_20_35_47

話しを戻してミッションのほうへ。



早速アルザダールに向かったんですが、

チョコボガールが捕虜に取られて、走っていく羽目に(;´ρ`)


しかも、せっかく装備変えたのに、

インビジで半透明になるとはこれいかに。



2006_08_05_20_38_17

in アルザダール海底遺跡群。


ああ、公式で開放されるて言ってたのここか、

と今になって思い出してみたり。



2006_08_05_20_38_54_1

ふむ、やっぱりこっちの格好の方が絵になるな。

無理して買ってよかったかも( ̄ー ̄)




2006_08_05_20_41_33 2006_08_05_20_52_58

2006_08_05_20_39_45

中には、錬金術ギルドのこの二人と、不滅隊の青魔道士がいました。


色々とこの遺跡の説明を聞いたりなんかして、

とりあえず、またアルザビに戻れと言われて戻ることに。




2006_08_05_20_55_38

しかし、最後になにやら不穏な雰囲気が…。

まぁ、ストーリーの詳細は是非ご自分の目でお確かめください_(._.)_




2006_08_05_21_04_51

再び、in アルザビ。





2006_08_05_21_09_35

2006_08_05_21_09_17

なにやら、すんごい機嫌の悪いネコ社長怒られる自分

どうやら報告を怠ったのがご不満のご様子(;´д⊂)




2006_08_05_21_12_06

2006_08_05_21_12_10

2006_08_05_21_14_14

2006_08_05_21_14_58

場面は変わり、皇宮内のシーン。


先ほどの不滅隊士から報告を受ける常相と、

やたら偉そうに喋る人形、オートマトン女性らしき人影。



無手の傀儡子と呼ばれるこの女性。

オートマトンと共にかなりの地位にあるようですが、

果たしてその実態は…?




2006_08_05_21_20_31

なんかかなりの美少女でした(*´Д`*)


むむむ、これは……。


FF11の登場キャラの中でも、屈指の美貌の持ち主ではないでしょうか。


むむむむ……(*´Д`*)




2006_08_05_21_21_11

しかし、性格もおとなしそうなこの女性が、

なぜこのような地位にいるのでしょう?


まぁ、この人形の方は十分偉そうですけども…(笑)


謎の多いこの二人。

今後も要注目の存在です。




2006_08_06_02_58_02_1

2006_08_06_03_03_03

そして、日をまたいでサラヒム・センチネルに現れた、

先ほどの二人と不滅隊。


この二人の指揮の下で、なにやら調査を依頼されました。



と、ここでの不滅隊士と人形の会話から、

偉そうなのはこの人形のクチだけで、

本当に偉いのは、どうやらこの女の子の方だけのようだとゆうことが判明(笑)



しかしもって、こんなフェイス作れるのかぁと感心してしまうほど、

綺麗な顔のキャラですねぇ(´・ω・`)


まぁとにかく、今後どのようにミッションに絡んでくるのか楽しみなところです。




とゆうわけで!

ここまでのイベントシーンを見終わったところで

またしても寝落ちしてしまいました(爆)


むぅぅん…ε=(~Д~;)



まぁ、でもこの後はなんか

モルボルを倒してアイテムを手に入れなければいけないみたいだし、

どうせソロじゃ無理なんで、また今度でいいや(´д`)





                ------------------------------------------------





さてさて。

予想通り、結構な長さの記事になってしまってもうクタクタなので、

今日はこの辺でお開きとさせていただきます(;´ρ`)


ま、この前もちょこっと書きましたが、

まだまだやりたい事は山ほどありますので、

自分のペースでちょこちょこやっていけば、

まだ当分は楽しく遊べそうでなによりかなと思いますです_(._.)_



ん~~ではでは、またお会いしましょう!

ごきげんようーーー!(´・ω・`)ノ~~~




あ。

そういえば、重要なものを忘れていました…。


2006_08_05_21_38_13

あますず祭り in ウィンダス


え、別にいらないって…?(;´_ゝ`)

いやいや、そういわずに…(;´_ゝ`)

とゆうか、またしてもお昼の撮影で申し訳ありません…(;´_ゝ`)



2006_08_05_21_38_55

踊るタルタル、女の子バージョン

こちらもなんとも可愛らしいですね('∇')


しかし、どう見ても、

「変なおじさん」をしながら歩いてる様にしか見えないのがなんとも…(笑)



2006_08_05_21_39_57

強面のお兄さん in ウィンダス


何してんのかなと気になったので話しかけてみたら、

ものの見事なオカマ口調でアトルガンへの傭兵を募ってました(爆)



こんな強面のオカマちゃんがお祭り会場で傭兵募ってたら、

ある意味かなりのホラーですよね((((゜Д゜;))))




てなわけで、本当に本日はこれにて!

それではみなさん、よいあますず祭りを!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

KYOSUKE HIMURO+GLAY "ANSWER" PV [音楽]

氷室京介とGLAYの夢のコラボレーション「ANSWER」!




…て、正直どちらも、それほどファンとゆうわけでもないんですけども(´・ω・`)



まぁ、ヒムロックBOφWYの頃から好きでしたし、

昔はちょこっとCDなんかも聞いたり……

そういえばライブにも1回行ったことあったな(笑)



でも、最近はトンとご無沙汰で、

GLAYとのコラボの情報を知ったときも正直……

う~~ん、ヒムロック…ε=(~Д~;)と冷めた感想しかなかったんですけど。



http://www.gyao.jp/ (パソコンテレビ GyaO)



こちらの無料動画でお馴染み

GyaOの音楽チャンネルでGLAY特集をやってまして、

その中でこの「ANSWER」のPVがフルで見れたんですね。


で、これが思ったより結構良かったです(´д`)


曲がなかなかいいですねぇ。誰が作曲したんだろ。

ヒムロックとテルさん、二人のボーカルもそれほど違和感なく聴けましたし。


でなんか、イベントもやるみたいですねぇ。

ほう~、いつのまにこんなに仲良く…(笑)




簡単な登録しないとだめですが(メールアドレスいれるくらいだったかな?)

映像も綺麗なんで、興味のある方は是非ご覧になってはいかがでしょうか_(._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »