« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

プークの幻影 [FF11]

2006_07_30_15_53_47


皇国軍:黒の書の無制限BC「プークの幻影」に行ってまいりました。



今日(日曜日)、結構な時間をかけてブログを書いたばっかりなんですけど、

こうゆうものはナマモノなので、新鮮なうちにアップしないとね(*´Д`*)



てことで、

この「プークの幻影」は戦績3000Pで行けるマムークにあるBC。

構成は、忍暗狩白赤詩で6戦。


敵はその名のとおり、プークが1匹だけ…

と思いきや、そうでもなかったりしますε=(~Д~;)


2006_07_30_15_01_56

ご覧ください、この気味の悪いSSを…(笑)



最初の時点では、プーク1匹いるだけなんですが、

ボレアースマントとゆうWSで、このように分身してくるのです!


で、これをどうゆう風に対処するかとゆうと、

まぁ、当然ですが寝かすわけですね。


しかし、この寝かしもスリプルは全く効かないらしく、

詩人さんのララバイでしか寝ないとゆう、なんともイヤラシイ仕様(´_ゝ`)


なので、このBCは詩人さんがいないことには、

100%勝てないと思われます。


2006_07_30_15_04_39_1

ほんと、虫の嫌いな自分にはなんとも耐え難い画像です…(;´ρ`)



で、ダークネスな自分はなにをしていたかとゆうと…。


通常時には、普通にオートアタッカーをやりつつ、

新魔法「アブゾタック」で、TPなんかも吸いながら削りをしてたんですが、

先ほどの、ボレアースマントで分身を寝かしている際に、

ホワイトウィンドウ(範囲HP回復)とゆうWSが来ることがあるんですね。


それをやらせちゃうと、寝かしている分身が全て起きてしまい、

詩人さんにこの虫たちが、一斉に襲い掛かる事態になってしまうわけです(;´ρ`)



ですので、そうならないために、

このホワイトウィンドウをスタンで抑えるとゆう、

暗黒としては珍しい(?)、結構重要な役目を担当しておりました_(._.)_

(いっぺんミスって詩人さん死なせちゃいましたけど…)


2006_07_30_15_24_13

でもまぁ、注意する点はそのくらいで、

慣れればさほど難しくもないBCなんじゃないかなとゆう印象でした。


ああ、あとイルウィンドウとかゆう、

範囲で蝉もはがれるWSも来ましたけど、

こちらは止められれば止める程度でも問題はないと思います。


とにかく、ボレアース→ホワイトウィンド

この流れだけ気をつければ。



で、6戦やった結果は、

5勝1敗


ええ、この1敗はお察しの通り、初戦の敗北によるものです…(;´д⊂)

やっぱり、どうしても初めてのBCの初戦はね…○rz


2006_07_30_15_24_26

で、自分は2番手で挑み、なんとか勝利できました!


宝箱の中身はとゆうと、



龍の爪

知恵の袋

アーリマンの翼

プロテスIV

プークの翅

チョコボの卵

サクリフィストルク(首 潜在能力:召喚獣の攻撃力アップ Lv71~ 召)



こんな感じです。


う~ん、中当たりって感じですかね?

龍の爪が100万円ほどするので、ちょっとニンマリ( ̄ー ̄)


大当たりは、ベヒーモスの角なんかが出るそうです。



あと、気になるのがチョコボの卵

これは、あのチョコボの育成で使うんですかねぇ?

他に使い道もないみたいですし、恐らくそうなんでしょうね。



う~む、この卵がマイチョコボになるのか……。

大事にしまっておこう('∇')






とゆうわけで、初めての戦績BCへの挑戦でしたが、

戦績2000と3000で、ちょっと小銭も稼げるこのBC。

これは、なかなかいい追加なんじゃないかなと思いました。



メリポにはこれからも普通に行くでしょうし、

戦跡も3000くらいなら、1,2回のPTで貯まりますしね。


あと、ビシージに参加しても700くらいもらえるし(笑)



でことで、他のBCにもいつか挑戦してみたいもんですΨ(`∇´)Ψ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

お前の刃は黒く輝いているか? [FF11]

2006_07_29_01_09_37


今週は、待ちに待った20060725Ver.upが行われましたが

皆様いかがお過ごしでしょうか_(._.)_


メリポ、アサルト、ビシージ、戦績BC、新ジョブAF、モグロッカー…etc

と結構なボリュームのアップになりましたが、

自分はとゆうと、まだほとんど手付かずの状態でありますε=(~Д~;)



8/2にはアトルガンミッション追加

そして、8/22にはチョコボ育成の実装と控えてますので、

とりあえず、やることにはしばらく困りそうもないのは、嬉しいですけどね…(笑)


2006_07_25_23_18_13_3

さて、

今回メリポ拡張&ジョブ調整の一環でナイトと暗黒に追加された、

シバルリーアブゾタックを試してみたくて、

Ver.up当日に早速メリポに行って来ました。



自分でリーダーをしてメンバーを集めて、

最初は、当然のごとくアトルガンエリアでメリポろうと思ってたんですが、

やはりどこも混みこみ……(;´ρ`)


こりゃどうしようもないな…とゆうことでPTメンバーさんと相談し、

仕方がないので旧エリアで狩ろうと、PT0のルフェーゼ野に向かいました。



う~ん、戦績BCとか追加してくれるのはいいんだけど、

狩場のほうも何とかしてほしいですよね…(;´д⊂)


毎回混み込みな上に、取り合い上等の狩りがこう毎回続くと、

さすがにちょっとねぇ……。



ま、愚痴はさておき…。


この時は、暗黒のアブゾタックはいかほどのものかと気になったので、

暗黒でメリポPTに行ったんですけども。


確かに噂通り、吸い時さえ間違わなければ、

1回に20~80ほどもTPを吸えて、しかもリキャスト1分


まさに神魔法ktkr!!!o(`ω´*)o


て感じで、感激してたんですけど……。

なんか、やたらとミスが多いんですよね…(´・ω・`)



ルフェーゼの敵、大鳥と大羊が75からとて~とてとての強さ。

で、体感でなんですが、アブゾタックの成功率がおよそ4割ほど…○rz


う~~ん、いい魔法なんだけどこの成功率はいかがなものか??ε=(~Д~;)


ネットなども見てみたんですが、そこでは、ミス多発の報告は無し。



こりゃやっぱりあれか?


自分の暗黒魔法スキルが白字のせいか??(ちなみに75で260)


と己の未熟さを痛感し、それと同時に、

(じゃぁ、ここらで本格的に暗黒騎士を極めてみるか!)

と意気込みも新たに、真の暗黒を求める旅に出る決意をしたわけです。



その手始めとしてまずやるべきこと。

それが、暗黒魔法スキルの強化。


アブゾタック


この魔法が、今はミスが多いですけど、

魔法スキルを上げてミスを少なくすれば、かなりメリポの戦闘も変わるのでは…

とゆう期待を抱かせる魔法なのは間違いないからです。


2006_07_28_23_45_34_1

そして、スキルを青字にするのももちろんですが、

装備でも強化できるものはないかと、競売ウォッチングしてみたところ



ダークトルク Rare 耐闇+5 暗黒魔法スキル+7 Lv65~ All Jobs


ダークピアス Rare 暗黒魔法スキル+3 Lv35~ All Jobs



こんなものを見つけたんですが、どちらも競売の在庫0…(;´ρ`)


しかも、25日以降すこしづつ値上がってきています。

やはり、同じ事を考える人が多いんでしょうね……(笑)



しかしこれは困ったなぁと、他に何かないか探していたんですが、

そこでふと思い出したのが、暗黒AFの存在。


そういえば、以前は微妙だと思っていた、

○○魔法スキルUPとか色々ついてなかったっけ…

と調べてみると、


カオスバーゴネット Rare Ex

防23 HP+12 STR+4 暗黒魔法スキル+5 暗黒効果アップ Lv60~ 暗


案の定こんなのがありました(笑)



昔は命中か攻撃+のものしか興味がなかったので、

見事にAFを取らずにスルーしてましたが、

今見るとなかなか憎い性能だこと(*´Д`*)


しかも、タダで手に入るんだからやらない手はありません。



とゆうことで、まずはこのカオスバーゴネットを手に入れるべく、

彼の地ベドーへ。


2006_07_28_23_41_50_3


「お前の刃は黒く輝いているか?」

ザイド氏。



ああ、そういえば全てはこのベドーから……


このザイド氏から受け取ったカオスブリンガーを手に取り、

100匹ものモンスターを殺める事から始まった、

深い業を背負ったジョブ…。


それが暗黒騎士だったのだと思い出させてくれる、

ザイド氏のこの言葉。



そう、すべては、この両手剣から…。


今やネコも杓子も暗黒騎士も、

サポ忍、サポ忍、空蝉、空蝉……。

ハァε=(~Д~;)


なんともやるせない時代になったものです。


2006_07_29_00_01_04_2 

で、

両手剣は間隔が長くてチョウイライラするので片手剣に持ち替え、

カオスバーゴネット取得への最初の課題、

クゥダフ魔道士の血を手に入れるために、ベドーの奥地へ。



この血は、コッファーエリアにいる

Topaz Quadavからのみドロップするらしいんですが、

これがまた出ないこと出ないこと…ε=(~Д~;)


しかも、普段あまり暗黒でソロもしないため、

ナイトに比べるとどうしても使い勝手が悪く、ペースもイマイチ。


挙句の果てには4匹リンクし、

オルドゥームリングでアトルガンに逃げ帰る羽目に…。



くうぅぅぅ…○rz


2006_07_29_05_25_45 2006_07_29_07_53_46

2006_07_29_06_01_13_1

しかし、ここでめげるわけにはいきません。

今度は、ナ/白に着替えてリベンジ。



やはり慣れているナイトでの狩りだと、

ペースもアップして、リンクも3匹くらいなら無問題。


ここで、今回のVer.UPで追加され初めて使ったのが、



シバルリー:TPをMPに変換する



これもアブゾタックに劣らない、素晴らしいアビでした(*´Д`*)


とはいえ20分アビなので、PTで使うとなると正直微妙かもしれませんが、

楽~くらいでのソロ狩りならヒーリング無しでいけるので、

すんごい嬉しい追加です(´;ω;`)


変換率もTPそのまんまじゃなくて、1.5倍くらいなのかな?

TP160→MP260とかこんな感じだったので、そこも嬉しいポイント('∇')



とまぁ、シバルリーはいいんですが、肝心の血のほうはとゆうと…

ナイトできてから2時間は狩り続けましたが、ぜんっぜん出ません…(;´д⊂)



狩る敵が間違ってるのか、狩るポイントが違うのか…と、

サイトなどで調べてみても、やっぱりこいつで間違いないし……。


くそ~~、仕方ない、こうなったら…

と、いったんOPでバスに帰り、今度はナ/シで三度ベドーへ…。


その後、一時間ほど狩り続けて、

ようやくクゥダフ魔道士の血ゲット!!



移動時間やら含めると、所要時間およそ4時間ほど。

殺めた敵の数は、100匹近くになるんではないかと思われます。



さすが、暗黒AF。とても業が深いクエですね^^;




とでも言うと思ったか、このヤローー!!

(ノ ゜Д゜)ノ <アブゾダロス!!   ==== ┻━━┻




不具合じゃないのわかってるけど、

もう、不具合でしょ?このドロップ率は…(´д`)」


って、今回ばかりは本気でGM呼んで、

イチャモンつけようかと思ったひと時でした…(苦笑)


2006_07_29_09_44_01

そんな憤りを感じながらも、次の目的地デルクフの塔へ。


え~と、次はなんだっけ……。


”デルクフの塔中層に行って、

???にクゥダフ魔道士の血をトレードすると、

Gerwitz's Scythe(ウェポン族)とScythe Victim(スケルトン族)2体、

計3体のNMが現れるので倒す。”


だそうです。



ふ~ん、なるほどね。


まぁ、ゆっても所詮は60時代のAFクエだし?


それに途中ジュノによって、サポ忍にもしてきたし?


さらには、シバルリーも身につけてアゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士だし?



Kao2_1


2006_07_29_10_47_13

ええと、シバルリーどころかシバカレマクリーでした。

これは、強いわ……(;´д⊂)



聞くところによると、75の3人でもきついとか…。

そんなもんにソロで挑むとは……なんてこったい(;´д⊂)


見事にレベルもダウンし、そしてなによりきついのが…

クゥダフ魔道士の血がなくなった事……○rz



2006_07_29_10_59_52_3

        アトルガンに戻り放心状態の図


はぁぁぁ……ε=(~Д~;)

また、あの血取りからせねばならんのか…。


2006_07_29_01_09_40


Road to Darknes


我が刃が黒く輝く日は来るのでしょうか?

真の暗黒への旅は、まだまだ始まったばかりのようです。


てか、血取りメンドクセ…(;´д⊂)





                      ━━━━  おまけ  ━━━━


2006_07_29_01_29_05

一度アルザビに戻ったときに会った、フレのからくり士さん。


派手だけど、なかなかかっちょよろしいですねぇ!

やっぱ、いいなぁ新ジョブのAF(*´Д`*)



2006_07_29_02_02_23

2006_07_29_01_31_00

そして、同じ時に丁度来たビシージの模様。

名前は知りませんが、将軍様お二人。

↑のこんな普通の市民みたいな将軍さんもいるんですね(笑)



2006_07_29_01_32_32

侵攻してきたマムージャ軍



2006_07_29_01_07_03

「チッ、間の悪いときに来ちまったもんだぜ?」

迎え撃つダークネス



2006_07_29_01_32_23

進入してくるマムージャ軍



2006_07_29_01_07_03_1

「・・・・・・・・・・・・・。」




2006_07_29_01_35_25

アブゾアパム:まるで死んだかのように気配を消す事ができる



2006_07_29_01_35_48

/Say Surrender 「返事がない。ただの屍のようだ…。」

自分は後半戦に向けて体力を温存しておく方向で。



…とまぁ、冗談はさておき、

なんか、コカやらブガートやらドラゴンやら、色々引き連れて来てました(爆)


前からこんなにいっぱい来てましたっけ?

ヴァージョンアップで変更されたのかな。



2006_07_29_02_51_56

そして、マムージャ軍に必死で応戦している最中に、、

死者の軍団レベル5がアルザビに向けて侵攻開始。

いきなりの2連戦となり、これが思いもよらぬ大激戦に!



マムージャ軍が来たときには、すでに3人しかいなかった将軍が、

マムージャ侵攻によりさらに二人減り、

死者の軍団との戦闘開始時には、ミスラ将軍が一人残るのみ。


しかし、そのミスラ将軍も戦闘開始ほどなくして討ち取られ、

ついに封魔堂の門を突破され大ピンチ!



2006_07_29_02_36_51 2006_07_29_02_56_50

封魔堂内部


へぇ~~、こんな風になってるんですねぇ。

と、感心している場合ではありません。



とにかく、この内部が狭いので、

骨をいくら削っても、ブラッククラウドでたちまちHP満タンにされてしまい、

凄まじい勢いで死者が続出。



シャウトでも

「挑発持ってる人は、外に敵連れ出して!」

などと怒号が飛び交う、まさに戦場とかしたアルザビ。


が、外に出たら出たで、そこに待ち受けていたのが……



2006_07_29_02_42_09


Lamia No.9


このNMです(;´д⊂)

こいつがまた、やたらと強い……。


まわりにエレを三匹くらい連れてたんですが、

こいつらに近づくだけでも、一撃200~300の攻撃で即死状態。



もはや今回ばかりは、アルザビ陥落か…と思いながら、

死んでは起きて衰弱回復待ち。


そして、また死んでは起きて衰弱回復待ち…と繰り返しているうちに、

そのまま寝落ちしちゃいました(爆)



だって、この時すでに深夜3時くらいだったんですもん…(;´ρ`)



で、この勝敗はどうなったかとゆうと、

次の日に一緒に参加してたLSの人に聞いたところ、

どうやら陥落は免れたようです。よかったよかったε=(~Д~;)



しかし、今回のビシージは熱かった!

マイベストビシージに認定してもいいくらいですね_(._.)_


死者の軍団だけで、1時間は戦ってたかな?

ほんとに攻城戦て感じがして楽しかったです('∇')





てことで!


一週間ぶりのブログだったので、ちょっと長めに書いてみましたが、

いかがでしたでしょうか_(._.)_



本当は、毎日ちゃんと書きたいんですけども、

なかなかそうもいかないのがこのblogとゆうものでして…(´д`)


なんとも奥が深いですね(いやいや)。



まぁ、まだまだやる事…

とゆうか、やりたい事はいっぱいありますので、

また何かあれば、”随時”ご報告していきたいと思います!




では、今回はこの辺で。

おつかれちゃ~ん(´・ω・`)ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

メリポVer.up!&黒魔道士Ver.down? [FF11]

2006_07_22_23_56_18



最近はとゆうと、もっぱら黒魔道士上げに熱中しております。



現在Lv75のジョブが、パラディン&ダークナイトの二つあるわけですが、

本来ならここでドラグーンを上げて三大騎士を極め、

「高雅なる大騎士」の名に恥じないナイツにならなければいけないところですが、

いつまでもそんなネタ臭いこと言ってると、シャウトに便乗できません(切実)



なので、現在シャウト募集で最もよく聞かれるジョブの一つである、

黒魔道士を上げることが急務だと感じたわけです。



以前に上げていたLv30から再開して、

現在ようやくLv49にまで来ることができました。


↑のSSは、昨日の夜リーダーをしてクロ巣に狩りに行ったときのものですが、

なかなかいいPTが組めたなと、我ながら満足( ̄ー ̄)


構成がナ青コ侍赤黒の47~8PT。


R・芋をメインに狩って、

4時間ほどで1万3000ほど稼ぐことができました('∇')


まぁ、時給になおすと、49になって単価が下がったり、

途中から他のPTが来て獲物枯れ&格下をやったりしていたんで、

それほど高いわけでもないかもしれませんが、

それ以上に内容が充実してたのがよかったですね_(._.)_



ナイトさんもばっちり固定してくれて、

コルセアさんも釣り&ロール&連携参加で大活躍。

他の皆さんもお上手だったので、事故もなくスムーズに狩れました(笑)




しかし、あれですね。

Lv40超えてからは初めてコルセアさんと組んだんですが、

このレベル帯までだと、詩人さんを超える性能かもしれませんねぇ。


とにかくエボカーズロールが神過ぎる!ヽ(`Д´)ノ


ラッキーNOでMP4ずつ回復は素敵でした…(笑)



まぁ、バラード2を覚えてからは詩人さんも唯一神ですので、

どちらがどうとはいえないかもしれませんが、とにかくコルセアよかったです。

23で止まってるから、またやろっかな…(´д`)




てなわけで、75目指して邁進中の黒魔道士ですが、

ここからは、AF属性杖古代魔法なんかもあるのでちょっと楽しみ♪



そして、そんなウキウキのサレンダーさんにBIG NEWS!!(^^)/



http://www.playonline.com/pcd/topics/ff11/detail/672/detail.html

(累積魔法耐性の導入について)








Kao1

なんなんでしょう、このグッドタイミングVer.downは…?


う~~ん……??

ようはHNMとかBCとか普通のNM戦とかで厳しくなるって事…?


とゆうか……

そうゆうのに行きやすくなりたいから黒上げてたんですけど…○rz



まぁ、どうなんだろ…これでどれほどの影響が出るかですよね。


しかし、どのジョブにしろもう弱体はやめて欲しいなぁ。

3ヶ月も待たされた挙句、自ジョブが弱体された日にゃぁ…


メインの黒さんとか、ねぇ…(;´ρ`)




で、その3ヶ月待たされたVer.upの内容がようやく来ました。



http://www.playonline.com/pcd/topics/ff11/detail/683/detail.html

(メリットポイントの拡張について)



これはとりあえず素直に楽しみ!!

もう今回のアップではないと思ってたんで、とにかくよかったよかったε=(~Д~;)



見てみると、各ジョブに4~8個もアビや魔法が追加されるみたいです。

う~ん、嬉しいなぁ(*´Д`*)



ナイトに欲しいもの…。

挑発でしょ、レイズ2でしょ、JA暗黒でしょ、スーパージャンプでしょ、ファランクスでしょetc



ああ、ついにダークドラゴンナイトとして昇華する日が来たのかもしれません。

…って、別に他のジョブからアビ、魔法を貰うわけじゃないか……(笑)



う~~ん、どんなんが来るかなぁ~~。

どうせなら各ジョブSPアビ級のが来ても面白そうですけどねぇ。




しかしですね…この…、ちらちらと頭をよぎる……この単語たちは一体…


センチネル2Ψ(`∇´)Ψ、ランパート2\(^-^)/、ホーリーサーk……(σ´Д`)σ



いやいや、気のせいだ……ああ、気のせいに違いない…(;´_ゝ`)



あと、アトルガン戦績で行けるBCも増えるみたいなんで、

しばらくはメリポな日々が続きそうですね('∇')


ああ、そうだ…、黒も上げないといけないし…(笑)

まぁ、やることがふえるのはええこっちゃ(´д`)



そういや、チョコボ延期は残念でしたね(´・ω・`)

こちらも早く来ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

ハウルの動く城とゲド戦記の酷評 [テレビ]

金曜ロードショー「ハウルの動く城」



この映画、昨日はじめて見たんですけど、

元々熱烈なジブリファンでない自分でも、なかなか楽しめました。

とゆうか、開始1時間くらいまでは、

個人的ジブリ作品ベスト1になりそうな勢いだったんですが…(笑)



この映画、登場キャラが軒並み良いですね~。

カルシファーだとか、荒野の魔女だとか、とか、

それぞれ個性があって見てて面白かったです。


あと、マルクルだったかな?(もう忘れた(汗))

あのちっこい子、かわいかったですね(*´Д`*)



主人公のソフィーも、

おばあちゃん時のキャラはすんごいよかったと思うんですけど、

若くなったときの声にどうしても違和感が…ε=(~Д~;)


あれどうにかならなかったのかな……。




そして意外だったのが、ハウル役の木村拓哉!


なんか、公開時には批判のようなものも結構見ましたが、

個人的には、ぜんっぜんイケてたと思うんですけどどうでしょう?(´・ω・`)


当然のごとく渋い声だし、声優さん特有のオーバーさもなくて、

点数をつけるとしたら90点はあげてもいいくらいの出来だと思いました。



あとの10点は……。

声云々より、木村拓哉だと知らずに見れたら尚良かっただろうなと(笑)

まぁ、そこは話題づくりもあるだろうし仕方ないのかな…(´д`)




て感じで、ほのぼのとした雰囲気で面白いなぁと思って見てたんですが、

終盤…なのかストーリー全体なのか、

ちょっとわかりにくいところがいくつかあったのが気になりましたねぇ。



結局ソフィーにかかった呪いは解けたのかどうか。

解けてないなら何故徐々に若返っていったのか。


そして、あの戦争の理由は一体何なのか。

それと、あんなにあっさり戦争をやめた理由は?


あと、ハウルとカルシファーの関係(契約等)……などなど。


見ててちょっと疑問の残ったのはこれくらいですかね。




…って、今書いてて思ったんですが。


別に細かいこと気にせずに、ほのぼのとした雰囲気を楽しみつつ、

「呪いをかけられた少女が、恋をしてその呪いにも打ち勝つことができました。」

とゆう解釈で、なんとなく見ればいいんでない?って気もしてきました(笑)



ねぇ、そんな毎回メッセージやら設定やらシチメンドクサイ(´・ω・`)

うむ、まぁ面白かった面白かった('∇')




で、その放送中にも幾度となく流れた、

スタジオジブリの次回作「ゲド戦記」。



あの宮崎駿監督の息子、宮崎吾郎さんが初めて指揮を取った注目作!

…だそうなんですが……。


http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id324031/(Yahoo!ムービー)



すんごぃ書かれ方してます(爆)



最初に書きましたが、

それほどジブリの作品に興味があるわけでもないんですけど、

ハウルも結構良かったし、「ゲド戦記」のCMで流れてる曲も好きなんで、

ちょっと見てみたいなぁと思ったんですが…。



この書かれようは…。


一体何をしたんだ…宮崎吾郎…○rz


とゆうか……。

これだけ書かれてると、の意味で見てみたい…(笑)



宮崎駿さんも、もう結構なお歳でしょうからねぇ。

後継者となるべくはずの息子さんがこの評価じゃ、

安心して引退もできないでしょうねぇ……(;´ρ`)



そんなジブリの行く末を占う、大注目作品「ゲド戦記」。

7/29公開だったかな?ちょっと自信ないですが…(笑)


はてさてどうなることやら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

あ~あぁ、極楽の~とんぼよ~~、どこ~へ~… [芸能]

長渕つよし風にはじめてみました。こんばんは。(わかりました?)



いや~びっくりしましたねぇ。

極楽とんぼの山本圭一が未成年に飲酒、暴行の疑いで吉本興業解雇

http://www.daily.co.jp/gossip/2006/07/20/0000073905.shtml(デイリースポーツ)



あ~~あぁ……、なにをやってんだか(;´д⊂)

38にもなってこんな事すればどうなるかわからんのかなぁ…。


てか、相方の加藤さんが可哀想ですよねぇ。

最近、バラエティー以外でも頑張ってましたし、

17年やってきてこんなことでコンビ解散とは…。


朝のレギュラーで司会を努める番組でも、号泣して謝罪してましたが…

と、その動画のアドレスはろうと思ったけど、繋がんねぇでやんの(´д`)

これも、山本ショックの一環なんでしょうか。


そう、今回の事件は色々な波紋を呼んでいるみたいです。


山本氏の出演している番組や出演予定の番組、

さらには、今回の事件に巻き込まれる(?)形となった

欽ちゃんの「ゴールデンゴールズ」までも解散に…。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20060719/20060719-00000718-fnn-soci.html

(Yahoo!ニュース)



欽ちゃん…○rz



まぁ、事が事ですし吉本の解雇は妥当だと思います。

本人も「芸能活動を中止します」とコメント出してますけど、

これだけの騒ぎになったら、さすがに復帰は無理でしょうしね…。


とゆうか、何しても笑えねぇよε=(~Д~;)


ん~~、めちゃイケとかでも結構好きだったんで、残念です…。



で、気になるのは芸能界をやめた後どうするかですが…。


本人的には一番いい時期からの芸能界追放

とゆうキーワードからどうしても浮かんでくるのが……、

マーシーこと田代まさしさんの顔なんですけども……(苦笑い)


いやぁ、いくらこんな騒ぎを起こしたからといって、

さすがにあそこまで落ちていく姿は見たくないですよ…ね?(;´ρ`)



とにかく、加藤さんにはコンビ解散後も頑張ってもらいたいですね。

応援してます。


しかしほんと、めちゃイケとかどうなるんだろ……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月17日 (月)

ある冒険者の日記 [FF11]

2006_06_26_21_46_02_1

6月12日

このアトルガン皇国に来て、はや1ヵ月半ほどになる。

連日、アサルト、ビシージ、ミッションなどで、

めまぐるしい日が続く毎日だ。



最近、冒険者の間でにわかに話題になっているものがある。

ワラーラターバンとゆう、その名のとおり頭に巻くターバンだ。

2006_06_26_21_40_34

アルザビで募金活動をしている彼に、

アトルガン青銅貨を1000枚…皇国戦績にして2万ポイント分もの貨幣だ。

その青銅貨を彼に寄付すると、

先ほどのワラーラターバンが手に入るとゆう。


ワラーラターバン(頭 HP+30 MP+30 ヘイスト+5% Lv75~ All Jobs)


これほどの装備だ。

冒険者として無視できるわけがないだろう?


私もメリットポイントPTなどに参加し、

先ごろ、ようやくアトルガン皇国戦績を2万ポイント貯めることができた。

早速ナシュモに行き、戦績を青銅貨に変え彼の元へと急いだ。

2006_06_26_21_46_58

あえて言おう。

アテネオリンピックのマラソン妨害おじさんではないと。

http://www.yomiuri.co.jp/athe2004/news/20040829i321.htm



見た目はさておき、やはりヘイスト5%とゆう性能は魅力的である。


しかし…だ。

いくら魅力的とはいえ、5%アップした程度ではさほど効果は期待できない。

他の部位のヘイスト効果との組み合わせによって、

その真価は発揮できるであろう。


しかし、残念ながら私には他のヘイスト装備がないのである。

ふむ、ならば……、手に入れるしかあるまい。


ヘイスト装備の代表的なものの一つといえば、

やはりダスク装備だろう。

値段の方は結構な高値がついてはいるが、

競売で買える装備とゆう点では、比較的手に入れやすい代物だからだ。


そこで私は、ダスク装備を購入するための資金を得ようと、

海蛇の岩窟へ向かうことにした。



2006_06_26_23_20_07

6月15日


海蛇の岩窟は言わずと知れたサハギンたちの巣窟である。

そのサハギンたちの中にいるノートリアスモンスター。

このNMから手に入る「セイレーンの髪」が、非常に高値で取引されている。


私も以前に訪れたことはあるのだが、

まだ未熟だったためにかなりの苦戦を強いられ、

挙句の果てに何も収穫がないまま引き上げることになったとゆう、

苦い思い出だけがある…。



だが、今は違う。

あの頃より数段実力もアップし、装備も充実している。

今こそ、これまでの冒険の成果を示す時だ。

待っていろ、サハギン。

2006_06_28_20_13_24

海蛇の岩窟には3つのエリアがありそれぞれの扉を開くのに、

獣人金貨、獣人ミスリル貨、獣人銀貨が必要になる。


今回私が狙うサハギンは、ミスリルエリアの最奥にいるNM

Voll the Sharkfinned



最も、最初からこいつに狙いを定めていたわけではなく、

各NM出現ポイントを回ったところ、

こいつのいる最奥の部屋にはライバルがいなかったためである。


なにしろ高額で取引される「セイレーンの髪」だけあって、

ライバルも非常に多く、異国からの商売人も張り付いている。

人の少ないポイントを探すことが、髪取得のなによりの近道だろう。


そうゆうわけで、

この部屋でVoll the Sharkfinnedの出現を待つことにした。


長い戦いになりそうだ。



2006_07_01_03_33_23

6月19日


まだノートリアスモンスターは現れない。

さすがに、何もない洞窟での一人の生活は気がめいってくる。


しかし今日は、シグナルパールで時々連絡を取り合っている、

コルウィ・ペルウィが陣中見舞いにかけつけてくれた。


「待たせたな、手を貸そう。」


フッ、相変わらずの無愛想なやつだ。

だが、こいつの使う白魔法は重要な戦力になるし、

なにより話し相手ができたのが嬉しい。

2006_07_01_03_28_13

「俺、この仕事が終わったら、

 故郷にいるキャシャリンと結婚しようと思うんだ。

 え?そうゆうことは無事に仕事を終えてから言えって?

 なぁに、サハギンなんかにやられる俺じゃないさ、ハハハハ。」



翌日、コルウィ・ペルウィは、また会おうと言い残し帰っていった。



2006_06_28_20_37_04

6月22日


ついに現れた。


Voll the Sharkfinned


こいつがお目当てのNMだ。


目の前に突如現れ、不意打ちを食らったが、

落ち着いて戦闘態勢をとり、冷静に奴の拳をかわす。


やはりだ。

以前とは比べものにならないほどに、私の実力は上がっている。

2006_06_28_20_41_04

勝敗はすぐに決した。


奴の百烈拳ですら、

私のインビンシブルの前には、ただ無力でしかなかった。



確実に奴の体力を削っていき、

勝利が確実になった戦いの終盤には、

もはや「セイレーンの髪」のことしか頭にはなかった。


…が、その時である。

2006_06_28_20_40_48


ブゥゥゥゥゥン。


「…ぐっ、何をした…!?」


「キサマニワレワレサハギンノノロイヲカケタ…。

 コレデキサマハオワリダ…フフフッ…」


「何…!?呪いだと…ワケのわからないことを…」


セイゼイソノトキガクルマデクルシムガイイ……フハハハハ!」

2006_06_28_20_41_07


「負け惜しみはそれだけか!!

 喰らえ!!スピリッツォンィズ イン!!(かんでもうた)


「ピギャーーーッ…!!」


シュゥゥゥゥゥゥゥ……

………

………



…フン、何が呪いだ、くだらないことを言いやがって…。


くそっ、セイレーンの髪のドロップもなしか…。



すまない、キャシャリン。

もうしばらくかかりそうだよ……。



2006_06_28_20_39_27

6月27日


あれから5日ほど過ぎたが、未だにセイレーンの髪は手に入らない。

自分の運のなさにつくづく嫌気がさす。


しかし、たまに宝箱目当てのような人が来るものの

ほとんど誰もこの部屋に来ないのはどうゆうことだろう?


まさか、ここにいるNMからは髪はドロップしないとか…?

いや、まさかな…確かなところから得た情報だしそんなわけはあるまい。


だが、ドロップしないにしろ運がないだけにしろ、

あまりいい状況とは言えないのは間違いない。



そういえば、3日ほど前から異様に体が熱い。

あまり長くこの生活を続けるのも体に良くないようだ。

できるだけ早く髪を手に入れなければ。



場所を少し変えてみるか…。



2006_06_28_20_11_33

6月29日


体の様子がおかしい…。

力がまったく入らない。


しかも、皮膚の表面がカサカサと乾燥してきた…。


いったい、どうゆうことだ。

まさか、これが…

あのサハギンの言っていた呪い……?


いや、そんな馬鹿な……。


そうだ、長くこの洞窟で暮らしているせいで、少し疲れただけだ。

とにかく、今は休もう。




7月1日

からだがかゆい

かゆくてたまらない。

かゆいのでかきまくってたら、ひふの下からうろこみたいなのがでてきた

なんなんだ、これは

こわい

きゃしゃりん、たすけて





7月3か











2006_07_01_03_58_25

7がつ7か

トモダチノBOg さはギンが

「モウスグダ、オマエモモウスグデ」

とイッテイた。

ナニガモウスグなんだろう

ナニがもうスぐなのかわからにけどBoグはとてもいいやつだ

イッツもサカナをワケテクレるから。

アア。オナカがすいたナ

サカなをとりにイテコヨウ






7 9にち

キュ       がタベタイ

オイシ   イカラ

ニンゲン   キュ すとる

キラ イ






2006_07_01_03_59_46

713




キュ ス



ウマ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月15日 (土)

タイヨウのうた [ドラマ]

昨日7/14から放送開始のTBSのドラマ、

「タイヨウのうた」を見ましたので、その感想をばちょこっと_(._.)_


http://www.tbs.co.jp/taiyounouta/ (タイヨウのうた公式HP)



内容を簡単に説明すると、

XPとゆう太陽の光を浴びると亡くなってしまう病気に侵された

雨音薫(沢尻エリカ)と、人生に迷う19歳の少年藤代孝治(山田孝之)

が出会ってのドタバタ劇(違うか)。


まぁ、こうゆう言い方もなんですが、

いわゆる難病+恋愛物のドラマとゆう感じなんですかね。

映画も公開されているようですが。



で、ぶっちゃけ。



あまりドラマ自体には興味なかったんですが、

主演の沢尻さんが出るので見てみただけとゆうワケです、ええ(´・ω・`)


「1リットルの涙」を見て以来、

純粋にまたこの人の出る作品を見てみたいなぁと、

久々に思った(初めてかも)女優さんだったもんで。



で、その第一回目の放送の感想は。


ん~~まぁ可もなく不可もなく、みたいな?(´д`)


全体的な雰囲気としては結構良かったと思いますけども、

面白かった!とか、この先面白そう!!とか思うほどではなかったかなぁ。

まぁ、まだ1回目なんであれこれゆうのは早いですけどね(笑)


薫役の沢尻さんのキャラも半酔いで見てたせいか、

いまひとつまだつかめなかった感じですし(自業自得?)



しかしこう、オーラがあるとゆうか画面映えするとゆうか、

なんかそうゆう雰囲気はある気はしますねぇ。

で、この人誰かに似てるなぁと思ってたら、工藤夕紀さんに似てるんだ(笑)

似てませんかね?(´・ω・`)



ま、沢尻さんの演技とかストーリー的にもこれからが見所でしょう。

二人が出会っての変化や、病気が進行してきた時(するのかな?)などなどね。



あ、そういえば

個人的に山田孝之さんの演技が今までどうも苦手だったんですよ…。

なんか癖が強すぎるとゆうかなんとゆうか……(;´ρ`)

でも、今回のドラマではそんな事もなく、

すんなり見れたのがちょっとよかったです(笑)



てことで、第2回目からも期待して見てみたいと思いますです_(._.)_

あ、沢尻さんの歌もなかなかよかったな('∇')

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月11日 (火)

ワールドカップ2006 ドイツ大会閉幕 [サッカー]

1ヶ月間、熱戦を繰り広げてきたワールドカップも、

昨日の決勝戦、イタリア対フランス戦をもって幕を閉じました。


当ブログでも睡魔と戦い、

少しでも盛り上がりに便乗盛り上げに貢献しようと、

この1ヶ月間できる限りの試合を追ってきました。


そして昨日の決勝戦。







素で忘れてました。



いやぁ、こんなことってあるんですね(´_ゝ`)

今までの苦労はなんだったんだと…。







イタリア 1-1 フランス

      (PK 5-3)




イタリアの優勝ですか!



う~ん、この結果は意外といえば意外だったなぁ。


いや、フランスが負けたのがとかじゃなくて、

この2チームが決勝に残ったのが……(笑)


どちらも前評判が高いほうじゃなかったと思うんですが、

見事にここまで残り優勝争いをするとは、さすがといったとこなんですかね。




しかし、ジダン。

ニュースで見ましたが、あの頭突きはいただけませんねぇ(´д`)

なんで最後の最後にあんなことしちゃったんだろ…。


マークとかきついのはわかりますけど、

それでも、最後の試合なんだしなぁ~~…。

誰よりも、本人がわかってるはずだと思うんですけど…。


う~ん、もったいない(´・ω・`)




とゆうわけで、なんだかんだであっとゆうまでしたけど、

FIFA ワールドカップ2006 ドイツ大会。


個人的には面白い大会でした!

見所もいっぱいありましたしね。

もちろん、残念な点も。


イングランドの敗退、ロナウジーニョの活躍があまり見れなかったこと、

そして、やはり日本……(ーー;)



まぁ、なんだ。

ワロトケワロトケ(´∀`)アハハハ



てことで、次はまた4年後にお会いしましょう!(ぇ)

そういや、トップ画像も変えるか……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 9日 (日)

- 36 - [日記]

突然の不幸とゆうものは続くものなのか、

木曜日の晩、母方の祖母が亡くなったとの知らせを実家から受けました。


金曜日に通夜、土曜日に葬儀が行われるとゆうことで、

金曜日の仕事が終わってから一旦京都の実家に戻り、

そこから車で祖母の住んでいた石川県まで行ってきました。



7日PM 7:30自宅出発 - PM 9:20東京駅発 - PM 11:30京都駅着

8日AM 0:00実家出発 - AM 5:30石川着 - PM 12:00葬儀開始

PM 4:00葬儀終了 - PM 6:30祖母宅発 - PM 7:30 石川県七尾駅発

PM 9:15金沢駅着 - PM 10:20金沢駅発 - 9日AM 6:10上野駅着 - AM 7:30帰宅



延べ36時間、総移動距離約950kmとゆう、

ジャック・バウワーさながらの日程で、なんとか葬儀に参列することができました。


ちなみにこの950kmとゆう移動距離は、


徒歩(時速4.8km) 約11,897

自転車(時速16km) 約3,569

自動車(時速60km) 約952


かかる距離なんだそうです。(Mapion調べ http://www.mapion.co.jp/



そして、消費カロリーに至っては


徒歩(時速4.8km) 約46,517kcal

ジョギング(時速7.9km) 約64,469kcal


とゆう凄まじい消費量。(Mapion調べ http://www.mapion.co.jp/


肥満に悩んでいる方は、一度試してみてはいかがでしょうか?


ま、直線距離でこれですから、実際にはもっとあると思いますけど…(笑)

とゆうか、その前に誰もしないか(´д`)




               ---------------------------------------------------




祖母……いや、おばあちゃん

ふむ、おばあちゃんとの思い出か。



正直言うと、あまり自分にはおばあちゃんと何かしたとか、遊んでもらったとか

そうゆうはっきりとした思い出みたいなのはないんですよね。


石川の母の自宅に行くのは、年に一度のお盆の時だけでしたし、

それも毎年行っていたわけでもないですし。


それに、自分が物心ついたときには腰も曲がって歩くのも大変そうでしたし、

なによりも、お盆の時期は親戚中が集まってくるので、

大人子供が20人近くにもなるんですね。


そんな中で、直接話しをすることもあまりなく、

京都への帰り際にちょこっと声をかけてもらう程度だったんです。



それでも。



石川弁(てゆうのかな?)でほとんど何を言っているのか聞き取れなくても、

やさしいおばあちゃんだったとゆう記憶だけはあります。



92歳。

近くに親戚の人が住んでいたとはいえ、山の中での一人暮らし。

連絡が取れなくなり、不安になった親戚の人が見に行ったときには、

台所で一人、眠るように倒れていたそうです。



今になると、

ああ、もうちょっと大人になってからでも会いに行けばよかったなぁ…

なんて思いますが、今更後悔しても遅い…と…。



でも、92歳。

親戚の人も言っていましたが、大往生ですよね!

この歳までたいした病気にもならずに、

毎日、畑仕事やらなんやら自分でしてたんですから。



今はもう、ゆっくりと休んでください、おばあちゃんとだけ言わせてもらいます_(._.)_

今までありがとう。




               ---------------------------------------------------




で、ですね。


本当は9日(日曜)の朝に石川県を発とうと思ってたんですが、

土日しか休みがなく、細かい話ですが…、

金曜の夜にそのまま家を出てきちゃったんで、洗濯もしてないわけですよ(;´ρ`)


で後はやっぱり、普通に一日はゆっくりしたいなとゆうことで、

土曜の葬儀が終わってから、その日の内に東京に帰ることにしたんです。


そして、父も千葉に住む弟さん(自分の叔父)が手術をしたとゆうことで、

見舞いに行くため東京まで一緒に行くことに。


これが午後6時ごろですね。



親戚の人に、七尾駅とゆうところまで車で送ってもらったんですが、

その車中から見える風景…。

そして、石川県に着いて葬儀までの間ちょっと時間があったので、

暇つぶしにと、やっぱり七尾駅の周辺に来たときにも思ったんですが……、



ほんと、なんもないな、ここは……ε=(~Д~;)



海も近いし、山も多くてそうゆう意味ではかなりいい土地なんですが、

暮らすとなるとたいへんだろうな、ここ……(汗)


コンビニですら2~3kmずつに1軒あるかないかくらいだし、

駅周辺でこんな感じだと、遊んだりするとこなんかほとんどないんだろうなぁ…。

たま~~に、女子高生なんかが通ると妙にほっとしたり…(笑)

(別にへんな意味じゃないですよ?(´・ω・`))


ああ、若い子がいたか……いや、いてくれたか……と。

地元の人間でもないんですが、ちょっと本気で心配になってしまいました(汗)



で、ここから東京に帰ろうと思うと、

越後湯沢とゆう駅まで行って、新幹線に乗り換えて帰ることになるわけです。


七尾の駅に着いて駅員さんに、

越後湯沢に行くにはどの電車に乗ればいいかと尋ねてみたところ、



「あ、はい、越後湯沢へ行く電車はもうありませんよ。」





  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /



ん?まだ7時ですよ、7時。

夜の7時。ゴールデンタイム。



電車がないってどうゆうことやねん…(;´д⊂)


この時はさすがに、まじで~~~!って感じで焦ったんですが…、

ここは冷静になろう…と他の方法を探してみると…。


お、金沢駅から特急が出てるじゃないですか!

おし、これで帰れる!!o(`ω´*)o

と思ったんですが、その時刻表のようなものを良く見てみると……、



上野駅(AM)6:12着





  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
     ̄ ̄ ̄

  ( ゚д゚ )
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /



俗に言う寝台列車とゆうやつですね……○rz

いやしかし、朝の6時て、あなた……(;´ρ`)



ん~~どうしようかなぁ…と父とも相談し、かなり悩んだんですけど、

祖母宅には戻れないし、ここでホテルやらで泊まるのもめんどくさいし…

…とゆうか、


今日中に帰りたかったから無理してここへ来たんですよ、ボカァ…(´;ω;`)



といっても、もうしゃーないので

寝台列車「北陸」に乗って帰ることにしました…。



そこで、とりあえず金沢駅にってことで、

丁度来ていた電車に乗り込んだわけですけども。


この電車がですね。

なかなかどうして風情があってよかった(笑)



まぁ、ぶっちゃけすんごい寂れた駅ですよ。

そんな駅から乗って、電車の中にも2、3人しかいなくて、

窓の外には明かりもなにも見えない。


さしずめ雰囲気的には「千と千尋~」に出てきた電車ありましたよね。

あんな感じで、ちょっとセンチメンタルな気分になりました('~')

(とゆうか、石川の方ごめんなさい…(笑))



普段、糞多い人がいっぱいの電車にばかり乗ってると、

こうゆうのもたまにはいいいもんですね。



なにげに、七尾から金沢までも1時間半ほどかかるんですが、

時々父と話したり、ボーっと色々考え事などしながら、

9時過ぎに金沢駅に到着。


そういえば、父親と電車に乗るのなんかも久しぶりだなぁ。

こうゆう時でもないと、そうそうこんな機会もないですよね。




「北陸」は10時過ぎに出発なので、1時間ほど駅の中で時間を潰し、

それから乗車。


この、寝台列車とゆうのは初めて乗ったんですが、

まぁ……なんか簡単なベットがあるだけでしたね(笑)

もっといいやつになると、豪華だったりするのかな?



で、電車に乗ってからはとゆうと、

すぐにベットに横になり寝ちゃいました(´・ω・`)


いや、ほんと疲れてたもんで…

景色とかもちょっと見たかったんだけどな(笑)



そして、朝の5時半ごろにアナウンスやらで目が覚めて、

程なく上野駅到着



小腹が減ったんでなんか食べようと駅の外に出て牛丼屋にはいり、

そこで酔っ払ってるのかなんか知らないけど、


妙に大声でしゃべる人や、

駅前では女装(?)した男の人が、

ゆ~~~たりと落ちてるタバコを黙々と拾い集めてたりやらで…。


なんか七尾駅とのギャップに、

ああ、同じ日本でも違うもんだなぁ(´д`)

としみじみ思った一日でした。



ここで、父は千葉へ、自分は逆方向の自宅へとゆうことで、

父とはここで別れました。



上野からさらに電車に乗って、朝の7時半帰宅。

丁度一昨日家を出てから、36時間。


ふむ、まぁ、疲れたけどなかなかいい経験ができたかな…(笑)


てことで、そんなある週末の出来事でした( ̄3 ̄)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

突然の [日記]

今日は個人的に、とてもショックな出来事がありました。


一緒の職場で働いている方が、昨日の夜亡くなられたのです。



今朝、出勤したときに聞かされたんですが、

昨日まで何事もなく一緒に働いていた人の突然の訃報に、

一瞬何事か理解できませんでした。



昨日の仕事が終わり、

お酒を飲みに行った先で寝込み、そのまま起きることがなかったそうです。



3ヶ月ほど前からこの会社に勤めだしたのですが、

基本的に自分のいる部署は自分とこの方の二人だけで、

毎日顔をあわせていただけに、

突然亡くなられたと聞かされても、頭には入ってくるんですが、


「え……そうなんですか、で、明日は来るんでしょ?」


とゆう風にしか捉えられないのが、正直なところです。



言っても自分はまだ3ヶ月しか来ていないし、

付き合いの長い他の職場の方は、もっと信じられない様子でした。



それはそうですよね。


昨日まであんなに元気に働いていたのに。


8月のお盆休みの予定をどうするか話し合っていたのに。


巨人対中日戦のネット裏のチケットが手に入ったと、

喜んで見せてくれていたのに。


昨日帰る前に、高齢で二人で一緒に暮らしていると言っていたお母さんに、

「今日飲んで帰るから、ちょっと遅くなるからね」

と電話していたのに。



ほんと、突然いなくなるなんて誰も理解できるはずがないですよね。



こんな事が身近に起きたことがないので、

なおさらショックでした。


そして、自分の両親はまだ健在ですが、

その両親のことも思い出しました。




よし、お盆休みには京都の実家に帰ろう。



別に何をするわけでもないし、

逆に洗濯物をふやして、飯の用意の手間をかけさせるだけかもしれませんが、

それでも、とりあえず帰ろう。


そう思いました。




ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

中田英寿 現役引退 [サッカー]

うお~~~引退ですか……Σ(゜Д゜;≡;゜д゜)

これは、久々にびっくりしたニュースだ…。


う~~~ん、そうかぁ~~~~。

今回のワールドカップも、並々ならぬ意気込みみたいなもんがありましたしねぇ。

ブラジル戦が終わったときの涙とか…。


年齢的に最後のワールドカップに…

とゆう想いからくるものかと個人的には思ってましたが…。


そうですか、現役引退ですか…。


まぁ、真相はコメントとか出てますけど、

本当のところは本人しかわからないし、なんとも言えませんが、

29歳なら、まだやろうと思えばできる年齢だと思います。


でも正直、ここから能力的に落ちることはあっても伸びることはないですし、

そうゆう部分でも、なのかもしれませんね…。



「サッカーをやめることは絶対にないだろう」


引退発表のコメントの中の一文。


しかし、以前に、

「サッカー選手だけど、サッカーしかできないのでは嫌だ」

とゆうような事を言っていたのを、

雑誌で見たかテレビで聞いたかした記憶があります。


なにかサッカーとは全く違う、別の分野でのもあるのかもしれません。



いや、中田英寿。

いい選手でしたね。


日本サッカー界のために、なんたらかんたらでありがとう^^

とか言う気は全くありませんが、

イタリアセリエAに渡っての最初の試合。

ペルージャ対ユベントス戦での2ゴール。


あの時の興奮は未だに忘れておりません。



現役を引退しても、[NAKATA]としてのご活躍を期待しております。

お疲れ様でした_(._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 1日 (土)

準々決勝と熱帯夜とピンクの扇風機 [日記、サッカー]

クソ暑いですね…(;´ρ`)

いやぁ、ほんとマイッテます…。


昼間はまだいいとして、

夜のこの暑さで、寝ようとしても1時間おきくらいに目が覚めたりして、もう…orz



前回書きました、ワールドカップ決勝トーナメントのスペイン対フランス戦。

朝の4時キックオフにもかかわらず、見るぞ!と意気込んでたんですけども…。

何を隠そうこの試合。


地上波では放送されてませんでした!(爆)


10時くらいには床について、

暑さと格闘しながら、2時には目が覚めて、その時を待っていたんです。


で、なんとか時間を潰し3時半頃にふと

(そういえば、何チャンだっけ?フランス戦)

と思い、ヤフーののテレビ欄を見たところ、


早朝にこのビッグサプライズ。


いや、ほんと呆れました、自分に……(笑)

今までの時間は一体なんだったんだと…(´д`)

ええ、もちろんBSなんかはいってませんよ(´д`)



で、この日くらいからですかね。

先ほどもいいましたけど、暑さで眠れない日が続いてたんですね…。

なんせ、窓開けても一切風が来ないので、部屋の中は蒸し風呂状態

もう、このままでは干からびてしまう…と限界を感じ、ついに昨日、


扇風機を買ってまいりました!(爆)


え、それがどうしたって?(´・ω・`)

いや、まぁそんなたいしたことじゃないですけどもね。


しかし、この扇風機。

近所のヤマダ電機に、仕事帰りによって買ってきたんですけど、

色々物色(?)して、お値段5980円のやつが目にとまったんで、

お手ごろ価格だしこれでいいかと店員さんにその旨を打診。


するとその店員さんが、

「あ、色がピンクしかないんですけど、よろしいでしょうか?」

と尋ねてきたので、「ああ、大丈夫ですよ」と返答。


なんか、パネル?の部分がピンク色らしいんですが、

別にそのくらいなら気にならないし、そもそも色自体どうでもよかったので(笑)


あっちぃのよこっちは、とにかく…(´Д`;)ヾ


それをレジに持っていき、お会計。

とその間に別の店員さんが、取っ手をつけてくれるというのでお願いし、

レジを済ませて受け取りに行ったら、

「あ、これ色がピンクなんですけど、よろしかったでしょうか?」

と、またまた同じ質問。


(え、パネルの部分だけピンクなんでしょ?そんなしつこく聞かんでも(笑))

と思ったんですが、とりあえず「大丈夫です」と答えて家路に。


いやぁ、これでだいぶましになるな(*´Д`*)

お、そういえば今日はワールドカップの準々決勝か。

あとでビールでも買いに行くかな(´_ゝ`)

と、ちょっとだけテンションも上がり気味にチャリンココギコギ。



家に着き、早速購入した扇風機の箱を開けてみると…、

何を隠そうこの扇風機。


全身真っピンクでした!(爆)


ぬお、あの店員うそつきやがったな…!ヽ(;´Д`)ノ

どう見てもパネル部分だけじゃないだろ、これは…(笑)

しかし、これが商売というやつか……。

こりゃ1本取られたな…(ぇ)


まぁね、別に色はほんとなんでもよかったし、

よく見るとエロカワイイ感じで、なかなかじゃないですか。


よし、今年の夏はこのエロカワ扇風機で乗り切るぞ!o(`ω´*)o


あ、一応エアコンはあるんですけど、

一度つけちゃうと、つけっぱなしになっちゃうのは目に見えてるし、

地球の温暖化にも繋がるし(建前)、電気代も馬鹿にならないし(本音)。


とゆうことで、末永くこの部屋に爽やかな風を吹かせてください_(._.)_




で、昨日はワールドカップ準々決勝の、

アルゼンチン対ドイツ、イタリア対ウクライナ

の2試合が行われました。


結果から言っちゃうと、勝者はドイツとイタリア!

うおお、アルゼンチン負けたか~~~~。

なにげに、今大会のアルゼンチンは優勝するかもなんて思ってたんで、

ここで消えるとは想定外!


とゆうか、メッシもっと見たかった……(;´д⊂)

後半絶対使ってくると思ったんだけどなぁ……。

まぁ、言っても仕方ないか…。


しかし、ドイツは勢いありますねぇ。

やっぱり開催国というのは、相当のアドバンテージになるもんなんですね。



で、このアルゼンチン対ドイツ、イタリア対ウクライナ。

一応テレビはつけて、キックオフの瞬間も見届けてるんですが、

何を隠そうこの2試合。


一度も得点シーンを見た記憶がありません!(爆)


もうね、もうね、無理……ε=(~Д~;)

起きてられないんですよ……。


ドイツ戦はまだ、試合中の記憶もあるんですが、

イタリア対ウクライナ戦に至っては…、


「さぁ、いよいよキックオフです!」

………

「おおっと、オフサイドの判定。」

………

「後半25分、ウクライナには一矢報いてもらいたいですねぇ」

………

「ところでマイケル、最近少しやせたんじゃないか?(笑)」(海外の通販番組)


て感じで、何がなにやらわからないうちに、試合終わってました(汗)

もうほんとだめだ……orz


まぁ何が敗因だったのかとゆうとですね…。

「ビル2本もノンジャたのが、イケナカタじゃないかなと思います。」(セルジオ越後風)




で、今日の試合は、

ポルトガル対イングランド、ブラジル対フランス。


メチャメチャ見たい2試合ですけど…。

たぶん無理だろうなぁ……(笑)

しかし、こんな試合めったに見られないし、

なんとかして見ないと…(;´ρ`)



てなわけで、昨日6月30日のちょっとした出来事でした。

…て、今日からもう7月ですか。

早いなぁ~~~~~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »