« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月27日 (火)

見逃せない決勝トーナメント [サッカー]

と、前回も書きましたが、何を隠そうワタクシ…


まだ1試合もまともに見れてません!(爆)


いやぁ、やられた…ε=(~Д~;)

日本時間24時と28時キックオフだとは想定外…。

いや、もちろん何度も見ようと試みてはいるんですけど…、


試合開始まで起きてられない

試合終了まで起きてられない

試合時間に起きられない

の三重苦によって見事に全試合見逃してます…。

くっそぉ~ドイツめ…o(`ω´*)o(いやいや)


なので、試合の感想などは書けないんですが、

準決勝へコマを進めたチームは、現在までで、

ドイツ、アルゼンチン、イングランド、ポルトガル、イタリア、ウクライナ

の6カ国ですか。


名前だけ見ると、順当な結果と言えそうですけど、

やはり、どの試合も楽な試合は一つもなかったみたいですねぇ。

いやぁ、見たかった…(遠い目)


その中でも、驚きの結果といえば、やっぱウクライナですかね。

初戦のスペイン戦を4-0で完敗したときは、

ああ、やっぱこんなもんなのかな…

と思いましたけど、ところがどっこい!


W杯初出場で見事ベスト8入り!


いや、あっぱれあっぱれ。

準決勝の相手、イタリアにも是非健闘してもらいたいもんです!


しかし、ウクライナに敗れたスイス……。

大会通して無失点での敗退はワールドカップ史上初だそうです…(;´д⊂)

しかも、PK戦(0-3)での無得点も史上初なんだとか…(笑)

いやぁ、こんな事もあるんですねぇ…(;゜д゜)

やはり、ワールドカップ……おそろしやおそろしや(-人ー)ナムナム



さて、今日の試合は、

ブラジル対ガーナ、スペイン対フランスか。


ふむ、どちらも見たいけども、

ここはあえてスペインvsフランスに照準を合わせよう。

もちろん、強豪国同士で面白いとゆうのもありますけど、

下手すると、ジネディーヌ・ジダン最後の試合になるかもしれませんからね。

これは、いくらにわかサッカーファンだといえど見逃すことはできない!U>ω<)ノ



よし、今日こそは起きてみせる…!

気合入れて寝るぞ!(ぇ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月24日 (土)

決勝トーナメント出場国と06'W杯 日本代表 個人的採点 [サッカー]

さて、

もう言うまでもなく日本代表のグループリーグ敗退は決定しましたが、

各グループの決勝トーナメント出場16チームが出揃いました!


それでは、その出場国と対戦カードをズラッとご紹介。

Fgermany_3 VS Fsweden_2    Fargentin_2 VS Fmexico_2

   ドイツ         スウェーデン     アルゼンチン      メキシコ


Engf_2 VS Fecuador_2    Fportugal_2 VS Fnetherlands_2

 イングランド       エクアドル      ポルトガル       オランダ


Fitaly_2 VS Faustralia_2    Fswiss_2 VS Fukraine_2

  イタリア       オーストラリア     スイス         ウクライナ


Fbrazil_2 VS Fghana_2    Fspain_3 VS Ffrance_4

  ブラジル         ガーナ       スペイン        フランス


昨日の試合でウクライナがチュニジアを破り、

初出場にして見事グループリーグ突破。

そして、イマイチ調子が出ず、

グループリーグ突破も危ぶまれていたフランスも、

トーゴを2-0で破り、なんとか意地の決勝トーナメント進出。


とゆうかですね……


ちょっとこれ……



好カードの宝石箱やーーー!(もう、古い?('Д'))


なんかすげぇ、これ……(笑)

見所多すぎ……とゆうか全試合見たい!


丁度いい感じのバランスとゆうか、

強豪同士の対戦は、どちらが勝ってもおかしくない試合ばかりですし、

ガーナ、ウクライナ、

そして決勝トーナメントは初出場のオーストラリアなんかも、

イタリア相手にどこまでやれるか…などなど。


ほんと全試合見逃せない試合ばかりですねぇ~~~(*´Д`*)

いやぁ、楽しみだ、これは。

しかし、結局アジア勢は全滅か……大丈夫か、エイジアンorz


とゆうことで、今日から大注目の決勝トーナメントが始まります!




で、今日はもう一つ。


冒頭にも言いましたが、

我が日本代表は惜しくも(?)トーナメント進出を逃しましたが……。

最後に、これだけは一度やってみたかったのでやらせてください(笑)


そうです。あの、よく海外の新聞とか、

サッカー誌とかで見る10段階評価の採点のやつです。


せっかく、ブログとか書いてるんだしちょっとやってみたいやん?(´∀`)


まぁ、素人の独断と偏見でつけるものなので、

納得のいかないところもあるかもしれませんが、そこはご容赦を_(._.)_


では、早速はじめたいと思います。

ちなみにどの試合とゆうのではなく、今大会通してのものです。


           ------------------------------------------


GK 23 川口能活         8.5

DF 14 三都主アレサンドロ   5.5

DF 22 中澤佑二         7.5

DF  5 宮本恒靖         

DF 22 加地亮          

DF  6 中田浩二         

DF  3 駒野友一         

DF 19 坪井慶介         

MF  7 中田英寿         

MF  8 小笠原満男       

MF 10 中村俊輔         5.5

MF 15 福西祟史         6.5

MF 17 稲本潤一         

MF 18 小野伸二         

FW  9 高原直泰         

FW 13 柳沢敦          

FW 20 玉田圭司         6.5

FW 11 巻誠一郎         

FW 16 大黒将志         



まず、先ほども言いましたが、

自分が素人でにわかサッカーファンだなぁと思うのは、

点をつけていない、中田浩二、坪井。


どんなプレイしてたか全然覚えてません(;゜д゜)


いやぁ、まっこてすまんことですばい。


あと小野、大黒に関しても、

さすがに出場時間が短いので今回は採点はなしとゆうことで。



で、やっぱり今回の日本代表で最も輝いてたのは、

川口能活。この人だと思います。


本当は10点満点をあげたいところなんですけども、

確かに、オーストラリアでの1失点目の飛び出しは少し無用心かと思いますし、

ブラジル戦でも同じような感じで危ない場面ありましたよね。

なので、ちょっと減点させていただきました。


それでも、十分評価に値する働きだったんじゃないかなとゆうことで、

チーム中最高点の8.5点。(パチパチパチ)


いや、ほんとのこもったプレイを見せてもらいました。



次に、宮本、中澤。

結果的に、オーストラリア戦では3失点、

ブラジル戦では4失点しましたが、決してDFだけが悪いわけじゃないし、

ジーコの支援のない中、あの暑さの中でよく凌いでいたと思います。


で、7点の宮本に関してはディフェンスがどうこうとゆうより、

精神面といいますか。


どうも、失点したときに真っ先に沈んだ顔をするのが、

この人のような気がしてるんですね、個人的に。

なので、もうちょっとそうゆう場面でもキャプテンとして、

チームの士気を上げるために、声を上げるなりなんなりしてもらいたいな、と。


ま、この辺は他の人の意見とちょっと違うかもしれませんが、

あくまでも個人的にとゆうことで_(._.)_



両サイドバックの、三都主、加地、駒野。

三都主は確かに攻撃面では貢献していたようにも思えますが、

それよりも守備がすぎる…(;´д⊂)


ブラジル戦の1失点目なんかは、

まさに、三都主が上がってくる選手を全く見てないために

起こった失点だと思いますし。


加地も、攻め込む姿勢はいいと思うんですけど、

いかんせん最後のセンタリングの精度が……ね。

しかし、ブラジル戦ではいい突破も見せてくれていたので、

ちょっと高評価。


駒野も、同じセンタリングの問題でこの点に。



あとは~~誰だ…ε=(~Д~;)


あれですね、全員にコメントつけるのって結構しんどいですね…(ぉぃ)

ちょっとハショラセテいただいて…(´_ゝ`)



小笠原、中村。

クロアチア戦で期待された小笠原も、全く目立ったとこなかったですし、

なにより中村俊輔には正直がっかり(´д`)


まぁ、まぐれで1点取ってましたけど、

司令塔と呼ぶには程遠い内容でしたよね。


マークがきついのはわかりますが、

そんなのどこの国の選手にも言えることで、

それでもなんとかしなければいけないのが、司令塔であり10番だと思うんですけど。


とゆうか、スタミナがなさすぎでしょ……。

闘志のよううなものもあまり感じられませんでしたし…。


これもまた結果論になってしまいますけど、

トルシエが前回外した理由が、ちょっと今回見ててわかったような気がします。



中田英寿。

攻守にわたって最も貢献していた選手だと思います。

戦う意志が一番伝わってきましたし。


あと、今大会ミドルシュートが有効だとゆうことで、

クロアチア戦などでも何度か打ってましたけど、

しっかり枠を捉えていたのが、評価できる点ではないかと。


ですが……。

いい働きもして、いいミドルシュートも打っていましたけど、

それ以上のなにかが欲しかったですよね。


ミドルも枠は捉えてましたが、さして威力があるわけでもなく、

キーパーが取れないような際どいコースでもなく。

そして、かつてのような、決定的なラストパスがあったわけでもなく。


もっとこう、中田英寿にしかできないようななにかを……。

とゆうのはちょっと求めすぎなんですかね…(´・ω・`)


いや、中田ならできたはずだと信じてます。



そして、お次は……


日本の2とっぷ(笑)


高原、柳沢。

見ましたか?ブラジル戦の疾風のような交代劇。


いや、そらわざと怪我したわけではないでしょうけど、

もう、ドリフですよ、ドリフ。

なにしに交代枠一つ潰して出てきたんだと…(;゜д゜)


そして柳沢。

もうとやかく言いませんが、

この前書いた、言い訳がどうしても許せないので1点でお願いします_(._.)_



最後に玉田、巻。

玉田はやはりブラジル戦の1点ですねぇ。

ジーコ監督の采配に、結果で答えたのはやっぱり評価できますよね。


あとは、巻。

ちょっとオフサイドを取られる場面が多かったですが、

あれが試合感のなさってやつなんでしょうか。


で、試合途中で大黒と交代となりましたが、

あの2とっぷ(笑)よりかは、

全然、点を取ろうとゆう気持ちが見えたので、この採点で。


ほんと、できるならオーストラリア戦から見たかったです。




とゆうことで、

個人的な日本代表の採点でしたがいかがでしたでしょうか。


ふむ、読み返してみると……


めっちゃ偉そうだ(笑)


ま、ワールドカップでこんな結果に終わったんだし、

これくらい書いてもいいでしょ(´・ω・`)



てかですね。

本音を言うと、もっと言いたいことはあるし、

テレビ等のメディアにも、もっと叩いて欲しかったんです。


さすがに、今回の結果で帰ってきて、

「日本代表お疲れ様、感動をありがとう^^」

じゃ、本当にこの先おんなじことの繰り返しになると思うので。


ジーコを選んでしまった、協会…とゆうかキャプテンとやらの責任もあるし、

まったく危機感のないプロの選手たちの意識も変わらないと、

ワールドカップで勝つのは、本当に無理なんだと今回わかりましたしね。



でもですね。

そう思ってたんですが、アレありましたよね。


ブラジルのキーパー交代。


あれを見て、あえて叩く必要もないのかな、と思ったんです。


世界中が見つめる、ブラジルとゆう国との対戦で、

あれ程の醜態を見せて、あれ程の屈辱を味あわされたわけですから。


そら、ブラジルは決勝トーナメントを控えて、

選手温存、経験を積ませるなどの思惑もあったでしょうけど、

怪我もしてないキーパーを交代するなんて、

もはや、ワールドカップの対戦相手として認められてない証拠ですよね。


パレイラ監督が、もっと意地の悪い人間だったなら、

キーパーとフィールドプレイヤーを交代されててもおかしくない行為だと思うんです。


なので、あの経験は選手にとって、

どんな新聞や雑誌に

どんな言葉で罵倒されるよりも

最もこたえたのではないかと。


いや、そうじゃないとしたら、

次のワールドカップ予選は、本当に辞退したほうがいいと思います。

また、をかきにいくだけですもんね。

ま、今の代表メンバーが次の代表に何人選ばれるか知りませんけど。



はっ!………(;゜д゜)

また、長々と日本代表について書いちゃったので、

この辺にしときたいと思います(汗)


ついつい…ね(;´д⊂)



とゆうことで!

今夜、ドイツvsスウェーデンでしたか!?

まだまだ、熱い試合が繰り広げられそうなので楽しみにしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

お疲れ様でした。

4-1。

ブラジル1位でオーストラリアが2位だそうです。

なるほど。

さすがヒディングといったところなんですかね。


高原。

もう、正直わろてしまいましたよ……(笑)

ほんと、何しにきたんだと…(笑)


川口。

今回も前半は神がかり的なセーブを見せてくれてましたね!

GJGJ!!


玉田。

いい形で決めてくれて、

今大会初めて日本の試合でスカッとした一瞬でした(笑)



そして、中田。

ああ~ちょっと見てられないな…(;´д⊂)

いやぁ、中田はほんとよく頑張ったと思います。うん。

もちろん、ミスもありましたけど。

日本で一番の運動量だったと思うし、

なにより、気持ちが最も出てた選手の一人だったと。

まぁ、だからこそほんと悔しいんでしょうね…。

う~~ん、ほんと見るのが辛いな…。




てことで、日本の予選リーグ敗退が決定しました。


とりあえずお疲れ様。


課題……とゆうか、ほんとやばいなって感じの日本代表でしたけど、

とりあえず、もうしんどいので触れずに寝ます(笑)




こうゆう場合は、どうすればいいんでしたっけ。

ああ、気持ちを切り替えればいいのか。


では、気持ちを切り替えてこれからの決勝トーナメントを楽しみたいと思います。

おやすみなさい_(._.)_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お早うございます。 [サッカー]

現在午前3時45分。

ネムネム('Д')

まぁ、でもブラジル戦!

FWは玉田、そして巻!

ついに来たか!

期待してます!ヽ(`Д´)ノ

ブラジルも、何人かは温存してるようですが、それでもブラジル。



とにかく、もう悔いのない戦いぶりを!!

キックオフ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

気持ちを切り替えて(笑)。 [サッカー]

ええ~クロアチア戦の敗戦…じゃないか、引き分けか(´д`)

まぁ、もう、敗戦みたいなもんでしょ?(´д`)わはは。



てか、あれですね。

なんかもう、テレビとか見てると合言葉のように、

気持ちを切り替えて、気持ちを切り替えてと連呼してますけども……。

みんな、よくそんな簡単に切り替えられるもんですね。


たいした批判もせずに。


まぁ、選手がゆうのは、わかる気もするんですけど。

そらね、引きずったまま試合するわけにもいきませんから。


でも、

「次は気持ちを切り替えて、ブラジルに勝てばいいんですよ(笑)」

とか連日テレビで聞くと、

日本はもう野球だけ頑張ってればいいんじゃないかな、とも思ったりします…(笑)



なんか、

(所詮、勝とうが負けようがどうでもいいよ、別に)(´_ゝ`)

みたいに聞こえちゃうんですよねぇ。



んまぁね。

あんまりしつこく、

いつまでも負けた事をどうこうゆうのも(負けてないか)どうかと思いますから、

今日は決勝トーナメント進出チームのこととか書こうかなと思ったんですよ。

でも、ちょっとネットを徘徊していたらこんなの見つけちゃいましてね。


ttp://www.chunichi.co.jp/06wsc/news/2006061990144723.shtml


柳沢選手のことをかいた記事なんですけども。

その中にインタビューのようなものもあったんですが、その中の一文。




「急 に ボ ー ル が き た の で」 



いやいやいや、ちょっとまてと。

どうゆうことなんだと小一時間。


あなたのポジションはどこで、どんな役割をするポジションなの?



加地からの絶好のセンタリングが上がって、

フリーで走りこんでるプロの日本代表のFWのクチから、

「急 に ボ ー ル が き た の で」

とか出ますか、普通??????

何しにゴール前に走りこんでるわけ???(?_?)


あ、試合を見てない方もいるかもしれないので、こんな↓状況ですよ。

ttp://www.youtube.com/watch?v=b_HroHjYQXM

とゆうか、ちょっと面白い動画でしょ(笑)



いや、もう信じられん……ε=(~Д~;)

これが日本代表のFWかと思うと…。

そら、ハナから無理ですよ、決勝トーナメントなんて……(;´д⊂)



ドイツ ビルト紙 「柳沢のシュートは芸術品」
クロアチア デーリー紙 「日本の13番は有能なFWで助かる」
フランス レキップ 「カシマというクラブに同情する」
イタリア ガゼッタ 「本当にセリエAにいたのか?同姓同名の別人では?」
朝鮮日報 「韓国のFWならあの場面、誰もがゴールできた」
新華社通信 「日本の勝利はキーパーの股を抜けていってしまった」
「元ドイツ監督のフェラー氏なら、骨折してギプスをしてでも得点できた」
「あの場面で決められないのは、プロの選手として考え難い」
「なぜ、あのようなビッグチャンスを生かせないのだろう。不可解だ」
「集中力が無いとしか思えない。プロ選手としては考えられないこと」
「どうしたら、あのような場面でシュートを外すことができるのだろう」
「日本には他にまともなFWがいないのか」
「技術以前の問題だ。幼稚なシュート、初歩的なミス」
「柳沢のシュートは芸術作品だ!」
「味方でなくても、目を覆いたくなる柳沢のお粗末なシュート」
「歴史に残るファンタジー」
「セリエAで3年間無得点の男が、大舞台でさらに醜態を晒した」
「ジーコはひどい愛弟子を持った」
「日出ずる国の至宝・柳沢敦」
「あんなFWが出てるようでは、日本の予選突破は到底無理」


ネット…とゆうか2チャンネルに書かれていた、各国メディアの批判だそうです。

ちょっと調べてないので、これの真偽のほどはわかりませんけども、

あながちウソだとも思えない内容…。

そして、ついにはジーコ監督からも失格の烙印。


ttp://www.mainichi-msn.co.jp/sports/soccer/news/20060621spn00m050020000c.html


とゆうか、その選手を2戦連続で使ったのは誰よ、と言いたい(´д`)




ふぅ~~~~~。

て、また批判&個人たたきになってしまった…すいません(´・ω・`;)



正直、こんな事書いてても気分よくないですし、

読んでくれる方もそうだと思うんですけども……。

あまりにも、この発言はちょっと納得いかなかったもんで……。


いや、すいません、ほんと…Orz



次のブラジル戦。

気持ちを切り替えて2点差以上で勝ってくれるのを楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月19日 (月)

試合終了。

はあああああああああああぁぁぁぁぁぁ…………。

ああ、もう、なんだろ…ε=(~Д~;)

もう、ようわからん……。

もう、ほんと今日は誰がどうしたとか、

采配がどうとかどうでもいいから……。

勝たないとだめだったのになぁ~~~~~~~~~。

「点を取れるチャンスはあった」

「日本の攻撃ができてる時間もあった」

「次は気持ちを切り替えて」

もうね。

聞き飽きた(´д`)

中田、川口のインタビューでも言ってたけど、

勝てる試合は勝たないと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

前半終了!!

よし、まぁまぁまぁまぁおっkおkk。

てか、川口神すぎ!!!!!!!!

男前杉!!!!!!!!!!!1!

なんですか、あの人はもう!

ロナウジーニョとかどうでもいい!!!

K.A.W.A.G.U.C.H.I!!!

K.A.W.A.G.U.C.H.I!!!!!

てか字でか!!?

どんだけPK止めたら気済むんですか、はぁぁん(*´Д`*)

魂ですね、魂。日本の魂。

て、ちょっと、終盤ディフェンスが押し込まれてきてるんで、

そこを気をつけないと。

で、FW。

文句言うつもりはないけど、もう柳沢変えて巻か大黒いれてもいいんでないかな??

早い時間帯に1点入れないと厳しそうだし。

よっしゃ後半!!!

行ける!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本vsクロアチア [サッカー]

さぁ、今夜いよいよ運命のクロアチア戦ですね。


もう、選手やジーコ監督も言ってますが、

戦術や内容云々じゃなくて、とにかく結果。

勝って勝ち点3をとるしかないんです!


10点取られれば11点取り返すサッカー。

そんなサッカーを、日本代表には今日見せてもらいたいです_(._.)_



と、ここで日本にいい情報となるかどうかわかりませんが、

昨日行われた、予選グループE組の試合。


優勝候補イタリアにアメリカが1-1で引き分け。

そして、初出場ガーナが強豪チェコになんと2-0で勝利!


これまで、ごく順当な勝敗の結果ばかりでしたが、

こんな事も起こりえるのがサッカー。そしてワールドカップ。


そうです。

決して不可能ではないんです!


この2つの国の勢いに便乗して、

クロアチア、そしてブラジル戦と世界を驚かせてください!


よっしゃ、あと5時間!勝つぞ!!o(`ω´*)o



最後に、なにげにちょっと好きなこのAAを、

日本代表に向けて送ります。(ぇ)



 :.
 ::::..
  ::::...
   ::::...
   ::::... ∧_∧_∧
    ::::.(∀・( ´Д`)
   r -(  ( O┰O
  ..::ii'⌒< <  ) 冊冊〉
  ::'、__,,l!しし(_)l!lJ´
          '、__,l!j
「俺たちもう終わっちゃったのかな・・・?」

「バカヤロー、まだ始まってもいねぇよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月17日 (土)

爆発アルゼンチン。 [サッカー]

すごかったですねぇ、

アルゼンチン対セルビア・モンテネグロ戦!


攻守ともにセルビア・モンテネグロを圧倒したアルゼンチンが、

6-0と大勝!

つええ!つええよ、アルゼンチン!


特に2点目…。

あのスペースを、1タッチ、2タッチでパスをつないで、

最後にはきっちり決めてくるんですからね~。


そら、マラドーナも吠えるわ…(´д`)

(国歌斉唱の時のマラドーナには、ちょっと笑ってしまった…(笑))


まさにこれぞW杯!て感じの、素晴らしいゴールでした。

現在までの、マイベストゴールに認定。

いやいや、ほんと凄い。



そして、ついに出てきました。

アルゼンチンの…いや、世界中が期待の超新星、

リオネル・メッシ!


後半30分からの交代でしたが、

なんと15分で1ゴール1アシスト!

ん~~こちらもスバラシッ!

しかも、まだ18歳ですよ、18歳!

これが、天が与えた才能とゆうものなんでしょうか?ヽ(`Д´)ノ


これからの決勝トーナメントでの活躍。

めちゃ楽しみであります。



とゆうか、今大会のアルゼンチン。

非常に調子もいいですし、

ブラジルに迫る勢いの優勝候補筆頭になりつつありますね!


期待していたイングランドは、

トリニダード・トバゴ戦に2-0で勝って決勝トーナメント進出は決めたものの、

未だ本調子とは呼べない内容だし…orz



で、グループリーグも2戦目に突入してるわけですが、

各組ともに順当過ぎる結果で、

決勝トーナメントが凄いことになりそうです…。


ドイツ、イングランド、オランダ、アルゼンチンがもう確定してますし、

スペイン、イタリア、メキシコ、ポルトガルあたりも、

このままいけば出てくるでしょう。


さらにスウェーデン、チェコ。

エクアドルも2連勝で確定かな?勢いありますよね。


あ…フランスの雲行きが、またまたちょっと怪しいですけども(;´ρ`)


しかし、ジダン。

やってくれるでしょう。


そして、F組みは順当にブラジル、クロアt……

て、おい!Σ(゜д゜|||)

ここでサプライズですよ、サプライズ!Ψ(`∇´)Ψ



とにかく、超激戦の決勝トーナメントになりそうです。

まぁ、見るほうとしては面白いからいいんんですけどもね(*´Д`*)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月15日 (木)

やっと上等傭兵になれたのと、ブラジル戦の感想とか [FF11]

2006_06_14_20_22_04


こんばんは、背番号12 Surです_(._.)_


このブログを定期的に読んでくださってくれてる方には

すでにお分かりかもしれませんが、

現在W杯期間中のためほとんどインしておりません(´・ω・`)ノシ


だって、見たい試合がいっぱいあるんですもん(´д`)

ま、4年に一度のお祭りだし見なきゃ損損!



てことで、書くことがほとんどないんですが、

以前からないないと騒いでおりました、上等傭兵になる条件の馬の足跡


14日になんかメンテがあったようで……。



やっと、沸きやがりました!ヽ(`Д´)ノ

遅いよ、このやろう!ヽ(`Д´)ノ


なんかメンテ情報読んだら、エリアメンテを数分で終了とか……。

そんなもんで済むなら早くやれよ!と小二時間…。

しかも、探してる途中にまたまたインプにからまれて、ナイト74にレベルダウンするし…ブツブツ……。


で、その日にカダーバの沼J-8に行ったらありました。

とゆうか、ポイント情報をサチコメに書いてくれてた獣さん。

この場を借りてありがとう<(_ _)>


2006_06_14_20_36_33


はいはい、上等傭兵上等傭兵(´・ω・`)

はいはい、オメスオメス(´・ω・`)

はいはい、アリスアリス(´・ω・`)



すっかりアサルト熱を冷まさしてくれた、□eの開発陣のみなさん。

この場を借りてどうもありがとう<(_ _)>



てか、ヴァージョンアップまだですかね…(笑)

チョコボの情報でてから、かなり経ちますけど、

なんか、何人アカ剥奪したとか、サイトリニューアルしましたとか…。

全然関係ないことしか出てこないんですけども?(´д`)


まさか、開発陣もW杯見てるんじゃなかろうな!?と小四時間…。

まぁ、個人的にはW杯期間中だし、もうちょっと後でも良いけど……ブツブツ…。




で、W杯といえば、先日ブラジル対クロアチア戦があったんですが、

見ました。朝3時半に目覚ましをかけて(爆)。


みなさんご存知の通り、ブラジルが1-0で勝ったわけですけど、

正直、ブラジルはまだエンジン全開とゆうわけではなかったですかね。

まぁ、ブラジルは徐々に調子を上げてくるチームですから、

初戦はあんなもんなんでしょう(笑)

それでも、さすが!と唸ってしまうシーンも何度かありましたねぇ。


ロナウジーニョの4人、5人に囲まれてのボールキープとか…。

ロベルト・カルロスのロングシュートだったりとか…。

アドリアーノの戦車のようなドリブルだとか…。


ロナウドのありえないほどの太り具合だとか…(笑)


あれは、もう……どうなんだろ(;´ρ`)

ものすごく体が重そうなのが画面を通して伝わってきました…(笑)



で、一方の次の日本の対戦相手クロアチア。

守備も堅かったですし、

攻撃面も十分ブラジル相手に、脅威を与えてたんじゃないでしょうか。

ま、結果が出ちゃってるんであれですけど、

引き分け、もしくはブラジルに勝っててもおかしくない内容でしたね。


少なくとも、日本より、

そしてオーストラリアより確実に強いんじゃないかなと…ε=(~Д~;)



しかしもう、勝つしかないんです!o(`ω´*)o


ビバ、ニッポン!ビバ!サムライブルー!o(`ω´*)o



ところで、このサムライブルーとゆう言葉は一体誰が考えたんでしょうか。

正直、あんまりかっこいいとも思わないし、意味もイマイチだし…(笑)


「青春アミーゴ」的なノリなんでしょうか?

ま、よくわからんです(´・ω・`)



では、18日のクロアチア戦を楽しみに。

シーユー('∇')ノシ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

改めて日本戦。 [サッカー]

ああ、また今NHKの昨日のダイジェスト見てたんですが…

ハァ~~~………ε=(~Д~;)

映像見るとだめだな・・・(笑)



で、まぁ昨日のおさらいとゆうか、敗因を自分なりに検証してみようかと…

て、そんなことする必要もあるのかもわかりませんけども…(;´ρ`)



まず、第一にはFWの消極的なプレイ。

もう一つは、やはりジーコ監督の采配にあると思うんです。


守備に関しては、前後半通して良かったと思います。

宮本、中澤、そしてなんといっても川口の好セーブ!

さっきもNHKで、1失点目の川口の飛び出しについて色々ゆってましたけど、

あれがミスだとか、そうじゃないとかそんなのどうでもいいと思うんですね。


あそこに至るまでに、日本は勝負を決めなきゃいけなかっただけで。


2点目、3点目を取ってれば…、

取りに行っていれば、10分で3失点なんてことにはならなかったんじゃないかなと。


で、その点を取れなかった理由としてFW二人。

まぁ、点が取れないのをFWだけのせいにするのも違うと思いますけど、

昨日の、高原、柳沢はあまりにもひどすぎる!と。

全くかみ合わないグダグダのコンビネーション。

そして、お前らのポジションはなんなのかと問い詰めたくなるような

消極的なプレイ!!

ほんと、何がしたいんだと…見ててイライラしますよね!?o(`ω´*)o



で、もっと不思議だったのが、昨日も書きましたけどジーコの采配です。


後半30分まで交代無しだったのは、坪井の怪我が想定外だったから?

でも、そんなのは言い訳にもなりませんよね。

で、後半30分になって柳沢に代えて小野を入れたのはどうゆう意図で?

守りに行きたかったんでしょうか?

でも、それなら小野じゃなくて稲本とか中田浩二とかの方がいいのではないかな。


とゆうか、

ぶっちゃけ日本程度が守りに入って守りきれる国なんて、

ワールドカップ出場国の中に1つもないと思うんですけど。


それとも、守りつつカウンターを狙いに行きたかったんでしょうか?


じゃぁ、柳沢→小野じゃなくて、

柳沢→大黒or巻とか。 

で、さらに運動量の落ちてた中村→小野とかの方が、

まだ可能性あると思うんですよね。

もちろん、もっと早い時間帯で、です。


自分から走るタイプじゃない小野一人入れたって、

あのバテバテの中、誰が走るんだと(´д`)




ああしかし、こう改めて書いてると腹立ってくるなぁ…(笑)

何が腹立つって、

ほぼ間違いなく勝てただろう試合

だっただけに、あんなつまらん負け方で余計に怒りが…U>ω<)ノ


ふぅ~~~(´・ω・`)

あんまりしつこく言っててもしゃーないので、この辺にしときます(´・ω・`)


まぁ、素人が好き勝手書かせてもらいましたけど、

日本代表を思ってのことと、どうか生暖かい目で見てやってください<(_ _)>



次は……クロアチア戦か。


もう、個人的には決勝トーナメント進出とかどうでもいいんで(できるならしてほしいですけど)、

とにかくクロアチアには勝ってほしいです!!


このまま、またクロアチアに負けてブラジルと適当に試合して、

「サムライブルー、感動をありがとう^^」

とか、マ・ジ・で・ありえませんから(´д`)





こんな、無様なまま帰ってこれないでしょ?


4年間、この大会のために準備してきたんでしょ?


とにかく!あと2戦頑張れ!ニッポン!

(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻




て、今日あれか…ブラジル対クロアチア戦か。

ふむ、4時キックオフ…。

寝よかな…(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

最悪最悪最悪。

ジーコ最悪。

めっちゃ気分悪い(´д`)

ジーコ最悪。

選手交代遅すぎ!!!!!!!!!!!!!!

何?リードを守るサッカーって??

2点目取ったほうが早いんじゃないの!?!?

後半30分まで交代なしてなにを考えてのこと??

てか、字でか!?

ああ~~~~~もううううううううううううううヽ(;´Д`)ノ

ありえねぇぇぇぇぇぇヽ(;´Д`)ノ

てか、後半15分くらいから攻められっぱなしでしたよね??

なんであそこで選手交代して流れを変えるとかしないのかね????

あの時間帯、どちらの選手もばててましたけど、

オーストラリアは3人入れてきて、日本はなして・・・・・・ま、怪我で交代はあったけど。

あの時点で柳沢と大黒か誰かと交代させて、

中田、中村あたりでもさげて、小野もしくは小笠原とか入れて攻撃してれば

相手もかなりばててるんだし、2点目いけてたかもしれませんよね。

ええもう、想像ですけど、少なくとも違う流れになったんじゃないかな???ヽ(`Д´)ノ

ああ、むかつく!!!!ヽ(`Д´)ノ

守りに入る必要もないし、

あのまま交代なしでいくとかありえないような気がするんですけど!!!!???ヽ(`Д´)ノ

オーストラリアはぶっちゃけ、背が高いんだから、

ロングボールでポンポンいれるだけでもいいんだし、

どう考えても日本が先にばてるの、誰でもわかるでしょうよ!!!!

あ、川口は神!!!!

あ、柳沢とかまじでいらん!!!!!!!

シゅーと打たないなら出てくんな!!!!

あああーーーーーもうもうもうもう(´;ω;`)

すいません、ものすごい乱文なのわかってますけど、このまま送信…(笑)

ああーーーーーーーーーーもうーーーーーーーー最悪ヽ(;´Д`)ノ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月12日 (月)

ワールドカップ 今日までの結果 [サッカー]

          ドイツ  4 - 2  コスタリカ

       ポーランド   0 - 2   エクアドル

      イングランド     1 - 0  パラグアイ

  トリニダード・トバゴ     0 - 0  スウェーデン

      アルゼンチン    2 - 1  コートジボワール

セルビア・モンテネグロ    0 - 1  オランダ

         メキシコ    3 - 1  イラン

         アンゴラ    0 - 1  ポルトガル


熱戦が繰り広げられている、ワールドカップドイツ大会予選リーグ。

ここまでの結果を見てみると、順当な結果と言いますか、

優勝候補、強豪国と言われるチームが、のきなみ勝利をおさめてますねぇ。


唯一のサプライズといえば、

初出場のトリニダード・トバゴが強豪スウェーデンに引き分けたことでしょうか。

一人退場者を出しながらも、スウェーデン相手によくぞ!o(`ω´*)o

と、とりあえず、トリニダード・トバゴに拍手。


他の優勝候補と呼ばれる国でも、

勝利こそしているものの、楽な試合は1試合もないですからね。

油断なんてしようものなら、思わぬところで足をすくわれる事にも……(;´ρ`)

まま、油断している国なんてないでしょうけど…(笑)



で、昨日ちょっと頭痛で書けなかったので…ε=(~Д~;)

イングランドとオランダ戦の感想などもちょこっと。


まずはイングランド対パラグアイ戦。


前からちょこちょこ書いてますが、イングランドファンの自分としては…

ちょっと不満、そして不安の残る試合でしたねぇ。


ルーニーの怪我の具合もだいぶよくなったみたいですが、

今回は大事をとってベンチからの観戦。

で、長身FWのクラウチにロングボールを入れて、

ポストプレーからの攻撃がよく見られたんですが…。


どうも、これ以外の攻め手がないように見えて、

単調な攻撃ばかりが目立ってしまっていたように思います。

もう一人のFWオーウェンもイマイチ調子がよくないのか、

これといった場面もなく、途中交代していました。



パラグアイの守備が堅いのか、

それとも、初戦でイングランドの選手の動きが固かったのか。


もう少し中から、そしてサイドから崩して決定的な場面を作って欲しかったなかな、と。


ベッカム、ランパード、ジェラード、J・コール…。

このMF陣なら十分可能でしょうし、

もし、パラグアイ戦のような状態がこれ以降も続くようなら、

今回も優勝は遠いような気がしてなりません…(;´ρ`)


いや、今回のイングランドならやってくれると信じていますよ!U>ω<)ノ



で、お次はオランダ対セルビア・モンテネグロ戦。


ふむ、ぶっちゃけて言いますと……。

頭痛でよく覚えていません(*´Д`*)


いやぁ、見てたのは見てたんですけどね…(/ω\)


でも、ロッベン!

いい動きしてましたね。


しかし、期待の若手らしいですが、

見た目はもう、35歳ベテランって感じの風格がありますね、この人(´・ω・`)


まぁ、今後も是非注目していきましょう。



さて!

他の国のことはこの辺にしてですね!



いよいよ後2時間後に、

日本対オーストラリア戦ですよ!


うう~~ん、ちょっと緊張してきた(*´Д`*)ハァハァ…



ニッポン!(*´Д`*)ハァハァ


ニッポン!(*´Д`*)ハァハァ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月10日 (土)

PLAYBACK FFXI [FF11]

2006_06_04_15_04_59

先週の日曜日のことになりますが、

またまた、神印章BCに行って参りました。


本当はサソリBC6連戦の予定だったんですが、

なんと自分がオーブ交換NPCのところでボタン連打してしまい、

クローソーオーブと交換してしまうとゆう凡ミス!ε=(~Д~;)

あいたたたたた…。


なので、サソリ6連戦で済むところを急遽、

サソリ5戦、龍円舞曲1戦に変更していただくことになりました…。

いやぁ、申し訳ないことです…(;´ρ`)

2006_06_04_15_02_35

で、この龍円舞曲とゆうBCには初挑戦だったわけですが、

なんとか勝利することはできました。


戦士タイプの龍と詩人タイプの龍が2匹いるので、

まず、詩人タイプを寝かして戦士タイプを撃破。

で、残りの詩人タイプをやるとゆう、まぁBC定番のやり方で(笑)


注意点は、カオスブレードとゆうWSの呪いと、

無の歌とゆう強化を消される歌ですかね。


特に呪いのほうはHPがガクンと減るので

聖水などあると良いようです。(この時は誰も持ってきてませんでしたけど(笑))


で、ここでのナイトの立ち回り方を細かく説明すると…、

忍者さん二人の横でとにかく殴る。

ええ、素人のナイトさんにはちょっと難しいかもしれませんが、頑張ってください。


で、肝心のドロップのほうは…。

2006_06_04_15_06_14

ダマスクやら何やら出るようなんですが、それよりも自分が欲しかったのは、


サブドゥア

(両手剣 D72隔444 潜在能力D85 クリティカルヒット+6% Lv72~戦ナ暗)


この両手剣。


先日暗黒も75になったので、

レリックを除くと最強の部類に入るこの剣が欲しかったんですけども…。

デストロイヤー(格闘)とか出やがりました!o(`ω´*)o

その他のアイテムもはずれ!o(`ω´**)o

てか、BCで当たりでたことねぇよ!チクショー!o(`ω´***)o


ほんと、1回くらい当たってくれてもいいんじゃないの…?(´;ω;`)



で、ですね。

この龍円舞曲は「ホルレーの岩峰」のBFでやるんですが、

2006_06_09_21_14_34

その道中、「ユグホトの岩屋」を通ったときにもちょっと話題になった、

Mining Point

久々にこんなのを見つけたわけです。


ああ、昔はよくここで掘ったもんだ…(´д`)

と、妙に懐かしい気分になり、ちょっと昔のことを思い出してみたり。




とゆうわけで、今回はその時の…

いやもう、時代のと言った方が良いかもしれませんね…(笑)


とにかく、今回お届けする記事の内容は、

ユグホトでの採掘生活のことでも書こうかなと思ったわけです_(._.)_

とゆうか、前フリなが(笑)



てことで、時をさかのぼること3年半前……



                  ...................... 2002年初冬 .............................



2006_06_09_20_52_32


当時、初期ジョブの中から選んだ戦士も30になり、

ここらでひと段落して、次なる活動資金を稼ごうかと考えた私Surrender。

(注:この頃、単にかっこいいからとゆう理由だけで、スキルも上げてない槍を装備していた)


そこで何かHOTな金策はないかとフレに相談してみたところ、

採掘が儲かるらしいとのこと。


「採掘?詳細キボンヌ。(注:覚えたての2ch用語)


なんでも、

ユグホトやパルブロ鉱山にあるMining Pointをつるはしで掘ると、

金鉱とゆうものが掘れ、それを競売に出すと…

なんと1万ギルで売れるらしいのです。

おお、それはおいしい…。


この当時の1万ギルといえば、

皇帝羽虫の髪飾りが30万ギルで買えてた時代の1万ギル。

レベル30台になったばかりの自分にとっては、他にはない儲け話。


さっそく、この当時拠点にしていたサンドリアからほど近い

「ユグホトの岩屋」へ向かうことに。

2006_06_09_21_01_58


「おかみ、つるはしを1D頼む。」「誰がおかみよ」


南サンドの雑貨屋でつるはしを購入。

ふむ、まずはお試しで1Dくらいにしておこう。


つるはしが確か1つ150ギル前後で買えたはずなので、

1D買うと、1800ギルほど。

しかし、この時の自分にとっては1800ギルでもかなりの出費。


慎重にならざるを得ません。

2006_06_09_21_16_35

in ユグホトの岩屋。


中には当然オークがわんさかいますが、

30台にもなれば、練習相手がほとんど。

たまに楽がいても、まず負けることはありません。

そんな中、そそくさとポイント探し。

お、あったあった。

2006_06_09_21_13_09

Mining Point発見!

パーティーメンバーはいません。)


これか。

よし、早速掘ってみよう。


トレードつるはし 

(注:当時掘るモーションはなく、つるはしをトレードするだけだった。)


Surrenderは、鉄鉱を手に入れた。


お。

鉄鉱は600ギルくらいで売れるんだったか。

儲け儲け(笑)


なかなかいいかもしれんな、採掘も。

よし、この調子でどんどんいこう。


ザクザクッ

ザクザクッ

ザクザクッ

………

………


金鉱キターーーーー!(>_<)(注:当時よく使っていた顔文字)


おお、これで1万かぁぁぁ!

これはおいしすぎる!

て、まだつるはしも半分残ってるし!


ザクザクッ

ザクザクッ


むむ、黒鉄鉱とやらが出たぞ。

なんだこれは?


「/tell 黒鉄鉱ってのが出たんだけど、詳細キボンヌ(注:覚えたての2ch用語)。」


なんと!これも5000で売れるのか。

2006_06_09_21_03_57

さっそく、サンドへ帰って収穫物の出品へ。


金鉱1 黒鉄鉱2 鉄鉱6

しめて23,000ギル


つるはし代を差し引いても大もうけ。




    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::\
  . |(●),   、(●)、.:|     こりゃ、 ビッグビジネスの予感(笑)
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=-*  .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\



2006_06_09_21_31_41 2006_06_09_21_31_32

2006_06_09_21_00_16 2006_06_09_21_16_20

それからとゆうもの、

休みの日には朝の4時には起きて、ユグホトへ向かう日々。


時には、1回目の採掘を終えて一度サンドへ戻り出品&荷物整理、

そして、すかさずユグホトをサーチしてライバルらしき人影がなければ、

すぐさまチョコボにまたがり、2度目の採掘へ向かうことも。


なんといってもこの稼業は時間との勝負ですからね。

ライバルが多くなればそれだけ、自分の取り分が減るとゆうわけで。


そして、ユグホトでのもう一つの貴重な収入源、

Treasure ChestとNM Ashmaker Gotblut。


箱からはギルが、NMからはまれにプリーストローブをドロップ。

このプリーストローブもまた、競売で1万ほどで売れる代物。

このチェスト、NMの取り合いにも打ち勝たなくてはなりません。



そんなこんなで、順調に「ユグホト採掘生活」な日々が過ぎて行きました。





2006_06_09_21_20_39_1

「ブホォ…」

2006_06_09_21_18_25_4

カカッ

2006_06_09_21_20_31_1

「ファストブレード ヴェルサス!!」

ズバシュッ!

2006_06_09_21_26_48_1

シュタッ

2006_06_09_21_29_44

「レッドロータス アギト!!」

ドゥーーンッ!

2006_06_09_21_25_11_1

ブォッ!

2006_06_09_21_22_37

「シャインブレード アドベントチルドレン!!」


ズゴーーーーーーンッ!

ズゴゴゴゴゴッ………

ガラガラッ……



Surrenderは祈祷師のニンニクを手に入れた。


「おk。」

2006_06_09_21_17_45

採掘生活も慣れてきた後半は、

装備は片手剣1本のみ、あとはできるだけカバンの空きを確保して、

つるはしも3Dほどに増やし、さらに採掘量のアップをはかるようになりました。


この頃にはライバルも増え、一度サンドに帰る時間も惜しくなったからです。


そうすることによって、運がいいときには金鉱も2,3個掘れ、

持ってきたつるはしが余り、邪魔になることも。




    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::\
  . |(●),   、(●)、.:|        おいおい、つるはし捨てていい?(笑)
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
.   |   `-=ニ=-* ': ::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


が、そううまいことばかり行くわけでもなく……。


2006_06_09_21_23_42

    /\___/ヽ
   /    ::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|    ハァハァ……、ハァハァ……。
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|  
.   |    ::<      .::|  どうゆうこっちゃ…詳細キボンヌ。(注:覚えたての2ch用語)
   \  /( [三] )ヽ ::/  
   /`ー‐--‐‐―´\


つるはし1D消費して鉄鉱1個……。


いやまだだ…、まだ大丈夫…。

金鉱1個掘れば、すべてチャラにできる…。



そう、今までもそうしてきたように。




    /\___/ヽ
   /''''''   '''''':::::\     
  . |(●),   、(●)、.:|
  |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    そして、これからもな!(笑)
.   |   `-=ニ=-*  .:::::::|
   \  `ニニ´  .:::::/
   /`ー‐--‐‐―´\


2006_06_09_21_12_37


/item つるはし Orcish Stonechucker(注:トレードマクロ)


    /\___/ヽ
   /    ::::::::::::::\
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::|
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::| ぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁ
.   |    ::<      .::|
   \  /( [三] )ヽ ::/
   /`ー‐--‐‐―´\


はぁはぁ、落ち着け、オレ……。


くそっ…!


ザクザクッ

ザクザクッ

ポキッ

つるはしが折れた…。


ザクザクッ

ザクザクッ

Surrenderはスズ石を手に入れた。


ザクザクッ

ザクザクッ

つるはしが折れた…。


ザクz……

……

……

2006_06_09_21_23_51


鉄鉱2個  1200G

銀鉱1個  400G

捨てたスズ石、銅鉱  0G

折れたつるはし3D プライスレス




     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 祟りじゃ、ユグホト様の祟りじゃぁ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////

2006_06_09_21_33_43_1

それからとゆうもの、

採掘をはじめる前には霊獣ユグホトに祈りを捧げる習慣が、

冒険者の間でついたとかつかなかったとか。



そして、時は流れて、

戦士からナイトに転職し、レベルも上がっていった自分は

採掘よりももっと効率のいい金策もできるようになって、

「ユグホトの岩屋」に来る機会はほとんどなくなりました。


しかし、この当時のユグホトには夢がありましたよね(*´Д`*)


もちろん、ライバルに横堀りされたり、良い物が出なかったりと

凹むことも色々ありましたけど…(笑)


でも、1個1万ギルの金鉱を掘り当てたときの喜びといえば、

現在、BCで劇毒を引き当てるよりも大きかったんじゃないでしょうか。

劇毒当てたことはないんですけども(´・ω・`)


まぁ少なくとも、個人的なFF11楽しかった思い出ベスト5には

この時代のことが入ってくるんじゃないかなと思います。



んむ、またちょっと気が向いたら、

掘りに行ってみるのもいいかもしれませんね。


ひょっとしたら、ユグホト様のご加護があるかも?ъ(`ー゜)


      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     '''''' ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |
| |   !     `ニニ´      .!      霊獣ユグホト
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ

(注:そんな霊獣はいません。)



とゆうことで、プレイバックFF11「ユグホト採掘生活」でした<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIFA ワールドカップ 2006開幕 [サッカー]

いよいよ開幕いたしました!W杯2006ドイツ大会!


オープニングセレモニーから見てましたが(ちょっと他チャンネルに浮気しつつ)、

なかなか趣向をこらした演出でしたね。


なんと、過去のW杯優勝チームの選手たちが勢ぞろい!

もちろん全部の選手を知ってるわけじゃないですが、

見ごたえのあるいいオープニングでしたね~。


しかし、ここでもやってくれました。

われらがディエゴ・マラドーナ


なんか聞くところによると、

ドイツ入りもしていて、自身のHPでもセレモニー出るよ!と書いてたらしいですが…。

なんとオープニングセレモニーをドタキャン!?Σ(゜д゜|||)


さすが、神の申し子マラドーナ。

彼の行くところは、まさに神のみぞ知る。



そして、オープニングゲームのドイツ対コスタリカ戦。

4-2でドイツが勝ちましたね。

バラックを怪我で欠いたドイツでしたが、

とりあえずは面目躍如といったところでしょうか。


しかし、結構いいゴールシーンとかもあったし、点もいっぱい入ったんですが…。

イマイチ、スター不足な試合で正直眠気の方が強かったです…(;´ρ`)

やっぱり、W杯たるもの

スターのいる(錦野さんじゃないですよ)試合が見たいもんです(´・ω・`)


とゆうことで、今日は個人的に注目の、

スター軍団イングランド対パラグアイ

の試合がありますので、こちらも要チェック!(*´Д`*)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

W杯 注目選手ファイナル [サッカー]

Michael Ballack(ミヒャエル・バラック)

ドイツ代表 MF

ドイツ代表のキャプテンとして、そして開催国のキャプテンとして。

優勝の望みは薄いと囁かれる若いチームをどこまで導けるか!?



David Beckham(デビッド・ベッカム)

イングランド代表 MF

98年の苦渋、02年の無念、そして2006年ドイツ大会。

3度目のワールドカップ、史上最強のスター軍団と共に!



Andriy Shevchenko(アンドリー・シェフチェンコ)

ウクライナ代表 MF

ウクライナの英雄は語る。

「優勝は無理かもしれない。だが、ただの招待客で終わるつもりはない。」



Zinedine Zidane(ジネディーヌ・ジダン)

フランス代表 MF

すべてに終止符を打つ。

そのために、フランスの将軍は最後の戦いの地へ。



Francesco Totti(フランチェスコ・トッティ)

イタリア代表 MF

イタリアの王子が欲しがるもの。

それは美しいクッキアイオ(ループシュート)と、何より勝利。



Cristiano Ronaldo(クリスチアーノ・ロナウド)

ポルトガル代表 MF

私の好きなクリスチアーノ・ロナウドは、

サッカーの質を高めるために、その制度を日々磨いている。(by富士ゼロックス)



Shunuke Nakamura(中村俊輔)

日本代表 MF

あれから4年…。

すべては、この時のために。


...........................................



さぁ、盛り上がってまいりました!(?)ヽ(`Д´)ノ

散々言ってきましたが、2006年FIFAワールドカップがいよいよ明日開幕です!


とゆうかあれです。

この W杯注目選手 のコーナー。

もうちょっと、細かく&色々な選手を紹介するつもりだったんですが、

期限切れとゆうことで、最後大雑把に済ませちゃいましてスミマセン。(/ω\)


まま、以前に紹介した3人と今回の人たちをおさえておけば、

とりあえず問題ないんじゃないかなと(笑)。



しかし、あれですね。

自分で書いてて思ったんですが、

今回気になる選手、国、試合が結構ありますねぇ。


もちろん、優勝争いの行方も。


でも、ここまで誰しもがクチを揃えてブラジルを挙げるとなると、

どこの国が優勝するか?とゆうより、

どこの国がブラジルの優勝を阻止するか?

って感じになってきますが、そこんとこも注目ですね!



そして、なにより忘れちゃいけないのが、

我らがニッポン

目指せ決勝トーナメント進出!ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸

そして、ブラジルにも一矢を!(ノ ゜Д゜)ノ ==== ┻━━┻




てなわけで、明日の開幕戦ドイツ対コスタリカから約1ヶ月間

いよいよ熱戦の火蓋がきって落とされます!


よし、明日から寝不足だ!U>ω<)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年6月 4日 (日)

世界がもし100人の村だったら。 [テレビ]

http://www.fujitv.co.jp/index.html (フジテレビHP)


6/3(土)21:00からやっていた、

「世界がもし100人の村だったら」とゆう番組を見ました。

タイトル通り 世界の人口を100人に例えるなら とゆう趣旨の内容で、

「100人のうち25人は雨露をしのぐところもなく、

  17人は綺麗で安全な水を飲めません」

とゆうことなんだそうです。

そして、その17人のなかに入っているであろう、

世界中の子供たちを紹介するとゆう番組でした。


この、夜9時からやってたのは第4回目で、

お昼にも3回目の再放送があって両方見たんですが、

どちらもとても色々なことを考えさせられる内容でした。


3回目で紹介されていたのは、

フィリピンのゴミ山で家族のために働くマニカちゃん(12歳)。

8歳で両親に捨てられ12歳で妊娠、13歳で一児の母になった

アルゼンチンのスラムに住むナディアちゃん(14歳)。

4回目のほうでは、

ウクライナの路上で生活する、エイズに侵された少年スラワ君(9歳)。

ガーナのカカオ農園で病気の母親のために働く、

アベティー君(11歳)とコフィ君兄弟(6歳)。

そして、第3回目にも登場したナディアちゃん。


簡単に書いちゃいましたけども、これだけでも子供とは思えない…

いや、大人でも辛いような、その生活の過酷さが伺えますよね。



フィリピンのマニカちゃんは、

お父さんが酔っ払いに絡まれて殺され、

お母さんも病気に倒れて働けなくなり、

一人で10歳と3歳(?)の弟二人の面倒をみています。

そして、ゴミ山で売れそうな空き缶やビニールを探しては、

それを売って日々の生活費に。

ですが、大人の男性でもその仕事で得られるお金は

一日の食費が稼げる程度で、

子供のマニカちゃんが朝から晩まで懸命に働いても、

家族4人が食事できるのは3日に一度がやっと。

さらには、お母さんの治療費も稼がなくてはいけません。


はたから…

日本のテレビから見てる自分の目からだと”無理”なんですよね。

12歳の子供が家族4人の生活費+病気の治療費を稼ぐのは。

どう考えても。

それでも、この子は一生懸命働いてました。

生活に困った母親が、一番小さい弟を他の家にあずけようかと言ったときも、

「私がもっと頑張って働いて、もっとかせがなくちゃ」

と笑いながら。

そして、番組で会いに行った女優の酒井美紀さんに、

「私、臭いかな?」

とゴミ山で働く自分の匂いを気にしながら。

いつでも笑顔を絶やさずに、家族のために。



カカオ農園で働くアベティー君とコフィ君は、

お母さんと一緒におじさんの経営する農園へ来たそうです。

ですが、お母さんは病気になって故郷へ帰り、

11歳と6歳のこの兄弟が、農園で働くことに。

二人はカカオがチョコレートになることも、

そしてチョコレートがどんな食べ物かも知らずに、朝から晩まで働いていました。

6歳の弟のコフィ君は、本当は学校へ行って勉強がしたいそうです。

「勉強して白人の国へ行って、お母さんに仕送りをしてあげたい」と。

そんな弟を見て、

しばらくの間学校へ行ったことのある兄のアベティー君は、

ボロボロのボールペンを使って、以前学校で習った事をコフィ君に教えています。

そして、

「自分は一生この農園で働くちゃならないけど、

せめて弟のコフィだけは学校へ行かせて、違う人生を送らせてやりたい」

と泣いていました。


アベティー君の夢は、大工になることだそうです。


コフィ君はアベティー君の使うボロボロのボールペンを見て、

「僕もお兄ちゃんみたいなボールペンが欲しいなぁ」

と言っていました。



ウクライナの路上で生活するスラワ君。

9歳で路上生活することになったいきさつは、

お母さんが家を出て行き、麻薬中毒のお父さんから受ける暴力に耐えかねて、

6歳のとき妹と二人で家から逃げ出したそうです。

一時は施設に保護されたらしいのですが、

そこで年上の子供からのいじめを受け、妹を施設に残し一人飛び出してきた

とゆうことみたいです。

そして、父親が麻薬を打つときに使う注射針からエイズに感染。

その父親から暴力を受けたときにできた傷口から、

スラワ君もエイズに感染したのでは、と。

もちろん、路上生活に入ってからは治療どころか薬も飲んでないようです。


見かねた現地スタッフの女性が、

入院するように説得をしてみたものの、スラワ君はかたくなに拒否。

どうやら、入院や施設に保護されることによって

暴力を振るう父親の元へ連れ戻されるのが、何よりも嫌なようです。

なので、毎日保護しようとする警察の目から逃れつつ、

物乞いや雪かきの仕事をしてなんとかその日を生きている。


でも、そんな生活の中でも、いつも他の人のことを考えているスラワ君。

エイズに侵されている自分よりも施設にいる妹のことを心配したり。

2日間何も食べていないのにも関わらず、

日本から来た桜井さんに、お腹はすいてないかと食料を半分分け与えようとしたり。



そう、今回のこの番組を見て思ったこと、

そして、この子供たちに共通していること。

それは、みんななぜか自分のことより、いつも他の人のことを想っている

とゆうことです。


自分がこんな状況にも関わらず、今日食べるものもないのに、です。

ほんと、凄いとかえらいとか、そんな事じゃなくて、

単純になんでなんだろう?と思いました。

なんで、こんな風に考えられるんだろう、と。


あ、そして番組に対して少し疑問に思うこともありました。

紹介するのはいいけど、その後はほったらかしなのかな?とか。

スラワ君がー25℃の寒空で物乞いをしてる間に、

自分たちは暖かいホテルで、豪華な食事を取ることをどう思ってるんだろうとか。

ま、そんな事言うのは筋違いだとゆうのもわかってるんですけど。

番組で紹介したからといって、その後ずっと面倒を見るのは不可能だろうし。

桜井幸子さんやスタッフの人も一緒に物乞いをするなんてことも。


でもですね。桜井さんと少し照れながら手をつないで、

嬉しそうに歩いているスラワ君を見てたら、

何もしてあげられなくても、

会いに行くだけでもよかったんじゃないかな、とも思いました。


たぶん、スラワ君は”一生”忘れないでしょう、この時のことは。

うん、それだけでもよかったんじゃないかな…って、

この子達に何もしてあげられない自分は、そう思いました…(笑)


はぁ…ε=(~Д~;)



最後に、何もできませんがこれだけは言わせてください。


みんな、誰よりも幸せになってくださいね、と。


うむ、ちょっとクサクなっちゃいましたが、

たまには、こんなことも書いていいでしょう。


それでは。ノシ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月 1日 (木)

早いもんで。映画編

もう6月ですね。

そろそろ梅雨の時期に入り、雨の日が多くなってまいりましたが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか?_(._.)_



さて、6月といえば……。

さしたるイベントもないのが6月とゆうやつですね。(ぉぃ)


いやいや、ジューンブライドがありましたか。


6月に結婚した花嫁は幸せになれる、とゆう言い伝えがあるとかなんとか。

まぁ、自分は結婚する予定もないですし、

花嫁になる可能性も0なんで、特にジューンブライドに思い入れはないんですけど。


ですが、このジューンブライドとゆう単語を聞くと思い出すもの…。

そう、それは「純ブライド」(吉田聡著)とゆう漫画です。


ご存知(?)あの青春バイクストーリー「湘南爆走族」を描いた、

奇才、吉田聡先生(通称よっちゃん)の傑作ラブストーリー。

今までそこそこ漫画も読んできましたけども、何を隠そう、

数ある漫画の中で自分の一番好きな作品が、この「純ブライド」なんです。



元不良で、生きることに不器用な茶ボーと、

中学のときの同級生、純子(すみこ)。

この二人の、ふとしたきっかけから始まった同棲生活を描いた全3巻(87’~88’)。



最初に読んだの、自分が小学生?中学…?このくらいの時だと思うんですけど、

「湘爆」以来のよっちゃんファンの兄が買ってきた、この「純ブライド」。

初めて読んだときの衝撃は、未だに忘れられませんε=(~Д~;)


ものすっっっっごいセツナイ漫画です、これ…(笑)


これ読んで、吉田聡すげぇよ…(´д`)と、子供ながらに思ったのをよく覚えてます。

まぁ、でも今はじめて読む人がいても、同じように感じるかはわかりませんけど。

もう20年近く前の作品ですから…。時代背景とかがね。



さて、そのマイベスト漫画「純ブライド」

なんとこの漫画が、映画化されるとの事……!!


http://www.junebride-movie.com/(映画版HP)


うおおお、めちゃ複雑……(;´д⊂)

この作品は下手に映画とかにして欲しくなかったかも…(;´д⊂)

しかも、主演の二人、城田優さん?川村亜紀さん?二人とも知らん…(;´д⊂)

どうせ映画にするなら……、

是非この二人の役は、沢尻エリカと錦戸亮がよかった…(;´д⊂)(ぇ)


う~ん、映画自体を見たわけじゃないんですけど、

なんかこう…イメージと違うとゆうか…。

とゆうかやっぱ、映像化はきついような気がどうしてもしてしまう…。

ああ、どうなんだろ…見たいような見たくないような…(笑)



とゆうわけで、映画「純ブライド」のご紹介でした…。

ああ……(;´д⊂)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

早いもんで。サッカー・W杯編

もう6月ですね。

日韓共催W杯の興奮さめやらぬ(?)今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか?_(._.)_



さて、6月といえば……もう言わずもがな。

W杯ドイツ大会がいよいよ今月9日、ってもうすぐですよ!もうすぐ!

6月9日(日本時間25:00)、開催国ドイツ対コスタリカ戦で幕を開けます!


日本代表もドイツ入りし、先日そのドイツとテストマッチを行い2-2の引き分け。

内容は見てないのでわかりませんけども、

スコアだけ見ると、なかなか幸先のいい結果ではないでしょうか?


しかし、W杯日本代表登録メンバーのDF田中誠が怪我で離脱、

代わりに茂庭照幸が召集されるとゆうアクシデントなんかも…(;´ρ`)

この時期の怪我は、チーム、そして本人ともに本当に痛いでしょうね…。



さて、今回何を書こうかなとちょっと悩んだんですけども…。


もう、本大会開幕まで9日……ふむ…。

やってしまおうか……?


ど素人の分際で優勝国予想を…!


てことで、本日は誠に勝手ながら、ド素人な自分の独断と偏見によって

ワールドカップドイツ大会の優勝国予想なんかをしてみたいと思います。_(._.)_

さぁ、もう余計なことは言いません。いきなり発表しちゃいますよ…。


(どろろろろろろろろろろろろろろろろろろ…)ドラムロールの音

FIFA2006 ワールドカップドイツ大会。

その、栄えあるワールドカップを手にする事になるであろう国は……!?





ずばり、ブラジルです!!^^


・・・・・・・・・・・・・。

(ブーーーー!!!ピーピー!!)



^^;


いやでも、普通にこうなっちゃいますよね……(笑)

ロナウジーニョ、ロナウド、カカ、ナンダカンダ……。


さすがに100%とは言いませんが、

80%くらいは超える確立でブラジルになるんではないでしょうか…。

まぁ、しかしこれではあまりにも当たり前すぎるので、

次に可能性のありそうなチームを予想すると……。

イングランドでどうだ!

ま、個人的にファンなだけとゆうのもありますけど(笑)


いや、しかしですよ。

ベッカム、ジェラード、オーウェン、ランパード、テリー、ファーディナンド…、

そして、ルーニーもなんとか怪我から復帰できれば、

ブラジルにも引けをとらないタレントぶり!

そして、17歳でW杯代表に登録された、

新星テオ・ウォルコットがミラクルを起こせば…!o(`ω´*)o


まぁ、ミラクルに期待せずとも、

今大会、イングランドにも十分優勝できる実力ははあると思うんです。

が、しかしその道のりは、とてつもなく厳しいものになりそうですけども…(;´ρ`)



まず、グループリーグB組。

イングランド、パラグアイ、スウェーデン、トリニダード・トバゴ。

仮にこのグループを一位で突破したとします。

そうすると決勝トーナメントの第一戦目は、A組の2位。


A組は、ドイツ、コスタリカ、ポーランド、エクアドルの四カ国。

ドイツが地元開催とゆうこともあり一位で通過するとした場合、

残りの3カ国のいずれかが、イングランドの対戦相手になりますね。

まぁでも、この3カ国なら実力はイングランドのほうが上でしょう。


このトーナメント一戦目を勝ち抜いたとして、次に対戦するのが、

D組1位対C組2位の試合の勝者。


C組はご存知、死のグループ…ε=(~Д~;)

アルゼンチン、オランダ、コートジボワール、セルビア・モンテネグロ。

ん~~まぁしかし、順当にいけばですけど、

勝ち抜いてくるのはアルゼンチン、オランダ辺りじゃないでしょうか?


D組の方はとゆうと、

ポルトガル、アンゴラ、イラン、メキシコ。

一位とゆうことですから、ここはポルトガルですかね?


まぁ、なんにせよ、イングランドの決勝トーナメントの2回戦の相手は、

アルゼンチン、オランダ、ポルトガル、この辺りの国になるのでは、と…((((゜Д゜;))))


もちろん、何が起こるかわからないのがW杯だし、

そして、どこの国とあたる事になっても厳しい戦いになるのは当然ですけども。


で、この試合もなんとか乗り切って、勝ち上がったとします…。

さぁ、次の準決勝の相手。

F組を一位で通過、そして大方の予想通り確実に勝ち進んでくるであろう、

ブラズィール


そうです、準決勝でブラジルとあたる可能性もあるわけですね…(;´д⊂)


う~~ん。

やっぱちょっときつい・・・?(笑)

いやいや!

サッカーの母国としての意地とプライドで必ずや勝ち残ってくれるはず!!



よし、あえてもう一度言いましょう。


FIFA2006 ワールドカップドイツ大会。

その、栄えあるワールドカップを手にする事になるであろう国は……!?


(どろろろろろろろろろろろろろろろろろろ…)


ずばり、ブラジルです!^^

(ブーーーー、ピピーー!!)

…………

…………。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

早いもんで。FF11編

もう6月ですね。

3枚目の拡張ディスク「アトルガンの秘宝」発売から、早1ヶ月ちょい。

皆様どんなアンバイで、FFを楽しんでいらっしゃいますでしょうか?_(._.)_



さて、6月といえば待ちに待った(?)ヴァージョンアップがありますね。

てことで、本日はアトルガン発売前に発表されていた、

今後のヴァージョンアップ予定を見ながら、おさらい…とゆうわけでもないですけど(笑)

どんな感じだったかいな?(´д`)とゆうのをちょっと振り返ってみようかなと。


P3_5_3

公式より画像をちょっと拝借_(._.)_(いいよね、これくらい…(笑))


6~8月となってるんですけども、

とりあえず、近いところの予定を見てみると、


メリットポイントの調整

新たな多人数バトルエリアの追加

チョコボ育成の実装

アサルトのアップデート

アトルガンミッションの追加

となっております。



まず、メリットポイントの調整

これは~~、メリポアビの追加と捉えていいんでしょうねぇ?(´・ω・`)

これ以降にメリポの文字ないですもんね。

どんな風になるのかわかりませんが、これ来て欲しいなぁ。

自分はやっと武器スキル(片手剣)8段階上げきったところなんですけど、

早い人はもう、上げたいやつなくなってるでしょうからね…(笑)

あと、ワラーラターバンでしたっけ?

あんなクエもまた追加してもらえれば、メリポいくモチベーションもさらにアップ!

まぁ、アトルガンエリアが凄いことになるでしょうけど…(汗)



続いて、新たな多人数バトルエリアの追加

これはなんだろ。

BC?それとも、デュナミスとかリンバスとかの新エリア?

はたまた、全くの新しい要素の追加とかかしら(゜Д゜)

これだけでは全くわかりませんが、なんか楽しいの希望します(´_ゝ`)



アサルト、アトルガンミッションの追加

これはまぁ、普通に今月来るんでしょうけども。

逆にこれだけだったら萎えるなぁ(´д`)

アサルトには1~3人用のミッションの追加を希望。

アトルガンMは…、もうちょっと長く実装してもらってもいいんですけど…(笑)

簡単なのはいいんだけど、すぐ終わっちゃいましたよ(´・ω・`)



ラストはチョコボ育成!

これ今月来たらネ申!


でも、8月っぽいなぁ……。

この会社だしなぁ……。

期待すると、痛い目見るしなぁ……。



まぁ、そんなこんなで詳細が出るまで、もうしばらくまちまっしょい。( ̄。 ̄)y-~~



…って、この記事を書いた後に公式を開いてみたらしっかり来てました…(笑)

http://www.playonline.com/ff11/topics/060601.html

いやぁ、すいません、前言撤回…(/ω\)

まぁ、まだ今のところは、以前に発表されてた内容とさほど変わりがありませんが。

詳細が出るまで、もうしばらくまちまっしょい。( ̄。 ̄;)y-~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »